履歴書の書き方|学歴・職歴はどう書く?転職のプロが例文付きで解説

履歴書の学歴・職歴ってどう書くの?と悩んでいる人向けに、転職のプロが書き方をパターン別に例文付きで解説します!

その他、入学・卒業の西暦・年号早見表や、面接官が読み取るポイントについても紹介しています。

履歴書の学歴の基本的な書き方

履歴書の学歴は、以下のように書きましょう。

学歴・職歴
学 歴
平成〇年 4 東京都立〇〇高等学校普通科 入学
平成〇年 3 東京都立〇〇高等学校普通科 卒業
平成〇年 4 〇〇大学●●学部△△学科 入学
平成〇年 3 〇〇大学●●学部△△学科 卒業
卒業論文「〇〇〇〇のための□□研究」

学歴を書く際のポイントとして、以下のようなものがあります。

学歴欄の書き方ポイント

  • 1行目に「学歴」と書く
  • 年の書き方は西暦か元号かを履歴書内で統一する
  • 高校入学以降の学歴を書く
  • 学校名や学部などは略さず正式名称で書く
  • 応募する企業先で活かせる卒論・研究は記載する
  • 大学院の場合は「卒業」ではなく「修了」と記載する

入学・卒業の学校が同じなので「同上」と書く人がいますが、略さずにきちんと書きましょう。

また、卒業後に学校名が変わった場合は、自分が在学していたときの名称を書いて大丈夫です。

卒論・研究テーマについては、応募先で活かせるものであればアピールができるので記載して良いです。

もし間違えた記載をしてしまうと、学歴詐称になってしまい内定取り消しになるケースもあるので、書き間違いがないかを最後に確認しましょう。

浪人をした場合の予備校は学歴に入らない

浪人をした場合、予備校は学歴に入らないので記載しないようにしましょう。

1〜2年の浪人や留年はそこまでマイナスにはなりませんし、学歴欄を見れば面接官も理解するので、自ら触れる必要はありません。

ただ、家庭の事情や病気を理由に浪人や留年をした場合は、一緒に理由を記載しておいても良いです。

履歴書の学歴の書き方【パターン別】

上記の基本的な書き方に当てはまらない場合の書き方を、以下の順で紹介します。

転校をした場合

転校をした場合は、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
学 歴
平成〇年 4 東京都立〇〇高等学校普通科 入学
平成〇年 4 東京都立△△高等学校普通科 転入学
平成〇年 3 東京都立△△高等学校普通科 卒業

学校が途中で変わった場合は「転入学」と記載します。

入学の下に、転校した学校の名前を書くと良いです。

中途退学をした場合

中途退学をした場合、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
学 歴
平成〇年 4 東京都立〇〇高等学校普通科 入学
平成〇年 3 東京都立〇〇高等学校普通科 卒業
平成〇年 4 〇〇大学●●学部△△学科 入学
平成〇年 3 〇〇大学●●学部△△学科 中途退学
親の介護のため

一般的に「中退」と言われているのでそのまま書いてしまう人がいますが、正式名称の「中途退学」と記載するようにしましょう。

家庭の事情や病気などの理由で中退した場合は、理由を簡潔に書いておくと良いです。

「中退だと印象が悪いから」と履歴書に「卒業」と書く人がいますが、学歴詐称で内定が取り消される可能性があるので注意してください。

留学をした場合

留学をした場合は、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
学 歴
平成〇年 4 東京都立〇〇高等学校普通科 入学
平成〇年 3 東京都立〇〇高等学校普通科 卒業
平成〇年 4 〇〇大学●●学部△△学科 入学
平成〇年 4 平成〇年4月までアメリカ合衆国〇〇大学へ留学
平成〇年 3 〇〇大学●●学部△△学科 卒業

留学をした期間と国と学校名を記載しておきましょう。

一般的には、1年以上の長期留学から学歴欄に書き、1年未満の短期留学の場合は、自己PRなどに書くようにしてください。

休学をした場合

休学をした場合は、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
学 歴
平成〇年 4 東京都立〇〇高等学校普通科 入学
平成〇年 3 東京都立〇〇高等学校普通科 卒業
平成〇年 4 〇〇大学●●学部△△学科 入学
3年次に病気療養のため半年休学(現在は完治済み)
平成〇年 3 〇〇大学●●学部△△学科 卒業

