病院薬剤師のやりがいを徹底解説!向いている人の特徴とは?

薬剤師

病院薬剤師は、他ではできない業務や経験が多くやりがいのある仕事です。

しかし、やりがいが大きいからこそ感じるプレッシャーなどもあります。

本記事では病院薬剤師のやりがいや懸念点について解説します!

病院薬剤師が感じる2つのやりがい

薬剤師の中でも高度な医療に触れ、人の命に直接関わる病院薬剤師のやりがいは、スキルアップと現場の医療の2つです。

以下で、それぞれについて詳しく説明します。

他の薬剤師よりもスキルアップがしやすい

病院薬剤師は他の薬剤師よりもスキルアップがしやすい点があります。

病院薬剤師は他の薬剤師よりも扱う薬剤の種類が多く、他の医療現場とのやりとりをする機会も多いです。そのため、より専門的な薬剤知識や、医療の幅広い知識が身につきます。

もちろん薬局などでもスキルアップはできるものの、扱う薬剤に限りがありますし、他の医療現場とのやり取りも限られたものになるため、学べることにも限度があります。また、疑義照会が少なかったりと、自分で判断する機会が少ない点からも、病院ではスキルが磨きやすいと言えます。

現場の医療に触れられる

2つ目は現場の医療に触れられる点です。病院薬剤師だからこその仕事に、救命医療やチーム医療に携わることがあります。

これらは処方箋対応とは違い、救急患者に使用する薬剤を決定するなど責任が重くなる仕事ではあるものの、だからこそ自分の力で患者の命を救えるやりがいがあります

また、病院での医療はチームでおこなうため、医師や看護師から薬剤師としての意見を求められます。

複数の分野における専門家が集まって医療方針を決めることは病院だからこその業務であり、自分の仕事に対して意義を強く感じられる場面でもあります。

病院薬剤師では当直・給料・プレッシャーが懸念点

病院薬剤師の仕事はやりがいに満ちたものではあるものの、懸念点として以下の3点が挙げられます。

薬剤師は仕事の裁量が大きくやりがいに満ちているからこそ、責任などが重くのしかかってきます。

ここからは、病院薬剤師の懸念点についてそれぞれ解説します。

当直

病院では当直勤務があり、ワークライフバランスを整えたい人はつらく感じがちです。

入院や救急などを扱う病院は24時間人の命を守るために動いています。そのため、薬剤師の仕事も深夜に発生することもあり、当直が発生します。

具体的な業務は「救急外来患者の調剤」「病棟の急変患者への投薬」「緊急手術時の麻薬の用意」など様々なことがあります。また当直では配置人数が少ないため、病院によっては1人で当直業務をこなさなければいけない場合もあります。

少人数で命に関わる業務をこなすのは肉体と精神共に疲労しますし、家庭を持っている人であれば深夜の勤務に対応することの負担は大きいものになってしまいます。

給料

他の勤務形態に比べると病院薬剤師の給料は、もっとも少ない部類です。

Openworkに掲載された数百以上の口コミから独自に調査した結果によると、病院で働く薬剤師の平均年収は416万円です。

一方で、ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は557万円、調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は481万円であり、病院薬剤師の年収は低いことがわかります。

仕事に対する責任の重さや、当直勤務があることを考えると、病院の給料は割りに合わないと感じて転職を考える人は多くいます。

いくら仕事にやりがいがあったとしても、給料は重要な要素なので、なかなか無視はできませんよね。

プレッシャー

病院薬剤師はやりがいが大きい分、プレッシャーも重いです。

なぜなら、直接医療に関わることは、直接患者の命に関わるということだからです。

病院薬剤師のやりがいとして患者との距離が近く、責任感のある仕事ができる点があるものの、だからこそ自分のミスが患者の命を左右してしまうプレッシャーがあります。

例えば、救命救急の患者に対して緊急手術をする際、使用する薬剤の容量を間違えたり、薬歴を確認せずに禁忌と呼ばれる組み合わせの薬剤を利用すれば、それが原因で患者が命を落としてしまうこともあります。

たとえやりがいがあったとしても、命を左右する仕事はプレッシャーが重いので、これが原因で転職を考える人も多くいます。

やりがいを重視する人は病院薬剤師がおすすめ

プレッシャーは重いものの、薬剤師として、人の命を救うなどのやりがいを重視したい人にとって病院薬剤師は天職と言えます。

より患者に近いところで医療にかかわっていくことができますし、最新の医療に触れ、刺激を大いに受けて成長していくこともできます。

将来他の働き方を選ぶとしても、まずは病院薬剤師として専門的な医療に触れる経験をつむことはオススメです。

自分の専門性を高めたい人や、直接患者を救いたい人には病院薬剤師は力を発揮しやすく、やりがいを感じられる仕事です。

ワークライフバランスを重視したいなら薬局薬剤師がオススメ

病院薬剤師はやりがいがある一方で給料も低く忙しい仕事なので、休日はしっかり休みたいなど、ワークライフバランスを意識する人にはオススメできません。

年収と忙しさのワークライフバランスを重視したい人は薬局薬剤師として働くことがオススメです。

なぜなら薬局は病院よりも給料が高い上に、定休日や閉店時間がはっきり決まっていることで休みが安定しているためです。

先ほどの調査からもわかる通り、薬局薬剤師は病院薬剤師と比べて年収がおよそ70万円高いです。

また、多くの薬局は土日が休みであったり、18時以降は営業を終了していたりと勤務する時間が明確に定められています。そのため残業なども少ないですし、当然当直もありません。

しかし、薬局薬剤師でも「特定の処方箋ばかりを扱うことで総合的な知識がつきにくい」や「職場の人数が少なく、人間関係のトラブルが起きがち」といったデメリットがあるので注意が必要です。

キャリアプランで悩んだらキャリアアドバイザーに相談しよう

病院薬剤師として働くべきかなど、将来のキャリアプランに悩んだら、転職サイトを用いてキャリアアドバイザーに相談するのがオススメです。

キャリアアドバイザーは、あなたからワークライフバランスや勤務地、年収といった希望をヒアリングして、その希望を満たすことができるキャリアをオススメしてくれます。

また、キャリアプランを相談した上で転職が必要であれば、あなたにマッチする求人も紹介してくれますよ。

薬剤師の転職満足度は業界No.1!
6万件以上の豊富な求人からベストな職場をご紹介!

ポイント

  1. 20~40代薬剤師の転職支援に強み!
  2. 業界最大級の求人数を保有!
  3. 登録者には転職サポートブックをお渡し中!

マイナビ薬剤師に
相談する

病院薬剤師についての関連記事

病院薬剤師の転職について、役立つ記事を以下に集めてみました。

気になるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

関連記事病院薬剤師と薬局薬剤師の違いとは?業務内容や年収を徹底比較!
関連記事薬剤師のやりがい・つらい点とは?楽しく働く極意を伝授!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント