IT業界に強いおすすめの転職エージェント7選【職種・分野別】厳選!

    今回は、IT業界に強いおすすめの転職エージェントを紹介します。

    私自身、現役の転職エージェントとして数多くの転職者をサポートする中で「あの転職エージェントに相談したけど、正直微妙だった。」といった転職者のリアルな評判を耳にしてきました。

    転職者のリアルな口コミを聞いてきた私だから分かる、『IT業界に強いおすすめの転職エージェント』を職種別に紹介します。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

IT業界に強いおすすめの転職エージェント7選

IT業界といっても、営業職・Webマーケター・エンジニア・デザイナーなど様々な職種があります。

今回は、IT系に強い転職エージェントの特徴・得意分野を細かくリサーチし、結果を下記の表にまとめてみました。

IT業界に強いおすすめの転職エージェントは、以下の7社です。

エンジニア
デザイナー
営業 マーケター
レバテック × ×
マイナビIT AGENT ×
ギークリー
ワークポート
リクルート
doda
パソナ

転職エージェントを利用する際は、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

なぜなら、キャリアアドバイザーによって知識や経験にバラツキがあるため、経験の浅いアドバイザーだとサポートの質が低くなってしまう可能性があるからです。

とりあえず面談に進んでみて、信頼できるキャリアアドバイザーに絞り、転職活動をサポートしてもらうのがおすすめです。

対象別に登録をおすすめする転職エージェント

IT業界は職種が幅広く、希望する職種によって利用すべき転職エージェントが違ってきます。

そこで対象別に登録すべき転職エージェントをまとめてみました。下記でおすすめする転職エージェントにすべて登録し、比較検討しながら転職活動を進めていけば、転職を成功させやすいです。

エンジニア・デザイナーで転職したい人
(経験者のみ)

エンジニアやデザイナーの人は、それぞれの分野に特化している転職エージェントに複数登録し、比較検討してみるのが良いですね。

ただ、この2社はエンジニア・デザイナーの経験者のみ対応しているため、未経験者は多くの求人を保有しているリクルートエージェントに登録することをおすすめします。

Webマーケターとして転職したい人

Webマーケティング職の場合は、特化型の転職エージェントである上記3社、とくにマイナビIT AGENTには登録しておきましょう。

大手転職エージェントはWebマーケターの求人を保有しているものの、特別強いわけではないのですが、求人を網羅する意味でも登録しておくのもアリです。

営業職として転職したい人

エンジニアのように専門的なスキルがなくても、IT業界へ転職できます。その1つの方法が営業職からIT業界へ転職することです。

営業職は他の職種よりも転職しやすく、専門的なスキルがない人や未経験からIT業界へ転職する人におすすめです。

営業職での転職を目指す場合は、求人数No.1を誇るリクルートエージェントdodaなどの大手総合型エージェントにまとめて登録しておきましょう。

大手転職エージェントは保有求人数が豊富で、大手企業からベンチャー企業まで様々な求人が揃っています。そのため、自分の希望する条件に合うIT業界を見つけやすいメリットがありますね。

エンジニア・デザイナーでフリーランスを目指す人

会社に属するのではなく、フリーランスのエンジニア・デザイナーとして働きたいと考えている人は、フリーランス向けのサービスも展開しているレバテックキャリアがおすすめです。

フリーランス向けの転職エージェントは数が少ないのですが、レバテックキャリアは利用者からの評判も非常に良いので、かなりおすすめです!

IT業界への転職におすすめのエージェントを簡単に説明しましたが、次のトピックではそれぞれの転職エージェントの特徴を細かく説明していきますね。

IT業界に強い特化型転職エージェント4選

まず最初に、IT業界の転職に特化した転職エージェントを4社紹介します。

エンジニアやデザイナー、Webマーケターなどの転職に強く、とくにレバテックキャリアマイナビIT AGENTは登録しておくべき転職エージェントです。

ただ、レバテックキャリアは経験者のサポートに特化しているため、未経験者はサポートをしてもらえないので登録をする際には注意が必要です。

IT業界に強い特化型転職エージェント

エンジニア経験者向け専門エージェント
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに定評アリ

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※未経験からエンジニアを目指す方は、プログラミング講座と転職サポートがセットになった「侍エンジニア」や「Tech Academy」の利用を検討ください。

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向け求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

IT業界に特化した転職エージェントの中では、取り扱い求人数がNo.2!

分野別にキャリアアドバイザーが在籍しており、きめ細かいサポートで利用者の満足度が高い人材紹介会社です。

ワークポート

  • 35万人が利用しており、IT・Web業界においても転職実績が豊富。
  • 企業からオファーをもらえるスカウトサービスあり!
  • 転職フェアや個別相談会などのイベントを定期的に開催。

ワークポートに
相談する

おすすめの総合型転職エージェント3選

総合型の転職エージェントは、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を保有しています。また、大手転職エージェントにしか保有していない独占求人もあるので、たくさんの求人と出会うためにも登録しておいて損はないです。

今回は3社紹介しますが、とくに業界大手のリクルートエージェントdodaの2社は登録しておくと良いでしょう。

おすすめの総合型転職エージェント3選

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

  1. 女性活躍を推進する企業のため、女性の目線を理解している
  2. 女性に親身なコンサルタントが多い
  3. 「利益より社会貢献」という社風なのでホスピタリティが高い
  1. 大手企業なので、キャリアアドバイザーの能力にばらつきがある可能性はあるものの、他社と比較すると均質化している

こんな人がおすすめ!

  • 事務職の正社員への転職を希望している人

パソナキャリアに
相談する

未経験からIT業界に転職するポイント

IT業界への転職を成功させるためのポイントを3つ紹介します。

未経験からIT業界を目指す場合は、いずれか1つを実行することをおすすめします。

1.専門スキルを身につけてアウトプットしておく

未経験からWebマーケターやエンジニア、デザイナーへの転職を目指す場合、独学か教材を使って学習し、アウトプットしておくのが良いです。

まったくの初心者から一歩抜け出している状況を作れるかどうかが大切です。また、アウトプットしたものを面接でアピールできると、面接官に熱意が伝わりますよね。

これらの職種は、まったくの未経験から転職するのは正直ハードルが高いので、実績として何かアピールできるものを作ることをおすすめします。

Webマーケティングをやりたいのであれば、自分でブログを立ち上げてSEOの勉強をしたり、Twitterやインスタでフォロー数を増やしたり、YouTubeチャンネルを立ち上げて登録数を増やしてみると良いと思います。副業として働いてみながら、スキルを身につけるのでも良いでしょう。

エンジニアやデザイナーを目指すのであれば、転職成功率94%の侍エンジニアや最短1ヶ月で習得可能なUZUZカレッジのようなプログラミングスクールに通った上で、ポートフォリオを作成してみるのが良いですね。

2.プログラミングを学習する

「プログラミング=エンジニア」というイメージが強いと思いますが、実はプログラミングってどの職種にも活かせる汎用性の高いスキルだったりします。

Webマーケターやデザイナーといったエンジニア以外の職種を目指す際も、プログラミングを学習しておくと面接で評価されることが多いです。

独学で学習することも可能ですが、学習効率やモチベーションの維持のことを考えると、プログラミングスクールに通うのがおすすめです。

一定のコストがかかってしまいますが、お金を投資することで自分に良いプレッシャーをかけることができるのでとても良いですよ。

プログラミングスクールの中でも転職成功率94%の侍エンジニアや最短1ヶ月で習得可能なUZUZカレッジ評判が良く、エンジニアとして転職するまで支援してくれます。

まったくの未経験からエンジニアとして就職した人が多数いますし、キャリアアップとしては最適な環境です。

無料相談にいってから講座を受けるか選べるので、気になる人は気軽に問い合わせをしてみてくださいね!

おすすめのプログラミングスクール

オンライン×オリジナルカリキュラムで学べる超実践型プログラミングスクール

ポイント

  1. プロのエンジニアが専属でマンツーマン指導
  2. だから挫折率せずに学べる!
  3. 転職サポートコースもアリ!転職成功率94%

こんな人がおすすめ!

  • 過去に独学で挫折経験がある人
  • 経済的負担をできるだけ抑えたい人
  • 転職を前提に学習をしたい人

無料カウンセリング予約はこちら

20代の未経験転職に特化した転職エージェント、UZUZが運営。
就職を目指したい人、まずは安価でプログラミングを学びたい人の両方におすすめ

ポイント

  1. 費用は15万円!他社よりも圧倒的に低単価でプログラミングが学べる
  2. IT未経験の求人を多数保有。就職サポートが無料で受けられる
  3. 最短1ヶ月で修了!個別指導方式だから、自分のペースで学べる

こんな人がおすすめ!

  • 未経験からエンジニアを目指したい20代
  • オンラインでプログラミングを学びたい人
  • 一度独学で挫折してしまった経験のある人

UZUZカレッジ
に相談する

3.営業職を選択肢に入れておく

IT業界へ未経験で転職する場合、Webマーケター・エンジニア・デザイナーへの転職は難易度が高いです。

これらの職種は、企業が経験者を求めるケースが多いんですよね。

一方で、営業職はこれらの職種に比べて難易度が低く、未経験からでも転職できる可能性が高いです。

まずは営業職としてIT業界に転職し、その経験を活かしてWebディレクターやWebマーケターになるキャリアも十分に考えられます。

一見遠回りに見えますが、未経験からIT業界に転職する際は、営業職として転職することを選択肢の1つとして考えておくことをおすすめします。

関連記事未経験でIT業界に転職|高確率で内定獲得する方法

転職エージェントを利用する際のポイント

転職エージェントを上手に利用することができれば、転職活動を成功させる可能性をアップさせることができます。

まずは、複数のエージェントに登録して相性の良いキャリアアドバイザーと出会うことが重要ですが、その次は以下の6つのポイントを意識して面談に臨むようにしましょう。

  • 転職の目的をはっきりさせる
  • すべて正直に話す
  • 前の職場の悪口は言わない
  • 転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と答える
  • 紹介される求人が少ない場合は希望条件を再考する
  • 服装はスーツでも私服でも良い

転職エージェントは10人程度の転職者をサポートしていますので、転職者側もスムーズにやりとりが進むように、転職エージェントと良い関係を築けるように意識しましょう。

また、転職エージェントを賢く使う方法についての解説している記事もあるので、詳しく知りたい人はぜひ読んでみてください。

関連記事転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック
関連記事【プロ徹底解説】転職エージェントの使い方!賢く使い倒す方法は?

転職エージェントを利用する3つのメリット

転職エージェントを利用せずとも、IT業界に転職する手段はありますが、私としては転職エージェントを利用することをおすすめしています。

その背景として、転職エージェントを利用するメリットは3つあります。

1. 転職後のミスマッチを防ぐことができる

キャリアアドバイザーに自己分析や企業選定をサポートしてもらうことで、自分の希望条件に当てはまる企業を見つけることができます。さらに会社や業界構造について細かく教えてもらうことで、転職する前後でのイメージのギャップをなくすことができます。

結果として転職後のミスマッチを防ぐことができますし、早期離職も防ぐことができるんですよね。

リクナビNEXTなどの転職サイトで求人情報を見ながら自分で転職することもできますが、企業の内情まで細かく確認し、企業の良し悪しを判断するのはなかなか難しいと思います。

転職エージェントという第三者に相談することで、転職の軸・目的を客観的に整理することができますし、転職後のミスマッチを事前に防げます。

2. 長期的なキャリア形成の相談ができる

今後の長期的なキャリア形成を相談できるという点も、転職エージェントに相談する大きなメリットだと考えています。

「やりたいことが見つからない」「自分の夢を実現するにはどうすれば良いか分からない」という悩みって、誰に相談したらよいのか迷いますよね。

転職エージェントは、転職者の将来を共に考え、そこに辿り着くまでの選択肢を提案する仕事なので、参考になる客観的なアドバイスをもらうことができます。

たとえば「年収1000万円を稼ぎたい」という目標があったとしたら、年収1000万円を達成するために必要な具体的な選択肢を提示してくれます。

IT業界の転職に関しても色々な不安を抱えていると思いますので、今後のキャリア形成を含めてざっくばらんに相談してみるのもアリだと思います。

3. 給与交渉を代わりにやってくれる

入社する会社との関係性を考えると、給与交渉ってやりにくいですよね。

転職エージェントは給与交渉を自分の代わりにやってくれて、現在の年収も考慮した上である程度交渉してくれます。

交渉できる幅には限度がありますが、入社後の関係性を考えると、転職エージェントのような第三者に交渉してもらえるのはメリットがあるでしょう。

メリット・デメリットについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

関連記事転職エージェントのメリット・デメリット・特徴をプロが徹底解説!

転職せずにフリーランスという選択もあり

転職するのではなく、独立してフリーランスになるという選択肢もあります。

もちろん誰でもフリーランスになれるわけではないですが、スキルや経験を持つ人であれば、フリーランスとして稼ぐことも可能だと考えています。

フリーランスになるためには、技術力だけでは不十分で、ビジネスへの理解やクライアントとの調整など様々な能力が求められます。

とはいえ、フリーランスはフリーランスならではのデメリットがあるので、その辺をしっかりと考えてから決断することをおすすめします。

フリーランスに興味のある人向けの記事もあるので、気になる人はぜひ読んでみてください!

関連記事フリーランスのエンジニアになるには?必要なスキル・経験について解説!

IT業界への転職に役立つおすすめの関連記事

IT業界の転職活動や転職エージェントに関する参考記事を紹介します。

より詳しく解説しているので転職活動やエンジニアの転職、転職エージェントに関して、さらに詳しく知りたい人は参考にしてみてください。

IT業界の転職活動についての関連記事

IT業界の転職活動について未経験や今後の動向など、あらゆる視点から解説している記事を集めてみました。

エンジニアの転職についての関連記事

IT業界の中でも、エンジニア職の転職に特化した記事をまとめてみました。

エンジニアの転職に関するノウハウが詰まっているので、気になる職種、分野があれば、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントについての関連記事

転職エージェントって何なのか、どのような仕組みやサービスなのかについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

都道府県別におすすめの転職エージェントについては、以下でまとめています。

自分の住んでいる地域の転職エージェントには何があるのか、詳しく知りたい人はぜひチェックしてみてください。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント