30代前半(31歳、32歳、33歳、34歳)の転職者が考えておくべきポイント

30代前半(3134歳)の転職事情はどのようになっているのでしょうか。

一般的に企業は、若い人を採用する傾向があります。25歳と30歳で同じポジションを争った場合、25歳、第二新卒が有利になります。

しかし当然ですが、年齢だけで転職の成否が左右されるわけではありませんよね。

そこで転職を決意した30代前半の方が、転職活動中に考えておくべきポイントをみていきましょう。

30代前半で転職は難しい?

30代前半の人たちの転職が20代より難しくなってしまうのは、求められるものが違うからです。

また、30代前半では転職回数に気をつけたほうがいいでしょう。

30代前半の転職者に求められること

企業の面接官は、20代を採用するときは将来性を重視して、30代前半を採用するときは即戦力になるかどうかをみます。面接官が採用選考のなかで即戦力を測るために確認するのが、武器、スキル、経験、ビジョン4点です。

30代前半は社会人を10年近く経験しているので、「これだけは同僚の誰にも負けなかった」という武器またはスキルがあると期待されます。

また、大きなプロジェクトを完遂させた経験や、転職先企業で何を成し遂げたいかというビジョンも持っていたほうがいいでしょう。

30代前半の方で転職をお考えの方へ

末永

30代前半の方で転職をお考えの方は、圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントマイナビエージェントdodaなどの総合型の転職エージェントの利用をオススメします。

なぜならば、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaは、大企業から中小、ベンチャー企業まで幅広い求人を網羅しており、また非公開求人と呼ばれる、一般には公開されていない求人を保有しているからです。

そのような求人を含めて、もっとも多くの求人を持っているのが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaなので、幅広い選択肢の中から求人に出会う事ができます。

10個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのと、100個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのとでは、どちらの方があなたに合った求人を見つけられるかは明白ですよね。

そして実は、3社全てに登録するのもアリです。

なぜかと言うと、担当エージェントによっては、行きたい企業の求人を紹介してくれない可能性があるからです。

そういったリスクを想定すると、あらかじめ3社全てに登録し、抜け漏れをなくすのが大事です。

気をつけるべき転職回数

DODAによると、転職を1回したことがある人の割合は、2007年の54%から2012年の58%に増えています。

ただ転職を2回したことのある人の割合は、2007年の46%から2012年の42%に減っています。

これは、転職市場が拡大したことで「1回は転職してみたい」という機運が高まったものの、2回目の転職は社会状況に流されることなく自分の考えで転職するかどうか決めるようになるから、と考えられます。

ただ、専門性の高い職種の場合、転職回数が多くても転職成功率が落ちない傾向があります。

転職回数が多くなると不利になる職種は、電気系技術、電子系技術、機械系技術、営業、販売などです。

一方、転職回数が多くても成功率が高い職種は、クリエイティブ、メディカル系技術、化学系技術、食品系技術、建築系技術、土木系技術になります。

30代前半と30代後半の転職に関する違い

同じ30代でも前半と後半では、企業が転職者に求めるものが異なります。

30代前半には即戦力を求める一方で、30代後半には即戦力に加え、管理能力があるかどうかをみます。

末永

30代後半の方で転職をお考えの方はハイレイヤー層やマネジメント層の転職に特化している、ビズリーチJACリクルートメント

の登録をオススメします。

特にビズリーチは企業から直接オファーを貰えるので、「すぐに転職したいわけではない」という方は、登録を強くオススメします。

30代前半、女性の転職事情

30代前半の女性に限定した転職事情についてみていきます。

かつては女性は30歳転職限界説がいわれていましたが、現代の転職市場では「女性の転職可能年齢が上がってきている」という見方が一般的です。

よって女性は、30代前半に突入したからといって転職をあきらめる必要はないと思います。

ただ、事務職やアシスタント職はやはり30代前半では厳しいかもしれません。

スキルに差がつきにくい職への転職は、どうしても20代のほうが有利になってしまうからです。

そのため30代前半の女性が採用面接に臨むとき、「働き方をトーンダウンさせたい」とか「ワーク・ライフ・バランスと重視したい」「仕事と家庭を両立させたい」といった雰囲気を出さないほうがいいでしょう。

なぜなら、企業が求める30代前半女性は、やはり即戦力なので、「しっかりと働いて結果をだしたい」など、転職理由は前向きに伝える事が大事です。

また、12年後に出産を考えている人は、「転職したばかりなのに。。」と転職先の企業からマイナスの印象をもたれる可能性が高いので、転職を控えたほうがいいでしょう。

30代の女性で転職を考えている方へ

30代の女性で転職を考えている方は転職エージェントの利用をオススメします。

「転職したいけれど、30代だからもう失敗できない」「前向きな転職理由が思いつかない」という方は多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが転職エージェントです。

というのも、転職エージェントはあなたの転職をサポートするために、履歴書の添削や面接の対策を行い、転職を成功させるためのサポートを行います。

「自分が行きたくない企業を無理やり紹介させられたらどうしよう」と考えるかもしれませんが、その可能性は低いです。

なぜなら、転職エージェントは企業とやりとりを行っており、転職者がすぐに辞めてしまうと、その後の取引が無くなってしまうので、「転職者と本当にマッチングするのか?」「条件は合っているか?」を吟味して紹介を行うからです。

末永

30代前半の女性の方は、女性の転職に特化した転職エージェントの利用をオススメします。

Type女性の転職エージェントは、女性の転職に特化しているので、女性の転職に関するノウハウが豊富だったり、女性キャリアアドバイザーが多数在籍していたりと、女性の転職を親身にサポートしてくれます

女性の方で転職を考えている方は、まずは登録しておけば間違いのない転職エージェントです。

30代の転職で失敗しないために

それでは30代前半の人が、転職で失敗しないコツを紹介します。

失敗する要因とは

30代前半の人は、転職活動が長期化しないように注意してください。理想は36カ月以内に転職することです。半年以上かかってしまうと貯金が底をついたり、バイトせざるを得なくなったりします。そうなると精神的に不安定になり、転職活動に支障が出てしまうかもしれません。

また、例えば前職を退職してから1年後にようやく採用面接にこぎつけても、面接官からこの1年間何をしていたのか厳しく突っ込まれてしまうかもしれません。

転職活動の長期化は、転職失敗の要因になります。

長期化させないためには、条件にこだわりすぎないことだと思います。仕事内容、年収、待遇、役職、通勤距離をすべて満たそうとするのではなく、「妥協」や「折り合い」を検討してみたほうがいいかもしれませんね。

転職は在職中に

30代前半の転職では、現在の会社に在職しているうちに転職志望先企業の内定を獲得することが理想です。

企業に在職しながら転職活動をすると、通常の仕事と両立しなければならないため、忙しくなります。プライベートの時間のほとんどを転職活動に充てることになるでしょう。

そのため、転職活動が思うように進まない可能性もあります。しかしそうした「やりくり」をしてでも、在職中転職には大きなメリットがあります。

退職即入社をすると収入が途切れないので生活に影響が出ないので、精神的な負担がありません。

自己分析

30代前半転職では男女ともに即戦力が重要視されるのは先ほど紹介したとおりです。即戦力を採用面接でアピールするには、自己分析が欠かせないと思います。

自己分析の作業で取り組んでいただきたいことは次のとおりです。

  • 自分のキャリアの棚卸し
  • 自分の強みの「言語化」
  • 成功事例のエピソードを整理する
  • 転職目的を明確にする
  • これまで培ってきた知識と技術をどう活かすのかを明確にする

自己分析といっても過去をフォーカスするだけでなく、未来志向を取り入れることも大切です。

転職エージェントを使うメリット

30代前半転職を考えている人には、転職エージェントの活用をおすすめします。

自分が転職志望先企業の即戦力になることをPRするには自己分析が欠かせませんが、転職エージェントは自己分析のお手伝いをすることができます。

また転職エージェントは非公開求人を多く持っています。非公開求人とは、企業が転職エージェントにだけ「いい人がいたら紹介してほしい」と依頼する求人のことです。文字通り、転職市場には公開されません。

そのようは非公開求人のなかには、年代やスキルや実績をかなり具体的に求めるものが少なくないのです。もし非公開求人の条件にマッチすれば、内定に近づけるだけでなく、長く働くことができる職場に出会える確率も上がります。

30代前半の方が転職エージェントを利用して転職を成功させるには?

結論から言いますと、30代前半から転職したい方はリクルートエージェントマイナビエージェントdodaには必ず登録するべきです。

なぜならば、冒頭でもお伝えした通りUSJへの転職を成功させるためにはどれだけ多くの求人と出会い、自分に合った求人を見つけられるかが勝負だからです。

女性の場合にはリクルートエージェントマイナビエージェントdodaに加えて@type女性の転職エージェントへの登録もするべきでしょう。

こちらも、冒頭でお伝えした通り、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があるので、女性には非常にオススメです。

兎にも角にもどれだけ多くの求人と出会えるかが、勝負の鍵ですよ

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?