アンテロープへ転職する方法!中途採用&求人情報なども紹介!

アンテロープに転職する方法を現役のプロが解説します。

中途採用の転職難易度や求人情報、面接傾向・対策、年収などについて詳しくご紹介していきます。

アンテロープの転職難易度

アンテロープの転職難易度は高いです。

キャリアコンサルタントは大きく以下3つのポジションに分かれていますが、「既存クライアント強化」「新規領域立ち上げ責任者」はアンテロープの業務に関連する職務経験が必須条件となっています。

上記3つの項目について、次で詳しくお話していきますね。

既存クライアント強化

キャリアコンサルタント(既存クライアント強化)の転職難易度が高い理由は、金融機関およびコンサルティングファームでの実務経験が必須条件になっているからなんです。

もしくは人材紹介業界にて、金融業界やコンサルティング業界をクライアントにしていた経験が必須条件となります。

アンテロープのクライアントは金融、コンサルティングファームがメインになっており、商談相手は社長や役員クラスがほとんどなんです。そして、1度に動く金額も多額なので営業として実績がある人のみ採用している傾向が見られますね。

新規領域立ち上げ責任者

キャリアコンサルタント(新規領域立ち上げ責任者)の転職難易度が高い理由は、保険業界やファイナンス、リーガル、IT、事業会社の経験が必須だからなんです。

もしくは人材業界にて保険業界、ファイナンス、リーガル、IT、事業会社をクライアントにしていた経験が求められますね。

新規事業立ち上げには、経営のノウハウやマネジメント能力、スピード感、正確な判断状況が必要になります。

そのため、上記の経験を積んだだけではなく、新規事業を立ち上げるためのノウハウ・スキルも求められるというわけなんですね。

未経験ポテンシャル

キャリアコンサルタント(未経験ポテンシャル)の転職難易度はそこまで高くはありません。なぜなら、20代で何かの営業経験・スキル、対人スキルなどを持っていて活かせる「人材ビジネス」や「ヒト」に強い興味を持っている人が対象にされているからなんです。

既存クライアント強化などと同じく、キャンディデートの特性を見極めて金融やコンサル業界など各専門分野の労働市場動向などを把握します。

他にも人事採用を検討しているクライアント企業とのネットワークを構築するのが業務になっています。

アンテロープの面接の傾向・対策

アンテロープの面接では、「経験・実績」「バイタリティ」が確認される傾向にあります。その理由は、即戦力採用の傾向が強いからなんです。

だからこそ、入社後にすぐ戦力なる人材なのか、前職や現職の仕事内容、営業実績、取引者数などの質問でチェックされます。

バイタリティは既存クライアント強化も新規領域立ち上げ責任者にも求められます。売上を上げるための行動力、クライアントへの積極的なアプローチが必要になりますね。

ただ、効果のある面接対策は双方で異なります。

上記2つの面接対策について、次で詳しくお話していきますね。

既存クライアント強化の面接対策

キャリアコンサルタント(既存クライアント強化)の面接では、今までの営業経験の中で既存クライアントと長期にわたり取引してきた実績、取引社数、1社の平均売上などのアピールをするのが効果的だと言えます。

既存クライアントは信頼関係の深耕が非常に重要です。アンテロープはクライアントと長きにわたり取引することを営業に求めているんです。

そのため、「クライアントと長く取引し、売上を上げられる人材だ」という根拠を明確にしておくのが良いでしょう。

新規領域立ち上げ責任者の面接対策

キャリアコンサルタント(新規領域立ち上げ責任者)の面接では、これまでの営業実績に加えて新規事業立ち上げに携わった経験、経営のノウハウ、人材業界における知識やマネジメント経験などの質問がされます。

だからこそ、上記の質問に対して的確に回答できるよう自己分析を進めるといった面接対策がおすすめだと言えますね。

とくにこれまでの経験が、どのように新規事業立ち上げに活かせるのか明確にしましょう。

新規事業に携わった経験がある人はあまり多くないからこそ、新規事業立ち上げのポテンシャルがあることを伝えられるように、経験やスキル、実績を深掘りしておくのがベストです。

アンテロープに転職しやすい人の特徴

アンテロープに転職しやすい人の特徴があるなら、やっぱり知っておきたいですよね。その特徴は以下の3つが挙げられます。

上記3つの特徴について、次でさらに詳しくお伝えしていきますね。

金融業界・コンサル業界の出身者

アンテロープは金融業界とコンサル業界の2つに特化している転職エージェントです。そのため、金融業界またはコンサル業界の出身者は高く評価してもらえます。

とくにキャリアコンサルタント(既存クライアント強化)は、転職を希望するビジネスパーソンと採用企業との間に立って、win-winな関係でお互いのニーズを繋いでいく、洞察力と対人能力が大切な仕事です。

そのため、金融業界やコンサル業界について詳しい知識を持つ人、経験を積んでいる人は選考で有利にはたらきますよ。

人材紹介業で金融業界・コンサル業界をクライアントにしている人

人材紹介業で金融業界・コンサル業界をクライアントにしている人は、高く評価されます。

それは、同職種・属性のクライアントの場合、転職後も即戦力として仕事の活躍イメージができるからなんです。

アンテロープは、これまでの社会人経験で構築されている人脈から、キーマンとのリレーションシップを構築・強化したいと考えています。同職種・属性をクライアントにしている人の評価が高くなり、選考でも有利になりますね。

新規領域で人材紹介業を立ち上げられる人

アンテロープでは、新規領域で人材紹介業を立ち上げられる人を求めています。なぜなら、アンテロープは金融・コンサル業界以外の分野で人材紹介業を展開しようと考えているからなんです。

その中でもとくに、保険業界やファイナンス、リーガル、IT、事業会社の5つの業界経験者は高く評価されやすいと言えますね。また、人材紹介業として5つの領域をクライアントにしている人も高評価されやすいです。

選考だけではなく面接でも有利にはたらきますので、しっかり明確化してアピールしていきたい部分ですね。

アンテロープへ転職したいのなら

アンテロープへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら転職エージェントでは、採用ページには掲載されていない非公開求人を保有している可能性があるからなんです。

また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から面接対策までおこなってくれます。自分で直接応募するよりも内定獲得率が上がる傾向にあります。

業界大手の転職エージェント

アンテロープの中途採用【求人情報】

アンテロープが募集しているのは、キャリアコンサルタント1職種のみとなっています。ですが、2つのポジションに分かれています。

そこで、コーポレートサイトにある中途採用枠の求人を参考に、それぞれ募集内容を以下にまとめてみました。

あくまでも2020年3月時点での募集職種になるため、時期によっては大きく変わる可能性もあります。

アンテロープへの転職を検討している人は、定期的に希望職種の募集がないかどうか「採用情報」をチェックしてみてくださいね。

上記3つの募集職種について、次で詳しい内容をお話していきますね。

既存クライアント強化

既存クライアント強化の仕事内容、必須経験・能力などについて以下にまとめてみました。

既存クライアント強化

  • 仕事内容
    ・キャンディデートへのコンサルティング
    ・クライアント企業への採用支援

  • 必須経験・能力
    ・金融機関での職務経験者
    (投資銀行部門・アセットマネジメント・不動産金融)
    ・コンサルティングファームでの職務経験者
    ・人材紹介業界/金融業界/コンサルティング業界をクライアントにしていた人
    ・成果に対する強いコミットメント、登録者の成功をサポートしていくというマインド、または当社のポリシーへの共感をお持ちの人

新規領域事業立ち上げ

新規領域事業立ち上げの仕事内容、必須経験・能力などについて以下にまとめてみました。

新規領域事業立ち上げ

  • 仕事内容
    ・新規事業開発
    ・キャンディデートへのコンサルティング
    ・クライアント企業への採用支援

  • 必須経験・能力
    ・新規事業開発の経験者
    ・人材紹介業界にて5つの領域をクライアントにしていた人
    (保険業界/ファイナンス/リーガル/IT/事業会社)
    ・成果に対する強いコミットメント、登録者の成功をサポートしていくというマインド、または当社のポリシーへの共感をお持ちの人
    ・他のメンバーの仕事に対して敬意を払い、チームワークの発展に協力できる人

未経験ポテンシャル

未経験ポテンシャルの仕事内容、必須経験・能力などについて以下にまとめてみました。

未経験ポテンシャル

  • 仕事内容
    ・キャンディデートへのコンサルティング
    ・クライアント企業への採用支援

  • 必須経験・能力
    ・20代の営業経験者

  • 歓迎条件
    ・営業スキル、対人スキルを持った人
    ・ヒトに強い興味を持っている人

アンテロープの企業情報

アンテロープへ転職する際には、まず企業の詳細情報を把握することが大事です。具体的にどのような事業をおこない、企業の経営状況はどうなのか知っておくことですね。

しっかりと把握しておけば、「イメージと違った…」という入社後のミスマッチを防げます。

また、企業についてよく知らない状態で面接に挑んでしまうと、面接官に「本当に入社したいのか?」と不信感を与えてしまうことにもなります。

そこで、アンテロープの企業情報について、以下の4つに分けて詳しくご紹介していきたいと思います。

事業内容

アンテロープの事業内容は、大きく2つに分けられています。

上記2つの事業内容について、次でそれぞれ詳しくお話していきますね。

個人へのキャリアコンサルティング

個人へのキャリアコンサルティングでは、具体的に「キャリアコーチング」「適職紹介・転職活動支援」「キャリア構築支援セミナー」をおこなっています。

キャンディデートの特性を見極めた上で、金融やコンサル業界などの各専門分野のジョブマーケットの動向やキャリアパスの事例を案内しています。1対1のコミュニケーションで信頼関係を構築するのが仕事です。

1人のコンサルタントが新規で月間15人〜20人のキャンディデートを担当して、その中の半数程度の人達と長期的なリレーションシップを構築していきます。

企業への採用コンサルティング

企業への採用コンサルティングでは、人材紹介をおこなっています。

基本的には、これまでの社会人経験で構築されている人脈から、キーマンとのリレーションシップの構築・強化をします。

担当する金融・コンサル業界では、採用の決定権者が各部門のマネージングディレクターやパートナーであるため、そういった人々とのネットワーク構築が求められます。

年収

アンテロープの平均年収ですが、有価証券報告書や四季報に記載がなかったので、コーポレートサイトに掲載されている募集職種の「待遇」部分を参考に算出してみました。

初年度の基本給が月額35万円〜80万円となっているので、月額金額に12ヶ月を掛けてみると、アンテロープの平均年収は420万円〜960万円になりますね。

ただ、個人賞与と企業賞与が半期に1回ありますので、実際はもう少し金額が上がるかと思います。

あくまでも目安の数字となっていますので、平均年収に多少の誤差が生じる可能性があります。その点は何卒ご了承ください。

会社名 平均年収
ムービンストラテジックキャリア 2,000万円
アンテロープ 420万円〜960万円
マイナビ 410万円〜620万円
株式会社コトラ 588万円

ムービンストラテジックキャリアの平均年収が高い理由は、外資系企業だからだと言えますね。

一方、この中で平均年収が低い株式会社コトラは、評価制度が導入されています。定量や定性の双方で評価されますが、定性評価が収益換算した上で定量的な実績と併せて評価されるようです。

ただ、株式会社コトラは給与のリターンが大きく平均給与も高い傾向にありますので、特別低いというわけではないので、その点はご注意ください。

社風

アンテロープは誠実に登録者や取引先企業に対応することを優先にする真面目な企業文化を持っています。個人主義になりがちな人材業界ですが、チームワークを重視する風土が確立されていますね。

基本的に代表と取締役以外のキャリアコンサルタントに階層はなく、フラットな組織で上下関係もほぼ見られません。男女の区別もないため、働きやすい環境にされています。

また、ひとりひとりに裁量が認められているため、自由度が非常に高いという面もあります。手取り足取り教えてもらえる環境ではないので、自らわからないことなどを質問していく姿勢が大切かもしれません。

福利厚生

アンテロープでは、さまざまな福利厚生が用意されています。具体的にどのようなものが用意されているのか、以下にまとめてみました。

  • 各種社会保険完備
  • フレックスタイム制度
  • コアタイム制度
  • 英語学習奨励制度
  • 参考書籍購入制度

フレックスタイム制度を導入しているので、ある程度自分で時間管理は必要ですが、ワーク・ライフ・バランスは非常に取りやすいですね。

アンテロープはグローバルで活躍できる企業を目指しているからこそ、英語学習奨励制度や参考書籍購入制度などを導入しているようです。

アンテロープへの転職を成功させる方法

アンテロープへの転職を検討しているのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。なぜなら、採用ページには掲載されていない求人を保有している可能性が高いからなんです。

また、転職エージェントではキャリアアドバイザーがあなたのキャリア相談に乗ってくれますし、応募書類の添削から面接対策までおこなってくれます。

「なぜキャリアコンサルタントになりたいのか?」「どうして他社ではなくアンテロープを選んだのか?」という理由を、丁寧に明確化してしっかりと面接場の伝えてアピールすることができます。

自分で応募するよりも内定獲得率を上げることができるので、とても頼もしい味方になってくれるはずですよ。

ただ、キャリアアドバイザーの質やサポート力には違いがあります。そして少しでも多くの求人と出会うためにも、転職エージェントは2社〜3社複数登録するのがベストだと言えますね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント