エンタメ業界に強いおすすめ転職エージェント12社を厳選比較!未経験も必見

エンタメ業界に強いおすすめ転職エージェント12社を厳選比較!未経験も必見

    エンタメ業界に強いおすすめの転職エージェント・転職サイトをキャリアのプロが徹底紹介します。エンタメ系の求人が多いところから未経験向けの求人があるところまで網羅!

    選び方のコツをはじめとして、それぞれの特徴や業界別の求人数も比較しています。

    記事の後半では、エンタメ業界に転職する前に知っておきたい転職事情や未経験からエンタメ業界へ転職する方法も解説するので、転職活動の参考にしてみてください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

エンタメ業界に強いおすすめの転職エージェント9選

エンタメ業界への転職時に使っておきたい転職エージェント9社をご紹介します。

転職エージェントの選び方については「エンタメ業界に強い転職エージェントの選び方」で紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

エンタメ業界を幅広く見たい人向け転職エージェント

俯瞰

どの転職エージェントを使うべきか迷ったら、まずは大手総合型転職エージェントを利用しておきましょう。

大手総合型は人材業界指折りの大手企業が運営しているのもあり、エンタメ業界の求人情報が圧倒的に多いからです。いわゆる総合型デパートみたいなものとも言えますね。

様々な業界・業種の求人情報を持っている上に、大手総合型だけが持っている求人情報も多いです。つまり、大手のどれか1つに登録しておけば、求人情報をほぼ漏れなく収集できるわけです。

転職エージェント末永 末永

この面談の際、私が推奨しているのは「現時点で自分に合致しそうな求人情報を全て見せて欲しい 」とお願いしてみることです。


前述した通り、大手の強みは情報量の多さです。


ただ、「情報は見せたくない」と考えるキャリアアドバイザーもおり、そうなると転職志望者は大手ならではのメリットを享受できなくなります。それを未然に防ぐためにもお願いしてみるわけです。

ここからは、大手総合型転職エージェントの中で求人の数・業種の網羅性ともにずば抜けている3社をご紹介いたします。

特徴 求人数
リクルートエージェントリクルートエージェント

公式サイト

✔求人数最多
✔未経験OK
✔エンタメ業界の全業種に強い
613,800件
dodadoda

公式サイト

✔第二新卒歓迎
✔求人が豊富
✔エンタメ業界の全業種に強い
279,990件
マイナビエージェントマイナビエージェント

公式サイト

✔手厚いサポート
✔未経験OK
✔エンタメ業界の全業種に強い
求人多数
2024年5月時点の求人数

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートグループが運営する業界最大手の転職エージェントです。そのため、エンタメ業界の全業種や全職種の求人を取り扱っています。

対応領域 芸能・音楽・映画・アミューズメント、レジャー・スポーツ・イベント・マスコミ・広告代理店・ゲーム、ソーシャルアプリ・メディア・Web、EC・インターネットなど

転職エージェント末永 末永

希望する業種や職種はなんであれ、エンタメ業界の求人が豊富にあるリクルートエージェント必ず利用することをおすすめします。

非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ紹介してもらえません。1件でも多くの求人に応募するためにもぜひ利用しましょう。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
求人数 公開求人数:394,710件
非公開求人数:219,090件

アミューズメント・レジャー:2,202件
音楽:659件
映画:553件
芸能・芸術:1,330件
マスコミ・広告業界:12,901件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡
2024年5月時点の求人数

こんな人におすすめ

●エンタメ業界へ転職したい全求職者
●未経験からエンタメ業界へ転職したい人
●年収やキャリアアップしたい業界経験者
●初めて転職エージェントを使う人
●充実した求人の中から選択したい人

リクルートエージェント
への登録はこちら
(公式サイト)

doda

doda

dodaはリクルートの次に求人を保有する大手総合型転職エージェントです。非公開求人数は公表されていませんが、リクルートエージェントと同程度あると考えて良いでしょう。

対応領域 映像・マンガ、アニメ・エンタメグッズ・テレビ、芸能・音楽・演劇・IP・出版・ゲーム・メディア・Web広告・IT・EC・エンタメ系の専門学校など

転職エージェント末永 末永

こちらもエンタメ業界の全業種・全職種の求人に精通しているので、エンタメ業界の求人を網羅するためにdodaも利用しておきたいエージェントです。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:279,990件

レジャー・アミューズメント:865件
スポーツ・ヘルス関連施設:579件
放送・新聞・出版:1,754件
ゲーム(オンライン・ソーシャル):1,973件
インターネット・広告・メディア業界:22,252件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡
2024年5月時点の求人数

こんな人におすすめ

●エンタメ業界へ転職したい全求職者
●エンタメ業界を希望する第二新卒者
●未経験からエンタメ業界へ転職したい人
●面接確約オファーで必ず面接を受けたい人

●1度に転職エージェントと転職サイトに登録したい人

dodaへの登録はこちら
(公式サイト)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒領域に強みを持つマイナビグループが運営する転職エージェントです。

新卒領域を得意としているマイナビグループは20代を積極的に採用している企業とのコネクションがあります。そのため、20代後半〜30代前半の求人を多く取り扱っています。

対応領域 韓流エンタメ・演劇、ミュージカル・テレビ・ファッション・アニメ・その他放送・映像・音響・イベント・芸能関係など

マイナビエージェントは大手総合型転職エージェントの中ではサポートが手厚いと口コミで評判です。

初めて転職する20代を多く支援してきたことから、若手がつまづきやすい点に関するノウハウを保有しています。そのノウハウに基づいてアドバイスをしてもらえるため、選考対策を万全の状態にできるのです。

運営会社
公式サイト
株式会社マイナビ
https://mynavi-agent.jp/
求人数 求人多数
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡
2024年5月時点の求人数

こんな人におすすめ

●エンタメ業界へ転職したい全求職者
●エンタメ業界を希望する第二新卒者
●20代で転職を考えている人
●漠然と転職したい人
●業界大手で手厚いサポートが受けたい人

マイナビエージェント
への登録はこちら
(公式サイト)

ゲーム・アミューズメント・メディア業界志望向け転職エージェント

ゲーム

エンタメ業界特化型エージェントの強みは、当然のことながら、「エンタメ業界や業種の全体像を深いレベルでよく分かっている」ということです。

エンタメ業界の裏事情などにも精通していますし、会社ごとに異なる採用基準(どんなことに比重を置いて採用するか?)などもよく分かっています。

さらに、似たような名前の職種における小さな違いなど、非常にマニアックなことまで熟知しています。

転職エージェント末永 末永

またもう一つの強みとしては、同じ企業にこれまで何人もの転職者を紹介してきた実績があるので、企業からも信頼を得られていることです。


実際、「〇〇さんの紹介なら書類選考はナシで面接へ」ということがよくあります。

反対に、特化型エージェントの弱みは専門外の業界・職種には疎くなってしまう傾向があることです。幅広く業界を見たい場合は前述した総合型エージェントがおすすめです。

以下では、エンタメ業界の中で特にゲーム・アミューズメント・メディアに力を入れているエージェントを3社ご紹介しますね。

特徴 求人数
ワークポートワークポート

公式サイト

✔未経験OK
✔業界特化型
✔20〜30代
95,810件
レバテックキャリアレバテックキャリア

公式サイト

✔高年収案件
✔業界特化型
✔全年代
21,940件
 もっと見る
特徴 求人数
マイナビクリエイターマイナビクリエイター ✔業界専任アドバイザー
✔業界特化型
✔経験者向け
求人多数
2024年5月時点の求人数

ゲーム業界への転職を考えるならワークポート

ワークポート

ワークポートは第二新卒・既卒・フリーター・ニートなどの正社員経験が少なかったり、まったくない20代のサポートを得意としています。

得意領域 ゲーム・アミューズメント・SNS・eコマース・広告・出版、印刷・デザイン・放送・映像・音響・イベント・レジャー・スポーツ・アパレル、ファッション雑貨など
対応職種 企画・広報・マーケティング・社内SE・Javaエンジニア・デザイナー・アカウントプランナー・採用人事など

ワークポートは全業界の求人を扱う総合型エージェントに近いですが、求人のうち4割がIT・Web・ゲーム業界を占めており、特にゲーム業界の転職に強い転職エージェントです。

運営会社
公式サイト
株式会社ワークポート
https://www.workport.co.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:95,810件
紹介企業実績 DMM.com、電通リテールマーケティング、GMOメイクショップ、博報堂プロダクツ、ガンホーオンラインエンターテイメント、セガ エックスディー、ミラティブなど
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:札幌/仙台/宇都宮/高崎/埼玉/横浜/千葉/静岡/東海/名古屋/金沢/大阪/京都/神戸/岡山/広島/高松/小倉/福岡/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄
2024年5月時点の求人数

こんな人におすすめ

●ゲーム業界への転職を希望している人
●未経験からエンジニア、クリエイターを志望している人
●実践に近い形式で模擬面接を受けたい人

ワークポートへの登録はこちら
(公式サイト)

年収UPを狙うならレバテックキャリア

レバテックキャリア レバテックキャリアの評判

レバテックキャリアは、レバレジーズが運営しているクリエイティブ系の転職に特化した転職エージェントです。15年の実績があり、求人数も業界トップクラスとなっています。

得意領域 ソーシャルゲーム・コンシューマーゲーム・広告・デザイン・イベント・放送・出版・音楽・芸能・IT、通信など
対応職種 プロデューサー・ディレクター・デザイナー・コーポレート・事業開発・研究開発・企画・PM/PLなど

また、利用者の約60%が平均50万円の年収アップを成功させているため、キャリアアップを目指す現役のクリエイターには特におすすめです。

IT業界出身のキャリアアドバイザーが最低でも90分の初回面談を実施しており、しっかりとしたヒアリングにより紹介求人のミスマッチを防いでいます。さらには、毎年3,000回以上も様々な企業を訪れており、リアルな現場の情報を把握しているので、安心して利用できますね。

転職エージェント末永 末永

レバテックキャリアは経験者向きの転職エージェントなので、未経験者だと紹介される求人数が少ない可能性が高いです。


逆に経験者なら、スキルや経験が活かせる、自分に合う企業を紹介してもらえるので、利用することをおすすめします。

運営会社
公式サイト
レバテック株式会社
https://career.levtech.jp/
求人数 公開求人数:21,940件
得意職種 各種デザイナー、各種エンジニア、ディレクター、営業
紹介企業実績 ソニーミュージックエンタテインメント、エイチーム、UUUM、ANYCOLOR、アカツキなど
対応エリア 関東エリア(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西エリア全域、九州エリア(福岡)
2024年5月時点の求人数

こんな人におすすめ

・キャリア・年収UPしたい人
・IT系のハイクラス求人を探している
・大手IT・Web系企業からスタートアップまで幅広く検討しておきたい

レバテックキャリア
への登録はこちら
(公式サイト)

クリエイティブ職に転職するならマイナビクリエイター

マイナビクリエイターマイナビクリエイター 評判

マイナビクリエイターは、マイナビグループが運営するIT・Web・ゲーム業界のクリエイティブ職に特化した転職エージェントです。

得意領域 マンガ・ゲーム・Web・広告・インターネット・Vtuber・ライブイベント・音楽・電子書籍・ポーカー・映像・テレビ・レース・メタバースなど
対応職種 事務職・法務・プロデューサー・ディレクター・アカウントエクゼクティブ・アカウントプランナー・デザイナー・カスタマーサポート・楽曲制作など

またマイナビクリエイターでは、クリエイターの転職で必須のポートフォリオが簡単に作成できるツール「MATCHBOX」を無料で提供しています。

これは現役のクリエイター集団と共同開発したソフトで、ポートフォリオだけでなく履歴書・職務経歴書を含めた応募書類が、誰でも簡単に作成できます。

さらにプロのキャリアアドバイザーがポートフォリオ作成のコツや、自分の実力をアピールするポイントなども伝授してくれたりと、クリエイターならではの転職支援をおこなってくれるのも大きな魅力です。

転職エージェント末永 末永

マイナビクリエイターは業界だけでなく職種まで特化しているエージェントなので、希望する業界と職種が決まっている人や、経験者には大きなメリットがあると言えます。


一方で、未経験者が応募できる求人は多くないといった面もあるため、未経験でIT・Web・ゲーム業界に転職したい第二新卒は、未経験歓迎求人の多い dodaワークポート がおすすめです。

運営会社
公式サイト
株式会社マイナビワークス
https://mynavi-creator.jp/job/
求人数 求人多数
得意職種 各種デザイナー、各種エンジニア、プロデューサー、紙系クリエイティブ、プロジェクトマネージャー、アカウントエグゼクティブ
紹介企業実績 ディー・エヌ・エー、サイバーエージェント、グリーエンターテインメント、カプコン、東映アニメーション、テレビ朝日メディアプレックスなど
対応エリア
拠点
全国
拠点:東京・大阪
2024年5月時点の求人数

芸能・音楽・映画業界志望向け転職エージェント

芸能・音楽

このパートではエンタメ業界の中でもさらに、芸能や音楽系に強みを持つエージェントを厳選してみました。

彼らの強みは、なんと言っても人に対する思いです。

「意欲のある若者たちの支援をしたい」「中高年の再雇用を助けたい」「自分がかつて勤めていた企業に供給したい」という形で恩返ししたいなどがあってこの仕事をしている人が大半なので、手厚くサポートしてくれる傾向があります。

実際、サポートする数もそれほど多くなく、総合型エージェントが1日に何人もの転職志望者と面談するのに対し、特化型エージェントでは1ヶ月の面談が10人程度の場合もあります。

転職エージェント末永 末永

逆に言うと、「お金のためだけにやっているのではない」という強い思いを持っている人もいるので、そのエージェントと相性が合うかどうかがカギになります。


「この人をサポートしたい」と気に入ってもらえれば手厚いサポートを、気に入られなければあっさり断られたりします。

転職エージェント末永 末永

また、弱みは大手に比べて求人数が少ないことです。というのも、企業規模的にも提携先が少なくなってしまうからです。


ただ、これは強みでもあります。大手と比べて提携する企業と密なコミュニケーションが取れる結果、エージェントと企業の間に太いパイプができるからです。


持っている求人にあなたの興味・関心が湧くのがあればあなたにとって強みとなりますが、興味・関心が湧くものが全くなければ「手間暇かけてもらっても申し訳ない」という気持ちになってしまうこともあるでしょう。

「ハマればこれほど強力なサポーターはいない」というのが、業界特化型エージェントです。ただ、相性も含めてハマりにくい可能性があるので、まずは2社ほど登録してみることをおすすめしています。

特徴 求人数
マスメディアンマスメディアン ✔マーケ職に強い
✔手厚いサポート
✔多職種に対応
4,417件
映像しごと.com映像しごと.com ✔テレビ系に強い
✔手厚いサポート
✔学生でも利用可能
1,000件
QsicmanQsicman ✔音楽系に強い
✔圧倒的なリピート率
✔マニアックな求人も
47件
2024年5月時点の求人数

マスメディアン

マスメディアン

マスメディアンはマーケティング職・クリエイティブ職への転職に強い転職エージェントです。

転職エージェント末永 末永

マスメディアンは宣伝・広告業界の発展に寄与することを企業理念に掲げています。


マスコミ・広告業界の広報・PR職求人をお探しであれば登録するのがいいでしょう。

運営会社
公式サイト
株式会社マスメディアン
https://www.massmedian.co.jp/
求人数 公開求人数:4,417件
得意領域

●マーケティング職、クリエイティブ職
営業職・CM、映像・出版・マスコミ

対応エリア
拠点
●全国
●東京/大阪/愛知/福岡
2024年5月時点の求人数

テレビ・映像業界特化の映像しごと.com

マスメディアン

映像しごと.comは、テレビや映像関係の求人に特化した転職エージェントです。大手テレビ局やアニメーション制作会社などの求人を中心に掲載されています。

エンタメ業界に特化した転職エージェントの中でも特に、テレビ界隈など映像・クリエイティブ系の取り扱いが幅広いのが特徴です。また、転職サイトとしての機能もあるため、合わせて使うと良いですよ。

正社員の求人はもちろんのこと、スカウトサービスやフリーランス・コンサルタント・派遣社員などさまざまな雇用形態にも対応しているので、ライフスタイルにあったお仕事を探せます。

運営会社
公式サイト
株式会社クリーク・アンド・リバー社
https://eizoshigoto.com/
求人数 公開求人数:1,000件
得意領域

●プロデューサー、ディレクター、映画監督、カメラマン、編集、MA
●役者、劇団、落語家、マジシャン、芸人
●小説家、漫画家、エッセイスト、翻訳家

対応エリア
拠点
●全国
●札幌/仙台/高崎/船橋/埼玉/川崎/横浜/東京/金沢/京都/名古屋/大阪/神戸/広島/高松/福岡/熊本/那覇
2024年5月時点の求人数

音楽業界特化のQsicman

Qsicman

Qsicman(キュージックマン)は、エンタメ業界の中でも音楽事業に特化した転職エージェントです。

音楽界隈のニッチな求人をはじめとして、日本でQsicmanだけが扱っている非公開求人や独占求人が多いのが特徴と言えるでしょう。求人数は大手と比べると決して多くはないものの、大手では出会うことができない穴場優良求人が見つかることもあります。

また、会員登録不要で利用できるのも手軽な点です。「登録手続きが面倒で・・・」という人にもおすすめですよ。

運営会社
公式サイト
エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社
https://qsicman.com/
求人数 公開求人数:47件
得意領域

●音楽、映像コンテンツの企画、制作
●ライブ、ファンクラブグッズの制作、運営
●アーティストマネジメント・ディレクター・DX推進

対応エリア 全国
2024年5月時点の求人数

エンタメ業界に強いおすすめの転職サイト3選

転職エージェントの他に転職サイト(求人サイト)もエンタメ業界への転職で役立つサービスですが、単体で利用するのはおすすめしません。使うときは転職エージェントとセットで利用したほうが良いです。

というのも転職サイト(求人サイト)は求人情報のみを提供しているサービスだからです。転職エージェントのように希望にマッチする求人の提案、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、年収の代理交渉といったサポートはおこなっていません。

転職エージェント末永 末永

また、エンタメ業界のように人気がある業界はライバルが優秀である可能性が高く、容易に転職するのが難しいです。


プロのサポートを受けることで、自分の魅力を最大限アピールできるようになり、ライバルに差をつけられるようになります。

そこでエンタメ業界に強いおすすめの転職エージェントと同様に、転職サイト(求人サイト)も厳選してみました。それぞれの特徴と公開求人数を以下の早見表にまとめています。

総合型 特徴 求人数
リクナビNEXTリクナビNEXT

公式サイト

✔未経験向け
✔総合型
✔全業界に強い
110,260件
ビズリーチビズリーチ

公式サイト

✔ハイクラス
✔求人が豊富
✔高年収
258,520件
2024年5月時点の求人数
 もっと見る
特化型 特徴 求人数
エンタメ人エンタメ人 ✔手厚いサポート
✔未経験OK
公開求人数:88件
2024年5月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

転職を成功させるためには、自分に合うサービスを見つけるのが1番です。


前職の経験を活かして管理職を目指したいなど、ワンランク上のポジションへキャリアアップしたい人はビズリーチ職務経歴書を登録することをおすすめします。


思ってもいなかったあの憧れの企業からスカウトがくる可能性がありますよ!

転職エージェント末永 末永

また、未経験からエンタメ業界へのキャリアチェンジを考えているのなら、未経験からでも応募できる求人を扱うリクナビNEXTの利用を検討してみるといいです。

【未経験歓迎】リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートグループが運営する一般転職向けの求人サイトで、事務職の求人を多数掲載しています。

転職エージェント末永 末永

エンタメ業界の未経験歓迎や第二新卒歓迎の求人も掲載しているので、転職エージェントでサポートができないと言われた人におすすめです。

転職エージェント末永 末永

サポートできないと言われたら諦めるのではなく、リクナビNEXTを使って地道に転職活動をすると良いでしょう。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://next.rikunabi.com/
求人数

公開求人数:110,260件

得意領域 ●サービス、IT・通信、不動産・建設、専門コンサル、商社、流通・小売、メーカー等
更新日 ●毎週水曜日・金曜日更新
2024年5月時点の求人数

こんな人におすすめ

●すべての年代の求職者におすすめ
●転職エージェントにサポートを断られた人
●初めて転職サイトを使う人
●どこの転職サイトを使えば良いのか迷っている人

リクナビNEXTへの登録はこちら
(公式サイト)

実際にリクナビNEXTを利用した人の口コミは以下にまとめてあります。

 もっと見る

評判・口コミ

30代・女性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・女性
満足度4:☆☆☆☆

サイトもアプリも見やすくて使いやすいし、新着の求人が多いので鮮度が高い求人というのがよかったです。


スカウトでより自分に合う求人もたくさん提案してもらうことができて、サポート体制も充実していると思いました。

評判・口コミ

40代・男性<br>満足度5:☆☆☆☆☆

40代・男性
満足度5:☆☆☆☆☆

大手のリクルートグループの求人サイトなので、魅力的な案件が多かったです。求人は週に2回更新されるので、新着求人をみるだけで転職市場の様子をある程度把握することができます。


キャリアアドバイザーはつきませんが、履歴書や職務経歴書のひな型をダウンロードできるだけでなく、サンプルもあるので作成する際に役立ちます。他にも自己分析診断ツールもあり便利でした。

評判・口コミ

40代・女性<br>満足度4:☆☆☆☆

40代・女性
満足度4:☆☆☆☆

リクナビネクストは求人数が豊富で、未経験歓迎の案件も充実していました。エンタメ業界未経験でも応募しやすい仕組みになっています。


求人検索以外にもスカウト機能の使い勝手もよかったです。

リクナビNEXTへの
登録はこちら(公式サイト)

【初めての転職サイトに】ビズリーチ

ビズリーチの画像

ビズリーチは転職を考えているすべての人におすすめのスカウト型転職サイトですが、とくにハイクラス層向けのサービスです。

転職エージェント末永 末永

前職の経験を活かしてワンランク上のポジションへ転職したい人、年収500万円以上を目指している人におすすめです。


実はビズリーチは転職サイトだけでなく、転職エージェント・スカウトサービスの要素も併せ持つ転職支援サービスで、ヘッドハンターや企業の人事からのスカウトで転職を成功させた人が多いです。

転職エージェント末永 末永

また、ビズリーチに登録しているヘッドハンターは独自のコネクションで得た求人を取り扱っているので、大手転職エージェントや転職サイトにはないレアな案件を紹介してもらえる可能性があります。

登録したら絶対に利用しないといけないのではなく、良いスカウトが届くまで待つという使い方もできます。

運営会社
公式サイト
株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
求人数

公開求人数+非公開求人数:258,520件

得意領域

●エンターテインメント・メディア・マスコミ
●IT・インターネット、メーカー
●サービス・小売、商社等

更新日 ●随時
2024年5月時点の求人数

こんな人におすすめ

●管理職経験者、専門性の高いスキルを持っている人
●中長期的に大手企業へ転職を考えている人
●現在の年収が500万円以上の人
●エンタメ業界の中で自分の市場価値を知りたい人

ビズリーチへの登録はこちら
(公式サイト)

実際にビズリーチを利用した人の口コミは以下にまとめてあります。

 もっと見る

評判・口コミ

30代・女性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・女性
満足度4:☆☆☆☆

自分の登録した経歴を見て、いろいろな企業やヘッドハンターからスカウトが届きました。企業の人事からは面接確約のメッセージももらえ、自分の経歴に自信が持てました。


スカウトが届くので自分で求人を探す手間がないのも良いです。面接確約であれば時間も節約できるので使い勝手が良いと思います。

評判・口コミ

30代・男性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・男性
満足度4:☆☆☆☆

ビズリーチの良いところは書類選考が免除されるところだと個人的に思っています。最初に登録する経歴が職務経歴書代わりになるので、そこを細かく書く必要はありますが。

評判・口コミ

30代・男性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・男性
満足度4:☆☆☆☆

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトの草分け的な存在であり、登録しているヘッドハンター数も多いです。さらに求人はハイクラスな案件が多いのもよかった点です。


何よりも人事から直接スカウトがくるのが私にとっては1番のメリットでした。

ビズリーチへの登録はこちら
(公式サイト)

【世界の才能をつなぐ】エンタメ人

ビズリーチ

エンタメ人は、エンタメ業界専門の転職サイトです。

エンタメ業界の33業種から求人を選べるのでベストマッチングできること間違いないでしょう。エンタメ業界ならではのコアな求人や非公開求人も満載なのが特徴です。

また、エンタメ人はエンタメ業界出身のキャリアアドバイザーが多いです。そんな専任のアドバイザーが内定獲得までしっかりとサポートしてくれるので、安心ですね。

さらに、エンタメ業界に関する最新のトレンドやリアルな情報を得られるのも大きなメリットでしょう。

運営会社
公式サイト
株式会社エイスリー

https://www.a3corp.jp/

求人数

公開求人数:88件

得意領域

●芸能マネージャー・プロデューサー・CGクリエイター・進行管理・A&R等

更新日 ●随時
2024年5月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

2024年5月時点でエンタメ人の求人は88件しかありません。


求人サイトとしては非常に魅力的なのですが、単体で使うことはおすすめしません。


倍率の高いエンタメ業界への転職を成功させるためには、リクルートエージェントdodaなどで、幅広くの求人に出会うことが大切です。

エンタメ業界の求人が圧倒的に多い転職エージェント

実際に、エンタメ人を利用した人の口コミは以下にまとめてあります。

 もっと見る

評判・口コミ

20代・女性<br>満足度5:☆☆☆☆

20代・女性
満足度5:☆☆☆☆

一番初めの面接のときに、一緒に付いてきてくださったことを鮮明に覚えています。


こんなに手厚く親身になってくださるんだっていうのはビックリしましたし、感動ポイントでした。


一緒に付いてきてくれたおかげで、リラックスして臨むことができたので何よりもありがたかったです。

評判・口コミ

20代・男性<br>満足度4:☆☆☆☆

20代・男性
満足度4:☆☆☆☆

僕は、面接のときにビックリしたことがあって、面接官の方に「本当は映像制作経験者じゃないと面接してないんだよね」と言われました。


ただ、エージェントさんが僕のプロモーション実績だとか映像に対する想いの部分をすごいプッシュしてくれたみたいで、「そこまで言うんだったら会ってみようかなって、今日会ってるんだよね」と言われたんです。


そこまで僕を推薦してくれたんだってすごいビックリしたのを覚えています。

評判・口コミ

30代・女性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・女性
満足度4:☆☆☆☆

初回カウンセリングの際、自分が好きなことや目指すべき道について時間をかけてすり合わせをしてくれたのが印象的でした。


専任のキャリアアドバイザーさんとの会話の中で、自己一致できたり自己理解が進み「本当に自分がやりたかったのはこれだったんだ」とスッキリしました。

エンタメ業界のジャンル・仕事内容・将来性

そもそも、エンタメ業界の定義や実際にどんな仕事をするのか?明確にイメージが湧いていない人もいるのではないでしょうか?

このパートでは、エンタメ業界に転職する前に知っておきたい業界リテラシーやマメ知識を紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

エンタメ業界のジャンル・業界カテゴリ-

エンタメ業界のサービス一覧

そもそも、エンタメ業界の「エンタメ」とはエンターテイメント(Entertainment)から来ています。

エンターテイメント業界とは、娯楽事業を通してあらゆる人を楽しませるサービス業界のことです。

そのため、エンタメ業界の中には、ゲームや音楽・アミューズメント・レジャー・書籍など様々な種類・業界カテゴリ-があります。自分の趣味や好きなことを仕事にできるので転職活動でも非常に人気が高いと言えます。

エンタメ業界の職種と主な仕事内容

仕事風景

エンタメ業界に転職はしたいけど、具体的に何をやりたいのかわからない人もいるのではないでしょうか?

今回はそんな人に向けて、エンタメ業界の代表的な職種と主な仕事内容を一覧にまとめたので、気になる人は見てみて下さい。

職種 主な仕事内容
マネージャー 専属/専任の芸能人を売り込む活動や仕事場までの送迎、様々なケア。常駐先や取引先企業とのスケージュール調整、交渉など
イベントコンサート制作 本番のコンテンツ制作、日程・会場の取締り、当日の料金など会計管理
ファンクラブ運営 ライブチケットの物販、グッズやサービス企画など
プランナー イベントの企画から立案まで
ディレクター プランナーが企画したイベントの実現をする。イベント現場の責任者
プロデューサー 人材配置やスケジュール・会計管理など映画やテレビ番組を制作する際の最高責任者
クリエイター 自身の発想、または人から依頼を受けニーズに応えたデザインや制作をする
編集スタッフ ドラマや映画、最近だとTikTokやInstagram・YouTubeなどに必要な映像を撮影し、編集する
技術スタッフ 音響や照明、CGなど
アニメーター アニメや漫画に登場する人物や景色などを描くこと
A&R アーティストを認知させ、広めていくための戦略を考える
映画バイヤー 将来的に人気が出そうな映画を買う。例えると、投資家のような仕事

これらは、代表的な職種であり他にもPAエンジニアなど様々な職種があります。

また、これらの職種を兼業している人もいるので、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

エンタメ業界の将来性

将来性

前提として、エンタメ業界は業界の動向が激しいです。そんなエンタメ業界の将来性としては、よりIT要素が増えるでしょう。

その理由としては、コロナ禍を機に「モノ」ではなく「経験」にお金を使う人が増えたことが考えられます。それに伴い、娯楽を楽しむ時間が増えるので、エンタメ業界は将来的に上景気になると言えるでしょう。

将来性のあるエンタメ事業例

  • XR・・・「VR」「AR」「MR」「SR」といった仮想世界、メタバース
  • eスポーツ・・・国際的なスポーツ大会で「正式種目」に採用されたeスポーツ
  • 金融×エンタメ・・・「ブロックチェーン連動型」のゲーム、NFTなど
  • 水中×エンタメ・・・壮大な水中世界で体験できるアクティビティ
  • 書籍×エンタメ×IT・・・小説、コミック、雑誌などのASPサービス化

一方で、将来的に衰退する可能性が高いと言われている業界は以下の5つです。

将来的に衰退が懸念されるエンタメ事業例

  • テレビ
  • CD、レコード
  • パチンコ
  • 出版
  • 放送・ラジオ

これらの事業はあくまで傾向であり、最近は多くの企業がITと組み合わせるなど工夫がなされているみたいですね。

未経験からエンタメ業界へ転職するには

ポイント

結論から言うと、未経験でもエンタメ業界へ転職することは可能です。理由は、未経験で応募可能な求人は少ないですが、全くないわけではないからです。

未経験からのエンタメ転職で見られるポイント

  • 定着性
  • 活躍可能性(再現性)

定着性とは、転職先の企業で長く働くことができる理由や根拠のことです。それを、転職理由や志望動機で示す必要があります。

一方、活躍可能性(再現性)とは、今後継続して成果を出すことができる理由と言えます。または現職での成果を転職先でも再現できる根拠のことです。

今までのあなたの社会人経験から、仕事が変わっても成果が出せる理由を自己分析し、転職理由や志望動機と一貫性がある形で示すことが求められます。

転職エージェント末永 末永

現職での成果を論理的に伝える自信や、刺さる志望動機を話す自信がない人は、転職成功可能性を高めるために、未経験に強みを持つ転職エージェントを利用するのも1つの手です。

UZUZハタラクティブなどの転職エージェントでは、未経験や第二新卒、フリーターへの支援に特化しています。

集まるエンタメ求人も穴場で難易度が低いものが多いので、未経験でも十分に受かる可能性がありますよ。

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20's
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント

転職エージェント末永 末永

また、新卒ではなく中途を未経験で採用する理由しては大きく2つあります。


①社会人基礎力が身についているので育成コストを抑えることができる。

②一見エンタメ業界の仕事とは関係がないように見えるが、実はとても親和性のある業務だったので、ちょうどそういった経験をしている人が欲しかった。


などが一例です。

例えば、私が支援した転職者さんの中に、こんな転職者さんがいました。気になる人は見てみて下さい。

 もっと見る

評判・口コミ

30代女性

30代女性

元々は、公務員の事務職をしていました。


「周りがつまらないと愚痴をこぼすような地味な作業をコツコツとこなす」という部分が評価されたみたいで、大手芸能事務所のデスクマネージャーから内定をいただき、今ではディレクションのお仕事をさせてもらっています。

評判・口コミ

20代男性

20代男性

前職が携帯販売で、あきらめて保険の営業に行こうと思っていました。


しかし、インターネット広告代理店のアカウントプランナーに受かることができ、やりたかった動画配信制作の企画にキャリアチェンジすることもできました。


携帯販売の顧客折衝で培った「相手の感情をくみ取る力」や「論理立ててわかりやすく伝える力」が刺さったと後から知り、全く関係のない携帯販売がこんなに刺さるのかと思い嬉しかったです。

エンタメ業界に強い転職エージェントの選び方

ポイント

エンタメ業界に強い転職エージェントの選び方としては、ご自身の志向性に合わせることです。

なぜなら、エンタメ業界といっても「芸能・音楽・放送・テレビ・映画・動画配信(VOD)・舞台・イベント・遊園地・アミューズメント・レジャー・ギャンブル・ゲーム・アニメ」など幅広いからです。

転職エージェント末永 末永

そのため、もし行きたい企業が明確になっていない場合、同じタイミングで複数の転職エージェントに登録すると良いですよ。


同じタイミングで登録すれば、それぞれの転職エージェントを比較しやすくなります。

そもそも転職エージェントは基本的なサービスとしてはどこも同じで、違いは得意な領域やサポートの手厚さ、キャリアアドバイザーとの相性だけです。

希望する業界の求人は多いのか、独自の独占求人を紹介してもらえるのか、担当キャリアアドバイザーとの相性は比較対象があればこそ判明するものです。

転職エージェント末永 末永

そのため、まずは求人が多い大手総合型転職エージェント1社に登録し、さらに気になる2社に登録してみましょう。


その後は実際に面談を受けてみて、良いと思ったところに絞り込むと効率よく納得のいく転職を実現しやすいです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職エージェントの選び方や正しい複数利用法については、以下の記事で詳しく解説しています。

エンタメ業界への転職でエージェントを使うメリット7つ

末永

エンタメ業界の転職活動で転職エージェントを利用するのには、さまざまなメリットがあります。

実際にどのようなメリットがあるのかを以下にまとめてみました。

エージェントを利用する7つのメリット

  1. 非公開求人も紹介してもらえる
  2. 履歴書・職務経歴書の添削、作成アドバイス
  3. 質の高い面接対策で内定獲得率アップ
  4. 業界・職場のリアルを教えてもらえる
  5. 企業の人事に推薦してくれる
  6. 企業との日程調整・交渉の代行
  7. 年収・給料や雇用条件の交渉代行

エンタメ業界への転職でエージェントを利用する最大のメリットは非公開求人を紹介してもらえる点です。

というのもエンタメ業界の求人は公開求人よりも非公開求人のほうが多い傾向だからです。

転職エージェント末永 末永

新規エンタメコンテンツや新作ゲームの開発など、重要な極秘プロジェクトの動向を競合他社に知られたくないため、非公開求人にされているケースも多いのです。


例えば、人気ゲーム会社がシナリオライターを大量に募集する求人を公開すれば「何か新しいゲーム開発を進めようとしているのでは?」と競合他社が察してしまいます。

このような情報が他社に知られてしまうと経営上のリスクに繋がる可能性があるため、非公開求人として採用するというわけなんです。

また、大企業・有名企業は条件が良く、応募が殺到してしまうため非公開求人になっていることが多いです。

これ以外のメリット・デメリットに関しては以下の記事で詳しく解説しています。詳しく知りたい人はこちらの記事もチェックしてみてください。

エンタメ業界へ転職を成功させるためのエージェント活用ポイント

転職エージェントを賢く利用するポイント

エンタメ業界への転職でエージェントを上手に活用するコツですが、サポートを担当するキャリアアドバイザーを自分の味方にすることです。

どのエージェントを利用しても転職のサポートをしてくれるのはキャリアアドバイザーです。利用者からしたら同じ転職者なのだから、平等にサポートしてもらえるだろうと思いがちですが実は違います。

転職エージェントは無料で利用できるサービスですが、それは求職者だからです。求職者の代わりに求人企業が転職エージェントに成功報酬を支払っているのです。

転職エージェント末永 末永

つまり、求人企業が採用しそうな人材を紹介することが転職エージェントでは重要なのです。


このような事情があるので転職意欲が高く、利益に直結しそうな求職者に力を入れたくなってしまうわけです。

この転職エージェントの事情を理解した上で味方にできれば、優先的に良い求人を紹介してもらえたり、選考対策に時間をかけてもらえて納得のいく転職を実現できるでしょう。

その際に必要となる、転職エージェントの特徴をおさらいします。

大手総合型転職エージェント

  • 求人情報が多い
  • 誰にサポートされるかは運次第
  • 求人情報の開示をお願いしよう

業界特化型転職エージェント

  • エンタメ業界の職種の全体像を深く分かっている
  • 企業から信頼を得ている
  • エンタメ業界の中で、業種・職種が決まっているならこちら!

転職エージェントを賢く使い倒す方法については以下の記事で詳しく解説しています。

エンタメ業界に強い転職エージェントを利用する際の内定獲得までの流れ

転職エージェントの利用の流れ

基本的にどの転職エージェントを利用しても以下のような流れで進んでいきます。

各過程でキャリアアドバイザーが入り、すべてをサポートしてもらえるので非常に心強い存在だと言えます。

  • 利用申し込み・会員登録
  • 面談
  • 求人紹介・応募書類添削
  • 応募
  • 模擬面接
  • 書類選考・面接
  • 内定・退職交渉・入社

もちろん不安に感じやすい自己PRや転職理由などの最適な答え方、魅力的に見えるアピール方法なども選考対策ではアドバイスをしてもらえます。

さらに転職エージェントによっては入社後にアフターフォローをしてくれるところもあります。入社後に感じた悩みを相談できるので、不安がある人は事前に対応してもらえるか確認しておくと良いです。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト利用の流れの画像

特に未経験からのエンタメ業界転職の場合、応募可能な優良求人はどうしても全体的に少ないため、できるだけ求人選択の幅を広げるために、転職エージェントと一緒に転職サイト(求人サイト)の利用もおすすめしています。ここでは転職サイトの流れについてご紹介していきますね。

転職サイト(求人サイト)の場合は、求人検索型の転職サイトなのか、スカウト型の転職サイトなのかという点で、登録後の流れが少し変わってきます。

ただ、転職エージェントと同様でスカウト型でも求人検索型でも、基本的には以下のような流れで進んでいきます。

  1. 会員登録
  2. 求人検索(スカウトに返信)
  3. 応募書類作成〜応募
  4. 書類選考・面接
  5. 内定・意思決定
  6. 入社

まず求人検索型の転職サイトですが、求人検索から応募、履歴書・職務経歴書の作成など全て自分1人でする必要があります。転職したいという気持ちが強く、希望する業界や職種が明確な場合は、じっくり自分のペースで利用できるのでおすすめです。

一方、スカウト型の転職サイトはヘッドハンターからのスカウトに返信する形で進んでいきます。ヘッドハンターの場合は、あなたの希望などをヒアリングしてマッチする求人案件を紹介してくれます。

ヒアリングと言ってもそんなに身構える必要はないので、自分の希望する内容をきちんと伝えるようにしましょう。もちろん、求人応募から企業との連絡までヘッドハンターに代行してもらえるので、安心して転職活動がおこなえますよ。

転職エージェント末永 末永

職歴に不安があって未経験求人を中心に探したい人は、転職サイトではなく転職エージェントの利用をおすすめします。


というのも、転職サイトは求人情報を確認できてもその会社の雰囲気や制度など詳細な部分まで把握することが難しいからなんです。


未経験求人を探したい人は、より詳細な情報が得られる転職エージェントを活用すると良いでしょう。

エンタメ業界に強い転職エージェントを選ぶ際の注意点

注意点

エンタメ業界に強い転職エージェントには、先程ご紹介したように「大手総合型」と「業界特化型」があります。

このパートでは、特に業界特化型転職エージェントを使う際の注意点について掘り下げていきたいと思います。

転職エージェント末永 末永

結論から言うと、エンタメ業界特化型転職エージェントは、業界・業種をよく知っているだけに「目利き」されてしまうことがあるのが注意点です。

彼らは信用商売なので、採用する企業にとってあまり嬉しくないキャリアであった場合に「残念ながら経験とスキルが足りないですね」と言われてしまい、ショックを受ける可能性があります。

ただ、そういう意味でもエンタメ業界の中で、希望の業種や職種が明確な場合は、1社は登録することをおすすめしています。

将来のキャリアプランを考え、自己分析を終えて「エンタメ業界の中で、この業種・職種に進みたい」という方向が見えている人は、エンタメ業界に特化したエージェントを選びましょう。

エンタメ業界の中でどの業種・職種が自分に合っているのかまだ分からないという人も、とりあえず現状で関心のある分野に特化したエージェントを選ぶと良いと思います。

転職エージェント末永 末永

特に、エンタメ業界未経験であれば、サポートを断れてしまう可能性もあるので、まずは求人が多い総合型転職エージェントのリクルートエージェントdodaの2社に登録し、さらに気になる1社に登録してみましょう。


その後は実際に面談を受けてみて、良いと思ったところに絞り込むと効率よく納得のいく転職を実現しやすいです。

転職エージェントの選び方や正しい複数利用法については、以下の記事で詳しく解説しています。

【Q&A】エンタメ業界に転職したい人のよくある質問

最後に、エンタメ業界に転職したい人からよく寄せられる質問を紹介するので、目を通してみてください。

エンタメ業界の転職面接で聞かれること

人物 相談者

エンタメ業界の転職面接ではどんなことが聞かれるのでしょう?


業界ならではの癖がある質問などありましたら教えていただけませんか?

転職エージェント末永 末永

例えば、音楽業界であれば「好きなアーティストは誰ですか?」「女性アイドルグループのオーディション面接官だとして、参加者のどこを重視しますか?」など。


テレビ業界であれば「これから流行ると思う番組はありますか?」「どんな番組を作ってみたいですか?」など。


ゲーム業界であれば、「ゲームを開発する上で何が最も重要だと思いますか?」「今後のゲームビジネスはどうあるべきだと思いますか?」などが挙げられます。


この記事の最後に関連記事で企業毎の選考対策も紹介しているのでそちらも参考にしてみて下さい。

エンタメ業界への転職に求められるスキルや経験

人物 相談者

エンタメ業界への転職に必要な実務経験やスキルはありますか?

転職エージェント末永 末永

前提として、受ける企業によって変わるのですが、持っていると優遇されるスキルとしては大きく2つ。


1つ目が、専門性や希少性の高い技術力です。最近ではエンタメコンテンツのIT化が進んでいるのでIT関連の知見や技術力がますます求められると考えられます。


2つ目が、管理能力です。その人自体に高い専門性や技術力がなくても、人を取りまとめてディレクションしたり、プロデュースしたりする高い関係構築力やマネジメント力があれば大きなプロジェクトを成功させることができるからです。

エンタメ業界に転職しやすい人の共通点

人物 相談者

エンタメ業界への転職を成功する人には何か共通点や特徴などがあるのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

トレンドやニュースなど、常にアンテナを張り巡らせ、幅広い情報と知識を得ようとする情報感度が高い人はエンタメ業界に向いています。


逆に「K-POPアイドルが好きだからエンタメ業界に行きたい」など、消費者目線と提供者目線が混同している人は受かりにくいと言えます。


受かるためには、K-POPアイドルが好きなのは前提として「その中でもK-POPの課題はここで、それを自分ならこう貢献できそうと見立てているから入社したい」など具体に落とし込む必要性があります。


少しでも、これらを自分だけで考えるのが難しいと感じたら、プロの転職エージェントと一緒に自己分析して言語化するのも良い方法ですよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

エンタメ業界への転職に役立つ関連記事

以下では、エンタメ業界への転職に役立つ記事を紹介しています。

中途市場ではエンタメ業界という大きなくくりで募集がされていないこともあるので、エンタメ業界を小さく分けてその企業へ転職する方法をまとめてみました。

芸能・音楽・メディア業界へ転職する方法

映画・放送・テレビ業界へ転職する方法

アミューズメント・ゲーム業界へ転職する方法

テーマパーク業界へ転職する方法

出版業界へ転職する方法

line

line

人気の転職エージェント