病院で働く薬剤師に転職したい!志望動機の書き方まで徹底解説

病院薬剤師

    患者さんと直接コミュニケーションが取れ、医療チームの一員として働けるため人気の病院薬剤師。そんな病院薬剤師の転職ノウハウをを徹底解説します。
    志望動機のポイントや例文も合わせてご紹介します。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

病院薬剤師の転職事情を徹底解説

まず、病院薬剤師は、転職市場でのニーズは高いです。

なぜなら、病院薬剤師は、最先端の医療技術に触れることができるため、感染症やガンなどの専門分野への知識がつくからです。

今後、少子高齢化社会になっていくにあたって、ガン治療や感染症に対する専門知識がある薬剤師のニーズが高まっていくでしょう。そういった、専門知識を身につけられるため、転職する場合でも病院薬剤師のニーズは高いです。

薬局から病院薬剤師への転職

結論から言うと、 中途でも薬局から病院への転職は、難易度は多少高めです。 なぜなら、病院は新卒採用が中心で中途採用の募集が少ない傾向にあるからです。

また、病院といっても急性期病院なのか慢性期病院なのかによって大きく変わります。

それぞれ解説すると、まず急性期病院とは、怪我や急な病気・持病が急激に悪化した患者の方々に、手術や検査などの医療を行う病院です。 そこで働く病院薬剤師には高度で専門的な知識と経験が求められます。

次に慢性期病院は、病状が急性期を脱しており、容態が安定している患者の方々に、継続的な治療と療養を提供する病院です。 そこで働く薬剤師には継続的な治療とホスピタリティが求められます。

病院薬剤師はやりがいがあり大変人気が高い一方で、いくつかの種類や働き方があり、 違いを認識していないと「思ったような働き方でなかった…」「忙しいばかりで、想像以上にブラックな環境だった…」と失敗する人はとても多いです。

特に、薬局と病院とでは、働き方がかなり違うため、自分のスキルや転職の目的にあった病院を選ぶことで、転職成功にグッと近づきます。

病院から薬局への転職

病院から薬局への転職は、比較的難易度が低い と考えられます。なぜなら、病院の数に比べて薬局の数は数え切れないほど多いからです。

2018年に厚生労働省が発表している「医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」 から、薬局と病院に勤めている薬剤師の数を以下の表にまとめました。

薬局 病院
人数 180,415人 59,956人

つまり、薬局で働いている薬剤師の人数は、病院の約6倍の人数がいるのです。そのため、薬局の方が求人数も多く、比較的転職難易度は低いと考えられます。

また、病院薬剤師は、スキルや経験の面でも、病院でしかできない経験も積めていると考えられるため、専門的な知識も豊富です。病院薬剤師という経験は、転職する場合も高く評価されるでしょう。

病院薬剤師の主な転職理由3つ

病院薬剤師が転職を考える理由は以下3つのいずれかの場合が多いです。

  • 給料が低い
  • 病院薬剤師は激務
  • 人間関係の悪化

「転職してみてイメージと違った…」ということにならないためにも、事前に自分にとって病院薬剤師という仕事が合うかどうかを検討しておくことは重要です。

上記の転職理由から、病院薬剤師の働き方やメリデメについて解説したいと思います。

給料が低い

病院薬剤師のよくある転職理由として、給料が低いことが挙げられます。

openworkに掲載されている数百の口コミの中から弊社が独自に統計したデータによると、病院で働く薬剤師の年収は約416万円です。

ドラッグストアで働く薬剤師の年収は、約557万円なので、病院で働く薬剤師の年収は低めの傾向です。

病院で働く場合、最新の医療医術に触れられたり、患者さんと直接コミュニケーションを取れたりするというやりがいはありますが、一方で、自分の仕事量に給料が見合わないと感じる病院薬剤師の人もいるようです。

しかし、病院薬剤師に向いているのは、患者さんに寄り添って医療スタッフの中の、薬剤のプロフェッショナルとして活躍していきたい人にはぴったりの職場です。

最先端の医療技術に触れられる環境や、豊富な経験と知識を持った先輩と出会えます。

さらに、薬局などでは関わることのできない看護師や医師の方との距離も近いため、さまざまな視点からの刺激を得ることができるでしょう。

病院薬剤師は激務

2つ目の転職理由として、激務であることが挙げられます。

病院では、薬局とは違って常に患者さんが入院していますし、救急で搬送されてくる場合もあります。そのため、病院には少なくとも1人の薬剤師が常駐している必要があります。

