20代で転職を検討されている方へ

かんたん60秒!無料の相談申し込みはこちら

2019.10.11

第二新卒の転職理由は重視される?うまく伝えるコツを伝授!【例文付き】

この記事では、第二新卒向けに面接官が転職理由を通して知りたいこと、転職理由の上手な伝え方、NGな転職理由、第二新卒向けの例文などをわかりやすくご紹介しています。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

面接官は第二新卒の転職理由で知りたいことは3つ!

第二新卒の転職理由で面接官が知りたいのは、以下の3つが挙げられます。

上記の3つについて、次で詳しく解説していきたいと思います!

妥当な転職理由か

第二新卒の転職理由で多く見られるのは「やりたい仕事じゃなかった」「残業が多い」などという労働環境に関することです。

ただ、その前職の不満が転職理由として妥当なものかどうか、客観的に見てきちんと判断するのが重要です。曖昧な転職理由だと、他の会社に行っても同じような状況が起こってしまいますからね。

ミスマッチを繰り返さないためにも、自分が抱える不満や課題について「この理由って転職理由になり得る?」と第三者に相談してみましょう。

早期離職はしないか

第二新卒の人が転職をするということは、短期間で離職しているということになります。そのため面接官は「うちの会社もすぐ辞めてしまうのでは?」と懸念を抱きます。

なぜなら、企業は長期的に業績貢献してもらいたいと考えているからです。

例えば、人間関係や仕事環境などが退職理由の場合は、あなたがどういう働きかけをしたのか、その姿勢が重視されます。改善の努力をしたけどそれでもダメだった、ということであれば面接官も納得できます。

改善しようと取り組んだ姿勢や前向きな目標を示す事で、面接官の不安を払拭しましょう。

前向きな熱意があるか

前向きな熱意があるかどうか知りたいのは、企業が求めている人物像と合致しているかどうかを確認するためです。そのため、第二新卒の場合は人物面が重視される傾向にあります。

コミュニケーション能力や論理性、やる気やポテンシャルも重点的に見られますね。

また、どういった意識や熱意を持って仕事に取り組んでいるのかという点もチェックしています。それは、長期的に企業で活躍し、売上貢献してほしいと考えているからなんです。

そのため、「どんな軸でこの企業を選んだのか」という点もしっかり踏まえて伝えるのが良いです。

第二新卒が上手く転職理由を伝えるコツ

第二新卒が上手く転職理由を伝えるコツは、以下の3つが挙げられます。

上記の3つについて、次で詳しく解説していきたいと思います!

面接官が知りたいことを把握してアピールする

面接の場では「酸いも甘いも分かっているけど、それでもやりたい!」という気持ちをアピールするのがベストです。この際、原体験をセットに主張できると、なお良いですね。

その企業の良い部分だけを捉えるのではなく、大変な部分もある事を理解し、企業研究をおこなうのがポイントです。

なぜ、上記のことを伝えるのが良いかというと、面接官が知りたいのは、「なぜ1社目の会社に入って辞めようと思っているのか(辞めたのか)」「今どんな気持ちで、どんな会社を選んでいるのか」という2点だからなんです。

第二新卒の人が転職をするということは、1社目を早期離職しているということになりますよね。

そのため、反省や振り返りがうまく出来ているかどうか、PDCAをうまく回せているかどうかもチェックされています。

ウソはつかず正直に話す

これは第二新卒に限ったことではありませんが、転職理由を話す時はウソをついてはいけません。それは退職する・退職したからには何か不満や課題がある事は、面接官も分かっているからです。

だからと言って、本音をむき出しにしたままというのはNGです。ウソをつかず、そのネガティブな理由をできるだけポジティブな理由に変換するのが重要なんです。

前職や現職に対する不満を面接の場で話されたら、一緒に働きたくないな…って思いますよね?面接官もそれと同じなんです。

決してネガティブな転職理由がダメというわけではなく、しっかり熟考してポジティブに変換して伝えましょう、という事なんです。

自己分析をしっかりおこなう

自己分析をしっかりおこなうのが良いのは、ミスマッチを防ぐためです。自己分析がしっかりできていないと、同じ選択ミスをしてしまいます。

特に第二新卒の面接では「前職を選んだ理由」「前職・現職を辞めたい理由」「どんな軸でこの会社を選んだのか」という3点が深掘りされます。

その理由は、「考えが甘い人が多いから」なんです。良い部分しか見ていない、きちんと考えられていない第二新卒の人が実際に多く見られます。

また、仕事に対する概念の考え方が甘いが故に、ミスマッチを起こしている人が含まれている可能性があるため、矛盾点がないかどうかを深掘りしてチェックしているんです。

ですから、きちんと答えられるように振り返り、観点に基づいて自己分析をしておきましょう。

第二新卒によくあるNGな転職理由の伝え方

第二新卒によくある具体的なNG転職理由を、以下にまとめてみました。

NGな転職理由の例

  • やりたい仕事じゃなかった
  • そもそもやりたい仕事を聞いたら明確じゃなかった

上記のような伝え方はNGです。その理由は、「それってどの会社に行っても起こりうるよね?」と面接官が考えるからです。

だからこそ、現状を変えられる可能性があるなら、まず改善の努力が必要です。上司に交渉をして改善策の提案をするのが良いでしょう。それでも何も変わらないというのであれば、転職を検討するのもアリです。

ただし、改善の努力を何もしていないのに転職を検討するのはNGです。なぜなら、あなたの働きかけによって、現状を変えられる可能性もあるからです。

第二新卒向け!面接官に刺さる転職理由の例文

第二新卒の転職理由を面接官に伝えるときは、原体験をセットにするのが良いです。

例えば、退職理由が「正当な評価をしてもらえなかった」という場合は、自分なりに努力して働きかけたけど難しかった、というような伝え方にするとベストですね。

文章だけではわかりにくいと思うので、以下に具体的な例文を紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

転職理由の例文

現職の営業活動で受注をしても、上司によって評価が分かれてしまう状態にありました。

それでも諦めず高い結果と成果を出し続け、その成果を持って上司に交渉しました。ですが、1年経っても何もしていただけませんでした。

評価する人に影響されずに、自身のパフォーマンスを正当に評価していただける環境で営業活動をしたいと強く思い、御社を志望いたしました。

プロからアドバイス

大事なのは、不満だけではなく自分なりに改善の努力をしたけど、それでも現状を変えることが難しかった、という点を伝えることです。

面接官は論理的な矛盾がないかどうかをチェックしているので、矛盾点がないか意識しましょう。テンプレのような、それっぽいことを口にするとお見送りにされてしまう可能性があります。

転職理由を上手く伝えられないのならプロに頼るのもあり!

第二新卒の人を積極的に受け入れている企業も多くなってきており、転職成功の可能性は十分にあります。ただ、ここで大事なのが転職理由や志望動機自己分析なんです。

この3つを自分一人でおこなうのはとても大変なことですし、難しいことでもありますよね。そこでおすすめしたいのが転職エージェントなんです。

弊社アクシス株式会社では、年間1000人以上の人から転職相談の実績があります。ただ企業を紹介するだけではなく、転職理由や志望動機などを一緒に考え、丁寧に自己分析をおこなっています。

うまく転職理由を考えられない、悩みを相談したいという第二新卒の人は、お気軽に弊社にご相談ください!

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

企業ではなく徹底的に個人を向いたキャリアエージェント

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。