【プロ厳選】外資系に強い転職エージェントはこれだ!

The following two tabs change content below.

アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

これから転職しようとしてる人の中には、外資系企業に転職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

ですが、外資系企業は通常の転職サイトにはあまり求人が出回っていませんよね。大前提として、外資系企業は優秀な人材を求めている傾向が強く、信頼を置ける転職エージェントに求人を依頼していることが多いです。

つまり、外資系企業に転職するには、転職エージェントの利用は必要不可欠になってきます。

そこで、転職のプロと自負している私末永が、外資系企業への転職を得意としている転職エージェントを紹介していきます。

外資系企業に強い特におすすめの転職エージェント

様々な転職エージェントの内情をよく理解しているキャリアアドバイザー歴10年以上の筆者が、サポートの質などを総合的に判断した結果、とくにおすすめの外資系転職エージェントを紹介します。

最初に紹介するのは「JACリクルートメント」と「ビズリーチ」の2社になります。「JACリクルートメント」は、国内の大手転職エージェントの1つで、保有している外資系企業の求人で言えば実質1位になります。

「ビズリーチ」は、転職エージェントというよりも、転職サイトです。ただ、様々な企業からフリーのキャリアアドバイザーが複数登録していて、ヘッドハンターの質がよく、自分では想定していなかった企業からスカウトされる可能性があっておすすめです。

詳しく解説していきます。

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

ビズリーチ

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

総合的に業界職種を扱っている転職エージェント

これから紹介する転職エージェントは「総合型」と呼ばれるもので、外資系企業に強く、なおかつ幅広い業界の求人を取り扱っている反面、専門性には弱いという特徴があります。

総合型の転職エージェントの中には、IT業界やコンサル業界に強いとうたっているものがありますが、総合型の中ではその業界に詳しいくらいで、後ほど紹介する業界特化型の転職エージェントと比べたら、まあまあ強い方くらいです。

特定の業界の外資系企業を探している人にとっては、少し物足りなさがあるかもしれません。

エンワールド

エンワールド

エンワールドは、管理職・経営管理・専門職などのハイクラス向け求人を得意としています。

転職者の入社後に活躍するという点に重きを置いていて、採用後もしっかりとしたフォローをしてくれます!

ただ、在籍しているキャリアアドバイザーの年齢層が比較的高い傾向にあります。良く言えば、実績豊富なキャリアアドバイザーが多いですが、フットワークがあまり軽くない傾向にあるので、スピード感のある転職を求めている人には、少し物足りなさを感じるかもしれません。

 

RGFエグゼクティブ サーチ ジャパン

RGFエグゼクティブ サーチ ジャパン

外資系企業をメインとして、1998年に創業されたバイリンガル・エグゼクティブ・サーチ会社。転職者、企業からの評判が良く、リピート率が極めて高いです。

所属しているキャリアアドバイザーは、得意な業界と職種ごとに編成されていて、自分に合った企業を紹介してくれます。また、転職者の長期的なキャリア設計を提案してくれ、その後のキャリア形成も一緒に考えてくれます。

ただ、キャリアアドバイザーによっては、フランクすぎる対応が鼻につくという意見があるようですね。

 

ランスタッド

ランスタッド

グローバルで年間約20万人の転職をサポートしている実績を持っていて、総合型転職エージェントの中では、IT業界の求人に強みがあります。

キャリアアップ転職、ハイクラス転職といった幅広い層の転職をサポートしていて、IT業界を志望しているが、それ以外の業界でも良い求人があったら挑戦してみたい人にとっては、かなりおすすめな転職エージェントです。

ただ、他の大手転職エージェントと比べると、少し求人数が少ないのが弱点です。

 

外資系企業の中でも専門業界に特化した転職エージェント

業界や職種ごとに強みを持っている転職エージェントのことを「特化型」と呼びます。業界や職種ごとに特化している反面、総合型よりも求人の網羅性は弱い傾向にあります。

興味がある業界や職種が明確に決まっている人にはおすすめですよ。

ちなみに、特化型の転職エージェントの中には、コンサル系の業界を得意としている企業がありますが、そのような転職エージェントはほぼ間違いなく、「金融系」の業界も得意としています。

アンテロープ

アンテロープ

外資系金融、コンサル業界系の求人を得意としていて、外資系コンサルティングファームの求人を常に保有しています。保有している求人は、優良企業のものが多いです。

年収700万以上などハイクラス層の転職者が多いので、30代〜40代の人は利用しやすい転職エージェントかと思います。

また、キャリアアドバイザーの対応が丁寧という声が多いですよ。

 

ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリア

日本国内ではじめてコンサル業界専門として誕生した転職エージェントです。蓄積された転職のノウハウがあり、転職支援の実績、サービスの質は業界トップクラスです。

在籍しているキャリアアドバイザーは、コンサルティング業界経験者がほとんどで、業界についての知識が豊富です。業務に関する相談も的確に返答してくれます。

しかも1人のキャリアアドバイザーが最初から最後まで担当してくれるので、安心して企業との連絡を任せられます。

また、歴史が長いので企業からの信頼が厚く、コンサル以外にもIT業界などの求人も取り扱っています。

 

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

外資系コンサルティング業界に強いパイプを持っていて、約5000名の現役コンサルタントの転職を支援した実績があり、転職者の評判が高いです。

アクシスコンサルティングは、転職支援を1度で終えるのではなく、将来を見据えたキャリアプランを提案し、生涯のキャリアパートナーになるのを信念としています。転職の相談をするとき、今後のキャリアについても相談に乗ってくれます。

また、取り扱っている求人の80%が非公開求人で、アクシスコンサルティングでしか紹介できない、国内大手企業から中小のコンサルティングファームの求人まで、幅広く取り扱っています。

 

コンコードエグゼクティブ

コンコードエグゼクティブ

外資系コンサル業界の求人を専門的に扱っている転職エージェントです。

定期的に「キャリアの設計法」を教える講演会を開催していて、転職者のキャリア設計を重点的にサポートしてくれます。

コンコードエグゼクティブの過去に、日本一のキャリアアドバイザーを選ぶ「日本ヘッドハンター大賞」のコンサルティング部門初代MVPを獲得したこともあり、質の高いサービスを提供してくれます。

ただ、他の外資系コンサルに特化している転職エージェントと比べると、求人数が少ないのが難点ですね。

 

アズール&カンパニー

☆

アズール&カンパニーは、消費財業界の求人に強みを持っている転職エージェントです。掲載されている求人の約80%が外資系企業の求人がしめています。

消費財業界以外にも、スポーツ&エンターテイメント業界などにおいて数多くの紹介実績があります。

業界出身者や人材紹介業経験者など、専門性が高いキャリアアドバイザーが面談してくれます。要望や将来のビジョンを面談から察し、その転職者にあった企業を可能な限り紹介してくれます。

 

ヘイズ・ジャパン

ヘイズ・ジャパン

外資系の医学・製薬業界に特化している転職エージェント。世界各国にネットワークを持っていて、独自のグローバルネットワークを活かした求人が強い転職エージェントです。

医学、製薬業界にも、IT・金融・財務・経理など、他の分野においても多数の求人を所持していて、その業界ごとに経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しています。

 

総合型と特化型の2面性がある中間層の転職エージェント

中間層の転職エージェントは、有名な大手転職エージェントがほとんどない代わりに、大手と比べて転職者1人1人に手厚いサポートをしてくれる特徴があります。

中間層の転職エージェントは、総合型と特化型の2面性を持っていて、一定の専門性と網羅性を持っています。ただ、悪くいってしまうと中途半端とも言えます。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパン

世界28ヶ国で活動する外資系転職エージェント。世界各地の求人を取り扱っていて、中にはベンチャー企業の求人もあります。

バイリンガルに特化した求人を数多く保有していて、英語が得意な人は年収アップを狙いやすいです。

ただ、ロバート・ウォルターズ・ジャパンの社風が成果主義の傾向が強く、転職者の希望している条件よりも、現実的に転職しやすい求人を強くプッシュしてくる傾向があります。

 

マイケルペイジジャパン

マイケルペイジジャパン

IT業界に比較的強い、マイケルペイジジャパン。ハイキャリア向けで高収入の外資系の求人に強みがあります。

独自求人の掲載もあり、外資系への転職に関する専門性が高く、転職市場の価値が高い人には安定したサービスを展開しています。

ただ、転職市場価値の低い、低年収で専門性が低い人には、連絡さえ返さない場合もあります。

 

外資系企業だからといって安心してはいけない

私が思うに、外資系企業といっても結局はピンキリで、会社によってはあまり労働環境の良くない会社があります。

外資系企業という名前で安心してしまい、ロクに調べもせずに入社して後悔した、という人をよく見かけます。

例えばそれがベンチャー企業なら、ベンチャーと聞いただけで前もってある程度その企業について調べる人はいると思いますが、外資系企業は名前だけで安心してしまう人が事実として多いです。

ただ、確かに一個人では、応募した企業の労働環境の本当の情報を知ることはできません。なので、そういう意味でも転職エージェントを利用すると良いです。

以下から実際にあった、ちょっとやばい外資系企業の例を紹介していきます。

決定権が全て海外の本社にある

プロジェクトごとの決定権が全て海外の本社にあるパターンです。この場合、本社の人が日本に来た時にしか物事を決定できません。

また、最悪の場合アジア圏内の数国に支社があり、本社の人が常にアジア内の国を行き来していることもあります。本社の人が日本にきた時にしか物事を決められないので、プロジェクト自体がなかなか進まないこともあります。

コロコロと社長が変わる

外資系企業は、日系企業と違いかなり実力主義の世界です。成果が出ないと、社長といえどすぐにクビになる企業もあります。

あとはヘッドハンティングも頻繁で、優秀な人はすぐに引き抜かれてしまうという傾向もあります。

2〜3年働いて飽きる

外資系企業特有なものです。日系企業と違い、外資系企業には人材を育てるという概念を持たない企業があります。入社した段階で、その人が得意な業務を延々とやらされ続けます。

その分、その業務に関してのスキルはどんどん伸びて行くので、給与は良くなっていきます。ただ、やはりどうしても飽きてしまい、日本人は意外と向かない人が多い印象ですね。

転職エージェントは複数登録すべき

基本的には、転職エージェントを選ぶ上で1番重要なのは「自分にあったキャリアアドバイザーに出会えるか」です。登録するエージェントは1社ではなく、2〜3社など複数から登録してみて、自分にあったキャリアアドバイザーを選んでみると良いです。

他にも、筆者が思う転職エージェントの選び方もあります。以下から、解説していきますね。

効率的に転職活動したいなら中間層のエージェントに登録

先ほどの紹介しましたが、中間層の転職エージェントは、総合型と特化型の2面性を持っています。なので、あちこち登録するよりも、紹介した2社ぐらいに登録して転職活動をすると効率的です。

ただ、中途半端な印象もあるので、本格的に業界に特化した求人や、色々な企業の求人を見たい人にとっては、少し物足りないかもしれないですね。

総合型と特化型に同時登録する

数多くの求人を保有している総合型の転職エージェントだけでは、やはり専門性に弱くなってしまいます。そこで、特化型の転職エージェントと同時に登録することで、専門的な求人を探すこともできます。

逆に、特化型の転職エージェントではやはり求人数に不安があるので、総合型の転職エージェントを利用することで、求人数も確保できます。

専門性と網羅性を兼ね備えている上、言い方は悪くなってしまいますが、どちらかの転職エージェントが微妙でも、もう片方が滑り止めになってくれるというメリットもあります。

手堅くやるなら総合・特化・中間の全てに登録する

時間をかけて手堅く転職したい人におすすめです。総合型・特化型・中間層の転職エージェント、全てに2社ずつくらい登録してみるのも手です。

独自求人を持っている転職エージェントも同時に登録してみたら、専門性・求人数の全てを網羅することができますよ。

ただ、その分時間はかかりますので、スピード感を持って転職したい人にはおすすめできません。

外資系企業へ転職成功させるために特徴を理解しておく

外資系企業の特徴として、以下の3点がよく挙げられます。

  • 評価基準は成果がもっとも重要
  • 基本的には英語で会話している
  • 残業は比較的少ない

以下から、詳しく紹介していきますね。

評価基準は成果がもっとも重要

外資系企業の多くは、成果主義であることが多いです。先ほども軽く紹介しましたが、支社の社長レベルになっても、それは変わりません。

プロセスを評価してくれることが多い日系企業でずっと働いていて、そのスタンスのまま外資系企業に入ると、なかなか給与が上がらず、苦労する人が多いです。

基本的には英語で会話している

日系企業ではあまり考えられませんが、会議やプレゼンはもちろん、上司との会話ですら英語でおこなう企業があります。

多少英語が得意レベルで外資系企業に入ると、正直後悔するかもしれません。業務レベルで英語を使いこなせて、はじめて外資系企業を目指すべきなのです。

英語が多少得意で入社してしまったために、業務時間外でも英語の勉強をしていて、結局疲労感から会社をやめてしまった人もいますよ。

残業は比較的少ない

多くの外資系企業は、残業を好まず、長時間労働を推奨していません。むしろ、残業が多い人は効率が悪い仕事をしているとみなされ、指導の対象にされることもあります。

日系企業でずっと働いてきていた人は、残業込みで仕事のスケジュールをたてがちですが、それは通用しません。はじめは戸惑うことが多いと思いますが、残業のない仕事に適応していくしかありません。

大手転職エージェントも外資系企業の取り扱いはある

一応、大手転職エージェントにも外資系企業は取り扱っています。ただ、求人の数自体は少ないので、あまり期待しないようにしましょう。

ただ、先ほどの外資系企業でも安心してはいけないという項目を読み、やはり日系企業も選択肢に入れたいのなら、大手転職エージェントは登録して損はありません。

以下から、国内大手転職エージェント3社を紹介していきます。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!