【徹底取材】圧倒的な内定獲得率!コンサル業界の転職に強いアサインの魅力を紹介!

アサイン インタビュー

コンサルティングファームを中心として、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向けの転職支援サービスを展開する株式会社アサイン。

代表取締役である小瀬村 卓実様に、アサインの転職エージェントとしてのこだわりや想いを語っていただきました!

またこれからコンサル業界への転職を検討される人向けに、コンサルティングファームへの転職のコツや活躍のヒントについても詳しく解説しています。

小瀬村 卓実さん

株式会社アサイン 代表取締役

京都大学を卒業後、大手総合系コンサルティングファームにて新規事業立案や海外アライアンスを中心に戦略案件を担当。

その後、各ファームの役員様とのつながりを特徴とした株式会社アサインを設立。

10年後のキャリアを描く、中長期的な転職支援

すべらない転職編集部

早速ですが、まずはじめに貴社の「転職エージェントサービスのこだわり」について教えていただけますか?

小瀬村

一番は、「中長期的な視野を持ってキャリア形成を支援する」ということです。


今から10年後の自分のキャリアを描けているか?というと多くの方が漠然としていて、ブラックボックスになっています。

まずはそこを一緒に描いていくというところからスタートすることを大事にしていますね。


内定を獲得することよりも、むしろ、転職したあとに活躍するかどうかが重要なので、転職成功というよりも、キャリアの成功に向けて支援するというスタンスはすごく大切にしています。


転職者をちゃんとひとりひとり見てご支援をしているので、内定率が高いというのも弊社のサービスの強みだと思います。

→大手エージェントよりもじっくりと深いアドバイスを受けたい方、相談お申し込みはこちら

高い内定率が実現したコンサルファームとの濃いコネクション

すべらない転職編集部

転職者ひとりひとりと向き合い、長期的な目線でオーダーメイドの転職支援をする。
弊社でも中長期的なキャリアを見据えた、逆算型のキャリア設計を掲げているので、非常に共感できます!

小瀬村

転職者に向き合った支援を続けた結果として、クライアントとの繋がりも非常に強くなりました。


「このエージェントはちゃんといい人を紹介してくれる」と信頼をいただき、特別な採用ニーズが出た際や、チームの立ち上げやマネージャーポジションなどの重要な採用を多数任せていただいております。


週に1度は、各ファームの経営層クラスと情報交換をしていますので、ファームの方針・経営の他、採用ニーズについてリアルタイムな情報が入ってきます。このことも、より精度の高いマッチングを実現できるポイントの1つです。

他社の10倍?驚きの内定率を実現する秘訣とは?

すべらない転職編集部

少し答えづらい質問かもしれませんが(笑)。大手のエージェントさんと貴社で、ぶっちゃけ内定率に違いはあるのでしょうか?

小瀬村

内定率という意味合いで言うと、10倍ぐらいはあるのではないかと思います。

すべらない転職編集部

え…!!そんなに違いがあるんですか!?

小瀬村

10倍っていうと、ものすごくおかしな感じになると思うんですが。(笑)


どうしてそういう数字が出るかというと、他のエージェントさんの場合、そもそも書類に通らない、受からないファームの求人や、本人の意向に全く合っていないファームの求人に応募しているケースがあるんですよね。


一方で弊社の場合は、入社して本当に幸せになれるファームで、且つ、ちゃんと応募資格があるファームを厳選して、3~4社応募するという形をとっているので、紹介あたりの決定率が高い

すべらない転職編集部

なるほど。何十もの求人にとにかく応募するのではなく、厳選した3〜4社の中で内定を狙っていくので、応募〜内定までの率が高くなるという訳ですね!

小瀬村

そうですね。実際、面接から内定までの決定率を見ても、他のエージェントさんの2〜3倍ほどだと思います。

→転職成功率が大手の3倍!アサインへの相談お申し込みはこちら

質の高い面接対策

小瀬村

弊社は対策に結構時間をかけるので、お1人あたり、内定を獲得するまでに5~6回は面談を設けています。

すべらない転職編集部:

かなり、多いですね…!

コンサルへの転職は「ケース面接」があったり、特に転職において対策が重要になってきますよね。貴社の選考対策においてのポイントや強みを教えていただけますか?

小瀬村

弊社のコンサル領域を担当するエージェントは、ファーム出身者なので、本番に近い形でのディスカッションの練習ができる点がポイントの1つです。


さらに、徹底的に過去問を分析しています。ファームごとにどういう問題が出るのか、どういう質問をされるのかというところまで押さえています。どれぐらいの回答ラインなら合格なのかという基準も把握している点も内定率が高いポイントですね。

すべらない転職編集部:

コンサルティングファームから内定をもらうためのコツがあれば教えてください!

小瀬村

実はファームに受かるためにケース面接が占める割合って3割ぐらいしかないんです。


ケース面接以上に、転職理由やキャリアプラン、コンサルで働くイメージが付いているかが、実は選考の合否に大きく関わります。
なので、例えば「どんな案件に具体的に入りたいですか?それはなぜですか?」という質問に答えられるかが非常に重要です。


そのため、ケース面接の対策はもちろんですが、志望動機とか、どういうキャリアを描きたいのか、そのためにどういう案件が入りたいのかという話を一緒に煮詰めていくことが多いですね。


また、個人勝負の色合いが強い業界なので、その会社やサービスがどれぐらい好きかということよりも、「あなた自身のキャリアプランはどうなの」という話の方がより重要度が高いという特徴があります。

→コンサル出身者に面接対策を受けられる!アサインへの相談はこちら

コンサルへの転職で注意すべきこと

すべらない転職編集部:

「コンサルに興味はあるけど、実際自分にあってるの?」という読者の人に向けて、小瀬村さんからみて、こういう人はコンサルに向いている!という人の特徴を教えてください。

小瀬村

30〜40年その会社で過ごす前提でコンサルに入る人は、あまりいらっしゃらないと思うんですよね。

なので、将来やりたいことを考えた時に、今コンサルを経由すべき、コンサルで得られる経験を取るべき、という人であればいくべきだと思います。


コンサルタントは一言で言えば、企業の中核課題を連続して取り扱う仕事なんです。
そのため、企業の中核に関わっていきたい、中核を担いたいというキャリアプランを描かれる人にとっては非常に合っていますね。


また、エンジニアとしての開発経験やITの知見がある人も向いています。


今やどの領域でもITを使わないということはないのですが、ITのことがよくわからないまま案件を担当しているコンサルタントが結構増えてきているんです。
だから、きちんとITのことが分かっていて、コミュニケーションや地頭がいい人はかなり重宝されますし、活躍しています。

すべらない転職編集部:

一方で、こういう人はコンサルではなく、別のキャリアがいいかも…というケースがあれば教えていただけますか?

小瀬村

事業に対するオーナーシップがとても強い人ですかね。どうしても第3者として、アドバイスするとか短期間で入るっている仕事なので。

そういう人は、事業会社でオーナーシップを担ったり、ベンチャーで事業を作ったりという人が志向性的に合うのではないかと思います。


弊社では、内資系・外資系企業を問わず、大手事業会社の中核ポジションのご提案も可能なので、その人のご志向にあったポジションのご提案をしています。

→「コンサルに行くべき?」無料のキャリア相談申し込みはこちら

未経験からでも可能?

すべらない転職編集部:

未経験での転職は、20代のうちでないと難しいと一般的に言われることも多いですが、実際どうなんでしょうか?