休学をしたら、理由をきちんと添えておきましょう。

体調不良の休学の場合は、現在は完治していて業務に支障がないことも一緒に書いておくと良いです。

学部や学科を変更した場合

学部や学科を変更した場合は、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
学 歴
平成〇年 4 東京都立〇〇高等学校普通科 入学
平成〇年 3 東京都立〇〇高等学校普通科 卒業
平成〇年 4 〇〇大学●●学部△△学科 入学
平成〇年 4 〇〇大学●●学部□□学科 編入学
平成〇年 3 〇〇大学●●学部□□学科 卒業

学部・学科を変更したら「編入学」と書いておきましょう。

なぜ学科・学部を変更したのか?といった理由は学歴欄で説明せず、自己PRなどで書くようにしてください。

就職後に再び学生に戻った場合

就職後に再び学生に戻った場合は、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
学 歴
平成18年 4 東京都立〇〇高等学校普通科 入学
平成21年 3 東京都立〇〇高等学校普通科 卒業
平成21年 4 〇〇大学●●学部△△学科 入学
平成25年 3 〇〇大学●●学部△△学科 卒業
平成27年 4 ▲▲大学■■学部◆◆学科 入学
平成31年 3 ▲▲大学■■学部◆◆学科 卒業
職 歴
平成25年 4 株式会社〇〇 入社
〇〇支社 営業部 △△チームに配属
平成27年 3 一身上の都合により退職

社会人になったあとに、もう1度学校に通った場合は、通常と同じように職歴と学歴に分けて書いてください。

時期がきちんと書かれているので、履歴書を見れば面接官も理解してくれます。

面接では「なぜ就職後に退職してまた学校に通い始めたのか?」という質問をされるので、きちんと説明できるように準備しておきましょう。

入学・卒業の西暦・年号早見表

「自分の入学・卒業した西暦・年号がわからない」という人が非常に多いので、早見表を作りました。

1980年代〜1990年代生まれの人は、以下の早見表を見て履歴書作成に役立ててください。

1980年代早見表

1980年〜1989年までの早見表は以下の通りです。

表は横にスクロールして見れます。

生まれた年 高校入学
(4月)
高校卒業
(3月)
大学入学
(4月)
短大卒業
(3月)
大学卒業
(3月)
1980年
昭和55年
1996年
平成8年
1999年
平成11年
1999年
平成11年
2001年
平成13年
2003年
平成15年
1981年
昭和56年
1997年
平成9年
2000年
平成12年
2000年
平成12年
2002年
平成14年
2004年
平成16年
1982年
昭和57年
1998年
平成10年
2001年
平成13年
2001年
平成13年
2003年
平成15年
2005年
平成17年
1983年
昭和58年
1999年
平成11年
2002年
平成14年
2002年
平成14年
2004年
平成16年
2006年
平成18年
1984年
昭和59年
2000年
平成12年
2003年
平成15年
2003年
平成15年
2005年
平成17年
2007年
平成19年
1985年
昭和60年
2001年
平成13年
2004年
平成16年
2004年
平成16年
2006年
平成18年
2008年
平成20年
1986年
昭和61年
2002年
平成14年
2005年
平成17年
2005年
平成17年
2007年
平成19年
2009年
平成21年
1987年
昭和62年
2003年
平成15年
2006年
平成18年
2006年
平成18年
2008年
平成20年
2010年
平成22年
1988年
昭和63年
2004年
平成16年
2007年
平成19年
2007年
平成19年
2009年
平成21年
2011年
平成23年
1989年
昭和64年
平成元年
2005年
平成17年
2008年
平成20年
2008年
平成20年
2010年
平成22年
2012年
平成24年

1990年代早見表

1990年〜1999年までの早見表は以下の通りです。

表は横にスクロールして見れます。

生まれた年 高校入学
(4月)
高校卒業
(3月)
大学入学
(4月)
短大卒業
(3月)
大学卒業
(3月)
1990年
平成2年
2006年
平成18年
2009年
平成21年
2009年
平成21年
2011年
平成23年
2013年
平成25年
1991年
平成3年
2007年
平成19年
2010年
平成22年
2010年
平成22年
2012年
平成24年
2014年
平成26年
1992年
平成4年
2008年
平成20年
2011年
平成23年
2011年
平成23年
2013年
平成25年
2015年
平成27年
1993年
平成5年
2009年
平成21年
2012年
平成24年
2012年
平成24年
2014年
平成26年
2016年
平成28年
1994年
平成6年
2010年
平成22年
2013年
平成25年
2013年
平成25年
2015年
平成27年
2017年
平成29年
1995年
平成7年
2011年
平成23年
2014年
平成26年
2014年
平成26年
2016年
平成28年
2018年
平成30年
1996年
平成8年
2012年
平成24年
2015年
平成27年
2015年
平成27年
2017年
平成29年
2019年
平成31年
1997年
平成9年
2013年
平成25年
2016年
平成28年
2016年
平成28年
2018年
平成30年
2020年
令和2年
1998年
平成10年
2014年
平成26年
2017年
平成29年
2017年
平成29年
2019年
平成31年
2021年
令和3年
1999年
平成11年
2015年
平成27年
2018年
平成30年
2018年
平成30年
2020年
令和2年
2022年
令和4年

履歴書の職歴の基本的な書き方

職歴の基本的な書き方は、以下のようになっています。

学歴・職歴
職 歴
平成〇年 4 株式会社〇〇 入社
〇〇支社 営業部 △△チームに配属
営業担当として、新規顧客開拓を行う。
平成〇年 3 一身上の都合により退職
平成〇年 4 株式会社△△ 入社
本社 営業部 □□チームに配属
現在に至る
以上

職歴の基本的な書き方のポイントは、以下の4点です。

職歴欄の書き方ポイント

  • 働いた期間が短くても職歴はすべて記入する
  • 所属部署や雇用形態をきちんと書く
  • 年の書き方は西暦か元号かを履歴書内で統一する
  • 「退社」ではなく「退職」と記入する

上記の基本的な書き方に当てはまらない、以下のような書き方もありますので、順に紹介していきます。

異動で部署が変わった場合

異動で部署が変わった場合は、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
職 歴
平成〇年 4 株式会社〇〇 入社
〇〇支社 営業部 △△チームに配属
平成〇年 9 △△支社 営業部 ◇◇チームに配属
平成〇年 3 一身上の都合により退職
平成〇年 4 株式会社△△ 入社
本社 営業部 □□チームに配属
現在に至る
以上

異動したら、異動した部署名と年・月を記載してください。

履歴書の学歴・職歴欄はスペースが少ないので、書ききれなかったり説明しづらい事情がある場合は、入社・退職のみの記載でも良いです。

社名が変更になった場合

異動で部署が変わった場合は、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
職 歴
平成〇年 4 株式会社〇〇 入社 (現株式会社□□)
〇〇支社 営業部 △△チームに配属

在籍中に社名が変わったら「現株式会社□□」と、新しい社名を記入しておくと良いです。

合併の場合は「□□株式会社との合併により株式会社△△に転籍」と記入し、変更された日付を書いておきましょう。

正社員以外の経歴がある場合

正社員以外の経歴がある場合は、以下のように書くと良いです。

学歴・職歴
職 歴
平成〇年 4 株式会社〇〇 入社 (契約社員として)
〇〇支社 営業部 △△チームに配属
平成〇年 4 同社に正社員として採用

契約社員の場合は、上記のように「契約社員として」と添えておきましょう。

派遣社員の場合は「株式会社●●(派遣元の企業名)より株式会社〇〇(派遣先の企業名)に派遣」と書くと良いです。

短期間(1年未満)のパートやアルバイト、学生時代のアルバイトは基本的に記入する必要はありません。

社会人になってから1年以上のパート・アルバイトをした場合は、記載をして良いです。

また、応募先の企業で活かせる経験や身についた能力を、面接でしっかりと説明できるようにしておきましょう。

学歴・職歴から面接官が読み取るポイント

面接官が学歴や職歴からどういったことを読み取っているのかを、以下で説明します。

学歴で見られるポイント

  • どのような勉強に取り組んできたのか
  • 入社後に活かせそうな知識や経験があるか

職歴で見られるポイント

  • 仕事に対してどう向き合ってきたか
  • どのようなスキルや経験を持っているか
  • コミュニケーション能力
  • 異業種を経験している場合はキャリアチェンジの理由

学校の知名度や、過去在籍していた会社の規模で判断しているわけではなく、人物像や考え方を見ています。

また、即戦力になるのか、素早く社風に馴染めるのかといったところも中途採用では見られます。

履歴書を正しく書くなら転職エージェント

履歴書を正しく書きたいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

なぜなら、面接官を納得させられる履歴書の書き方を一緒に考えてくれるからです。

また、履歴書や職務経歴書を作成する際のアドバイスや添削を、すべて無料でおこなってくれます。

とはいえ、転職エージェントならどこに登録しても同じというわけではありません。転職エージェントの良し悪しは、担当になったキャリアアドバイザーの質によって大きく変わります。

転職エージェントを選ぶときは、2〜3社複数登録するのがおすすめです。何社か同時に登録することにより、キャリアアドバイザーとの面談を並行しておこなうことができ、自分に合うキャリアアドバイザーを効率良く探せます。

筆者がおすすめする転職エージェントを、いくつか紹介します。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント