20代で転職を検討されている方へ


第二新卒にオススメの転職サイト5選を紹介!

第二新卒であるあなたは、今どうやって転職したらいいか悩んでいるのではないでしょうか?
「転職サイトも数多くあり、どの転職サイトを利用すればいいのか、、?」

このようなことを、思っている方は多いかと思います。
そこで、今回は第二新卒の方だけにお伝えしたい、転職サイトをご紹介したいと思います。

この記事で分かること

第二新卒の転職サイトを知って、どれを利用すれば転職への一歩目を踏み出せるかが分かります。

転職界隈で言われている第二新卒ってなに?

第二新卒という言葉に法的なものなどハッキリとした定義はありません。
一般的には「新卒で入社して3年未満の求職者」を指すことが多いようですが、辞書などで調べてもその解釈はさまざま。

年齢で言えば、4年制大学卒業から考えると25~26歳ぐらいまでになりますが、第二新卒を募集する企業によっても定義が異なるため一概には言えません。

一般的には、「大学を卒業後3年以内」の人材を指しています。
しかし多くの解釈に共通するのは、「短期間でも社会に出た経験がある」という点。

社会人経験のない、いわゆる「新卒」と、前職での経験を生かすことができる「社会人」との中間として扱われています。

※学校は卒業したが、一度も就職したことがない(社会人経験がない)場合を指す「既卒(既卒者)」という言葉もあります。

結論から言うと、転職を考えている方にとって、「第二新卒は良いタイミング」だということ。
なぜなら今、社会人経験のある若手として注目を集めている第二新卒は転職市場において需要が高い存在だからです。

第二新卒にオススメの大手転職サイト

リクナビNEXT

求人検索の「こだわり検索」に「第二新卒歓迎」という項目があり検索しやすいのが特徴です。直接応募の転職サイトの中では求人数最大級。

ほかの求人サイトには掲載されていない独自求人が豊富です。

経歴を登録することで企業などから連絡が届く「オファーメール」機能があり応募だけではなく企業側からのアプローチがある事も魅力です。

全指標において20代の転職サイトでNo.1。圧倒的におすすめです。

マイナビ転職

リクナビNEXTには劣るものの、求人の量には定評のある転職サイトです。
中小志望者の求人数に対する満足度が高いという評価があります。

マイナビグループ合同で転職セミナーなどを全国で行うなど積極的なアプローチが特徴です。
第二新卒の場合、技術や福利厚生など希望が見つかりやすくなっています。

エン転職

利用者がとにかく多く、その数600万人です。サイト画面も見やすくできています。

会員の年齢は34歳以下の転職主力層が7割近く占めているので、若手人材の採用には強みを持っています。

画面がシンプルで操作性に優れており時間が無い中でもストレスなく求人検索できることも魅力の一つです。

第二新卒に特化している転職サイト

いままでは大手転職サイトを紹介しましたが、ここでは第二新卒に特化した転職サイトを紹介します。

キャリトレ

キャリトレはスキルや職務経験、希望条件や興味を登録することで自動的にあなたに合った募集案件を集め、毎日紹介してくれるというユニークなサービスが特徴です。

案件も多岐に渡っているため、いますぐに転職したいという方だけでなく、自分に合った会社やポジションになんとなく興味があるという若手の方等も登録して損はないサイトです。

また、一問一答形式で短時間で登録できるため、登録時の長ったるく面倒なプロフィールの入力が省かれて気楽に登録できることも魅力です。

「通勤中はスマホで新着求人をチェックして、帰宅後に家のパソコンで応募する」といったように時間を効率的に使って転職活動を進められます。

re就活

株式会社学情が運営する、20代・第二新卒・既卒のための転職サイトです。

人気大手企業の案件数は『リクナビNEXT』に比べ劣りますが、案件の98%が第二新卒向けなので、「第二新卒だから」という理由だけで落ちる可能性は少なくなります。

求人を出している企業も第二新卒に絞って募集を掛けているので、ほぼすべての求人が未経験歓迎となっており、他のサイトよりも敷居が低くなっています。

転職サイトだけで不安なら、、

転職サイトですと、自分で求人を探してなど負担が大きくなり挫折する人はいます。

もし、そのような不安がある方は転職エージェントを利用してみるのも良いでしょう。

転職エージェントとは

転職をサポートする転職サイトに属する担当者です。
第二新卒は転職エージェントが使えるため、新卒の時よりむしろ有利とも言えます。

実際に第二新卒で転職した方の多くが「大学生のときの就職活動よりも圧倒的に自分を見つめ直す機会があり、チャンスも多かった」と転職活動を振り返ります。

自力で企業にアピールしなければならなかった新卒の時と違い、自分自信では伝えきれない自分の強みを転職エージェントから企業に推薦してもらえたり、入社の交渉などエージェントが担当してくれるので転職活動に集中することが出来ます。

第二新卒に強い転職エージェント

転職サイトにも、第二新卒の特化型転職サイトがあるように、転職エージェントにも第二新卒に特化したものがあります。

ここでは第二新卒にオススメのエージェントを紹介します。

マイナビエージェント

新卒No.1メディアの「マイナビ」を運営する総合転職エージェントです。

ほぼすべての人気企業が新卒採用で「マイナビ」を使う背景から、第二新卒の転職に関しても実績を急拡大しています。

「マイナビエージェント」でしか第二新卒の募集を出していない最大手人気企業も多数存在しますから、第二新卒で大手を志望する方は登録することをお勧めします。

新卒領域でリクルートを追い越しNo.1を達成したため、次は中途採用を目標としており、他社に比べて社員の方のやる気が非常に高いと評判です。

ハイキャリアや30代の転職にはまだまだ強いとは言えませんが、第二新卒の転職であれば間違いなく頼りになる存在です。

特徴
<メリット>

  1. 大手の転職エージェント
  2. 営業系の転職先を多数掲載
  3. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  4. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  5. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

<デメリット>

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方

なにかしらの専門スキル(ITエンジニアやクリエイターなど)をお持ちではない方は、DODAと平行して、マイナビエージェントは2社目として登録すべきエージェントです。

doda

総案件数No.2の総合転職エージェントです。
案件の数ではリクルートエージェントにやや劣りますが、面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高く、転職が初めての第二新卒には心強い存在です。

転職になかなか踏み切れず迷っている方にとっても、ペースを合わせて親身に対応してくれることでしょう。
転職を無理強いすることはないので安心してください。

登録後アドバイザーから電話が来るので、『転職するかどうか迷っているので、アドバイスを頂けないでしょうか』と伝えて、気軽に一歩を踏み出してみましょう。
利用はもちろん完全無料です。

特徴
<メリット>

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

<デメリット>

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

マイナビエージェントと平行して登録しておくと良いかと思います。

ジェイック

一風変わった転職エージェントで、無料の就活講座(10日間)でビジネスマナーなどを学んだあとに、約20社の選考を書類選考なしで受けることができます。
メディアに取り上げられることも増えてきており、既卒・フリーターから主に優良企業に正社員にて入社することが可能です。

非常に内容の濃い就活講座で、ビジネスマナーの基礎から、実際の営業ロールプレイを行ったり、大手企業がお金をかけて実施している新入社員研修に匹敵するクオリティです。
まずは無料の就活講座を受けて、ご自身に足りないものを補ってみましょう。

 

特徴
<メリット>

  1. 転職市場で評価されづらい転職者層(既卒者・派遣・フリーター・転職歴が極端に多い方、明確なスキルや経験を持っていない方)の転職を手厚くサポート
  2. ジェイックの自社オリジナルビジネス研修を無料で受けられ、転職者を育成した上で求人企業を紹介するので、転職を成功させやすいです
  3. 未経験の職種に対しても積極的に挑戦できます
  4. 既卒(大卒後、正社員の就業経験がない派遣・フリーター)の転職決定率が通常の2倍

<デメリット>

  1. ビジネス研修を受講する事は、一定の時間や手間暇がかかるので、転職者側にとってもそれ相応の覚悟やコミットが求められます。

こんな人がおすすめ!

  1. ご自分のキャリア経験値や転職市場価値に自信のない方
  2. 特にキャリアのない未経験者で、まずは営業・販売関連の仕事からキャリア形成を開始していく事も検討している方

大手転職エージェント(DODA、マイナビエージェント)の3社に登録して、面談してみた際に各社のキャリアアドバイザーから転職市場価値的にサポートが難しいというフィードバックや温度感を感じた場合は、ジェイックにも追加登録することをオススメします

転職を少しでも考えている方へ

過去、第二新卒は飽き性だとか、我慢が足りない。などの目で見られていましたが今では社会人経験のある有用な人材として注目されています。
その中で転職サイトやエージェントなどを比較してみると良いでしょう。

転職サイトや転職エージェントは数多くありますが、必ずしもどれか一つしか利用してはいけないわけではありません。
あなたも含め人それぞれ相性は変わってきます。

ですので、あなたに相性のある転職サイトや信頼できる転職エージェントを見つけるためにも、多くを吟味してみてそこから信頼のできるものに絞っていけば良いかと思います。

また、転職に興味があるだけで、まだ具体的なところは考えていない方もいるかと思います。
ですが、

「ここの企業や職種に転職したい!」、「こういうキャリアを築きたい!」など具体的な転職へのイメージを持っていない方でも、転職エージェントは漠然としている転職のイメージや今後のキャリアプランをあなたと一緒に考えてくれるので、あなたが予想にもしていなかった企業や職種にチャレンジできる可能性があります。

転職を実際に始めるか始めないかという二者択一というよりは、まずは転職エージェントに相談をしてみて転職へのイメージを具体化することから始めてみてましょう!
この行動があなたの今後のキャリアにとっての転機になってほしいと思っています。