2019.09.13

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

転職サイトの1つに、BIZREACH(ビズリーチ)があります。

「ビズリーチって何?」「他の転職サイトとどのように違うの?」と疑問に思われている方向けに、今回はビズリーチのサービスについて紹介していきます。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

ビズリーチの評判まとめ

ビズリーチの評価チャート

ビズリーチを利用した人の評判のレーダーチャート
総評
求人の質
求人の数
オススメ度

末永

上記の表は、「ビズリーチの求人」について実際に利用した方からの評価になります。

ビズリーチは転職サイトですが、同じハイレイヤー層向けである転職エージェントのJACリクルートメントと比較しています。

実際に、ビズリーチがどういうサービスを行っているのか評判・口コミと共に詳しく見ていきましょう!

ビズリーチの評判から分かるメリット

ビズリーチを利用する上で、やはりメリットは知っておきたいですよね。

それでは、メリットについてお伝えしていきます!

  1. ヘッドハンターの質が高い
  2. 便利なサービスが多い
  3. 企業からスカウトメールが直接届く

1.ヘッドハンターの質が高い

何と言っても、ヘッドハンターの質が高いことが大きなメリットだと言えます。

必ずしもヘッドハンターがビズリーチに所属しているというわけではなく、別の会社に登録しているヘッドハンターもいます。

ヘッドハンターによりサポートの仕方が様々なので、自分にあった人を見つけやすいです。

サポートは履歴書・職務経歴書の書類添削のみならず、企業にあった面接指導まで行ってもらえます。

求人紹介から内定獲得まで、全面的にサポートしてもらえるので、高く評価している方が多く見られます。

2.便利なサービスが多い

ビズリーチでは、「ビズリーチ・ウーマン」「アプリ」「検索機能」「プロフィールの開示設定」の4つのサービスを提供しています。

例えば「ビズリーチ・ウーマン」では、産休・育休制度があり、長期的に勤務できる企業に求人が限定されています。

「アプリ」なら、検索機能やメッセージ、特集記事が読めるといった機能が搭載されています。

移動中でも気軽に自分で検索したり、情報収集したりできるので、使い勝手が非常に良いです。

3.企業からスカウトメールが直接届く

サイトに登録をすると、企業から直接メールが届きます。

有名な外資系戦略コンサルや、外資系投資銀行などから直接連絡が来ることもあります。

もちろん、他にもハイクラスな企業から、直接スカウトメールが届くこともありますよ。

ビズリーチの良い評判・口コミ

31歳・女性

日系ITベンダー(前職)→外資系ITベンダー(現職)


良かった点はヘッドハンターのレベル感が表示されていることです。

Sランク、Aランク、プラチナスカウトなど、ある程度の求人の傾向が分かってくるとこの指標でどのコンサルタントに相談するかを決めることが出来ました。

顔写真や経歴も詳細に書かれているので、自分でヘッドハンターを選べる点も良かったです。

35歳・男性

IT関連企業の技術営業(セールスエンジニア)(前職→現職)


プレミアム会員に登録することで、良質な企業に出会えると感じました。

ビズリーチの転職イベントに参加したことも良い機会だったと思います。

転職経験のある人、転職に興味のある人が立食パーティー形式で集まるので情報交換の場として活用できました。

転職については相談できる相手が限られてしまうので、こういったオフラインの場で直接話しが聞けるというのは、大変参考になり貴重だと感じています。

ビズリーチ評判から分かるデメリット

続いては、ビズリーチのデメリットについてです。

では、その詳細をお伝えしていきますね!

  1. 多くのメールから精査する必要がある
  2. 転職エージェントの点数が必ずしも信用できない
  3. 長期的な利用では費用がかかる

1.多くのメールから精査する必要がある

ビズリーチは、企業側・人材エージェント側も使いやすい仕様で、一斉送信機能があります。

経歴をよく確認せずにスカウトを送っている場合もあるため、1通ずつ精査する必要があります。

ただ、転職エージェント側の利用者も多いので、それだけスカウトメールが来るのは致し方ないのかもしれませんね。

2.転職エージェントの点数が必ずしも信用できない

ビズリーチは、エージェントの評価が数値化され明確に公表されています。Sランクの人は当然評価が高くなっています。

ただ、複数の担当者が利用して、成果は1人のエージェントになるので、転職決定者が多くなる場合も考えられます。

合わせて、メッセージを送ってきた人と実際に面談する担当者が異なることもあるため、注意が必要です。

3.長期的な利用では費用がかかる

ビズリーチには有料会員があります。

有料会員サービスをずっと利用する場合、月額の費用が発生します。

転職活動が長引いてしまうほど、利用費用も支払う必要があるため、なるべく早めに決めるようにしましょう。

ビズリーチの悪い評判・口コミ

28歳・女性

人材派遣会社での派遣スタッフの採用企画・求人作成 (前職)→転職メディアの企画・運営・ディレクション(現職)


年収が500万前後でビズリーチの年収レイヤーからいうと、ギリギリのラインでした。

企業からのスカウトよりも、エージェントに登録しませんか?という中小エージェントからのスカウトメールが多く、少し使いづらいなと感じました。

31歳・女性

日系ITベンダー(前職)→外資系ITベンダー(現職)


疑問に思ったのは企業からのスカウトです。

スカウトに興味を持って応募しても、書類選考が通らないなどの話を聞きます。

紛らわしいので、スカウトという名前は辞めたほうがいいと思う。

ビズリーチの特徴

ビズリーチは「エグゼクティブ向けの会員制転職サイト」です。

国内外の優秀なヘッドハンターが、求職者の登録した職務経歴書を見て、直接スカウトしてくるのが特徴です。

求人広告を掲載する転職サイトとも、人材紹介のエージェントサービスとも異なっています。

また、有料会員と無料会員を選択して、転職活動が行えるサービスを提供しているのも、大きな特徴となっています。

ビズリーチには、有料会員と無料会員の選択が可能です。自身の転職活動に応じて、好きなプランが選べるのは嬉しいですよね。

さらに、有料会員は「タレント会員」「ハイクラス会員」に分かれています。

料金 年収による会員ランク
タレント会員 2,980円 年収750万円未満
ハイクラス会員 4,980円 年収750万円以上

どの会員になるか、それによって応募できる求人が異なってきます。

自身がどのように転職活動を行いたいのか、よく考えた上で選ぶようにしましょう!

有料会員と無料会員の違いを比較

有料会員と無料会員では、内容も異なってきます。

どのような内容になっているのか、またどのような違いがあるのかを、わかりやすく表でご紹介していきたいと思います!

スカウトの受け取り 無料会員 ・通常スカウト
・プラチナスカウト
タレント会員 ・通常スカウト
・プラチナスカウト
ハイクラス会員 ・通常スカウト
・プラチナスカウト
スカウトの閲覧・返信 無料会員 ・プラチナスカウト
タレント会員 ・通常スカウト
・プラチナスカウト
ハイクラス会員 ・通常スカウト
・プラチナスカウト
求人応募 無料会員 ・公募、特集の利用可
タレント会員 ・年収1,000万円未満の求人
・公募、特集の利用可
ハイクラス会員 ・年収1,000万円以上の求人
・年収1,000万円未満の求人
・公募、特集の利用可
相談 無料会員 ・相談不可
タレント会員 ・相談ができない場合もある
ハイクラス会員 ・相談可

「タレント会員」「ハイクラス会員」ともに、プレミアムステージ無料ステージが設けられています。

内容の違いを確認し、自身が希望する転職活動と照らし合わせながら、決めるようにしてみてくださいね。

ビズリーチと転職エージェントの違い

まず、ビズリーチと転職エージェントとの違いは、仕組みにあります。

一般的に転職エージェントは、Push型と言われています。

転職を検討している求職者が、転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらう形です。

一方、ビズリーチはPull型と言われています。

ヘッドハンターは転職を検討しているという有無を問わず、優れた経歴・スキルを持つ方に対して、ヘッドハンター自ら声かけをしていきます。

以下で代表的な転職エージェントであるJACリクルートメントリクルートエージェントと比較していきます。

ビズリーチ・JACリクルートメントの比較

続いては、同じハイクラス層の転職に特化しているビズリーチJACリクルートメントの違いについて、表を使ってご紹介します。

ビズリーチ
求人数 約99,000件
(2018年10月時点)
サービスのシステム
  • 無料で利用できるスタンダード会員では、スカウトを受け取ることや、特定のスカウトに返信することが可能です。

    ただ、自ら案件に応募することができません。
    本気で転職活動をするなら、有料会員への切り替えがオススメです。
担当者の質
  • コンサルタントの中には、外資系企業などと強いパイプを持っている人もいます。

    企業との間に信頼関係が築かれ、人選を任されているため、スカウトからサポートまで安心感があります。
JACリクルートメント
求人数 約15,000件
(2018年10月時点)
サービスのシステム
  • 他社の追随を許さない独自のシステムを採用しています。

    これにより、エージェント型サービスのみでありつつも、求職者に対して質の高いサービス提供を実現。
担当者の質
  • 高いキャリア・高年収の案件紹介、求職者のキャリアなど。

    最大限に活かせる提案をしてくれます。

JACリクルートメントは、自分のキャリアに自信があり外資系企業など希望する場合、待遇や年収アップが期待できる案件を紹介して欲しい方に良いでしょう。

ビズリーチもハイクラス求人を紹介してくれます。

資格を持っている方やキャリアに自信がある方はビズリーチがオススメです。

キャリアに自信があり、なおかつ外資系企業などを希望する方はJACリクルートメントをオススメします!

ビズリーチ・リクルートエージェントの比較

次はビズリーチと大手転職エージェントのリクルートエージェントの違いをご紹介します。

先ほどと同じように、表にそれぞれの特徴をまとめてみました。

ビズリーチ
求人数 約99,000件
(2018年10月時点)
サービスのシステム
  • 求職者と採用企業、または転職エージェントをマッチングさせるプラットフォーム。

    ビズリーチ経由でアプローチしてきた転職エージェントが、きめ細かく手厚いサポートをしてくれます。
担当者の質
  • 声をかけてくる転職エージェントの質はまちまちです。

    一方で、ヘッドハンターごとに評価付けされているため、評価を見れば質がわかります。
リクルートエージェント
求人数 約10万件以上
サービスのシステム
  • 登録完了し、面談をして希望を聞いた上でその希望にあった案件を紹介してくれます。

    面接対策・応募書類の添削などもしてくれます。
担当者の質
  • 人材大手のリクルートが運営していることもあり、研修がしっかり行われています。

    個人の力量に左右される部分が多々あり、社会経験が浅い人が担当になる可能性も。

システムが異なるため、どちらも利用したい転職サービスです。

ビズリーチではハイクラス案件を探し、リクルートエージェントからは、膨大な案件から自分にあったものを紹介してもらうのが良いでしょう。

ビズリーチとその他転職サイトの違い

ビズリーチと転職サイトの違いは、サービス自体です。

転職サイトは、求人検索・応募・面接日など、すべて自分1人で行わなければなりません。

いつでも好きな時に求人を確認でき、マイペースに仕事を探せるという点がメリットです。

一方、ビスリーチは会員を選択し、自身の転職活動を進めていきます。

直接スカウトされるのを待つのもアリ、自ら求人を探して応募するのもアリです。

ヘッドハンターに相談しながら求人を探すことも可能です!

それでは、「リクナビNEXT」と比較をしていきたいと思います。

ビズリーチ・リクナビNEXTの比較

ビズリーチと代表的な転職サイトであるリクナビNEXTとの違いを表でご紹介します。

ビズリーチ
求人数 約99,000件
(2018年10月時点)
サービスのシステム
  • 有料会員の場合、キャリアアドバイザーへ直接、相談をしたり、非公開求人の紹介をしてもらったりできます。
担当者の質
  • 担当キャリアアドバイザーを自分で選択することが可能。

    求職者によるアドバイザーの評価が数値化され明確に公表されているのも特徴です。
リクナビNEXT
求人数 約9,000件以上
(時期により変動あり)
サービスのシステム
  • 求人検索・企業への応募のみならず、経歴を登録しておくと、興味を持った企業や転職エージェントからオファーが届くことがあります。

    ちなみに、転職エージェントは約400社以上!
担当者の質
  • 経験豊富なキャリアコンサルタントが、徹底的に求職者をサポートします。

    採用までのスピードが早いという定評があります。

リクナビNEXTは、初めての求職者でも、使いやすいというのが魅力です。

スカウト機能もあり、安心感を求める方はリクナビNEXT>がおすすめです。

本気で転職活動を始めたいと考えている方には、ビズリーチが良いでしょう。

ハイクラス求人を狙って、さらに高みを目指していきたい方にも、ビズリーチがオススメです。

ビズリーチを利用すべきオススメの人

これまで、ビズリーチについてご紹介してきました。

次はどのような方にオススメできるのか、利用すべきなのか、ご紹介していきます。

  • 管理職経験者、専門性の高いスキルを持っている方
  • 中長期的に転職を考えている方
  • 現在の年収が750万円以上の方

ビズリーチは、登録をしてスカウトを待つというのが、主な使い方となっています。管理職やマネジメント経験を持っている方、専門性の高いスキルや資格を持っている方。

または、年収が750万円以上の方は、市場価値も高くなるので、グレードの高い求人案件のスカウトが届きます。

中長期的に転職を考えている、ハイキャリアの方にとってビズリーチはオススメのサービスです。30代のミドル・ハイレイヤー層のビジネスパーソンの利用率は非常に高いですね。

ハイクラス求人を探しているものの、短期的な転職を検討している方は、ビズリーチでの転職は非効率になってしまうため、不向きかも知れません。

上記の条件を満たさない方は、「リクルートエージェント」などの大手転職エージェントの利用がオススメです。多くの業界・職種の案件を網羅していますし、業界大手ですので、自分にぴったりの求人を紹介してもらえますよ。

ヘッドハンター・キャリアアドバイザーの質も良いので、もちろん転職初心者でも大きな安心感があります!

転職を成功させたいのなら

ビズリーチは希少なハイキャリア案件のサービスですので、良い案件が来たら応募するという中長期的な転職活動スタンスが合う人はぜひ利用してみてください。

そうでない方は、他の転職エージェントや転職サイトでの転職活動をすることをお勧めいたします。

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、ビズリーチと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

他の転職エージェントですが、業界大手2~3社、中小特化1社に登録しましょう。その上でビズリーチも利用すれば、少ない求人を網羅することができます。

下記で、筆者がビズリーチと一緒に利用したほうが良い転職エージェントをいくつかご紹介します。

年収500万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

他の転職エージェントや転職サイトを詳しく知りたい方へ

他の転職エージェントや転職サイトについてさらに詳しく知りたい人は以下の記事もオススメです。

自分に合った転職エージェントを見つけるための選び方など、転職を成功させたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。