第二新卒で転職理由や志望動機が重要視される理由

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

中途採用では経験が重要視されますが、第二新卒は社会人経験が浅いこともあり、意欲やポテンシャルといった人物重視の採用基準になっています。

そのため、採用面接ではしっかりとした志望動機が重要視されます。

志望動機を考えるには自己分析から始める必要がありますが、一人で客観的な分析をするのは非常に難しい作業です。

誰しも新卒のときに一度は志望動機で悩んだ経験はあるのではないでしょうか?

学生の時は落ち着いて考える時間があったと思いますが、第二新卒の場合は就業中の人も多く、考える時間も少ないことから、より難しいと言えます。

なので今回は、第二新卒の方向けに転職理由や志望動機についてレクチャーしていこうと思います。

→【簡単申込】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

第二新卒の志望動機

第二新卒はしっかりとした志望動機が重要ですが、「しっかりした」とはどういう意味でしょうか?

それは転職理由と志望動機に一貫性があるかどうか、志望動機に矛盾が存在していないか、面接官に志望動機を納得してもらいやすい説明ができているかどうかです。

採用面接では「なぜ退職する(した)のか」が必ず聞かれる質問です。

この質問をうまく回答できるかどうかが転職活動の成功のポイントです。

第二新卒の志望動機について陥りがちな失敗エピソードとして弊社にお問い合わせいただいたAさんのエピソードを紹介させていただきます。

第二新卒の志望動機の失敗エピソード

Aさんはまず自分で転職サイトに登録し、みずから企業に応募しました。

新卒時の就職活動の際には面接を得意としており、転職活動でも問題ないと考えていました。

しかし、転職活動1社目の一次面接で大失敗。

面接官から「なぜ辞めるのか」「なぜそう思ったのか」「そこに至った経緯は」と志望動機の部分をかなり深く質問され、曖昧な回答をしてしまい、面接終了時に手ごたえが全くなかったそうです。

案の定、一次面接で落ちてしまいました。

Aさんは志望動機の説明(事前準備)が甘かったと反省し、「なぜ自分は退職するのか」「退職理由をどう説明すればいいのか」改めて自分で考え直すきっかけになったそうです。

そのときにちょうど弊社にお問い合わせいただきました。

→【簡単申込】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

評価される第二新卒の志望動機とは!?

法人営業を希望されていましたが、法人営業の経験が1年未満のAさん。

また法人営業の成績も決して高いとは言えませんでした。

1年未満では経験値として評価されづらく、大手企業では書類選考で落ちてしまうケースが多いです。

だからこそ志望動機が大切だと考え、キャリアドバイザーとして志望動機や自己分析をサポートさせていただきました。

新しく気づいた点は多く、たとえば営業成績に関しては未達成ではあるものの、よくよくヒアリングしたところ、ほぼ全員が未達成であったことがわかりました。

また、Aさんは大変だと思われがちな新規開拓を全く苦に思わない点など企業側に好印象を与えるポイントがありました。

こまかい点をチェックし、志望動機をアドバイスさせていただきました。

第二新卒の志望動機の成功エピソード

Aさんには想定される質問を伝え、面接の予行練習も実施。

様々なアドバイスを実施後にWEB系ベンチャー企業の選考に進みました。

面接では「営業の仕事を理解できているのか」「営業は厳しいがやっていけるのか」と営業経験が少ないことを採用面接でも指摘されたそうです。

Aさんはなぜやりたいのか志望動機を改めて伝えて、「営業が厳しいのは理解しています。確かに経験は少ないですが、イチからやり直す気持ちで頑張ります」と、しっかりと回答することができたそうです。

年齢的な若さと営業職を希望するバイタリティを評価され、転職活動2社目で無事内定をもらいました!

→第二新卒の転職に強い転職エージェントに話を聞いてみませんか?

第三者目線での客観的な意見が非常に重要

「自分のセールスポイントは?」「自分の悪い点は?」といったことは普段あまり考えないため、社会人としての自分自身の良さや特徴は自分一人では気づきにくいポイントです。

志望動機や自己分析を一人でおこなうのは思っている以上に難しく、第三者目線での客観的な意見が重要です。

転職エージェントはただ企業を紹介するだけでなく、志望動機を一緒に考える役割を担っています。

アクシス株式会社では年間1000人以上の方から転職相談の実績があり、志望動機も一緒に考えさせていただいています。

これから転職活動を検討しているのであれば志望動機を考えるところから始めていきませんか?

→第二新卒の転職に強い転職エージェントに話を聞いてみませんか?

オススメの転職エージェント

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

関連記事