絶対失敗しない!第二新卒におすすめする転職サイト5選!

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

第二新卒者が転職をしようとした場合、ほとんどの人が初めての転職で右も左も分からない状態かと思います。

転職先を探す時、まず初めに転職サイトを利用する人が多いと思いますが、転職サイトってたくさんあってどれが良いのかいまいち分かりませんよね。自分にあった転職サイトを探すのって結構苦労するし、意外と時間も取られてしまうんです。

そんな人のために、転職のプロと自負している私から、第二新卒者におすすめな転職サイトを紹介します!是非参考にしてみてください!

転職サイトには「特化型」と「総合型」がある


まず初めに知っておいた方が良い知識として、転職サイトには特化型と総合型と呼ばれる2種類があります。

特化型のサイトは、例えばIT業界ならIT業界の求人に特化しているように、業界ごとの求人を掲載している転職サイトです。特化型サイトの中には第二新卒向けのサイトもあります。比べて総合型の転職サイトは、その名の通り業界関係なく数多くの求人を取り扱っています。

つまり、第二新卒に特化した転職サイトを利用するのが1番良いということになります。未経験歓迎の求人を多く取り扱っており、希望の求人を見つけやすい特徴があります。

第二新卒におすすめな転職サイト5選


早速、第二新卒におすすめの転職サイトを特化型と総合型に分けて紹介します。それぞれのサイトの特徴も解説していくので、自分に合うサイトを見つけて使用してみてください!

おすすめな特化型転職サイト

まず第二新卒に特化している転職サイトから紹介します。特化型の転職サイトはたくさんありますが、その中でもとくにおすすめの2つをピックアップしています!

キャリトレ

キャリトレはスキルや職務経験、希望条件や興味を登録することで自動的にあなたに合った募集案件を集め、毎日紹介してくれるというユニークなサービスが特徴です。

案件も多岐に渡っているため、いますぐに転職したいという方だけでなく、自分に合った会社やポジションになんとなく興味があるという若手の方等も登録して損はないサイトです。

また、一問一答形式で短時間で登録できるため、登録時の長ったるく面倒なプロフィールの入力が省かれて気楽に登録できることも魅力です。

「通勤中はスマホで新着求人をチェックして、帰宅後に家のパソコンで応募する」といったように時間を効率的に使って転職活動を進められます。

re就活

株式会社学情が運営する、20代・第二新卒・既卒のための転職サイトです。

人気大手企業の案件数は『リクナビNEXT』に比べ劣りますが、案件の98%が第二新卒向けなので、「第二新卒だから」という理由だけで落ちる可能性は少なくなります。

求人を出している企業も第二新卒に絞って募集を掛けているので、ほぼすべての求人が未経験歓迎となっており、他のサイトよりも敷居が低くなっています。

おすすめな総合型転職サイト

次いで総合型の転職サイトを紹介していきますね。総合型も特化型と同様にたくさんありますが、その中でも第二新卒の転職に強い3社をご紹介しますね。

リクナビNEXT

求人検索の「こだわり検索」に「第二新卒歓迎」という項目があり検索しやすいのが特徴です。直接応募の転職サイトの中では求人数最大級。

ほかの求人サイトには掲載されていない独自求人が豊富です。

経歴を登録することで企業などから連絡が届く「オファーメール」機能があり応募だけではなく企業側からのアプローチがある事も魅力です。

全指標において20代の転職サイトでNo.1。圧倒的におすすめです。

マイナビ転職

リクナビNEXTには劣るものの、求人の量には定評のある転職サイトです。
中小企業志望者の求人数に対する満足度が高いという評価があります。

マイナビグループ合同で転職セミナーなどを全国で行うなど積極的なアプローチが特徴です。
第二新卒の場合、技術や福利厚生など希望が見つかりやすくなっています。

エン転職

利用者がとにかく多く、その数約600万人です。サイト画面も見やすくできています。

会員の年齢は34歳以下の転職主力層が7割近く占めているので、若手人材の採用には強みを持っています。

画面がシンプルで操作性に優れており時間がない中でもストレスなく求人検索できることも魅力の1つです。

年齢別・志望業界別のオススメ転職サイトについて解説した記事はこちら!

【2019年最新】オススメの転職サイトをプロが徹底解説!

転職サイトで補えない部分は転職エージェントを利用すべき


転職サイトだけでも転職活動をすることはできますが、合わせて利用しておきたいのが転職エージェントです。

転職エージェントでは第二新卒が不安に思うことの多い履歴書・職務経歴書の添削、志望企業に合わせた面接対策など、転職のプロが初めての転職をしっかりとサポートしてくれます。

一方で転職サイトは、個人から直接企業に応募します。なので、履歴書や面接対策を行えないなど様々なデメリットがあります。

第二新卒者の場合、ほとんどの場合が初めての転職で分からないことがかなり多いと思います。実際、面接のときに話す自己紹介1つ取っても、新卒の時とはかなり違いがあるのです。

自分が書いた履歴書や職務経歴書に不安がある人や面接の対策をしっかり行いたい人は、是非転職エージェントを利用してみてください。

また、転職エージェントで取り扱っている求人の約8割は非公開求人で、これらは一般の転職サイトには掲載されていません。求人数も多いので、転職サイトに掲載されている求人に物足りなさを感じている人にもおすすめです。

第二新卒に強い転職エージェントを詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

第二新卒が転職エージェントで失敗しない方法とオススメ8社比較

それでも転職エージェントの利用にあまり前向きになれないなら、コーポレートサイトや口コミサイトを利用しましょう。

そのようなサイトを利用すれば企業がどのような人材を求めているのか、実際に働いていた人の声を参考にすることができます。

転職エージェントに向いている人の特徴

次は実際にどのような人が転職エージェントに向いているのかを紹介します。

自分に当てはまるものがあったら是非転職エージェントを利用してみてくださいね。

利用した方がいい人

  1. 転職した業界や職種が決まってない人
  2. 未経験の業界や職種にチャレンジしたい人
  3. 客観的な目線で事前対策をしてもらいたい人
  4. 書類選考通過率を高めたい人
  5. ブラック企業に引っかかりたくない人
  6. キャリアを設計していきたい人
  7. 遠隔地から転職する人
  8. 複数社の面接を並行して行う場合
  9. 配属されたい部署・事業部などが明確な人
  10. 有給が取りづらい企業に勤めている人

転職エージェントの上手な活用法について詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください!

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のための3つのテクニック〜

転職エージェントの選び方

上記内容までで「転職エージェントがおすすめなのはわかった。でもたくさんあるけどどれに登録したら良いの?」という人もいるかと思います。

転職エージェントの選び方は、単刀直入にいうと複数のエージェント会社に登録するのが正解です。

ぶっちゃけ、どの転職エージェントに登録しても、担当してくれるキャリアアドバイザーによってサービスの質が全然違います。

確かに、転職エージェントによって「第二新卒の転職に強い」「女性の転職に強い」などそれぞれ特徴がありますが、サポートの質はキャリアアドバイザーによって異なるので、1社だけに依存するのは避けた方が良いです。

複数の転職エージェントに登録し、各社のキャリアアドバイザーを比較検討した上で、一番相性の良い転職エージェントに相談してみることをオススメします!

転職エージェントの選び方について、以下の記事で詳しく書いてあります。是非目を通してみてください。

転職エージェントの選び方!転職を成功に導くたった1つの法則!

転職のプロがおすすめする転職エージェント

最後に、現役の転職エージェントである私がオススメする、第二新卒の方が登録すべき転職エージェントを下記にまとめました!

転職エージェントは、企業の採用担当者から、求める人材像やスキル、逆に「こんな人はちょっと難しかも・・・」と言うリアルな採用要件をヒアリングしています。

転職エージェントに相談することで、自分の希望条件に合う求人を教えてくれたり、応募する企業ごとにカスタマイズした面接対策

ですので、自分に合っていると感じた転職エージェントに気軽に相談してみることをオススメします!

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!