gloopsに転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

すっかり天気も秋となり、勉強やスポーツ等新しいことに取り組もうと思う方も多いのではないでしょうか。 今回はSAP業界の企業である「gloops」に転職を検討されている方向けに「gloops」への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

 

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

gloopsって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

ソーシャルゲームの開発・運営を行っている会社です。2005年に広告代理店としてスタートしたgloopsは、2007年以降からインターネットサービスを提供する企業へとシフトし始め、2010年2月にMobageにリリースした「渋谷クエスト」以降はソーシャルエンターテインメントプロバイダーとして舵を切りました。2014年にはNativeアプリケーション市場へ本館参入を開始しました。
2012年にはネクソン社と資本提携を受け、会社基盤の安定だけではなく海外展開もしやすい環境となっています。

そしてgloops自身が大きく成長をした要因としてソーシャルゲーム黎明期時代にモバゲーやGREEでのプラットフォームを支えた事が実績として表れたのではないかと考えられます。近頃ではあまりヒット作は出ていないですが、ゲームのジャンルもネクソンの子会社となったことで、有能なエンジニアも増えさらなる幅の広がりをリリースしているタイトルなどからも伺えます。

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

gloopsの仕事内容・職種

メインはゲーム開発などだけかと思いきや、gloopsでは様々な仕事の内容、職種があります。特に中でもWEBマガジンの配信をしている「good LOOPS」ではディレクター能力が必要となる部門もあります。

一方そしてメインのゲーム系ではエンジニア、クリエイター、分析部門、マーケティング担当など一連のゲームを開発が必要なスペシャリスト達が揃っています。

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

gloopsの将来性は?


成長著しく競合他社も多いSAP業界。その中でgloops社は技術力でも特徴を持っています。多くの開発会社がLAMP環境で開発を行うのに対して、同社は一貫してMSテクノロジーを活用した開発を行っています。

社内には「Microsoft MVP for Visual C#」や「Microsoft MVP for Windows Azure」を受賞したエンジニアもおり、高い技術力に支えられゲーム開発を行っています。
また、同社の開発スタイルとして、元々開発をすべて内製化していました。現在外部協力会社と協業することもありますが、元々内製化をしており品質にこだわったゲーム開発をしています。
今後はそれらを活かしてネクソン社の資本を活かした海外展開も視野に入れており、成長可能性があると言えると思います。

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

gloopsの本社・オフィス


2011年に赤坂ツインタワーに移転してから、ネクソンの子会社を経て2013年に六本木のアークヒルズサウスタワーに移転し、4~6Fにgloopsのオフィスがあります。

開放的な広々とした空間となっており、数百名いる社員同士が気軽にコミュニケーションを取りやすい環境となっています。

ゲームなどの遊びをテーマに提供をしている企業だけあって、TVゲームがあったり、卓球台を設置されていたりと娯楽を通じてさらに発想力なども出やすくなっているのが、特徴的です。

最寄り駅の六本木一丁目から直結となっているので、天候に左右されず通勤出来るのは良いですね。

周辺の企業にはSAP系の企業も多く、今のソーシャルゲーム戦国時代において、ある一種の競争力が芽生えるかもしれませんね。

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

gloopsの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)


今やソーシャルアプリの開発や提供で大きな企業に成長を遂げたgloops。社員もゲームの開発が好きな人が集まっていると感じます。開発したゲームの利益が出れば出る分だけ還元されるのもgloopsの特徴なので、社員は常に日々努力している点は他の同業企業からも評判は良いそうです。

一方もちろん福利厚生も充実している点もgloopsの魅力です。その内休暇制度の充実も特徴的です。有給休暇の他に様々な休暇制度があります。特に面白いものが、アニバーサリー休暇というものです。自分で記念日を設定し休暇を取得することが可能です。ハッピーバケーションは年間最大5日間付与される休暇で自由に取得ができます。

また、エンタメ休暇半休×2回あるいは全休×1回取得ができる制度で、例えばゲーム発売日にタイトルを購入したいなどの希望に併せて自由に取得することができます。
それ以外にも教育研修にも力を入れており、gloops STUDYと呼ばれる勉強会が随時開催されています。これは社員が自由に開催する研修で、勉強会となります。新技術や業界のトレンドだけでなく様々な知識やノウハウが習得できます。この勉強会は誰でも開催でき且つ誰でも参加できます。もちろん全く違う部門の勉強会に参加することも可能です。

その他社内にはライブラリーがあり、業務に必要な書籍の閲覧も可能ですし、ライブラリーにない書籍については申請を頂ければ会社負担で購入。その後自由に閲覧ができます。約8,000冊もの書籍が置かれているので、さらなる開発のアイディアなどが吸収しやすい環境が整っているのではないでしょうか?

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

gloopsの面接・SPIなど選考難易度


ポジションによって多少選考は異なりますが、一貫して「ゲームに対する興味関心」が重視される傾向にあります。自分の好きなゲームが何か、なぜそれが面白いと感じもしそれを更に面白くするにはどんな工夫をしたいと思うのか?と言った質問がされることが多いです。面接前には、gloops社のゲームを一旦行ってみることと、他社のものでも良いので自分の好きなゲームとその改善点も明確にしておくと良いでしょう。

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

gloopsの年収相場(給与)は?


役職によっても変わってきますが、平均的に約500万ほどが年収の人が多いようです。

評価や査定は年に2回ほどありますが、成功した結果によってのインセンティブなども大きく貰えたりします。

優秀なエンジニアは表彰させるらしく、gloopsでは成果によって評価されるシステムの基盤がゲーム会社ならではの雰囲気を感じさせます。

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

リクルート出身の転職エージェントを使うとこんなメリットがあります!

書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、求職者様の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率を高くなる場合が御座います。

担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

企業との交渉は代行して行います!

面接日時の調整や、年収交渉、入社時期の調整など在職中に転職活動を行う場合、平日昼間は仕事をしているための自分では交渉しにくいことも代行して行わせて頂きますので、在職中のお仕事に支障をきたすことなく転職活動が行えます。

︎【無料】gloopsへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!