転職エージェントのサービス内容・費用・活用メリットってなに?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

みなさん、こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援を行うアクシス・代表コンサルタントの末永雄大(すえながゆうた)です。

今回も転職のプロの視点から、転職・キャリアについてのノウハウを惜しみなくレクチャーしてまいります。

転職エージェントとは?

転職エージェントの言葉の意味

「転職エージェント」という言葉も、最近一般的になってきました。

当社も転職エージェントサービスを事業としてご提供させていただいておりますが、ここでは、初めて転職活動をお考えの方や、そもそも転職エージェントという言葉自体、聞き慣れない方のために、基本的な事ではありますが、改めて転職エージェントについてご説明致します。

転職エージェントと検索すると、コトバンクさんに以下のように記載がありました。
以下引用させていただきます。

正式には『有料職業紹介事業所』と呼ばれ、
厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした会社の事をいいます。
『人材紹介会社』や『人材バンク』と呼ばれる事もあります。

一般的な転職エージェントとは、
転職希望者(求職者)に対して、求人情報の提供から、
面接日時等の調整、採用条件等のとりまとめ、
入社日の調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。

近年では転職希望者に専任のキャリアコンサルタントがアドバイスを行い、
適性や希望に基づいた詳細な求人情報の提供、職務経歴書の書き方、
面接突破のための指導・対策、内定獲得時の年収交渉など
エージェントとしてのサービスは拡充されてきています。

転職希望者にとってのメリットとは、
自分のキャリアや適性を客観的にアドバイスしてもらうことができる、
効率的に転職活動を進めることができる、求人情報誌や転職サイトには掲載されない、
非公開求人なども扱っている場合がある、そして結果的に自分だけで行う転職活動よりも
満足度が高くなる可能性があるという点が挙げられます。

転職エージェントでは、直接雇用の正社員(一部契約社員)の
職業紹介、斡旋を手掛けています。

要は、キャリアコンサルタントと呼ばれる転職市場や求人に詳しいプロが、無料で転職相談にのってくれ、求人も紹介してくれるサービスという事ですね。

人材紹介会社とも呼ばれ、その転職エージェント経由で転職者が紹介先の求人企業に入社が確定した場合に、求人企業から採用コンサルティング費用・手数料をもらうビジネスモデルのため、転職者側は無料でサービスを受けられるのです。

事業としてサービスを行うためには、厚生労働省から正式に許可を得る必要があります。以下がウィキペディアの職業紹介事業の説明文章の引用です。

職業紹介事業(しょくぎょうしょうかいじぎょう)とは、就職・転職の仲介を行う事業の、行政における呼称である。一般的には「人材紹介」と呼ばれている。隣接する事業に、労働者派遣事業がある。

日本においては、厚生労働大臣の許可を受けた職業紹介事業者が、転職を希望する求職者と労働者を求める企業(求人者)との仲介を行って、双方の要求を満たすような転職の実現を目的とするサービスを提供する、とされる。 企業(求人)側は、戦力となる労働者を「人材」もしくは「人財」と呼称することが多く、「職業紹介事業」という表現よりもむしろ「人材紹介」という言葉のほうがはるかに一般的である。

転職エージェントサービスを提供している会社

企業の採用活動を支援する転職エージェントの事業所数は、全国で約6,100事業所と言われています。

※大手転職エージェント・リクルートエージェントの推計より。

大手転職エージェントは、以下3社です。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • JACリクルートメント

その他は、中堅クラスの転職エージェントが数社、あとは、中小・個人規模の転職エージェントがほとんどといった業界です。

たくさんある転職エージェントの特徴については以下にまとめていますのでそちらをご参照ください。

→人材紹介会社・転職エージェントの特徴をまとめてみた!

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを活用するメリットは以下があると言われています。

  • エージェントの信用力やリレーションによっては内定率が上がる
  • 求人広告メディアやハローワークには掲載されていないここだけの非公開求人案件や独占案件を持っている事が多い
  • 求人の選定や目利き、企業の内部情報や仕事についての具体的な内容などの情報提供をしてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の書き方などを添削してくれる
  • 現職で忙しい中、面接日程調整などの転職活動の諸業務をサポートしてくれる
  • 自己分析を手伝ってくれる
  • 面接対策などのアドバイスを受けられる
  • 内定時など企業との条件や年収交渉などを代行してくれる
  • 迷った際に客観的視点で意見・アドバイスをくれる

※転職エージェントに相談すべき理由・メリットをこちらの記事で詳しくご紹介しております。

→【無料】転職エージェントの利用を検討しているなら、まずは転職業界最大手の求人数を誇るリクルートエージェントに登録をしてみましょう!!

