医師の名古屋(愛知)への転職事情を徹底解説!労働環境や年収も紹介!

名古屋

名古屋や愛知への転職を考える医師の人は、年収や労働環境がどう変化するのか、気になるのではないでしょうか。

本記事では、名古屋市・愛知県で働く医師の年収や、オススメの転職方法などを解説します!

医師が名古屋で働く時の労働環境

名古屋で働いている医師の労働環境について全国の状況と比較して解説します。

比較する内容は、忙しさの指標として地域の人口あたりの医師の人数、また、地域の医師が稼げる年収平均の2点です。

名古屋の医師は数が少なく忙しくなりがち

名古屋は、人口あたりの医師の人数が全国平均に比べて多く、働きやすい環境です。

厚生労働省の発表した「平成30年医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」によると、全国的に医師は人口10万人あたり251.7人いて、そのうち医療施設で働いている人は240.1人います。男女別に見ると男性が189.4人、女性が50.7人です。

一方で名古屋市のある愛知県では、10万人あたりの医師の総数は224.1人で全国に比べると27.6人も少ないことがわかります。

男女別に見てもこの傾向に違いはなく、男性の場合には164.1人で25.3人少なく、女性の場合には48.8人で1.9人少ないというのが統計結果です。

この人数の少なさから、愛知県は他の地域に比べると医師の数が少なく忙しくなりがちな環境であると考えられます。

実際、愛知県は2009年より医師不足に悩み続けており、時間外の救急患者の受け入れを制限するなどの診療制限を続けています。

愛知(名古屋)で働く医師の平均年収は約1350万円

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、名古屋市のある愛知県で働く医師の平均年収と全国的な医師の平均年収は以下の通りです。

平均年収
男性医師(愛知) 1350万9700円
女性医師(愛知) 1372万8800円
男性医師(全国) 1226万9400円
女性医師(全国) 1016万3500円

この結果を見ると男女ともに似た傾向があることがわかります。男性の場合には全国平均よりも120万円ほど年収が高く、女性の場合は全国平均よりも350万円ほど年収が高くなっています。

この結果から、より高い年収を稼ぎたいのなら、男性と女性ともに愛知(名古屋)で働いたほうが良いと言えます。

【目的別】医師にオススメの勤務先

愛知(名古屋)で転職先を探すときは、目的ごとにオススメの勤務先が変わります。 目的別のオススメ勤務先は以下の通りです。

ここからは、それぞれについて具体的に解説していきます。

スキルアップをしたいなら大規模病院

スキルアップをしたい人は、大規模病院への転職がオススメです。

大規模病院は最新の設備が整っており、最先端の医療を実施しているところが多いことや、仕事が細分化されているため専門的な仕事に注力できることから、専門的なスキルを学ぶには最適な職場です。

また、病院がつぶれにくい、残業代がしっかり支払われるといった金銭的な安定もポイントです。

デメリットは、当直が多く忙しくなりやすいことです。

開業医になりたい・ワークライフバランスを整えたいなら診療所

将来開業医になりたい人と、ワークライフバランスを整えたい人は診療所やクリニックなどの小規模な勤務先がオススメです。

これら小規模な病院では、業務内容が幅広くなり、1人でこなす仕事内容が増えます。開業をすると、医師の業務だけでなく経営までおこなっていくため、幅広い業務を経験できることは大きなメリットです。また、実際に開業した小規模な病院であれば、開業のアドバイスなども聞くことができる場合があります。

加えて、小規模な病院は病床数が少ないため、入院患者が減り、その分当直の数が減ります。

そのため、出来るだけ当直には入りたくない人やワークライフバランスを重要視する人にとっても小規模な病院はオススメです。

臨床以外の道へ進むなら産業医や製薬会社

臨床医として働く以外の道を考えるなら産業医や製薬会社がオススメです。

臨床があまり向いていないという人でも、労働者の健康管理をする産業医や、製薬会社の新薬開発などから医療に関わることができます。また、これら2つの勤務先はワークライフバランスが整っているメリットもあります。

しかし医師免許以外に、産業医には産業医資格、製薬会社には海外の企業とわたりあえる語学力が求められることもありますので、注意は必要です。

また、転職を実際に考える場合は、求人数が限られるので転職サイトのアドバイザーへの相談がオススメです。

給料に不安があればアルバイトもオススメ

転職で、給料が下がってしまうことに不安を感じるなら、アルバイトもオススメです。

医師のバイトは時給1万円が相場なので、休日に8時間働けば8万円もの日給を得られます。

今の職場で安定した収入を得ながらも、バイト代を生活の足しにできるので、今よりも豊かな生活が送れます。

関連記事医師バイトの時給は1万円|効率の良い求人の探し方などを徹底解説

医師が愛知(名古屋)へ転職する方法

医師が愛知(名古屋)へ転職するときの方法は、主に以下の3つです。

ここからは、それぞれについて具体的に解説していきます。

転職サイト

転職サイトはオンラインで自由に求人を検索して応募できることが特徴です。

また、求人数が豊富で検索条件を設定することにより、簡単に希望の求人を絞り込めることが魅力です。

転職サイトではスカウトの募集をかけたり、キャリアアドバイザーとキャリアの相談をして、希望にマッチした求人を紹介してもらえます。

関連記事医師におすすめの転職サイトはコレだ!退職時の注意点なども解説

医局や上司からの紹介

医師が転職をするとき、医局や上司からの紹介で転職をすることはよくあります。

これらの紹介は、スムーズに転職先が見つかるというメリットもあるものの、安易に転職を決めてしまうとトラブルが起こりがちです。

転職先が自分と合わない場合、例えば医局からの紹介であれば、再転職をすぐにすることは基本的にできません。仮に再転職をしたとしても、医局の意向に反したことで、将来のキャリアが傷ついてしまう可能性があります。

また、医局と上司どちらに紹介してもらった転職でも、給与や休みなどの交渉をしにくいといったデメリットもあります。

ハローワーク

求人を探す際、ハローワークを利用することも1つの手段ではあるものの、医師の転職ではオススメできません。

なぜなら、ハローワークにはそもそも医師の求人が少なく、見つかったとしても助手や受付などの業務がほとんどであり、医師と比べると給与も大幅に下がってしまい、業務内容も医師の専門性を活かせないものとなってしまうためです。

そのため、基本的にはハローワークの利用は控えたほうがいいでしょう。

医師が愛知(名古屋)へ転職するなら転職サイトがおすすめ

複数の転職方法を比較すると、医師が愛知(名古屋)へ転職する際は転職サイトの利用が適しているとわかります。

転職サイトは数多くあるものの、とくにオススメはキャリアアドバイザーと相談ができる転職サイトです。また、医療業界に特化したサイトであるとさらにオススメです。

業界に特化したキャリアアドバイザーは医師の忙しい労働環境をよく理解していて、転職活動に時間をあまり割けないことを考慮したサポートをしてくれます。

労働環境や年収などの希望を伝えれば、条件にマッチした求人を紹介してもらうこともできますし、書類作成や面接対策などの手間も肩代わりしてくれます。

医師におすすめの転職サイトランキング

医師におすすめの転職サイトと言われても、どこが自分に合っているのか選ぶのは難しいですよね。

そんな人は、以下のランキングを参考にしてください。

このランキングは弊社が独自に実施したユーザーへのアンケートを元に作成しています。

しかし、このランキングはあくまでも独自の調査結果ですので、1位が優れていて4位が優れていないという訳ではありません。

それぞれメリットやデメリット、魅力や特徴が違うので、これらを比較して自分にマッチした転職サイトを探してみてください。

1位:ドクターキャスト

医師におすすめの転職サイト第1位は「ドクターキャスト」です。実際にドクターキャストを利用した転職者からの評価をもとに、以下の表にまとめました。

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
おすすめ度

全体的に高評価なので、初めて転職する医師やスムーズに転職したい医師におすすめだと言えます。1人1人の要望に合わせて求人をカスタマイズしてくれますし、転職後も担当コンサルタントが引き続きフォローアップしてくれます。

その中でもとくに多かった口コミは、求人数が多く1つ1つの求人の質が良かったという点と、信頼できるサポート力の高さです。

そんなドクターキャストの詳しい評判や、メリット・デメリットについては以下の記事でご紹介しています。気になる人はこちらもご覧になってみてください。

医療業界に特化したサービスを展開するメディカルキャストが運営する医師の転職支援サービス。
毎日最新求人を更新中。

ポイント

  1. 業界最大級、医師求人案件2.7万件以上!
  2. 首都圏に限らず、全国の医療機関の仕事が探せる
  3. へき地や離島の求人にも強い。地域医療にフォーカスした特集あり

ドクターキャストに
相談する

2位:マイナビドクター

医師におすすめの転職サイト第2位は「マイナビドクター」です。実際にマイナビドクターを利用した転職者からの評価をもとに、以下の表にまとめてみました。

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
おすすめ度

全体的に星が4つ以上ありますし、業界大手のマイナビが運営しているので、大きな安心感と信頼感があります。職業紹介優良事業者の認定を取得している点も嬉しいポイントだと言えます。

1番多かった口コミは、求人が豊富にあり手厚いサポートが受けられるというものでした。

そんなマイナビドクターの詳しい評判や、メリット・デメリットについては以下の記事でご紹介しています。気になる人はこちらもご覧になってみてください。

人材業界大手の株式会社マイナビが運営する医師の人のための転職支援サービス。
病院はもちろん幅広いコネクションを生かした一般企業の求人も多数!

ポイント

  1. 取引医療機関数20,000件超。マイナビ独自の求人も多数保有
  2. 首都圏・関西・東海エリアに強い。UターンIターンも相談OK
  3. 厚生労働省から認可を受けた安心の転職・就職支援サービス

マイナビDOCTORに
相談する

3位:リクルートドクターズキャリア

医師におすすめの転職サイト第3位は「リクルートドクターズキャリア」です。実際にリクルートドクターズキャリアを利用した転職者からの評価をもとに、以下の表にまとめてみました。

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
おすすめ度

求人の質を除く他の項目はすべて星4つとなっています。最大の強みはやはり大手リクルートグループが運営しているという点です。また、常時1万件以上もの非公開求人を保有しているのも嬉しいポイントだと言えます。

もっとも多かった口コミは、大手リクルートグループが運営しているため大きな安心感と信頼感があったという点です。

そんなリクルートドクターズキャリアの詳しい評判や、メリット・デメリットについては以下の記事でご紹介しています。気になる人はこちらもご覧になってみてください。

人材業界最大手のリクルートグループが運営する医師専門の転職支援サービス
常勤・アルバイト両方の求人紹介が可能!

ポイント

  1. 常時1万件を超える非公開の求人情報を保有
  2. 医師専門で30年。実績と実力のあるサービス
  3. 経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

リクルートドクターズキャリアに
相談する

4位:エムスリーキャリア

医師におすすめの転職サイト第4位は「エムスリーキャリア」です。実際にエムスリーキャリアを利用した転職者からの評価をもとに、以下の表にまとめてみました。

総評
求人の質
求人の数
使いやすさ
おすすめ度

求人の質以外の項目がすべて星3つとなっていますね。エムスリーキャリアの大きな魅力は、キャリアコンサルタント全員が医療経営士の資格を持っている点です。

もっとも多かった口コミは、キャリアコンサルタントが丁寧に親身になって対応してくれたという、サポート力や質の高さですね。

今回利用者の評価が低くなってしまっているのは、求人への応募方法が2パターンあり、サイトが使いにくいと感じた人が数人いたからなのかもしれません。

そんなエムスリーキャリアの詳しい評判や、メリット・デメリットについては以下の記事でご紹介しています。気になる人はこちらもご覧になってみてくださいね。

27万人の医師が利用する、医療従事者向けポータルサイト「m3.com」の運営元が展開する転職支援サービス。
利用者の96.1%が満足と答える質の高いサービスが魅力

ポイント

  1. 転職を希望する医師の登録実績 8年連続No1!
  2. 年間利用者数1万人以上!医師転職のスタンダード
  3. 医療経営士の資格を持ったコンサルタントが対応

エムスリーキャリアに
相談する

医師が現職を辞めるときに注意するべきこと

医師が現職を辞めるときに注意すべきことは「退職の伝え方」です。

退職の意思が決まっているなら、3ヶ月前までに伝えるのがベストだと言えます。なぜなら、病院は少人数で業務をこなしているケースが多く、募集をしても採用までに時間がかかってしまうからです。

そのため、自分が退職してしまった分を埋められるように、日数に余裕を持って退職する旨を伝えるのが望ましいです。

医局を辞めるときの方法と注意点

医局を辞めるというのは難しく、その中でもとくに大学医局から退局するのが容易ではないと言われています。だからこそ、ここで重要なポイントは5つあります。

  1. 転職先を探して条件比較し、決意を固める
  2. できるだけ早く退局の旨を伝える
  3. すでに退局した医師の情報収集
  4. 転職先の院長に相談
  5. 自発的に退局の段取りを進める

上記では退職する3ヶ月前に退職の旨を伝えるのがベストだとお話しましたが、医局になると少し変わります。医局の場合は、退局する旨をできる限り早い段階で伝える必要があります。

例えば「3ヶ月後に辞めます」と伝えると、新しい人員を補充できない可能性があり、医局の人事も調整がつきにくくなってしまいます。その結果、強く引きとめられてしまい、退局することが難しくなってしまう可能性も考えられます。

また、どの医局に所属するのかにもよって事情が変わってきます。ですので、過去に退局した医師の情報を収集しておくことで、自分が退局する際の参考になります。

場合によっては、転職先の院長に相談をして解決するという方法もありますよ。

自発的に退局の準備や交渉が難しい、または不安を感じているという医師は転職サイトのアドバイザーに頼ってみるという選択肢もあります。自分1人で対処するよりも負担が軽くなるので、検討してみてはいかがでしょうか。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント