2019.07.19

【言語別】エンジニアの年収を大公開!稼げるエンジニアを目指そう!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

エンジニアで活躍している方も、エンジニアを目指している方も、やっぱり気になるのは年収ではないでしょうか?

年収がどれくらいなのか知ってから転職するべきか検討したい、高収入を目指すためにはどうすればいいのか、と考えている方もいるでしょう。

今回は実際にプロのエンジニアにお話を聞き、言語別の平均年収や稼げるエンジニアになる方法などについて、解説していきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

エンジニアは分野によって年収が変わってくる

机上に電卓と複数の一万円札、給与明細書が置かれているモノクロの写真

エンジニアは分野によって、年収が変わってきます。例えば、システムエンジニアやWebエンジニア、組み込みエンジニア、インフラエンジニアなど、何十種類にも分けられます。

ただ、年収が高いエンジニアは、基本的に高いコミュニケーション能力を持っていることが共通して挙げられます。

一方、年収が低いエンジニアは逆にコミュニケーション能力が低かったり、マインドセットができていないことが共通して見られますね。

【言語別】エンジニアの年収

机上にコインの束とノートパソコンが置かれ、ノートパソコンのキーボードを叩くビジネスマン

エンジニアの年収は、扱う言語によって変わってきます。そこで、言語別にエンジニアの平均年収をご紹介していきますね。

PHP

PHPの平均年収は、約400万円〜600万円です。年収に差があるのは、勤務場所や経験年数のみならず、Webデザイナー系なのかシステム開発系なのか、この点でも異なるからです。

Ruby

Rubyの平均年収は、約550万円です。シンプルなコードで書けるので、Rubyを使用してサービス開発をおこなっている企業が多いですね。

プログラミングの初心者向けの言語でありながらも、高いニーズを誇っているのが特徴だと言えるでしょう。

Java

Javaの平均年収は、約552万円です。他の言語と比較をして年収が安定していますね。なぜなら、Javaは世界で最も使用されているプログラミング言語だからです。

近年ではAndroid開発でも使用されており、求人や案件数の多さも圧倒的です。今後も安定していくと言えるでしょう。

Python

Pythonの平均年収は、約575万円です。

とは言っても、Python単体での案件は非常に少なく、案件の単価も安いものから高いものまでピンキリです。PHPやJavaなどとセットで習得しておくと、選べる案件も少しは増えるでしょう。

Pythonは機械学習やAI系で使用される言語のため、今は案件が少なくても今後少しずつ増えてくると思います。

C言語

C言語の平均年収は、約525万円です。とても年収が安定している理由は、幅広い分野に対応できる言語だからです。

例えば、自動車や家電といった工業製品ですね。制御系のプログラミングができる方の場合、一定の需要が見込めるため年収も安定するんです。

C++

C++の平均年収は、約538万円です。もちろん、経験年数や実績、稼働時間により単価が異なります。

他の言語と比較をして歴史が長いので、今でも多くの分野の開発現場で用いられています。ですから、今後も需要が高まっていくと考えられます。

C#

C#の平均年収は、約500万円前後です。チームリーダーとして数年以上の経験をお持ちの場合は、年収500万円以上で採用されるケースもあります。

マネジメント経験が豊富な方は、それだけ高評価へとつながります。ただ、年齢は30代前半以降が中心です。

Swift

Swiftの平均年収は、約550万円です。2014年6月にAppleが発表した歴史浅い言語ですね。コードがシンプルといいこともあって、Swiftで開発を進める企業も増加しています。

ただ、新しい言語で扱えるエンジニア数も限られていますので、掲示収入を上げるなど工夫をして、Swiftを扱えるエンジニア採用をしようと施策を打っているため、高収入になる傾向があります。

node.js

node.jsの平均年収は、約400万円〜600万円です。グローバルな環境で活躍するエンジニアは、高額な報酬の受け取りができる可能性もあります。ただ、現状まだnode.jsの案件は数少ないのが残念なところですね…。

今現在、ドーシャルゲームやクラウドサービス系などで使用される機会が増えてきていますので、今後少しずつ案件が増えていく傾向が見込まれます。

さらに高単価を目指すのであれば、一緒に「JavaScript」の経験も積んでおくことをオススメします。

Go言語(golang)

Go言語(golang)の平均年収は、約600万円です。Go言語(golang)の魅力は、シンプルなコードと軽量な動作にあり、開発言語としてGo言語(golang)を採用する企業が増加しています。

最も愛されるプログラミング言語、スクリプト言語、マークアップ言語にランクインしていることからも、人気の高さがわかります。

現在は求人数がまだ少ないですが、今後も人気が高まり求人数も増加することが予想されます。

稼げるエンジニアになる方法

机上にノートパソコンと本を置き、左手にiPadを持って眺めながら考えている女性

稼げるエンジニアになるために必要なのは「マインド」と「コミュニケーション能力」の2つです。

エンジニアとして最も評価されるのは技術だと思っている方も多いと思いますが、実は技術よりもマインドが重視されます。

例えば「この人ならなんかやってくれそうだな」「自分で考えて動いてくれそうだな」という感じが評価されます。

もちろん、技術面も一定以上は確認しますが、エンジニアはチームワークが大事なので、人柄やコミュニケーションの高さが何よりも重視される傾向にありますね。

つまり、コミュニケーション能力の高い方ほど、報酬や年収を上げることにつながっているんです。ちなみに、年収が高い企業は面接がしっかりしています。そのため不採用にされてしまうケースもよくあります。

稼げるエンジニアになるための方法として、「転職をする」「フリーランスになる」という選択肢もあります。次でそれぞれ詳しく説明していきます。

1.転職をする

転職をすることで年収を上げることが可能です。

基本的にどの言語であっても年収は現状よりも上がりやすいです。ただ、役割に対する対価が上がるということは、求められるものが高くなるということです。

だからこそ、年収を上げることで背負うリスクも出てきます。

また、異業種に転職する場合は「自己学習の努力をPRする」ことが何よりも重要です。

例えば、社外セミナーに参加をした、自宅に開発環境を設けて触っているなど、自己PR欄に明記するのがオススメです。

一人での転職は大変ですし、なかなか思い通りにいかないこともあるので、転職エージェントに頼ってみるのもアリです。

2.フリーランスになる

自分がどの言語を得意としているのか、その得意言語を使用する案件をメインにこなしていくことで、収入を上げていくことが可能です。

今では案件数も多くなっていますし、企業からも歓迎されるため活躍していけます。また、こんな会社の案件をしていました、という自分のキャリアも作りやすくなるので、企業先にアピールもバッチリできます。

ただ、クライアントに振り回されたり、無理難題が多かったりするケースもあります。スキルアップがしにくいというのもデメリットですね。

高収入を得るエンジニアになるためには

言語によっても収入の相場は違いますが、雇用先である企業規模によっても実際大きく変動します。

企業規模が大きいほど、プロジェクト規模やそこで動くお金を大きくなるので、給与は高くなる傾向にあります。

給与が高い会社や案件には、スキルを持った優秀なエンジニアからの応募が集まるので、当然ですが競争率は高くなります。

高い競争率を勝ち抜き、企業から内定(発注)をもらうためには、面接対策が欠かせません。

企業側も、エンジニアとして2~3年の実務経験があれば業務のキャッチアップはできるだろうと考えているので、技術面よりも人柄やコミュニケーション能力の高さをより評価しようとする傾向があります。

「わかりやすく自分の経験を言語かするのが苦手」「面接に自信がない」という方は転職エージェント経由でのエントリーをオススメします。

転職エージェントでは、エントリー書類の添削や面接対策の他、企業とのやりとりの代行など、転職活動のあらゆる点でサポートを行なっています。

キャリア相談も行なっており、転職や独立をするか迷っている…という段階でも気軽に相談に乗ってくれるので、是非一度利用を検討してみてはいかがでしょうか?

以下にオススメの転職エージェントをご紹介しているので、自分に合いそうなエージェントにまずは相談をかけてみてください!

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。