転職エージェントにかかる費用・コスト

転職エージェントには転職者・個人側は特に費用がかかりません。

無料でサービスを利用する事ができます。

転職エージェントは、前述した通り、企業側から採用が決定した際に、採用コンサルティングフィーを得ているためです。

無料で利用できる分、転職エージェントによっては、企業寄りの目線でアドバイスをしている企業やコンサルタントもいるため、そうした点を織り込んだ上で利用しましょう。

大手と中小規模の転職エージェントの特徴や違い

転職エージェントは、主に大手エージェントと中小エージェントに二分されます。大手エージェントは前述した通り、リクルートエージェント(リクルートキャリア)・doda(パーソルキャリア)・JACリクルートメントの大手3社が有名です。

大手・中堅の転職エージェントは、とにかく求人数の多さがメリット・強みではないでしょうか。

一通り一度求人情報を網羅的に見てみたい人にとっては登録してみても損はないでしょう。

ただし、デメリットとしては、RA(リクルーティングアドバイザー)とCA(キャリアアドバイザー)を分業している事がほとんどです。( JACリクルートメントは除く)

分業制をとっているために、伝言ゲームになってしまう事も多く、スピード感がなかったり、内定率が低くなってしまったり、ミスマッチが発生する可能性もあります。

中小エージェントは、日本全国で6,000社あると言われており、(有料職業紹介免許を持った事業者は13,000社を超える)サービスの特徴は、様々ですが、大手エージェントと違う点としては、大手のように分業制ではなく、1人のコンサルタントがRA/CA両方の役割を同時に果たしている事がほとんどです。そのためスピーディーな対応をしてくれたり、企業に直接細かいニュアンスで交渉をしてくれたりときめ細やかなサービスを受けられる可能性があります。

また、転職者の登録者数自体もそこまで多くないため、結果一人一人に時間をかけてくれる傾向もあります。

あとは、特定の業界や職種について特化しており、専門性が高かったり、企業とのリレーションが強い場合も多いと思います。

大手エージェント・中小エージェントとそれぞれ強み・弱みは異なりますが、無料ですので両方登録して実際にサービスを受けながら判断してしまうのが良いでしょう。

→【無料】転職エージェントの利用を検討しているなら、まずは転職業界最大手の求人数を誇るリクルートエージェントに登録をしてみましょう!!

転職エージェントの選び方・探し方

「転職エージェントは実際、何社登録して良いのでしょうか?」というご質問をいただく事は多いです。

私としては、3社程度をお勧めしています。

内訳としては、業界大手エージェントから2社、中小・特化エージェントを1社程でしょうか。

正解はありませんが、3社程がちょうど良いような印象です。

あまりに多く登録しても、それぞれのエージェントから色々な事を言われて逆に混乱してしまったり、紹介される求人案件数が膨大となり、選べなくなってしまう方が多いようです。

また、たくさんのエージェントから連絡がきてしまい、対応するだけで疲れてしまいます。

3社程度であれば、無理なく対応できるでしょう。

基本的に大手エージェントは求人数を売りにしているため、転職者の皆さんが思っている以上の数の求人を紹介されがちです。

聞いたところによると、大手転職エージェントは、年収400万円台の転職者層1人に対して、平均で70件の求人を紹介しているといいます。

これだけでもお腹いっぱいで、迷ってしまいそうですが、前述した通り、大手転職エージェントは分業制をしいているために、キャリアアドバイザー自身がそこまで求人を理解・精通しておらず、どうしても一定量を提案する事に偏りがちなのです。

反対に、中小エージェントは、(良くも悪くも?)転職者にとって、本当に内定を取れる可能性があるかどうか?志向性に本当にマッチした仕事内容なのか?がわかってしまうので、求人を厳選した上で5~10社程度の紹介数になる事が多いと思います。

そこから、10社程度を選定して、実際に書類が通過して、面接に行けるのが5社程度。

1社〜2社内定を得て、最終的に1社に意思決定をされ入社するという方が一般的な印象です。

転職エージェントへの断り方

ただし、複数のエージェントに登録してしまっても、最終的に、内定を承諾し入社できる会社は、1社のみですよね。

その場合に、登録していたエージェントに断るのが気まずいと思われる方も多いでしょう。

現役のエージェントである私の意見からすると、全然率直に伝えてもらって問題ありません。

むしろ、そういうものだとエージェントも理解していますし、早めに率直に伝えてもらえた方が、エージェント側も助かります。

エージェントにとって困ってしまうケースとしては、本当は紹介している企業に全く関心を持てないのに、第一志望です!と伝えており、いきなり辞退をされたり、気まずいからか連絡がとれなくなってしまったり、辞退する際に、辞退理由を具体的に伝えてくれない場合かと思います。

それさえ、しっかりご対応をいただけていれば、全然大丈夫ですので、気軽にご活用いただきたいですね。

重要:転職エージェントの賢い活用方法・注意点

これは人材業界の人以外には、意外とあまり知られていない事なのですが、エージェント経由であろうと求人広告や自社HP経由であろうと、求人企業に一度エントリーしてしまうと、1年間程度は再度エントリーをできないルールになっている事が多いです。

ですので、エージェントと初回面談をして、いきなり大量に求人を紹介されたからと言って、すぐに大量にエントリーをしてしまうのは考えものです。

迷い、悩みすぎてしまったり、エントリーする求人数自体を絞り込み過ぎてしまうのも転職活動がうまくいかない原因になる場合もありますが、上記の業界の採用ルールがあるために、求人のエントリーについては、一旦は慎重になるべきでしょう。

数社エージェントと面談をしてみた上で、自分の転職の方向性などを明確にした上で、企業を選定し、実際にエントリーをした方が良いでしょう。

転職エージェントにはどこまで本音で話して良いの?

エージェントにどこまで本音で話して良いのか?という点で悩まれている方も多いようです。

結論は、すべて本音で話していただいた方が、転職者の方にとっても良い事が多いと思います。

基本的にエージェントは、転職者の味方です。

前述した通り、エージェントは企業からフィーをもらっていますので、転職者によっては、エージェントは企業の味方で、敵なのでは?と思っている方もたまにいらっしゃいます。

でも、それは違います。

転職エージェントは、あくまで転職者が、企業から内定をもらってもらい、且つ、企業の内定を意思承諾してもらって、初めてビジネスになるのです。

当たり前ですが、転職者はコントロールできるロボットや機械ではありませんので、転職者が内定をとれるように最大限支援を惜しみませんし、転職者が納得して企業に入社意思を固めていただくよう、しっかりと丁寧な情報提供を行います。

そのためにも、エージェントは、転職者の本音を常に知りたがってします。それが仮に自分にとって都合が悪いネガティブな情報であったとしてもです。

それが早くわかれば、逆に対策や、転職者が本当に希望する情報提供や求人の紹介が可能になるためです。

ぜひ率直に、本音で話してもらえれば幸いです。

転職エージェントのサービスの流れ

最後になりますが、実際に転職エージェントに相談する際はどのようなサービスの流れになるのか具体的なイメージが湧かないという方も多いと思いますので、以下にまとめてみました。

エージェントを活用する際に、ご参考になれば幸いです。

  • 転職エージェントのホームページや、転職・求人サイトから面談申し込み・登録をする
  • 担当キャリアコンサルタントから電話もしくはメールで面談依頼の連絡がある
  • 転職エージェントとの面談日程を調整する
  • 転職エージェントのオフィスに訪問し、キャリアコンサルタントと面談する。
  • 面談で、キャリアコンサルタントに対して、希望する仕事や求人の志向や、職務経歴の詳細を伝える。
  • キャリアコンサルタントから、一定の条件を満たした求人の案内をもらう
  • 複数の求人から応募企業を選定する
  • 履歴書・職務経歴書を指定のフォーマットに従って作成する
  • 応募する求人企業が決まったら、キャリアコンサルタントにエントリーを依頼する。
  • 各社ごとに書類選考を進める
  • 各社ごとに、筆記試験・面接(通常2~3回)を進める

転職エージェントの利用を検討している方へ

転職エージェントは、求職者にとって無料で利用できるサービスというのは分かったかと思います。

では、実際に転職エージェントをうまく使うにはどうしたらいいでしょうか?

本文でも少しお伝えしましたが、それは、転職エージェントを複数利用することです。

なぜかというと、転職エージェントは中のアドバイザーごとでも経験年数や業界に詳しい人などバラバラで、誰が自分の担当者になるかはわかりません。

そのため、相性が悪いエージェントに当たった場合、また一からエージェントを探す必要がありそこまで時間がない求職者にとって時間的にリスクがかかってしまいます。

そのため、転職エージェントを複数利用しておきリスクヘッジしておこうというわけです。

内訳としては、業界大手2社、中小特化1社になります。

下記で、それぞれごとにご紹介するので是非自分にあったエージェントを見つけてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25