20代で転職を検討されている方へ


ハローワークVS転職サイト 徹底比較してわかる活用法

「転職のときに利用すべきなのはハローワーク?それとも転職サイト?」そんな風にお悩みではありませんか。

この記事では、ハローワークと転職サイトについて、求人の質・量や始めやすさ、地域への密着度を比較します。

この記事を読むと、ハローワークと転職サイトのどちらを使うべきか知ることができます。

ハロワと転職サイト、結局どっちがいいの?

ハローワークと転職サイトは、どのような違いがあるのかざっくり比較しました。

ハローワーク  転職サイト
運営者 民間企業
利用料金 無料 無料
利用時間 平日8:30~17:15※各施設によって異なる 24時間
利用方法 最寄りのハローワークへ求職申込手続きに行く  Webサイトでの会員登録

ご覧の通り、1つ目の大きな違いは、運営者がハローワークでは国、転職サイトでは民間企業という点です。

2つ目の大きな違いは、利用時間と利用方法です。

ハローワークを利用するには、最寄りの施設へ手続きしに行く必要があり、利用時間は平日に限られます。

一方転職サイトは、Webサイトで会員登録を済ませることで利用でき、夜中や土日でも利用可能です。

こうなると、転職サイトの方が使うには便利そうですよね。では、本当に転職サイトの方が優れているのでしょうか?

次の章では、ハローワークVS転職サイトと題し、

  • 求人の質・量が良いのは?
  • 気軽に始められるのは?
  • 話をよく聞いてもらえるのは?
  • 地域に密着しているのは?

という点で、どちらが優れているのかを詳しく解説します。

求人の質・量はどっちが良い?

求人の数

Win ハローワーク
Lose 転職サイト

2018年10月20日現在のハローワークの求人掲載数は約133万件です。

対して、業界トップクラスの求人数を誇っている、リクルートエージェントの掲載数は約10万件となっており、ハローワーク10%以下となっています。

求人の質

Win 転職サイト
Lose ハローワーク

転職サイト大手のdodaでは、東京都における2万3千件の公開求人のうち年収500万以上は2万件と87%となっています。

対して、ハローワークでは東京都における求人数7万9千件のうち年収500万以上は5万4千件と68%となっており、転職サイトよりも割合は低くなっています。

これは、企業が転職サイトに料金を支払う仕組みであることが影響しています。

良い人材を採用するにはお金を払うことをいとわない、人材確保に前向きな企業が転職サイトを利用しているため、企業の質は転職サイトの方が必然的に高くなっています。

気軽に始められるのはどっち?

Win 転職サイト
Lose ハローワーク

気軽に始めることができるのは転職サイトです。

なぜなら、スマホで簡単に登録を済ませるだけで利用できるからです。

ハローワークでは、求人情報こそはインターネットでも検索できますが、実際に応募するには地域のハローワークに足を運び、紹介状を書いてもらう必要があります。

ハローワークは順番待ちの列も長く、利用するまでに時間がかかります。

話をよく聞いてもらえるのはどっち?

Win ハローワーク
Lose  転職サイト

対面で話ができるのはハローワークです。

転職活動中はだれしも不安になるものですが、ハローワークでは職員が相談に乗ってくれるため、不安を取り除くことができます。

転職サイトでは、対面のサービスを実施していないところが多く、話を聞いてもらえることはほとんどありません。

地域に密着しているのはどっち?

Win ハローワーク
Lose  転職サイト

地域に密着した求人が多いのは、ハローワークです。

なぜなら、ハローワークは全国に550以上の施設が配置されており、施設がある地域の求人が集まりやすいからです。

地方や地元企業に就職したい人は、ハローワークを積極的に利用すると良いでしょう。

ハローワーク、転職サイトを使うべき人はこんな人!

ハローワークの利用に向いているのは、地方や地域密着型の企業に就職したい人です。

また、40代の求人は転職サイトに掲載されることが少ないため、ハローワークを利用したほうがよいでしょう。

一方、転職サイトの利用に向いているのは、都会の企業に就職を望む、比較的若い人です。

なぜなら、転職サイトは都会の求人掲載数が非常に多く、年齢が若いほど有利になる求人も多いからです。

ハローワークにも転職サイトにも長所・短所があるため、自分が利用するときはどちらがいいのか見極めて利用することが大切です。

まとめ

ハローワークと転職サイトの比較について解説しました。

簡単におさらいしますと、以下の4点になります。

  1. 求人数はハローワークの方が多いが、質が高いのは転職サイト
  2. 気軽に始められるのは転職サイト
  3. 話を聞いてもらえ、地域に密着した求人が多いのはハローワーク
  4. 転職サイトに向いているのは都会に就職希望の若い人で、ハローワークは地域密着型の企業に応募したい人に向いている

自分の希望条件を整理し、ハローワークと転職サイトのどちらを利用したほうがいいのか判断しましょう!

転職を少しでも考えている方へ

ハローワークや転職サイト以外にも、転職するにはいくつかの手段があります。

その一つが、転職エージェントです。

転職エージェントは、転職サイトには公開していない非公開求人もあり、さらにはあなたのキャリアのサポートも行ってくれます。

求人という面で、とりあえず網羅するにも転職サイト・転職エージェントのどちらか一方ではなく両方利用するのをオススメしています。

ただ、どの転職サイト・転職エージェント利用すればいいか分からないかと思います。

そこで、下記で、どの転職サイト・転職エージェントを利用すべきか分からない方に定番の転職サイト・エージェントの特徴を紹介致します。

オススメの転職サイト・転職エージェント3選

特徴
<メリット>

  1. 会員数800万人突破!転職者の8割が利用!
  2. 転職成功実績NO.1
  3. Web上で気軽に読める便利な転職支援コンテンツや機能が充実している。

<デメリット>

  1. スカウトメールが本当に必要として送ってきてるか不明
  2. 自分で求人を探すのに、苦労する。

こんな人がおすすめ!

  1. まずは、自分一人で転職活動を進めたい人
  2. どの転職サイトに登録すればいいか曖昧な人

特徴
<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方

特徴
<メリット>

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

<デメリット>

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方