dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、パーソルキャリア株式会社(旧:株式会社インテリジェンス)が運営する人材紹介エージェント「doda」の評判についてまとめてみました。

こちらは業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇る転職エージェントです。

実際に利用した転職者の評判だけではなく、dodaを使うメリット・デメリットなどについてもご紹介していきます。

dodaの総評

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

末永

上記の表は、dodaの求人・アドバイザーについて実際に利用した方からの評価になります。

dodaはリクルートエージェントと比べて、キャリアアドバイザーのサポートや質の高さがうかがえますね!
それでは、dodaの求人の質などについてご紹介します。

転職のプロである末永から見たdodaの評価


dodaは求人数を数多く保有していて、業界大手のリクルートエージェントにも引けをとりません。
求人を網羅しているため、転職者の希望条件をヒアリングし、数多くの求人の中から絞って提案してくれます。

リクルートエージェントと比較しても、大きな差分・差別化は特にありません。転職者の登録数も多いです。

悪い点を挙げるとすれば、的外れな求人を提案されてしまうことがある点だと言えますね。ただ、この点に関してはdodaに限られたことではありませんが…。

的外れな求人を提案されてしまうのは、キャリアアドバイザーの質が異なるためです。あなたと相性の良いキャリアアドバイザーを目利きするためにも、リクルートエージェントなどと、複数登録するのが得策だと言えます。

キャリアアドバイザーとの相性が悪かった場合は、dodaに登録をして利用するがオススメですね。

もちろん、dodaを最優先に利用しながらのリクルートエージェントという活用方法もアリです。

①求人の質・数・満足度

転職エージェントを利用する際に、紹介される「求人」は気になる点だと思います。

そこで、実際にdodaを利用した方から「求人」に対する評価をして頂きました。

dodaの1番の強みを「求人の数や質」「求人の多さ」「希少な業界にも踏み込んでいける」と言っている方もおり、「求人」に関してかなりの高評価されていることが分かりました。

30歳 男性

不動産仲介業(前職)→ 広告営業(現職)
(4.6/5)

求人の量及び質が良かったと思います。
他社サイトもチェックしながら、同時にdodaでも活動していました。

自分に適した求人を提案してくれるので検索の時間が省け、その分面接対策・履歴書作成等に時間を割くことができました。

また、dodaにしか掲載されていない求人も多くあったのも良かったです。

②キャリアアドバイザーのサポート・スピード

もちろん、求人に限らず担当するキャリアアドバイザーについても気になるかと思います。

dodaのキャリアアドバイザーは、「細かい対応」「キャリアアドバイザー自体の情報量」「転職活動へのスピード感」が評価されています。

的確なスピード感がありながらも、適当にならず細かな対応がされている印象があります。

実際に、利用した転職者からのオススメ度としても高い評価であり、大手転職エージェントとしての圧倒さを感じました。

33歳 女性

IT企業人事職(前職) →人材派遣会社営業(現職)
(5/5)

キャリアアドバイザーのヒアリング力が高く、こちらの要望を汲み取って紹介してくれる求人に、ギャップがあまりなかったです。

異業種への転職に不安でしたが、私の仕事への姿勢などを褒めてくれ、自信がつきました。

面接前のフォローも細かく、何をどのように伝えるか、伝え方のコツなどたくさんのアドバイスをくれました。

面接の練習でも、良い点、悪い点を必ずフィードバックしてくれました。
他社でここまでフォローしてもらえたことはなかったので大きな安心感がありました。

dodaのデメリット


dodaは実績や歴史もある転職エージェントですので、大きなデメリットはほとんどありません。

強いて挙げるのであれば、以下の2点を事前に理解をしておくと良いかもしれません。

  1. 企業担当と転職者担当が分業制
  2. キャリアアドバイザーの当たり外れがある

では、この2点についてご紹介していきますね。

①企業担当と転職者担当が分業制

ほとんどの大手転職エージェントは同様ですが、dodaでは企業担当(RA)と転職者担当(CA)が分業で、転職・中途採用をサポートしています。

1人のキャリアアドバイザーがRA・CA両方を担う両面型と呼ばれるスタイルに比べると、情報を得るのに1ステップ多い分、スピード感に劣る場合があること。

そして、マッチング精度や推薦力に劣る場合がある、などの可能性があります。担当者の手腕次第なので、必ずしもこうしたデメリットが発生するわけではありません。

31歳 女性

環境整備会社の営業事務(前職)→ 人事給与代行会社で年末調整・給与計算(現職)
(2.1/5)
実際は残業が蔓延しているにもかかわらず、36協定をきちんと守っていると説明された点が疑問に感じました。

企業の実態を把握していないのか、または知っていて隠したのか不信感が残りました。

30歳 男性

金融会社の営業(前職)→ コンサルティング会社の営業(現職)
(1.5/5)
志望する企業へ応募をして、面接もバッチリ終えて、あとは結果を待つのみ。そう思ってずっとキャリアアドバイザーからの連絡を待っていました。

いくら待てども一向に結果の連絡をもらうことができず、確認してみたところ、「すぐ確認します」と言われました。

どういう仕組みになっているのか私にはわかりませんが、きちんと連携をとってほしいです。

②キャリアアドバイザーの当たり外れがある

これも大手転職エージェント共通の課題ですが、事業規模が大きい分、キャリアアドバイザーの専門知識のレベルに違いがあるなど、当たり外れがあると感じる転職者の方もたまにいるようです。

この場合、doda全体がそのレベルというわけではありません。担当者個人によるところが大きいので、担当者を変更してもらいましょう。

それでも不安な場合には、別の転職エージェントの利用を検討すると良いでしょう。

25歳 女性

航空会社のグランドスタッフ(前職)→不動産関係の受付兼事務職(現職)
(1.0/5)
最初に来訪したカウンセリングで、カウンセラーの方が用意してくださった求人はざっと100以上あり、紙ベースで渡されました。

正直あまりにザックリした内容のものばかりでしたので、あまり参考にはなりませんでした。

担当してくださったカウンセラーの方からの連絡がしつこく、転職を急がされているような感じであまり良くは思わなかったです。

34歳 男性

外資系保険会社の営業(前職)→IT系企業のマーケティング職(現職)
(1.4/5)
話は聞いてくれましたが、自分の希望とは違う求人ばかり紹介されて、結構ショックでした。

それにこちらから連絡をしても常に連絡が遅く、やる気が感じられなかった。

こっちは少しでも早く転職したいのに、モチベーションがただ下がりです。

dodaのメリット


前述の通り、dodaはリクルートエージェントに次ぐ業界第2位の大手転職エージェントですが、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

まずは、メリットとなる良い点から見ていきましょう。

メリットとして主に2点お伝えしておきます。

  1. リクルートエージェントに次ぐ求人件数
  2. キャリアアドバイザーのサポートが具体的でしっかりしている

では、上記のメリットについてご紹介していきますね。

①リクルートエージェントに次ぐ求人件数

最大手であるリクルートエージェントには及びませんが、それに次ぐ全国10万件以上もある求人件数は、多くの転職者の方がメリットと感じられる点です。

大手企業から外資系、ベンチャー企業まで幅広い求人があること。そして、全国各地に拠点を持っているので地方での転職や、UIターン転職にも強いことなども、求人件数の多いことに付随するメリットと言えます。

また、大手のdodaだからこそ持っている「独占求人」もあり、転職の可能性を広げられます。

39歳 男性

建設会社 営業事務(前職)→測量会社(現職)
(3.7/5)

求人の量も質も良かったと思います。他の転職エージェントと一緒にdodaを利用していました。

正直、どんな業界に転職しようか結構悩んでいたんですが、担当者が様々な求人を提案し、しっかりと説明をしてくれました。

自分に適した求人を提案してくれたので、とても嬉しかったです。非公開求人も紹介してくれましたし、dodaの求人量はすごいと素直に思いました。

29歳 女性

小売店の販売職(前職)→機械メーカーの営業職(現職)
(4.2/5)

転職エージェントの担当者がとても丁寧で、電話、対面のどちらでもしっかり私の話に耳を傾けてくれました。

私にぴったりの求人を絞り込んで、たくさんの求人を紹介してくれて助かりました。もちろん、説明やアドバイスをしてもらえて嬉しかったですね。

dodaは業種問わず多くの求人を扱っているんだ、とすごく驚きました。

②キャリアアドバイザーのサポートが具体的でしっかりしている

面接や書類選考に関して、具体的にどのようにすれば選考が通過しやすくなるか。
このテクニックをきちんと教えてくれる、といったサポート力には定評があるようです。

他にも転職後のキャリアプランを持っていないまま転職活動をしてしまうと、ミスマッチが起きてしまう原因にもなってしまいます。

ですが、dodaは転職者に1番合うと思う企業を、ピンポイントで紹介してくれる、これが満足度の高い理由です。

紹介される企業数よりも質にこだわリたい。ここでずっと働いていきたいと思う企業を提案して欲しい人にとって、dodaのサポートはまさに嬉しいものですよね。

このように転職者を考え、サポートしてくれる転職エージェントは、あまりないのではないでしょうか。

また、最大手のリクルートエージェントは、やや事務的な対応をされると感じる人も多いようなので、相性が合わない場合にはdodaを利用してみるというのも良いかもしれません。 

32歳 男性

雑貨店勤務で店舗長(現職)→雑貨販売(現職)
(5/5)

ネット管理がされていて、自分でも気になる応募先をしっかりと調べられたこと。

またキャリアアドバイザーの方が応募企業の内面部分までしっかり把握されていたので、 「ここはこういうところに強い会社 こういう社風な会社 ちょっと強引な感じの会社なので合わないかもしれない」など親身なアドバイスをしていただけたので、とても信用することができました。

また、プライベートで落ち込んでいて転職作業がなかなか進まなかった時なども焦せらせるようなことを一切おっしゃらず、こちらの内面サポートもしてくださりました。

24歳 女性

社内デザイナー(前職)→グラフィックデザイナー(現職)
(4.4/5)

キャリアアドバイザーの対応が良かったです。
主に電話でのやり取りでしたが、前職での不満や転職先に臨むことなど、親身に聞いてくれました。

また、面接後のフィードバックなども丁寧で、「一緒にいい会社への内定をゲットしましょう!」と考えてくれているのが伝わりました。

dodaを利用した方が良い人の特徴


ここまでの情報を踏まえて、転職活動でdodaの転職エージェントサービスを使うべき人はどのような人なのか、改めて整理してみましょう。

  • 希望する社格・職種や転職者の年齢問わず、転職者全般におすすめ
  • 地方での転職やUIターン転職をしたい人
  • 面接対策や書類選考に関するアドバイスを具体的にしてほしい人

求人数も多く、多種多様な転職者をサポートできる体制やノウハウが整っているので、誰にでもおすすめができる転職エージェントです。

また、リクルートエージェントとも実質差はあまりないと考えられるので、転職活動の際にはどちらか一方を登録しておけば問題はないでしょう。

ただし、前述の通りいずれもキャリアアドバイザーの当たり外れがある場合があります。

一方の担当キャリアアドバイザーが良くなく、担当変更を申し出るのが気まずい場合もあるでしょう。

その際は、もう一方に再度新規登録に行く、という利用方法がおすすめです。

そもそもdodaってどんな会社?


dodaエージェントサービスは、企業への応募から内定までを、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当という、2人の転職のプロがサポートするサービスとなっています。

キャリアアドバイザーは求人のご紹介や応募書類、面接のアドバイスや日程調整など。転職者に代わって行なってくれます。

電話や面接でのキャリアカウンセリングでは、転職への希望や現職の不満などをヒアリングします。その内容を聞いた上で、求人の紹介をします。場合によっては、面接官役として面接の予行演習を請け負っています。

採用プロジェクト担当は求人情報の紹介の他、選考日程の調整・企業の内部情報の提供。そして、応募書類や面接のアドバイスを行います。

担当企業の採用計画や求める人物像を理解しているので、その企業の人事担当者と同じ目線になって転職者にアドバイスをすることが可能です。

dodaの実績

  • 求人数(非公開を含む)10万件以上
  • 年間登録者数累計約410万人(2018年3月時点)

参考:doda

dodaは非公開求人を含め、約10万件以上の求人を保有しているので、様々な職種を紹介してもらえます。
丁寧なサポートを行っているため、年間登録者数が多いのも納得です。

dodaの5つの特徴


dodaの特徴は、「全体的に求人数が多い」「中小企業を探しやすい」ことだと言えます。

また、ひとりひとりの就職をしっかりとサポートし、丁寧に対応してくれるキャリアアドバイザーが多く在籍している、これも特徴の1つです。

受かりやすい職務経歴書の作成から面接対策まで。
転職活動のテクニックについてのアドバイスが優れている点も、特徴と言えるでしょう。

この他にも、特徴として下記のようなことが挙げられます。

  1. 転職者満足度1位
  2. メーカーの求人が多い
  3. 転職サイトと転職エージェントが一体化している
  4. スカウトサービスの機能がある
  5. 独自の転職イベントが豊富

それでは、上記で挙げた特徴の詳細を、ご紹介していきたいと思います!

①利用者満足度1位

dodaは利用者満足度1位に輝いています。
その理由は、求人数が多いことや、キャリアアドバイザーのサポートが、細部まで行き届いているからです。

求人数はリクルートと同等で高評価
口コミの評価でも、高評価が多く目立ち、どの指標に対してもトップクラスでNo.1という結果が出ています。

②メーカーの求人が多い

dodaはメーカー系の求人が多く、全体の約45%を占めています。
実際に、2016年と2017年を比較してみると、メーカー求人数が非常に伸びているのです。

メーカー業界に転職したい方にとっては、幅広く求人を紹介してもらえるため、利用して損はないのではないでしょうか!

③転職サイトと転職エージェントが一体化している

2つのサービスを一体化しているので、求人を1ヶ所に集めています。
ですから、「自分の視点」「第三者の視点」の両方から情報収集できます。

幅広い視野で転職活動が行えるため、自分の希望や適性にあった求人が見つかる確率も高くなります。

dodaは転職者にとって非常に探しやすく、使いやすいというメリットがあります。

④スカウトサービスの機能がある

dodaにはスカウトサービスがあります。
匿名で経歴・スキルを公開し、興味を持った求人企業から、セミナー・求人情報を案内する「オファー」が届きます。

企業から直接、オファーが受け取れますし、匿名のため在職中でも安心感があるというメリットがあります。

また、スカウト限定の面接確約オファーが届くことも。
自分の市場価値を知ることができるので、知りたい方にもオススメのサービスだと言えるでしょう。

面接確約オファーとは?

求人企業が「この人にぜひエントリーしてほしい」と判断した際に、送られてくる通知(メール)のこと。

選考書類を行わず、エントリーをすれば必ず面接が受けられます。
サイト上では探せないプレミアムな求人に出会える、という特徴・魅力があります。

◆dodaのスカウトメールの評判

dodaのスカウトサービスメールの評判は、正直に言うとまずまずです。

「希望条件と違う求人が送られて来る」と言った声が多く見られます。
その理由として挙げられるのは、前々職でその職種を経験したことがあるためです。

経歴を元にメールを送ってくれているようですが、転職者にとっては希望する求人が1番ですよね。

また、中には「自分のスキルだと、どのレベルの求人が届くのか、客観的に判断できて役に立った」という声もありました。

もちろん、これはdodaに限ったことではなく、他の転職エージェントのスカウトサービスにも言えることです。
ですから、自分の実力を客観的に知るためのものとして、活用するのが良いかもしれませんね。

⑤独自の転職イベントが豊富

dodaの転職フェアは、東京大阪名古屋福岡といった主要都市で行われています。
多い時には、最大で300社以上の企業が出展することもあります。

新卒時の合同説明会とは違い、「採用担当者だけでなく、現場で働く社員もブースに参加」するのが特徴です。

また、転職フェア以外にも、小規模な無料イベントも東京を中心に開催されています。
dodaが開催しているイベントを、ここで軽くご紹介させていただきます。

合同転職面談
特定のテーマの企業に会える中規模イベント・業界・職種など、特定テーマに沿った企業に会える転職イベントです。

「第二新卒歓迎」「○○職限定」など、自分のスキルや志向性に合った企業を応募前に1度にチェックし、業界研究や応募先検討に役立てることができます。(doda イベント情報より引用)

会社説明会
会社単位で実施する説明会です。希望の企業のビジネスモデルや働き方を詳しく知ることができます。

転職セミナー
転職を効率的に進めるための面接や、職務経歴書の書き方のコツ。さらに、dodaの数万人におよぶ転職支援実績を活かした、内定獲得のノウハウなどを学べるイベントです。

キャリアセミナー
キャリアを考えるヒントや、スキルアップにつながる情報・ノウハウなどを学べるイベントです。転職を考えていない人も参加できます。

ぶっちゃけ他の転職エージェントとはどう違うの?


dodaが他の転職エージェントと比較して、どうなのか気になりますよね。
他の転職エージェントとの違いをわかりやすく、表を使ってご紹介していきます!

求人数 得意分野 特徴
doda 約10万件以上 メーカー
IT
通信業界など
履歴書・職務経歴書の添削などに定評あり
リクルートエージェント 約10万件以上 医薬
製薬
IT業界など
圧倒的な求人数・アドバイザーの質の高さ
マイナビエージェント 約1万件以上 IT業界
営業
メディカルなど
3・5・10年後を見据えたキャリアコンサルティングに定評あり
JACリクルートメント 約1万件以上 外資系企業など 30代〜40代の転職成功率の高さ

dodaは他の転職エージェントと比較して、求人量が多く、質も良いと言えるでしょう。
求人数は、あの業界大手のリクルートエージェントに劣らず、約10万件以上もの求人を保有しています。

独自のエージェント方式と、転職ノウハウを多数持っているため、より自分にあった求人を見つけやすいです。

また、ESや面接などの対策に力を入れることで有名です。

dodaは国内転職エージェント制に、早い段階から取り組んでいたという実績を持っています。
だからこそ、転職エージェント制の強みを活かすなら、dodaが良いと言えるでしょう。

ESや面接対策に力を入れているdodaですが、電話などがしつこいという口コミも存在する通り、全ての人に合うわけではありません。

自分の転職活動に親身になってもらえるほうが良いという方には、dodaがオススメです。

dodaへの登録をお考えの方へ


転職活動を進めていく上で、自分のことを客観的に見ることは非常に重要です。
しかし、自分自身で転職活動を進めてしまうと自己分析や、なぜ今回転職をしようと思ったのか、という深堀りをするのに限界があります。

そのような時は、転職のプロである転職エージェントの利用をおすすめします。転職に関する対策や企業情報を前もって教えてくれるため、非常に頼もしいです。

今回のdodaは、業界第2位ですし求人数も豊富、カルチャーとしても転職者に最適化した求人を紹介してくれることが多い、これがdodaの魅力です。

また実際にdodaを利用した転職者の満足度も高いため、ぜひお試しでも良いので登録をしてみましょう!

dodaの転職エージェントの流れ

dodaでの流れについては、下記の通りです。

  1. キャリアカウンセリング
  2. 求人紹介、書類作成、応募
  3. 面接

キャリアカウンセリングでは、キャリアアドバイザーが対面や電話で、あなたのキャリアの可能性を示すご提案を行います。未来を見据えた中長期的なキャリアプランのアドバイスもしてくれます。

あなたに適した求人のご提案を行い、あなたが志望する企業に合わせた書類作成・添削を進めていきます。
企業の人事担当者と同じ目線で、求人情報のご紹介、選考日程の調整、企業の内部情報の提供など。タイムリーに行ってくれます。

自分では難しい面接代行日程調整もお任せできますし、志望する企業に合わせた模擬面接、企業からの評価フィードバックも行ってくれますよ。

dodaと並行して他の転職エージェントも利用すべし!

これまでdodaの紹介をしてきましたが、dodaのみに登録をするのではなく、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

その理由は、その転職エージェントしか保有していない求人があり、キャリアアドバイザーの質も異なるからです。少しでも多くの求人と出会うことが、転職を成功させるコツです。ですから、doda以外の転職エージェントも活用するべきです。

また、複数の転職エージェントを活用することで、自分と相性の良いキャリアアドバイザーと出会える確率も高められます。まずは、大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社に登録してみましょう。実際に面談に足を運んでみて、サポートをしてもらい、比較・検討してみてください。

以下では、dodaと私がオススメする転職エージェントをご紹介します。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18