薬剤師が沖縄へ転職するための方法を徹底解説!年収も紹介!

沖縄では薬剤師の数が不足していますが、全国でもトップクラスに求人数が少ないです。

本記事では沖縄県で働く薬剤師の労働環境や年収について解説します。

また、オススメの転職方法も紹介します!

沖縄で働く薬剤師の雇用状況

沖縄で薬剤師として働きたいと思っている人にとって、雇用状況がどのようになっているかは切実な問題です。

せっかく薬剤師の資格を取ったのに仕事がないのでは意味がありません。

ここからは、沖縄における薬剤師の雇用環境について以下の2点から解説していきます。

沖縄の薬剤師求人数

沖縄の薬剤師求人数は、他の都道府県と比べると少ないです。

近隣の九州地方や東京、大阪、愛知といった主要都市における薬剤師の求人数を薬剤師向け求人サイトファルマスタッフで調べた結果、2020年8月時点では以下のようになっています。

都道府県 求人数
東京 9,239件
大阪 5,765件
愛知 3,604件
福岡 1,604件
熊本 504件
長崎 413件
大分 313件
鹿児島 274件
佐賀 224件
沖縄 220件
宮崎 199件

この結果からわかる通り、沖縄の求人数は他の都道府県と比較して少ないです。

医療の需要や人口を考えると主要都市である東京や大阪、愛知よりも求人数が少ないことは理解できるものの、九州の主要都市ではない県と比べても、沖縄の求人数は少ないです。

全国的に見ても、沖縄における薬剤師の求人は少ないと言えます。

沖縄は薬剤師の人数が足りていない

たとえ求人が少ないとしても、人口を補うだけの薬剤師がいれば県民の健康は保たれるのですが、沖縄県の薬剤師は人口に対してもは少ないです

厚生労働省の「平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」によると人口10万人あたりの薬剤師数は、全国平均190.1人に対して沖縄県は139.4人ともっとも少ないです。一方で、人口あたりもっとも薬剤師数が多いのは徳島県で10万人あたり233.8人です。

薬剤師の求人は確かに全国の中では少ないのですが、10万人あたりの薬剤師が47都道府県の中ではもっとも少ないです。このような状況から、薬剤師が沖縄県で就職先や転職先を見つけることは比較的簡単だと考えられます。

沖縄で働く薬剤師の平均年収は約530万

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」より独自に計算した結果、沖縄県で働く薬剤師の平均年収は530万4,700円です。

全国平均は561万円なので、沖縄県は比較的低い年収だと言えます。実際に47都道府県中、沖縄県の年収は29位です。

ただ、沖縄県は他の地域の主要都市に比べると物価が安い傾向にあるため、一概に年収の水準が低いというわけではありません。

また、薬剤師の年収は勤務先によっても異なります。沖縄県で働く薬剤師の勤務先別年収は以下の通りです。

沖縄 全国平均
病院 412万円 416万円
調剤薬局 476万円 481万円
ドラッグストア 551万円 557万円
製薬会社 948万円 958万円

沖縄への転職を成功させる2つの方法

薬剤師が沖縄で転職に成功するためにオススメの方法は以下の2つです。

キャリアアドバイザーに相談する

沖縄で薬剤師が転職するときは、転職サイトを用いてキャリアアドバイザーに相談するのが効果的な方法です。

キャリアアドバイザーに相談すると薬剤師としてどのような働き方をしていくのが良いか、職場はどこが合っているかなどといった観点から提案を受けることができます。

とくに沖縄では求人数が少なく、希望通りの条件で求人を探すことは難しいので、キャリアアドバイザーを頼ることは効果的な手段です。

また、キャリアアドバイザーは保有求人の職場へ頻繁に出入りしています。そのため、職場の雰囲気やスタッフ間の人間関係の良さなど、求人だけではわからない情報も熟知しています。

なおアドバイザーによるサポートは沖縄県内外のどちらからでも対応してもらえるため、地元で転職したい人も県外から移住を計画している人も充実したサポートを受けられます。

沖縄薬剤師会に相談する

沖縄県薬剤師会に相談して転職先を探すのも薬剤師にとっては魅力的な方法です。

各都道府県の薬剤師会では地域の病院や調剤薬局などのサポートをしつつ、薬剤師が働ける環境を提供しようと努力をしています。

沖縄県薬剤師会も例外ではなく地元で仕事を探したいと考えている薬剤師のサポートをしています。沖縄県薬剤師会のオフィシャルサイトでは、薬剤師会が経営している調剤薬局のスタッフ募集がよくおこなわれていて自由に応募することが可能です。

薬剤師会が経営している薬局では研修制度が充実しているので調剤未経験の人でも働きやすいというメリットがあります。

また、沖縄県薬剤師会に相談することで地元の調剤薬局や病院などの職場情報や求人状況などについても情報提供をしてもらえるでしょう。薬剤師が不足しているのは確かなので、県外から移住して沖縄で働きたいという人も歓迎されます。

遠方から沖縄への転職は大変になりがちなものの、電話やメールでも問い合わせが可能なので気軽に相談してみましょう。

薬剤師資格を取得するなら沖縄以外の大学へ行く必要あり

沖縄の大学には薬学部がないため、沖縄在住の人が薬剤師になるには、沖縄以外の大学へ行く必要があります。

薬剤師になるには6年間の修学をした上で国家試験に合格する必要があります。

沖縄から比較的近い九州で、薬学部のある大学は以下の通りです。

薬学部のある九州の国立大学

  • 九州大学
  • 長崎大学
  • 熊本大学

薬学部のある九州の私立大学

  • 第一薬科大学
  • 長崎国際大学
  • 九州保健福祉大学
  • 崇城大学
  • 福岡大学
  • 国際医療福祉大学

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。