2019.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

IT・WEB領域のエンジニア、クリエイター向けに様々な支援サービスを展開するレバテック株式会社。

今回は、正社員の転職サポートを行う転職エージェント「レバテックキャリア」の事業責任者である山田さんにお話を伺ってきました!

IT・WEB業界の転職動向や、レバテックキャリアがどういった思いで転職サポートを行なっているのか、IT業界の転職のプロの目線で、語っていただきました。

これから転職を検討されているエンジニア・クリエイターの方に役立つ情報がたくさん聞けたので、ぜひ一読いただきたいと思います。

レバテック株式会社

ITリクルーティング事業部 事業部長

山田 諒(やまだ りょう)さん


大学卒業後、大手通信会社グループの教育研修会社に入社。

営業やエンジニアなど幅広い職種に向け研修を提案・実施していたところ、ITに無限の可能性を感じる。そしてITの担い手を支えたいと思い、レバレジーズに転職。


フリーランス向け事業を経て、レバテックキャリアの立ち上げから参加。


現在は、同事業責任者 兼 キャリアアドバイザーを務める。デジタルハリウッドで「履歴書・職務経歴書セミナー」を複数回実施している

「フリーランスから正社員に」のニーズに応えるサービスを作りたかった

末永

本日はどうぞよろしくお願いいたします!早速なのですが、色々質問させてください!


レバテックキャリアの立ち上げはいつ頃でしょうか?また、サービス立ち上げのきっかけも教えてください。

山田さん

2013年頃からなので、立ち上げてちょうど5~6年になります。


弊社では、「レバテックフリーランス」というフリーランスの方々と企業のマッチングも行っているのですが、フリーランスの方々の支援をしている中で、ライフイベント等のタイミングで正社員に切り替わりたいというニーズが多々ありまして、そういったニーズにも対応できる体制を作ろうというのがきっかけです。

末永

フリーランスから正社員になりたい、戻りたいというニーズって結構あるんですね。少し意外です。

山田さん

フリーランスというのは開発サポート業務がメインで、中心になってプロジェクトを回していくのは難しいという側面があるので、もっとフルコミットでやりたいというオーダーであったりとか、結婚を期に、収入の安定する正社員に切り替わりたいというケースも多いですね。

末永

現在は事業部全体で何人ぐらいのスタッフが在籍されているのでしょうか?

山田さん

現在は、東京・大阪・福岡に拠点があり、全部で40名ほどのメンバーで運営を行なっています。

末永

求人企業側のフォローを担当するリクルーティングアドバイザー(RA)と求職者方々のフォローを担当するキャリアアドバイザー(CA)は分かれていらっしゃるのでしょうか?

山田さん

基本的には担当を分けています。地方に関しては、一部一人ですべての担当をするケースもあります。

どんな仕事を紹介してもらえるの?

末永

現在4000件を超える求人の取り扱いがあると伺いました。


現在レバテックキャリアさんで扱っている基本的な職種としては、エンジニア・デザイナーの方が中心になるのでしょうか?

山田さん

78割がエンジニア職種、23割がデザイナーやディレクターといった職種になります。


求人の内容としては、6割ぐらいがWEBとかアプリ、自社サービス系のお仕事です。


サービス当初はほぼそこの領域が9割ぐらいだったのですが、徐々に最近はSIerの企業様のお仕事も増えてきていて、その割合が4割ぐらいとなっています。


フリーランスのサービスの方でもともとおつきあいのある企業様だけではなく、新規の企業様も継続的に広げております。

末永

WEB系、SI系といった領域によってチームや担当者が分かれていたりするのでしょうか?

山田さん

SIerからWEBというキャリアチェンジを希望される方も結構いらっしゃるので、いろんな方のニーズにお応えするためにも、あえて担当を分けずにやっています。

どんな人が登録しているの?

末永

どのような方のご登録が多いのでしょうか?

山田さん

エンジニアの方が7~8割、デザイナーやディレクター、その他のIT系職種の方が2~3割ですね。


エンジニアの方ですと、SI出身の方の割合が多い印象があります。


自分が扱っているシステムがどこの役に立っているのかがわかりにくかったりする側面もあり、ユーザーと近い距離で開発がしたいといったニーズを持っていたり、運用・保守や顧客折衝だけではなく、もっと手を動かして開発をしたいというニーズを持っている方が多いですね。


そのほかにも、もっと最先端な技術に触れたいということでWEB系に行きたい!というリクエストをいただくことが多いように思います。

末永

自社サービスに行きたがる方が多いということでしたが、SIerからいきなり製造工程の開発の工程、自社プロダクトに携わるというのは、実際難しいのではないかという印象もあるのですが、実際のところはいかがでしょうか?

山田さん

Web系の開発案件が多い受託会社へご入社いただき、そこで経験を積んでいただいて、その後自社サービスに転職するというキャリアの打診をさせていただくこともあります。


最近は事業会社でSI出身の方が採用責任者・プロマネをやっている方もいらっしゃるので、そういった方ですと、SI出身の良さをご理解いただいている方も多いので、その方にアプローチして採用していただくということもあります。


PMの方がWEB系一筋!という方だと、結構合わなかったりもするのですが…。


SI出身でSIの良さをわかっていただいている方だと、結構前向きに検討していただけたりもするので、その辺の見極めはやっています。

末永

登録者の年齢の内訳はどのようになっているのでしょうか?

山田さん

8割ぐらいが20代後半から30代前半の方で、これまでの転職回数は1回ないし、2回ぐらいの方が多いです。

末永

実際、それ以外の年齢の方へのご紹介は難しいということはあるのでしょうか…?

山田さん

確かに、年齢やご経験によって、紹介案件が少なくなってしまうというケースもありますが、同時にPMやITコンサルなど、より職種や案件を増やしているところでもあるのでご期待いただきたいですね。

末永

エンジニア・SIerの方って初期に開発工程をやらせてもらえたけど、運用・保守・テストとか顧客折衝とか設計ぐらいまでで、プログラミングは学生時代はやってたけど…という方も割とSIer出身の方って多い印象があるのですが、御社としてそういった方のサポートも可能でしょうか?

山田さん

直近手を動かしてなくても、若ければ、ポテンシャル枠という形でご支援は可能です。


年齢が上がると、PM・PLというレイヤーでの転職をおすすめするケースが多かったりします。

末永

実際、御社にご登録されている方で、共通項として多い転職理由などはあるのでしょうか?

山田さん

圧倒的に一番はスキルアップですね。現状だとスキルアップができない。時間がかかるといった理由で転職を志望される方が多いように思います。


2番目は、サービス系に行きたいという方が多いので、ユーザーに近い距離で開発をしたいという要望が多いですね。


「年収をあげたい」といった理由は意外にそんなに多くない印象です。

末永

ご登録にいらっしゃって、「こういう人はちょっと転職成功難しいな…」というケースでよくある傾向などはあるのでしょうか?

山田さん

ご自身の市場価値をあんまりご理解いただいてない方は難しいケースが多いですね。また、意外かもしれませんが、フリーランスからの正社員転向は簡単ではありません。


フリーランスだと月収で月70~80万円ほどもらえたりすることも珍しくありませんが、正社員での勤務となるとそうはいきません。


年収レンジをどこまで落とせるのかという部分が難しいという点と、チームでやってきた経験が少ないケースもあるので、面接で協調性にかけていると判断されてお見送りになるケースもあります。


スキルのみで判断してくれる企業様であれば問題はないのですが…。


正社員でエンジニアでWEB系の小さい開発チームとかであれば、人ひとり増えるだけで、チームバランスが変わったりすることもあるので、その辺のバランスを考えられたりはされています。

末永

チームの経験という中で、gitとかの経験の有無で引き合いが変わるということはありますか?

山田さん

最近は、必須スキルの記載は多いですね。ただ、スキルがないからお見送りということはあまりないかもしれないですね。


どちらかというと、スタンスとかマインド、協調性といったところを見られる傾向が強いです。

末永

御社の決定者の年収は、経験や年齢などによっても大きく変わってくる部分はあると思うのですが、だいたい、どれぐらいがボリュームゾーンになるのでしょうか?

山田さん

400~600万円ぐらいの間が多いですね。


すごくスキルがあっても、フリーランスの報酬は高騰しているもののエンジニアの正社員はそうでもないので、個人的にはエンジニアはもっともらってもいいと思っています。


逆にSIの方が年収が出ると思います。WEB系はまだまだもっと出した方がいいのになと思ったりしますね。営業の方がもらっていたりもしますし。

末永

ニーズの割にはという感じなんでしょうか。

山田さん

そうですね。評価制度が業績に連動しにくいところもあるので、賞与の上げ方とか、そういったソフト面の対応を各社やっていいただけると、エンジニアが辞めないのになと思ったりします。


やっている企業様も最近は増えてきましたが、まだまだ少ないですね。

転職を考えるエンジニアに「1番」支持される会社になる

末永

レバテックさんの中でのレバテックキャリアの立ち位置や今後事業ビジョン・展望を教えてください

山田さん

ITエンジニアの転職マーケットの中で一番を目指しています。


レバテックキャリアという紹介事業の中では、(やみくもに守備範囲を広げるというよりも、)エンジニア・クリエイターに的を絞ってやっていきたいですね。


数字だけを追いかけるのではなく、求職者の方々のキャリアについて真剣に向き合い、考えることにやりがいを見出すような事業部を目指しています。

/*取材MEMO*/

レバテックキャリアでは、ミッション・ビジョンを全社員で共有し、大切にしています。

ミッション・ビジョンの実現が求職者の方々をハッピーにすることに繋がると信じ、初心にかえるために、社内でにはあらゆるところにポスターが貼ってあるのだとか。

転職成功のエピソードをシェアしたり、評価するような表彰制度を設けていたりと、常に求職者の方を向いたサービス展開をされている点が、とても印象的でした。

末永

大手のエージェントだと、KPI主義が強いイメージがあると思うのですが、柔軟な対応をすることで、転職決定させるというところは中小規模のエージェントならではの強みでもありますよね!


特殊な個人事情についても、柔軟にポジションメイクや企業に打診・調整してうまくアジャストして行くことができますし。

末永

エージェントの介在価値があったなという事例はありますか?

山田さん

鬱の方が2年間の休職を経て、部長として入社したという事例や、AIエンジニアを希望してご相談いただいた方が、地元の福岡にUターンする必要がでてきて、いったんその夢を諦めていたんです。


弊社には福岡に支店もあるので、引き続き支援して福岡のAI企業でAIエンジニアとしてのキャリアも諦めずに転職成功できたという事例があります。


あとは、子供が2人いて、家庭もお忙しい中、ベンチャー企業に6人目のメンバーとしてアサインしたりとか、そういった事例は多々あります。

「専門性×情報量」がレバテックキャリアの強み

末永

意識している競合はありますか?

山田さん

ヤングからミドル層、レバテックエキスパート、レバテックビギナー、レバテックルーキーという形で弊社のサービスが分かれているのですが、領域によってはバラバラだったりするんですけど、やっぱりリクルートさんとかパーソルさん、マイナビさんとは常にバッティングするので、その辺りはベンチマークしています。

末永

年齢層が20代後半から30代前半という、一般的には若手でボリュームゾーンというところなので、そういう大手さんと重なることが多いのでしょうか?

山田さん

そうですね。あとは、ITWEBというマーケットでいうと、ワークポートさんやギークリーさんもベンチマークしている企業様の1つです。

末永

同業他社と比べて、レバテックキャリアの特徴や強みはどういったところになるのでしょうか?

山田さん

技術とかクリエイティブの「専門性」ですね。


ユーザーの方からもご評価いただいていますし、弊社としても自負しているところではあります。


もう1点は「情報量」です。レバテックフリーランスという事業もあり、お客様先に、フリーランスとして入っている方もいらっしゃるので、現場のリアルな情報を吸い上げができています。


専門性×情報量という2点で他社と差別化を図っています。

末永

フリーランスだと確かに、プロジェクトベースでプロマネのキャラとかマネジメントスタイルとか、こういった新しいものを取り入れているとか、いろんな情報がすぐキャッチアップできそうですね!

末永

社内の体制として、紹介部門とフリーランス部門は距離が近いのでしょうか?

山田さん

同じフロアで仕事しているので、結構密にやりとりはしていますね。

末永

逆に、課題点などはありますか?

山田さん

企業側からの採用オーダーが高く、そこに対して営業マンが追いついていないという状況は正直あると思います。


現状採用を強化することにより、もっと充実した体制を作っている段階です。


もう一つは、キャリアアドバイザーの専門性が一朝一夕で作られるものではないので、よりみなさまに高いレベルのサービスを提供するためにも、教育の仕組みづくりが急務だと感じています。


弊社内にエンジニアもクリエイターもいるので、彼らに勉強会で登壇してもらったりとか、カウンセリングに同席してもらったり、事前に履歴書・職務経歴書を見てもらって、こういったところを聞いたほうが良いなどのアドバイスをもらったりするなど、連携をとることで、サポート体制を充実させているところです。

最近の求人トレンド

末永

ぶっちゃけ、"おいしい"求人の特徴ってありますか??

山田さん

そうですね…年収高くて、面白い、スキルがつくなどですよね?


その点でいうと、リクルートグループは興味があると感じる方が多いかと思います。


会社として残業を減らそうといった動きもあり、かなりのユーザー数があるサービスに関われるやりがいも感じられますし、年収レンジも高いです。


でも正直採用ハードルは高いです。(地頭がいい、SIが好きなど)研究開発とか面白い技術を取り入れていたりする点も興味を持っていただきやすいですね。

末永

スタートアップ系の求人は増えていますか?

山田さん

資金調達系の企業様での引き合いは実際増えてきていますね。

末永

実際にそういった会社の採用は積極的なんでしょうか…?

山田さん

そうですね。積極的に採用されていると言えると思います。ベンチャー企業様の採用のご支援をする機会も増えています。


一方で、少人数の規模感でゼロからやってみたいとか、サービスの今後の事業展望・伸び代に魅力を感じて入社を希望される求職者様も増えていますね。


技術だけではなく、ビジネスモデルに興味を持って企業選びをするという求職者の方も以前より増えてきました。

末永

求職者さんに最近人気の言語に傾向はありますか?

山田さん

Rubyは一時期より落ち着いてはきましたが、依然人気が高いです。


最近の流れでいうと、機械学習とかAIが盛り上がってきているので、Pythonを学びたいという方が増えてきていたりとか、UXに興味を持たれる方がここ最近とても増えて、フロントエンドの技術をキャッチアップしたいということでJavaScriptの方をやるというケースも増えているなと感じます。


言語間の移動で難しいとかは、あまりないかもしれないですね。


ただ、RubyとかのWEB系の言語からいきなり組み込みに行きたいとかは難しいですが、それ以外のケースは特に問題なくいけると思います。

末永

求人が多い言語はそれに比例するんでしょうか?

山田さん

依然としてまだまだPHPやJavaの求人は多いです。伸び率でいうとPythonの案件も増えてきていますね。

今後のエンジニアに求められるスキルとは?

末永

ITの今後のエンジニアやクリエイターさんのキャリアやあるべき姿にどんなご意見をお持ちでしょうか?

山田さん

今後海外から人がもっと流れてきます。海外に企業拠点をおいて、日本へ海外人材をあっせんするというケースも実際に増えてきています。


海外のエンジニアの技術スキルはすごく高いので、その中で日本のエンジニアはどういう立ち居振る舞いをしなきゃいけないのか…。


技術を理解している必要もありますが、マネジメント・リーダーシップを発揮できるようなエンジニアがもっと増えないといけないなと思います。


最新技術を触っていたいとか、技術スキルだけにフォーカスをしすぎると今後押し寄せてくる海外からのエンジニアの波に飲まれてしまったりということも考えられます。


そこの手綱を引っ張れるようなリーダーシップを持てるエンジニアがもっと増えるといいし、それやらないと結局淘汰されてしまうなという風には思ったりもします。


クリエイターも同様ですね。日本の労働人口が減って行く中で外国人の方が流れてくるなというのは、弊社においても海外に支店を増やしていてその動きの中でも感じています。


安い給与で現地で働いているスキルのある外国人が、日本にやってくる流れはかならずきます。

末永

リーダーシップやマネジメントのスキルを高めるために、御社の4000件の求人の中で、こういった求人を選んだ方が良いのでは?こういう経験を積んだ方が良いのでは?というイメージはありますか?

山田さん

分業体制が強い企業様よりも、横断的に組織に関われる会社に身を置くと良いと思います。


マーケッターやデザイナー・営業・CS等、様々なメンバーとコミュニケーションをとることで視野が広がります。様々な要望を集約して決断していくプロセスで、自ずとリーダーシップは身につくと思います。


要するに意思決定できる環境に飛び込んでもらいたいです。

転職をご検討中の方へメッセージ

末永

求職者の方って、どういうフェーズでどういった温度感でエージェントに登録していいのかっていうのが不安だと思うんです。


分からないというのもあり。最後に求職者の方へのメッセージをいただけますか?

山田さん

強引に転職を進めることは絶対いたしません。


キャリアに悩んだ、今度のキャリアについて相談に乗ってもらいたいというお気持ちでぜひ気軽に相談に来ていただきたいですね!

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。