繁忙期は避けるべき!薬剤師のオススメ転職時期を教えます!

薬剤師

薬剤師が転職する時期には、繁忙期などの関係からベストなタイミングが存在します。

本記事では薬剤師の転職でオススメの時期を解説します。

また、結婚や妊娠を控えている人のオススメ時期も紹介します!

薬剤師が転職先で働き始めるのにベストな入社時期は8月

1年のうちで薬剤師が転職するのにベストな入社時期は8月です。

この理由の1つは、8月であれば夏のボーナスが出たあとだからです。

現職がボーナスをもらえる職場なら、ボーナスをもらってから転職したほうが生活に余裕ができます。転職をするのにもらってもいいのか?と思うかもしれません。しかしボーナスを受け取ることは正当な権利なので遠慮はしなくて大丈夫です。

転職をする際、8月入社がベストな2つ目の理由は、新しい職場に慣れやすいからです。

8月はお盆休みや夏休みの時期で、世間的にも休暇をとる人が増えて薬局が普段より落ち着きます。仕事が落ち着いていれば、忙しい時期より仕事を覚える余裕ができます。

逆に忙しい時期に転職すると指導役に余裕がなくなってしまったり、仕事に慣れるのが大変になりがちです。

ボーナスを受け取ってから転職できる1月入社をオススメしない理由は、その時期はインフルエンザなどで薬局も忙しくなってしまうためです。

転職活動を始めるベストなタイミングは6月か7月

8月入社を狙うにあたって、転職活動を始めるのにおすすめの時期は6月か7月です。

希望する転職先によっても適した時期が異なり、街中のドラッグストアや調剤薬局なら7月から、病院や製薬会社なら6月からが転職活動に適しています。

ドラッグストアや調剤薬局の場合、慢性的に人手不足だとすぐに採用されることもあり、場合によっては1週間で採用が決まることもあります。

とはいえ余裕を持って転職活動するために、1ヶ月ほど時間をとっての活動がオススメです。

転職先から早く来てほしいと相談される可能性もあり、現職と上手く折り合いをつけながら転職活動する必要もあります。仕事をしながらの求人応募や面接は忙しくなるため、スケジュール調整に気を付けてください。

病院や企業なら2ヶ月以上前

病院や企業の求人に応募する場合に2ヶ月以上の余裕を持っておきたい理由は、面接対策に力を入れる必要があるためです。

とくに人気の高い病院には応募が集中し、厳選された選考がおこなわれます。また、そもそも病院などは求人が少ないため、応募できる求人を探すのに時間がかかることも理由の1つです。

ただし転職をするにあたって注意すべき点が、病院や薬局の繁忙期となる冬と春には転職活動を急がないことです。

12~2月はインフルエンザの影響で、2〜5月にかけては花粉症の影響で病院には患者が増える傾向があります。繁忙期の転職は教育してもらう時間がなかなか取れない場合があるので注意しましょう。

新卒薬剤師が転職を有利に進められる年次は2年目か3年目

新卒の薬剤師が転職をするなら、最低1年は勤続して、2〜3年目ころの転職がオススメです。

最低1年の勤続が必要な理由は、1年ほど働かないと薬剤師の仕事に慣れていると言えないためです。一定の経験がなければ、1から教育する必要があるので採用する側はためらってしまいます。

しかし実は、新卒薬剤師が転職するなら1年も働いた経験があれば十分で、2〜3年目など早めに転職することがオススメです。

なぜなら若い人材は採用側にとってコストパフォーマンスが良く、新卒2~3年目の薬剤師であれば長期的な活躍を見込まれるためです。

であればキャリアの長い薬剤師は不利なのかというと、そんなことはありません。

ベテランの薬剤師であれば、豊富な知識や経験が求められやすい病院の薬剤師などがとくにおすすめです。長年のキャリアを活かして、管理薬剤師を目指してみるのもよいでしょう。

ベテランであれば、これまでの経験を活かすことで転職成功率が高まります。

結婚・妊娠・出産を考えている人は予定の1年以上前に転職しよう

近いうちに結婚・妊娠・出産を考えている人は、それらのイベントの1年以上前、できれば2〜3年前に転職活動を始めるのがオススメです。

なぜなら妊娠や出産を控えている場合、仕事を休む必要ができるので、それまでに周囲が自分の仕事を補ってくれる環境づくりをするためです。

産休などで仕事を休む場合、どうしても一定は周囲の協力が必要になります。協力的な人ばかりでスムーズにいけばよいものの、迷惑だと感じる人が職場にいると人間関係に影響が出るかもしれません。

そのため、産休を予定する2〜3年前には転職をして人間関係や仕事の環境づくりをしましょう。

結婚を控えている場合は、会社からすぐに妊娠して休職をするのではないかと心配されがちです。

そのため、転職をするなら1年前にするか、面接であらかじめ「子供は数年考えていません」などと伝えておくと良いでしょう。

内定をもらったらすぐに退職を伝えよう

現在の職場に退職の意思を伝えるのは、簡単ではないものの、退職する意思が固まったらできるだけ早く伝えましょう。

なぜなら、あなたが転職することで上司や職場の同僚にとっては、退職者の穴をどう埋めるかという課題が生まるためです。

退職する人は1ヶ月前までに退職の意思を伝えればいいと思っていたとしても、職場にしてみれば1ヶ月で新しい薬剤師を採用できるとは限りません。

退職を伝えるのは心苦しいとは思うものの、早めに退職を伝えることが現職のためになります。

転職するか迷ってる人はキャリアアドバイザーに相談しよう

将来のキャリアプランに悩んだり、転職に踏み切れない人は転職サイトを用いてキャリアアドバイザーに相談するのがオススメです。

キャリアアドバイザーは、あなたからワークライフバランスや勤務地、年収といった希望をヒアリングして、その希望を満たすために転職が必要なのか、いま転職するべきなのかを第三者視点から判断してくれます。

薬剤師の転職満足度は業界No.1!
6万件以上の豊富な求人からベストな職場をご紹介!

ポイント

  1. 20~40代薬剤師の転職支援に強み!
  2. 業界最大級の求人数を保有!
  3. 登録者には転職サポートブックをお渡し中!

マイナビ薬剤師に
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント