【注目業界】UUUMへ転職するには?動画市場で働きたい方必見!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

早速ですが、「UUUM」はご存知でしょうか?

もちろん検索からこの記事にたどり着いた人は当然ながらご存知でしょう。しかしながら、UUUMについて知らない人もいるかと思いますので、少し紹介しますね。

UUUMは、youtuberのプロデュース業を事業モデルとして展開している会社です。

UUUM所属の有名youtuberには「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」、最近加入した「ワタナベマホト」、他そうそうたるメンバーが所属しています。

今回はyoutuberのプロデュース業などを事業モデルとしている企業であるUUUMに転職を検討されている方向けに、UUUMへの転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

UUUMって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

「HIKAKIN」「はじめしゃちょー」等のトップクリエイターが所属する、日本初のYouTuberプロダクションです。

インフルエンサーマーケティングをリードする、動画ビジネス業界初のYouTuberプラットフォーマー企業となります。

具体的には、世の中に影響力のあるUUUM所属YouTuberがクオリティの高いコンテンツ制作に集中できるように最適な環境作りをサポートしています。

その範囲はコンテンツ制作のみにとどまらず、グッズ販売、イベント運営、キャンペーン展開、テレビ・雑誌等のメディア取材対応など、 YouTuberの皆様の今後の展開も見据えて総合的にマネジメントしています。

UUUMに転職するには

結論から言うとUUUMへの転職は、職種ベースで言うとそこまで難易度が高くありません。

しかしながら、人気企業であるために倍率が高いです。そのため、転職活動への対策が重要になります。

もう少し詳しく説明しますね。

UUUMの職種は大きく分けて3つ。

1.Webコンテンツ企画職
2.企画営業職
3.Webエンジニア / Webデザイナー職

Webコンテンツの企画職はyoutuberがアップロードする動画の企画を考えたり、ディレクションしたりする職種です。

企画営業職は、無形の法人営業職ですね。広告営業です。

自社のyoutuberが映る動画へのタイアップ企画などを提案する仕事ですね。

最後に、Webエンジニア・Webデザイナー職です。

基本的にWebアプリケーション言語を用いたアプリ開発です。スマートフォン向けのサービス開発案件もあるので、Webだけでないのが特徴ですね。

では実際に、どうすれば転職できるのかを紹介しますね。

UUUMの企画職・法人営業を目指す場合には、”求人数”を多く持つ転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

さて、結論から申しますとUUUMへ転職するためには圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと、UUUMの法人営業求人を最も多く持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaだからです。

ぶっちゃけ専門性が高い職種の場合には特化型エージェントを利用すべきですが、法人営業職の場合には上記3社が強いです。

さらに、UUUMのような大企業になると、非公開求人というものが存在します。つまり、UUUMの企業ページでは公開していない求人が沢山あるのです。

そのような非公開求人も含めて、最も多くの求人を持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェント、dodaなのです。

ちなみに、真の網羅という意味では、3社全てに登録するのもアリです。

なぜかと言うと、担当エージェントによってはUUUMの求人を紹介してくれない可能性があります。そういったリスクを想定すると、あらかじめ3社全てに登録し、抜け漏れをなくすのが肝です。

【20歳〜34歳でUUUMへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda

UUUMのエンジニア職やWebデザイナー職を目指す場合には、技術職の転職に強い転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

さて、結論から申しますとエンジニアやWebデザイナーとしてUUUMへ転職するためには、エンジニアやWebデザイナーの転職に特化した転職エージェントであるマイナビITレバテックキャリアへの相談をおすすめします。

なぜならば、マイナビITレバテックキャリアは、どの人材紹介会社よりもIT関連、Web業界の求人を持っているからです。

さらに、エンジニアやWebデザイナーの転職に特化しているので、キャリアアドバイザーもエンジニアやWebデザイナーの転職に関しての知識を豊富に持っています。

エンジニアの転職に特化したエージェントは多くないです。

UUUMの求人を確実に網羅するためにも、マイナビITレバテックキャリアの2つに登録するのが良いでしょう。

【エンジニアやWebデザイナーでUUUMへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. マイナビIT
  2. レバテック

UUUMの直近の業績は?

UUUM20136月に設立され、3期以降は黒字となり20178月末に東証マザーズに上場しました。

2017年第2四半期の業績は、売上高487300万円(前年同期比176%)、営業利益25900万円(同110%)、当期利益15900万円(同102%)と増収増益でした。創業以来、成長率の高い企業です。

今後は、売上げを大きく支えているクリエイターサポート事業だけでなく、グッズ、イベント、自社メディア、ゲームなどの新規事業の拡大を目指しています。

UUUMの本社・オフィス

オフィスは六本木ヒルズ37階のオープンフロアです。

社長室もガラス張りで、社員が経営層とコミュニケーションが取れるフラットな雰囲気です。クレーンゲームや休憩スペースがあったり、講談社とコラボした関係で壁一面に漫画が描かれていたりと遊び心満載です。

「セカイにコドモココロを」が企業理念のUUUM。遊びの延長にも仕事のヒントがある、そんな働き方を実践できる環境です。

UUUMの仕事内容・職種

UUUMで中途採用を行なっている職種は事業別に以下のようなものがあります。

クリエイターサポート事業

  • 動画ライセンスビジネス企画

YouTuberが作った動画を配信できるようにライセンスを取得し、サポートします。

  • YouTuberマネージャー、マネージャーアシスタント

YouTuberのバディ(相棒)として、動画制作サポート(ノウハウのレクチャー/素材・音源の提供など)、新人クリエイターの発掘、スケジュール管理や取材の手配、イベントの企画・運営などYouTuberがコンテンツ制作に集中できる環境を作るのが仕事です。

  • コンテンツ管理、WEBコンテンツ企画編集

YouTuberが制作した動画が社会的に問題ないか、法律に抵触していないかなどのチェックをして、YouTuberを法律的に守ることが仕事です。

インフルエンサーマーケティング事業(広告・プロモーション企画・制作)

  • 企画営業、動画マーケティングプランナー

効果的なWEB動画プロモーションを生み出すことを目的に、動画コンテンツの企画立案、動画制作の進行管理、スケジュール調整などが主な仕事です。

ゲーム、メディア事業(アプリ企画・制作)

  • アプリエンジニア、サービスプランナー、新規ゲーム企画ディレクター、WEBデザイナー

スマートフォンゲームの企画・開発、動画コンテンツメディアの立ち上げ、企画・制作メンバーのマネジメントなどが仕事です。

  • フロントエンドエンジニア

WEBデザイナーの設計を基に、コンテンツやアプリのフロントエンド側の設計・構築・カスタマイズを行います。

  • サーバエンジニア

WEBアプリケーションフレームワークのSymfonyを用いた新規Webサービスの開発・設計・インフラ運用を担当します。

バックオフィス業務

  • コーポレート

経理、総務、人事、法務、広報などの管理業務です。

その他、事業企画、エンジニアとしてインターンシップ制度もあります。

UUUMの将来性は?

代表を始め、役員陣は名だたる企業の出身者が多数在籍しているだけでなく、創業から2年も経たずにYahoo! JAPANと業務提携するなどメディア業界初のビジネスとして圧倒的な注目を集めています。

現在は動画メディアのリーディングカンパニーとして1000名のクリエイター募集など更なる成長/事業展開に向けて積極的に挑戦し続けています。

UUUMの社長の人柄は?

引用:UUUMの鎌田和樹CEOが語る「YouTuberの可能性」とは – ライブドアニュース

UUUMの鎌田和樹CEOが語る「YouTuberの可能性」とは – ライブドアニュース

代表取締役の鎌田和樹さんは19歳で光通信に入社して、27歳で子会社の社長に抜擢された経営手腕の持ち主です。

ガンホー創業者の孫泰蔵社長に出会って起業家としての影響を受け、29歳でUUUMを設立しています。早い段階で、インターネットの普及によって誰もが主役になれる時代になると、その媒介役として、UUUMを立ち上げました。

YouTuberが抱える問題を解決したい、YouTuberの存在をもっと強めたいという考えが、事業の元になっています。

UUUMの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

平均年齢は31歳。活気があり、意見を言いやすいフラットな組織です。

また、スタジオ完備でYouTuberの近くで仕事ができる仕組みも整っている為、常に周囲(役員や新たに入社した社員など問わず)から刺激を受け新しいことに取り組み生み出し続けることができる環境です。

社員数は201711月には従業員が195人(他臨時雇用が22人)となり、業績の拡大とともに、社員、オフィスが年々増えています。若い人が多く、休日も一緒に過ごしたりするなどサークル的な雰囲気があります。

クチコミには「常に新しいことを取り入れている会社なので、ルーチンワークではなく日々違ったことをやります」とあるので、変化を楽しめる人には向いている会社です。平均勤続年数は1.3年なので、社風に合うか合わないかがハッキリ分かれるようです。

UUUMの面接・SPIなど選考難易度

UUUMの採用は、20代は向上心やポテンシャルを重要視しています。

いろんな技術を学びたいという向学心があれば今までも勉強しているはずなので、勉強してきたことをちゃんと理解ができているかどうかを視られます。あくまでも「実力があるか」ではなく、「今後の伸び代があるか」を採用のポイントにしています。

30代は実力重視で採用していますが、即戦力となるかどうかはあまり重要視していません。前職が異なる分野であっても、本質的な能力があれば採用する方針です。

エンジニアの分野では技術の進化が早く、新しい技術がどんどん出てきます。動画市場のリーディングカンパニー社員として、時代に取り残されないように普段からアンテナを張って情報収集ができるかが問われます。

「セカイにコドモゴコロを」という理念が象徴しているように、UUUMでは社員やクリエイター自身が「好き!楽しい!」と思ったことを発信することで、ファンを獲得するという新たなエンターテイメントのあり方を追究しています。だからこそ、自分が好きなことや楽しいと思えることを探しに行く積極性が大切です。

また、UUUM では業務外での活動を歓迎しています。OSS活動をしたり、WEBや雑誌で記事を書いたり、勉強会に参加・発表するなどの業務外の活動をしているエンジニアはレベルが高いと評価されるので、面接ではアピールした方がいいでしょう。

UUUMの年収相場(給与)は?

UUUMは年功序列ではなく実力主義なので、実績を出せば早い段階で職位も給与も上がっていきます。

UUUMに転職をするには? 「弊社末永がオススメする転職エージェント5選」

近年ではYouTuberなどのインフルエンサーを企業側としても重宝する時代になってきています。

テレビなどのマス広告に依存した環境ではなく個人が情報を発信していくことが価値を持つようになりました。

なかでもUUUMは、20177月に上場を果たし、急成長している企業として各方面から注目されています。有名YouTuberを抱えており、今後入社を希望される方も増えてくると思います。

しかし、UUUMのようなインフルエンサーマーケティングや動画ビジネスは新しい分野ですので、業界に精通をしている転職エージェントがまだ少ないことも一つ課題としてあります。

転職エージェントは数多くありますが、それぞれによって特徴や強みが異なります。

また、担当するキャリアアドバイザーによっても対応が変わってしまいます。

ですので、転職エージェントを利用する際はあなたに合った転職エージェントを見つける必要があります。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

一般的な転職エージェントの流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込み・登録を完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。

申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、あなたに合った求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。

お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介がされています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人なのでいままで見つけることのできなかった求人に出会える可能性があります。

書類添削

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方のアドバイスをしてくれます。

面接対策

模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような各企業に合わせた面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートします。

入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。