小瀬村

実力勝負の側面が強い業界なので、しっかりとしたご経験や実績・スキルがあれば、年齢はあまり関係ないです。

むしろ30過ぎの人のほうが内定率としては高いですね。


ポテンシャルをかなり見てくれる業界なので、エンジニアや生産管理、法人営業など様々なバックグラウンドから転職される人がいらっしゃいます。

転職を検討中のみなさまへ

小瀬村

日頃より一生懸命業務に励まれている一方で、なかなかご自身のことを考える時間を設けられていない人。

一生懸命頑張っているからこそ、1度ゆっくり自分のキャリアについて考える時間を自分自身のために持って欲しいと思っています。


私たちもそんな皆さんの良き相談相手として、日々サービス品質を高めていきます。


「このままこの会社で働き続けて良いのか?」と漠然とご自身のキャリアに不安を抱いている、キャリアに迷っている状態のご相談も大歓迎です。ぜひ気軽に1度ご相談下さい。

サービスの流れ

ここまで、アサインのサービスの強みや特徴、コンサル業界について紹介してきました。

ここからは、実際にサービスを使ってみたい!と思った人向けに、転職相談申し込みから、実際の転職サポートの流れを紹介します。

サービス利用の流れ

  1. 相談申し込み
  2. 電話面談
  3. 対面でのキャリア相談
  4. 選考対策
  5. 面接フォロー

1. 相談申し込み

そもそもの転職活動の進め方や中長期的なキャリアの考え方についてのアドバイスもしてもらえるので、気軽に1度相談をしてみましょう。

→アサインへの転職相談申し込みはこちら

2. 電話面談

電話面談の時間は30分程度です。

対面での面談を実施する前に、現在の状況や転職のきっかけ、キャリアの考えかた等ざっくばらんに相談可能です。

エージェント
阪本さん

相談申し込みの後に直接対面での面談を設定されるエージェントさんが多いと思いますが、弊社では皆様に事前に電話でのカジュアルなお打ち合わせを設定しております。


現職のお仕事などでお忙しいなか、初回から対面でわざわざお越しいただくことはユーザーファーストではないと考えております。


事前のヒアリングを通して、対面でのキャリア相談時にはより有益な情報のご提供や、悩みやご志向に合わせたオーダーメイドのキャリア相談を可能にしております。

対面でのキャリア相談

「エージェントに相談にいったら、転職相談もそこそこに大量の求人を提案されて戸惑ってしまった。」という人もいらっしゃるのではないでしょうか?

アサインのキャリア相談では、いきなりの求人提案はおこないません。

まずは、ひとりひとりに合わせたキャリア形成について、業界に精通した専任のエージェントがじっくり話を聞いてくれます。

4. 選考対策・面接フォロー

アサインの転職サポートでは選考対策にかける時間と濃さが全然違います。

さらに、過去問を徹底的に分析し、ファームごとにどういう質問が出題されるのかを熟知しているので、より本番に近い対策をしてもらえますよ。

→ファーム出身者が教えるケース面接対策に興味がある方はこちら

5. 面接フォロー

面接毎に、企業の面接担当者からフィードバックを回収し、共有します。

フィードバックを次回の選考に活かしていくことで、内定獲得率をアップしていきましょう。

「緊張して、うまく自分をアピールできなかった…」ということも実際は多いものです。面接で上手く伝えられなかった部分を、合否が出る前に、エージェントが採用担当者にフォローを入れてくれます。

本来自分だけで転職活動をしている場合は、面接後にフォローをしてもらうことで印象や評価を補正してもらうということはできないので、かなり心強いですよね。

エージェント
阪本さん

弊社では、内定承諾した後や入社した後も中長期的に支援するということを大事にしています。


実際、入社から3ヶ月や半年、1年経っても「この案件とこの案件どっちに入るべき?」といった相談をいただき、土日に食事をしながらアドバイスするということをしたりしてます。

実務やキャリアに対して迷うことがあれば、転職後も気軽にご連絡ください。


転職後のご活躍や成長まで見られるというのは、エージェント冥利につきますし、とても嬉しいです!

確かな実績のあるエージェントがあなたの転職をサポート

次の転職先だけでなく、中長期的にあなたのキャリアを支援することを大切にしています。

コンサル転職に特化したエージェント!
他社の2倍!圧倒的な内定獲得率を実現する質の高いサポートに強み

ポイント

  1. Bizreachにて実績上位3%となる最高ランク認定の信頼性
  2. 大手コンサルティングファームへの転職決定実績多数
  3. 転職決定者の平均年収は約850万円

アサインに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント