【必読】WHAT(何をしたいか)にとらわれた転職は失敗する!!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

今回は、最近ご相談に乗っている転職者の方で、非常に多い転職活動時の罠について、触れたいと思います。

今回お伝えしたいこと

結論、今回お伝えしたい内容としては以下です。

「転職活動をする際に、Whatなど、分かりやすいタグで求人・会社・仕事を選ぶと失敗しますよ!基本は、HOWを中心に選定し、WHOを最終的な相対比較基準にすると良いですよ!」

以下に、具体的に説明していきますね。

転職における4つの仕事の選定ポイント

転職において、求人や企業選びの際には、以下の4点がポイントになる事が多いです。

  1. What 何をするか、何の業界か、商材が何か
  2. How どのように働くか、どんな仕事内容か、どんなスキル・経験が積めるか
  3. Who  誰と働くか
  4. How much  給与・年収はいくらか

これは、なぜかわからないのですが、過去お会いしてきた方の中では、男性は4を重視して転職を失敗する(ミスマッチする)ケース、女性は1を重視して失敗する(ミスマッチする)ケースが多い傾向があると感じています。

今回は、4の年収についてのお話よりも、1のWhatにこだわる事で転職活動を失敗するケースについてお話してみたいと思います。

転職での仕事選びにおけるWhatとは?

そもそも、ここで言うWhatとはなんでしょうか。

Whatとは、「何を」するか、つまり、興味が強いテーマややりたい事、分野の事です。

具体的には、業界と言っても良いですし、商材かもしれません。

たくさんの転職相談にのっておりますと、このWhatでミスマッチを起こしやすいテーマにも、なぜか傾向がありまして、私は勝手にこれらを転職ミスマッチ四天王と呼んでいます。

  • スポーツビジネス
  • 女性の美
  • 英語を使う・グローバル
  • 教育

決して、これらの分野を否定しているわけではありませんので誤解なきよう。

本当にこれらのテーマに想いと具体的な戦略を持って取り組み、キャリアやビジネスとしての成果を挙げられている方も多くいらっしゃると思いますし、それは素晴らしい事です。

ですが、転職市場、会社員市場を見渡した際に、これらのテーマに盲信してしまい、結果的に途中でミスマッチしてしまっている方をあまりに多くお見かけするので、こちらでお伝えしておこうと思った次第です。

キャリアの自己実現を達成する上での必要要件とは?

少しだけ話が逸れますが、皆さんは、キャリアの自己実現をするための必要要件を考えた事はあるでしょうか?

色々な考え方がるとは思いますが、私自身は、「マーケットの魅力度」と、「マーケット内での競争優位を得られるか」という視点が必要と思っています

「マーケットの魅力度」は、自らがプレイヤーとして、参入するに魅力的か否かという事ですが、これは単純に、「儲かるか?」「今後成長していくか?」「将来的になくなるリスクは低いか?」などがあります。

特にキャリアにおいては自分自身がやりたい事か?という主観的な観点も、マーケットの魅力度に入ると思います。

「マーケット内での競争優位」というのは、特定の業界・職務・企業の中で、競争相手と相対比較され、競争していく中で勝ち残っていけるか?という視点です。

競争相手より、「得意か、勝ち続けられるのか?」という事ですね。

ここで、重要ですが意外と見落とされがちなポイントとして、「長期間辞めずに続けられるのか?」というのが、実は最低ラインで求められてくるものの、多くの人が実現できていない事です。

例えがオッサンですが、サウナの我慢比べみたいなものでしょうか。残存者利益。結局は、マーケットで最後まで残ったものが勝つのです。

辞めずに続けるには、そこに留まり続ける上での自分なりの合理的な理由が必要ですね。

それをここでは、「なんだかんだ一定のやりがいを感じられている」という言葉で定義しておきましょう。

人は仕事のどこにやりがいを感じるものなのか?

この「やりがい」というふわっとした言葉ではあるのですが、多くの転職者とお会いしてきて転職理由を何千回とヒアリングしてきた中で、人はその分野に関わっているだけで、やりがいを感じられる事は実はそんなに多くはないと思うのです。

日々の日常、業務内容と一緒に働く人、そこで得られる経験やスキル、やりがい、給与や帰る時間と向き合う事がほとんどです。

自分で起業して自営業としてであれば、重要な事かもしれませんが。

例えばですが、IT業界の人は、ITそのものが好きなのではなく、IT業界は新しい専門知識が次から次へと移り変わっていくので、それをキャッチアップし続けられる事が、好きなんだと思うのです。

実際に、多くの方がおっしゃる転職理由、つまり継続する事を諦める理由は、以下のようなポイントです。

  • 仕事内容(顧客層・業務スタイル)
  • 給与などの待遇・働き方(土日休みの有無・残業時間)
  • 人間関係(上司との関係・同僚の優秀さ)
  • スキルアップや成長感、キャリアとしての有望性(やっている事が将来に繋がり有望か)

つまり、これらが人が一定レベルでやりがいを感じられる変数であるという事です。

テーマや業界よりも、仕事内容などのHOWに着目しよう

例えば、先ほどのミスマッチ四天王の具体的な業態や職種を考えてみます。

全て網羅してないかもですが、例えば以下のような感じでしょうか。

  • スポーツビジネス=スポーツ小売業の店舗接客・販売/スポーツマネジメント会社のマネージャー
  • 女性の美=BA(ビューティーアドバイザー)/アパレル販売
  • 英語を使う・グローバル=翻訳事務所スタッフ/メーカー・卸商社のバイヤー・営業(内勤営業)
  • 教育=塾講師・教室長/英会話スクール個人営業

これらの仕事が良い悪いという話ではなく、テーマや業界に盲信してしまい、本来のその人自身のやりがいの変数であるその他の項目の精査を疎かにしてしまう方が非常に多いです。

これらの具体的な仕事内容、やりがいや大変さ、自らの適性などを考えずに、その会社に入れば、いつかは希望の職種(実はここも具体的に定義されていない事が多い)に異動できるのでは?と甘い期待をしてしまうのは、自らへのキャリアに対して、無責任、且つ思考停止状態だと思います。

『やりたいことがわからない人へ』。私末永の体験を伝えたい

業界や、やりたいことだけではなく、具体的な仕事内容、やりがいや大変さ、自らの適性も考えて転職しようということは分かった。

『じゃあ、実際自分はどんな仕事に転職すれば幸せになれるの?』

と悩まれる方も多いのではないでしょうか?

実際、相談にくる転職者の方のほどんどは、「転職したいけど、何がしたいかわからない。」という課題を抱えています。
漠然と「現職が嫌だ、辛い」「転職したい」という気持ちからなんとなく転職活動をしてしまうことは、非常に危険です。
結局入社してみて「こんなはずではなかった・・・」と後悔してしまうことになるケースが後をたちません。

転職エージェントは、何百人、何千人の転職者の方の相談を受けている「転職のプロ」です。

業界や職種、会社ごとの膨大なデータベースを持っていますので、相談者の方のこれまでのキャリアや志向性をヒヤリングした上で、第3者視点から、キャリアの提案をしてくれます。

サービスの利用は無料なので安心ですし、何がしたいのかわかるまで、徹底的にあなたと向き合ってくれる存在は、転職活動において非常に心強いと思います。

加えて、転職エージェントを利用すると、書類選考通過率が上がる、企業ごとの面接対策をしてくれる、給与交渉や面接日の調整を代行してくれる等のメリットもあります。

使ってみて損はないはずです!

ぜひ下記のチャットから、あなたに最適な転職エージェントを見つけてみてください!

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

Loading...

あなたに
ピッタリの転職エージェント

1見つかりました
(エージェントは複数登録をおすすめしています)

リクルートエージェント

あなたにオススメな理由

向けの転職に最大の強みを持つ

リクルートエージェントへの
登録はこちら

リクルートエージェントの特徴

1.国内最多の求人数を保有
2.20代で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

こんな人にオススメ

幅広い業界・職種の求人を網羅的に紹介して欲しい

リクルートエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェント

あなたにオススメな理由

向け最大の求人数

マイナビエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェントの特徴

1.若手向けサービスマイナビジョブ20’sを展開
2.営業系転職への強み

こんな人にオススメ

20代で未経験業界・職種にチャレンジしたい人

マイナビエージェントへの
登録はこちら

doda

あなたにオススメな理由

幅広い年代や職種に対応できる
10万件以上の求人数

dodaへの
登録はこちら

dodaの特徴

1.面接・書類作成などの転職サポートが手厚い
2.マッチングへのこだわり。
キャリアアドバイザーが求人を絞ってくれる

こんな人にオススメ

自分に合った求人をプロの視点で提案して欲しい

dodaへの
登録はこちら

ジェイック

あなたにオススメな理由

フリーター・既卒・大学中退向け最大の求人数
年収円向け最大の求人数

ジェイックへの
登録はこちら

ジェイックの特徴

1.既卒者・派遣・フリーターの転職を手厚くサポート
2.未経験業界・職種への転職サポートが手厚い

こんな人にオススメ

自分のキャリアや転職市場価値に自信がない

ジェイックへの
登録はこちら

JACリクルートメント

あなたにオススメな理由

ハイクラスの転職に特化したエージェント
年収円向け最大の求人数

JACリクルートメントへの
登録はこちら

JACリクルートメントの特徴

1.年収600万円以上の転職サポートに特化
2.30代以上の転職サポートにも強い
3.企業側・転職者側の担当が同一人物

こんな人にオススメ

年収600万円以上を目指す20代後半から30代以上の方

JACリクルートメントへの
登録はこちら

ビズリーチ

あなたにオススメな理由

会員制転職サイト
ハイクラス求人は数が少ないので、網羅するため転職サイトも一緒に利用するのがオススメです!

ビズリーチへの
登録はこちら

ビズリーチの特徴

1.年収600万円以上のハイクラス転職サポートに特化
2.行きたい企業から逆オファーが届く

こんな人にオススメ

年収600万円以上のハイクラス転職を目指す方

ビズリーチへの
登録はこちら

マイナビIT

あなたにオススメな理由

向けの転職に特化したエージェント

マイナビITへの
登録はこちら

マイナビITの特徴

1.IT・WEBに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.IT業界を専門とするキャリアアドバイザーが担当

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとしてキャリアアップを目指す方

マイナビITへの
登録はこちら

レバテック

あなたにオススメな理由

年収円向けIT業界最大の求人数

レバテックへの
登録はこちら

レバテックの特徴

1.エンジニアやWebデザイナーに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.エンジニア・Webデザイナーの非公開求人を多数保有

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとして相談ベースで転職を目指す方

レバテックへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェント

あなたにオススメな理由

女性に特化した転職エージェント

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェントの特徴

1.女性のキャリアアドバイザーが転職をサポート
2.女性の転職に特化した国内最大規模の転職エージェント

こんな人にオススメ

女性ならではの悩みを相談しながら転職を目指す方

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら


その業界で求められているのは、本当に業界経験者ですか?

仮に、本人が希望しているポジションが、例えばビジネスマネジメントやマーケティング、人事などだとして、そう言ったポジションは経験豊富な人、外部の異業界の専門家を中途採用してしまいます。

そのテーマや業界にいた人ではないのです。

実際、私の周りにいるサッカーや野球などスポーツチームや、リーグ自体の運営事務局の社長や専門職ポジションに就いている方は、リクルート出身の先輩が多く、スポーツ業界経験者ではありません。

もちろん、学生時代から趣味としてスポーツは大好きだったようですが。

自分の周りの教育関連の会社の経営陣やマーケなどのスペシャリストポジションも、教育業界出身者じゃない方が多いです。

もちろん昔から教育に熱い想いがあったようですが。

スポーツビジネスやりたいから、スポーツにかかわる業界、教育に関わりたいから、教育業界で塾というのは、短絡的な選択の仕方であり、ミッスマッチしている人が多い印象です。

個人的には、本当にその業界に貢献したいのであれば、もっとその業界に今足りていない課題に目を向け、その課題の解決策を提示できるような業界に逆張りで修行に行くという選択肢も考えてみても良いのかなと思います。

意図的に、少し厳しい表現もあったかと思いますが、個人的に、こうした酸いも甘いもの部分を理解した上でのチャレンジは是非応援したいと思っています。

本当にやりたい事へは、そこに絡む事だけを目的にせず、継続性や実効性を意識して選択していきたいですね。

転職についてお悩みなら?

自分の好きなことや何をしたいか?を考え過ぎてしまい結局ミスマッチに繋がってしまうのでは、せっかくの転職が無駄になってしまいます。
しかもこのwhat(何を)で転職先を探していると、その後また同様な過ちをしてしまいます。

なので自分がしたいことや、その後の先を見据え、あなたをちゃんと先入観無く、第三者の目線でアドバイスや導いてくれる転職の専門家のような人のサポートが必要でしょう。
今回のこの記事を見て自分のその後の転職先を決める時に一旦立ち止まってくれたなら幸いです。

ですが、まだ本当に自分がなぜ転職をして、その後どうようになりたいかを再度考えたいなら転職エージェントを使うのも一つの手です。
転職エージェントは、大手から私のような中小まで無数にあるので、大手3社を今回はピックアップをし最後に紹介します。

    • 20代~第二新卒で、転職をしようか悩んでいるなら新卒でも馴染み深いかもしれませんが、マイナビエージェントに登録をしてみましょう。
    • とりあえずは転職先なども多くを比較しつつ、自分の転職を考えてみようというなら業界最大手のリクルートエージェントです。
    • 転職について時間をかけてでも、ちゃんと自分の今後を考え、相談をして欲しいというならパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が提供するdodaです。

下記のリンクから今回紹介した3社への登録が可能です。まずは登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

一般的な登録後の転職エージェントの流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込み・登録を完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。
申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。
※なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、あなたに合った求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。
※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。 お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介がされています。 求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人なのでいままで見つけることのできなかった求人に出会える可能性があります。

書類添削

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方のアドバイスをしてくれます。

面接対策

模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような各企業に合わせた面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦状と共に推薦します。
また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートします。
入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。