そのため、夜勤は避けられませんし、かなり肉体的に負担が大きいと考えられます。

また、病院では、取り扱いに注意しなければならない劇薬を使用する場面や、重体の患者さんなどがいるため、常に気が抜けません。

夜勤や、気の抜けない環境などを、負担に感じてしまうことが転職理由につながる のではないでしょうか。

そのため、病院薬剤師は、プライベートを優先したい人にはあまりおすすめできません。

先ほども説明したように、病院薬剤師は、夜勤があることや緊張感のある職場であるという要因から、心身ともに大きな負担がかかることがあります。

そのため、心から患者さんのために頑張りたいという気持ちと、プライベートは多少おざなりになっても大丈夫な人でないと、病院薬剤師がキツいと感じてしまうことがあるかもしれません。

人間関係の悪化

病院では、様々な医療関係者との連携だけでなく、患者さんなども含めた複雑な人間関係に悩むことがあります。

病院という限られた空間で仕事をするため、「息が詰まる」と感じる人が多いのではないでしょうか。

さらに、医師や看護師などへ立場的な気遣いをしなければならないため、人間関係で悩む病院薬剤師の方はかなり多いのかもしれません。

その反面、病院では、医療チームとして活躍するという薬局では経験できないことができます。

そのため、人とコミュニケーションをとることが好きなら、病院薬剤師はおすすめです。医者と看護師と一丸となってに患者さんの治療に力を尽くすことができます。

病院薬剤師の仕事ややりがい、労働環境などは以下の記事も合わせてご覧ください。

関連記事病院で働く薬剤師はブラック?年収や仕事内容などを徹底解説!

病院薬剤師の転職面接のポイント

ここからは、転職面接の際のポイントについて解説していきます。
結論から申し上げると、採用担当者が見ているのは、「うちの病院で長く勤務してくれそうか」と「チームの中で活躍してくれそうか 」の2点です。

これまでの経験から「こんなところが生かせる」、「こんなスキルがあるから活躍できる」、ということを採用担当にわかりやすく伝えられるかが重要です。

病院薬剤師の面接で主に聞かれる質問

病院薬剤師の面接では、主に以下の質問をされると考えられます。

よく聞かれる質問例

  • なぜ病院を選んだのか
  • 夜勤や当直などの勤務は可能か
  • 今までで一番大変だったことは?それをどう乗り越えたのか
  • 転職したらどんなことをやりたいか
  • 個人ではなくチームで成果をあげた経験は?どのような役割で、どうメンバーと向き合っていた?

まず、調剤薬局やドラッグストアからの転職では、なぜ病院を選んだのかという質問はほぼ確実にされると思います。
「最先端の医療技術に触れたい」「医療チームの一員として連携を取りながら働きたい」など、病院を志望した理由とともに、病院で働く意欲をアピールすることが大切です。

また、夜勤や当直など、病院で働く際の勤務条件なども合わせて聞かれると考えられます。自分の希望する条件もここでうまく交渉していく必要があります。

そのほかには、一般的な面接でよく聞かれる質問が多いようです。また、病院薬剤師は大きな負担がかかるので、大変だったことの乗り越え方や、チームとして働くことへの適性も見られると考えられます。

薬剤師の方向けの面接ノウハウについては以下の記事を合わせてご覧ください。

関連記事薬剤師の受かる面接対策を徹底解説!勤務先別に意識したいポイントも紹介

病院薬剤師への転職を成功させるための志望動機の考え方と例文

面接のポイントについて解説してきましたが、面接で必ず聞かれる志望動機について、より詳しくみていきましょう。

志望動機を考えるにあたって、まずは転職の目的や理由を明確にする必要があります。考えるプロセスは以下の2つです。

  • 転職理由・目的を明確にする
  • 過去の経験や転職理由を絡めて志望動機を組み立てる

転職理由・目的を明確にする

まずは、なぜ転職するのかを明確にしましょう。 つまり転職理由や目的を分析するのです。

なぜなら、やめた理由がわからないと、今の職場の課題やそのための改善策も考えられないからです。

そんな状態では、転職してもまた同じようにやめたくなってしまう可能性が大きいです。そのために自分にとって譲れないポイントを整理して、自分自身の価値観を見つめ直しましょう。

なぜ転職するのか、転職軸や自己分析については以下の記事も合わせてご覧ください。

関連記事転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由とは?
関連記事転職活動の自己分析のやり方と活かすコツをプロが伝授!【想定質問集付】

過去の経験や転職理由を絡めて志望動機を組み立てる

転職の目的・軸が自分の中で明確になったけど、「どうやって志望動機に結びつけていいのかわからない…」と思っている方は多いのではないでしょうか。

志望動機で大切なポイントは、現職で見つけた課題や、やり遂げたいことをチェックして明確にし、御社なら実現できるということを論理的に説明できることです。 そのためにも、転職理由や目的を明確にすることが大切といえます。

→「志望動機がうまく書けない…」転職のプロからアドバイスをもらいませんか

ケース別志望動機の例文

先ほども述べましたが、企業は定着性と活躍性を見ています。
例えば「現職では、実現できない目標が転職先では達成できる」ことや、「現職で学んだ経験を活かしてこんな活躍がしたい」と言えれば定着し、活躍できることをアピールできるのでベストです。

以下で、パターン別で志望動機の例文を紹介していくのでよかったら参考にしてください。

別の病院に転職する場合の志望動機の例

私は幼いころケガで長期入院した際、病院スタッフの方にとてもよくしてもらった経験があります。

そのことから病気やケガの子供たちの力になりたいと思っています。

貴院の小児科は評判が高く、県外からも多くの患者が訪れています。貴院で自分の学んだ薬物療法を子供たちのために活かしたいと考えています。

薬局から病院に転職する場合の志望動機の例

私は薬剤師として5年ほど調剤薬局で勤務についていました。現在の職場に不満はありませんが、心臓病の治療にたずさわりたいと考えています。

現在の職場ではわかりやすい薬の説明を心がけ、患者の不安を解消するためのお手伝いをしてきました。

それらの経験を活かしつつ、貴院の心臓病治療チームの一員となりたいと考えています。

病院から薬局に転職する場合の志望動機の例

私はこれまで、病院薬剤師として勤務してきましたが、ひとりひとりの患者に当てられる時間がかなり限られていて、十分なケアがおこなえていませんでした。

私は前職で働きながら薬剤師としておこなうべきことは何かを考えており、結果として患者に寄り添ったケアができ、正しく安心して薬を服用できるようにすることが私の希望だという考えに至りました。

素晴らしい薬であったとしても、間違った用法用量では正しい薬効を得ることができないので、貴社で患者に寄り添う服薬指導をしたいと考えています。

病院薬剤師の転職なら転職エージェント

記事をここまで読んで、薬剤師で転職したいと思っているあなたは、転職エージェントの利用がおすすめです。

薬剤師の転職では、プロである転職エージェントを頼ると忙しい仕事の合間で転職活動を進められるのでおすすめです。

転職エージェントは忙しい薬剤師に代わって、無料で希望に合う病院の紹介や年収交渉などをおこなってくれます。

さらに、忙しい合間を縫って転職活動をするとなると、どうしても転職先の情報収拾などが疎かになってしまいがちです。しかし、転職エージェントを活用すれば、採用企業の内部情報も知っているためかなり手間が省けます。

電話などで気軽に相談できますし、登録からサポートまで全てを無料で使うことができますよ。

薬剤師さんにおすすめの転職エージェント

薬剤師の登録者数No.1!
医療業界専門のエムスリーグループが運営する薬剤師に特化した転職エージェント!
最短即日・最大10件の求人紹介が可能!

ポイント

  1. 薬剤師を専任でサポートする転職エージェント
  2. 全国各地で求人紹介が可能!
  3. コンサルタントの満足度95%

薬キャリ AGENT
に相談する

薬剤師の転職満足度は業界No.1!
6万件以上の豊富な求人からベストな職場をご紹介!

ポイント

  1. 20~40代薬剤師の転職支援に強み!
  2. 業界最大級の求人数を保有!
  3. 登録者には転職サポートブックをお渡し中!

マイナビ薬剤師に
相談する

業界No.1の求人数を誇る転職サイト!
豊富な紹介先があることによって薬剤師の転職成功率は90%以上

ポイント

  1. 東証一部上場の日本調剤グループが運営
  2. 一つひとつの紹介先に足を運んでヒヤリングしている
  3. 紹介先の良いところだけではなく懸念点も正直にお伝えする

ファルマスタッフに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

おすすめ転職エージェント