転職エージェントを使わないで転職って可能?プロが徹底解説します!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職エージェントは転職を支援してくれるみたいだけど、使わなくても転職できるでしょ?って思っている人が多いのではないでしょうか。

転職に役立つなら使ってみたいかも……と調べてみたら、ちょっと面倒くさそう……と転職エージェントを使わないで転職しようと考えている人も多いですよね。

今回はそんな人向けに、転職エージェントを使わないで転職する方法をご紹介します。また、転職エージェントを使わないと生じる不利益も合わせてご説明します!

転職エージェントを使わないで転職しようと思っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職エージェントを使わなくても転職はできる?


転職エージェントを使わないと転職ができないんじゃないか、と不安に思っている人もいると思います。結論から言うと、転職エージェントを使わなくても転職はできます。

なぜなら、転職エージェントの他に転職サイトや、ハローワークといった転職活動の方法があるからです。最近では転職サイトにも、自己分析診断ツールやこだわり条件検索があり、自分で求人を探せます。自己分析診断ツールを活用すれば、自分がどんな業界・職種に向いているのか知ることが可能です。

他にも自分の性格や強みなどについても、客観的に知ることができます。こうしたツールを利用することで、寄り道のない転職活動がおこなえます。

ただ、転職エージェントを利用すれば、転職の成功率を高めることが可能です。それは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、あなたの希望条件をヒアリングし、ぴったりの求人を紹介してくれるからです。

応募書類の添削や面接対策もしてくれますので、あなたが志望する企業から内定をもらえる確率を高められますよ。

転職エージェントを使わない転職方法


転職エージェントを使わない転職方法について、詳しく知りたい人が多いと思います。筆者は現役のキャリアアドバイザーなので、本気で転職したいのなら、転職エージェントを使うべきだと考えています。

とはいえ、転職エージェントがイマイチ信用できなかったり、胡散臭かったりして、使わなくても転職できる方法を探している人も多いのだと理解しています。この記事を読んでいるあなたもその1人ですよね。

転職エージェントを使わないで転職する方法は、大きく分けて以下の3つあります。

  • 転職サイトを使う
  • 企業のコーポレートサイトから直接応募する
  • ハローワークを利用する

他にも縁故採用ヘッドハンティングSNSで採用担当者にコンタクトを取って転職へ繋げることが可能ですが、今回はとくに気になる3つに焦点を当ててご紹介しますね。

転職サイトを使う

気軽に利用できるため、求人企業もまず転職サイトを活用することが多いです。

求人企業も積極的に利用しているため、いろいろな求人が掲載されており、希望する企業が決まっていない人にはピッタリだと言えます。

転職者が転職サイトを利用するメリットは、「大量の求人情報を一気に集められる」「スカウト機能を利用して、自分の希望に合う求人を探せる」ことです。

一方で、「1つの求人に応募が殺到しやすい」「書類選考に落ちやすい」といったデメリットもあります。

書類選考に落ちやすいのは、志望企業がどの点を重視しているのか自分で把握できず、的外れなことを書いてしまうからなんです。

企業のコーポレートサイトから直接応募する

希望企業が決まっていたり、どこにも求人を掲載していない企業へアプローチをしたいのなら直接応募しかありません。

ただ、退職者が出たときや特定の業務に限定した少人数の求人のみを掲載していることが多く、応募が殺到してあっという間に募集が終了してしまうこともあります。

また転職サイトと同様に、どのようなポイントを重視して書類選考をしているのか把握できないため、「ポイントを押さえた書き方がわからない」というデメリットがあります。

ハローワークを利用する

ハローワークは転居を必要としない地域内の求人を、優先して紹介してくれます。地元で転職したい人やUターン・Iターン転職をしたい人にはオススメだと言えますね。

無料で求人を掲載できるため、転職サイトなどでは出会えないような求人と巡り会えます。

ハローワークには多くの求人が掲載されているのもあって、担当者は企業の詳細なニーズを把握しておらず、説明が不十分である傾向です。それが原因で書類選考で落とされることも多いです。

ちなみに、ハローワークに掲載されている求人のほとんどは中小企業で、不動産の営業や土木系の求人など、激務で離職率が高い不人気な職種も多いので注意が必要です。中には、不動産管理業や卸メーカーの営業など、割と離職率の低い優良の求人もあります。

転職エージェント使わずに転職を成功させるには


転職エージェントを使わずに転職を成功させたいのなら、強い覚悟と実行力が何よりも必要です。

専門家の力に頼らないということは、自分で応募書類の準備から面接対策、スケジュールの調整・管理をきちんとやらないといけないからです。

在職中であれば、仕事と転職活動を両立させないといけないため、精神的なストレスを感じやすくなります。

絶対に転職する!という強い覚悟と、漏れなく準備をするという実行力が転職エージェントを使わずに転職を成功させる1番の方法です。

また、人間はついつい1つの方法に絞ってしまいますが、転職サイトの他にもハローワークなどを利用し、選択肢の幅を広げることも大切です。

転職エージェントを使わないと生じる不利益


転職エージェントを使わなくても転職できる人もいますが、実は利用したほうが得になる転職者も多いのです。

そこで転職エージェントを使わないと、どのような不利益を被ることになるのか詳しく紹介しますね。

転職エージェントを使わないと、ざっと上記のような不利益を被ることになります。

友人や家族に転職の相談はできますが、的確なアドバイスを受けられる確証ってあると思いますか。残念ですが、曖昧な返事しかもらえず、結局参考にならない……なんてことが多いですよね。

転職エージェントは転職者をサポートし続け、転職に関するあらゆるノウハウを蓄積しています。そのノウハウをもとに、転職者へ的確なアドバイスをするので、入社後にギャップを感じることが少ないのです。

明確な答えを持った専門家へ相談できないことを踏まえた上で、上記で紹介した3つの不利益について詳しく解説していきます。

①想定していなかった求人や非公開求人と巡り会えない

まず挙げられるのは、非公開求人と巡り会えないという点でしょう。転職エージェントが保有している求人の約8割が非公開求人になっており、様々な選択肢を検討できます。

転職エージェントを使わないということは、公にされない約8割の非公開求人を逃すということです。これってすごくもったいないことです。

また、転職エージェントに相談することで、自分では想定していなかった求人を紹介してもらえることもあります。

②プロの選考対策を受けられない

転職エージェントは求人企業側のニーズや面接官がどういう視点で履歴書・面接を見ているのか把握しているため、希望する企業に合わせたアドバイスを受けることができます。

転職エージェントを使わないということは、このサポートを受けられないので、自力で求人企業のニーズを把握しなければなりません。

付け焼き刃で情報収集したところで、人事と直接パイプを持っている転職エージェントに敵うわけがないのです。また、転職エージェントは人事と直接やりとりをするため、企業の内情についても詳細に把握しています。

例えば、産休・育休が形だけになっていないのかなど、調べても出てこない生の情報を知ることができます。

③面接での失敗を挽回できない

あまり知られていませんが、転職エージェントは面接後に人事に対して失敗のフォローをすることがあります

実際に、筆者も面接後にサポートしている転職希望者から「緊張して面接でうまくアピールできなかった…」「伝え忘れてしまった…」などを伝えられることがよくあります。

キャリアアドバイザーは、面接後に企業の担当者と連絡を取っています。転職者が面接にで失敗してしまったとしても、キャリアアドバイザーは転職者が面接でアピールできなかった魅力を企業へ伝えたり、スキルを念押ししたりするなど、フォローをしてくれます。

しかし、転職エージェントを使わなければ、このような失敗をフォローしてもらえず、挽回するのが難しくなってしまいます。

転職を使わないとこんな良いことがある!


自分が転職エージェントだから有利なことばかり言っているのでは?と思っている人も多いと思いますが、転職エージェントを使わないメリットもあります。

例えば、中小企業や創業間もないベンチャー企業は、転職エージェントを利用しておらず、直接応募したほうが良い場合もあるのです。

そんな転職エージェントを使わないメリットもいくつかご紹介しておきますね。

①キャリアアドバイザーと面談をしなくていい

転職エージェントに登録をすると、あなたの職歴・希望条件の確認をするため、必ずキャリアアドバイザーと面談をしなければなりません。

在職中の場合、仕事の合間を縫ってキャリアアドバイザーと面談する時間を確保する必要があります。しかも1度だけでなく、何度もです。

しかし、転職エージェント使わなければ、わざわざ時間を作る必要はないですし、その時間を使って独自に転職活動を進めることができます。

②自分のペースで転職活動を進められる

転職エージェントは転職者が内定受諾後、その企業で一定期間就業すれば、企業から報酬が支払われるビジネスモデルになってます。

そのため、転職エージェントは転職者に早く内定を獲得してもらい、転職先で働いて欲しいと考え、意思決定を急かしてくるケースもあります。

転職エージェントを利用しなければ、自分が納得するまで転職活動をすることができます。いくつかの企業に応募して結果待ち、という場合でもじっくり時間をかけて考えられます。

③キャリアアドバイザーの都合に振り回されずに済む

転職エージェントはボランティアで転職のサポートをしているのではなく、あくまでもビジネスでおこなっています。

ビジネスなので、当然利益を出す必要があるため、キャリアアドバイザーによっては「希望する求人」よりも「内定が獲得できそうな求人」を優先して紹介する人もいます。

なぜなら、転職エージェントは転職者が無事に入社したら、「転職者の年収3割〜3.5割」の成果報酬を得ることができるからです。

つまり、転職エージェントとしては、給料の高い企業に転職者が就職してくれたほうが都合が良いのです。

この転職エージェントの思惑に振り回され、中には不本意な転職をし、また転職を繰り返してしまう人も残念ながらいます。

転職エージェントを使わなければ、自分で求人情報の取捨選択した上で、転職活動を進めることが可能です。また、キャリアアドバイザーの都合に振り回されず、じっくりと企業を比較しながら意思決定をすることもできます。

転職エージェントの報酬について、具体的に知りたい人は目を通してみてください。

現役の転職エージェントが裏事情を大暴露!報酬体系ってどうなってる?

2019.02.18

転職エージェントを使わなくてもいい人の特徴


ここまで読んでいると転職エージェントを本当に使わなくていいのか、悩んできた人もいるのではないでしょうか。実は悩んでいる人の中には、本当に使わなくてもいい人が混ざっている場合もあります。

そこで「転職エージェントを使わなくてもいい人」と「使わなくてもいいけど使ったほうが実はいい人」の特徴を分けてご紹介しますね。

ぜひ、転職エージェントを使うか使わないかの判断材料にしてください。

転職エージェントを使わなくても転職できる人

転職エージェントを使わなくても転職できる人は、ズバリ転職エージェントに求人を依頼していない企業ですね。

転職エージェントが求人を取り扱っていない企業は以下のようになります。

  • 転職エージェントに求人を依頼していない中小企業など
  • 創業間もないベンチャー企業
  • NPO・NGO、学校法人や財団法人など

これらは転職エージェントで、そもそも求人を取り扱っていないので、どんなに面談を重ねても求人を紹介されることはありません。

転職エージェントを利用していない企業であれば「企業のコーポレートサイト」から、創業間もないベンチャー企業であれば「Wantedly」から、NPO・NGO、学校法人や財団法人であれば「転職サイト」から直接応募したほうが良いです。

使わなくてもいいけど使ったほうが実はいい人

次に紹介するのは、転職エージェントを使わなくても転職できるけど、実は使ったほうがいい人の特徴です。

実は、使いたくないと思っている転職者のほとんどが使ったほうがいい人に当てはまっているのですよね。どんな人がその特徴に当てはまるのか、ご紹介していきます。

  • 転職したい企業が明確な人
  • 意思がかたく気持ちがブレない人
  • 自分の意思が弱く情報を鵜呑みにしてしまう人

転職したい企業が明確な人意思がかたく気持ちがブレない人は、自分の気持ちが決まっているから転職エージェントを使わなくてもいいでしょう?って思いますよね。

そういう人だからこそ転職エージェントを利用すべきなのです。「転職先はここしかない!」と強く思い込んでしまうと、それ以外の選択肢が見えなくなり、また客観的に欠点を把握できなくなります。

自分以外の第三者視点で、本当に大丈夫なのか?と、意見を聞くためにも転職エージェントの利用をおすすめします。ここしかないと決めつけるのではなく、本当に自分に合っているのか、相談ベースでもいいので転職エージェントを使ったほうが良いです。

一方で、自分の意思が弱く情報を鵜呑みにしてしまう人は、間違った情報を鵜呑みにし、そのまま転職して失敗してしまうことが多いです。失敗しないためにも、転職の専門家であるキャリアアドバイザーと相談しながら、転職活動を進めるべきです。もし、間違った方向へ進みそうになったとしても、転職エージェントを利用していればキャリアアドバイザーが正しい道へ導いてくれます。

「転職エージェントが死ぬほど嫌い!絶対に頼りたくない!」という人以外は、騙されたと思って1度だけでいいので、転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェントを使うべきなのか悩んでいるのなら


転職エージェントを使わなくても転職を成功させられます。しかし、それは企業にとって魅力的なスキルや経験がある人か、そもそも転職エージェントが求人を取り扱っていない企業へ転職したい人のみです。

自分は使わなくてもいい!と思っている転職者のほとんどが、実は転職エージェントを利用したほうが転職を有利に進められることが多いです。

使うメリットが大きいのに使わないのは、非常にもったいないことです。

この記事を読んで、「やっぱり転職エージェントを使わない転職はハードルが高いな…」と感じた方、他にも「試しに相談だけでもしてみたいな」と思った方向けに、筆者がおすすめの転職エージェントを厳選してみました。

転職エージェントでは、キャリア相談や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など、転職に関わる様々なことをサポートしてくれます。不安がつきまとう転職活動を常に支えてくれるので、心強い味方になってくれることでしょう。

ただ、担当になるキャリアアドバイザーによってサポートの質は変わってきます。後悔しないためにも、時間をロスしないためにも、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社に登録しましょう。登録後は、実際に面談へ足を運び、その中から自分と1番親身になってくれたキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めたほうが、転職を成功させる近道です。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

【担当者に取材!】ジェイック(JAIC)の評判を本音で聞いてみた

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ既卒(株式会社UZUZ)の評判からわかる5つの特徴

2018.12.19

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18
転職エージェントについて、さらに詳しく紹介している記事もあります。

利用しようか悩んでいる方はぜひチェックしてみてください!

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のために使い倒す3つのテクニック〜

2019.02.04