デザイナーにおすすめの転職エージェント・サイトとは?プロが解説!

デザイナー クリエイター 転職エージェント 転職サイト

    デザイナー・クリエイター向けにおすすめの転職エージェント・転職サイトを厳選し、それぞれの求人情報やサービスの特徴、おすすめの人を紹介します。

    また、選ぶ際のポイントや利用するメリット・デメリットなども徹底解説します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

デザイナー・クリエイターの転職には転職エージェントがおすすめ

結論から申しますと、デザイナー・クリエイターなどクリエイティブ専門職の転職は、IT・Web業界の強い転職エージェントの利用がおすすめです。

というのも、デザイナー・クリエイターといったクリエイティブ専門職の求人は全体的に少ない傾向にあるからです。

デザイナー・クリエイティブに強みを持つ転職エージェントは、デザイナーやクリエイターのようなクリエイティブ業界と強いコネクションがあります。

だからこそ、活用したほうがより自分の希望に近い求人を見つけやすくなります。

転職エージェント末永 末永

デザイナー・クリエイターの転職では職務経歴書以外に、ポートフォリオも必要になってきます。デザイナー・クリエイターに強い転職エージェントでは、ポートフォリオの作成アドバイスをしてもらえますよ。


もちろん、あなたが希望する企業に合わせた面接対策もおこなってもらえるため、デザイナーやクリエイターの転職に不安がある人はぜひ検討してみてくださいね。

デザイナー・クリエイターに強い転職エージェント

求職者の中にはデザイナーやクリエイターに転職ができるのか、キャリアアップや年収アップは望めるのか、など思うところがあると思います。

「こんなはずじゃなかったのに…」とミスマッチを起こさないためにも、事前にきちんと情報収集することが大事なポイントになってきます。

転職エージェント末永 末永

そこで今回は、デザイナーやクリエイターといったクリエイティブ専門職の求人を多く保有しているおすすめの転職エージェントを厳選してみました。


それぞれの特徴や求人数を以下の早見表にまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

求人数 対応職種
リクルートエージェント(IT) リクルートエージェント(IT) 約171,680件
(デザイナー:16,196件)
Webプロデューサー・Webプランナー
Webディレクター・Webデザイナー
UIUXデザイナー・アートディレクター
ゲーム開発
グラフィックデザイナー
CGデザイナー
DTPオペレーター
パッケージデザイナー
プロダクトデザイナー
工業デザイナーなど
ギークリー Geekly(ギークリー) 約22,190件
(デザイナー:2,485件)
Webデザイナー(自社・受託)
モバイル/ソーシャル/スマートフォンデザイナー
Webディレクター(自社・受託)
コーダー・マークアップエンジニア
CGデザイナー
ゲームデザイナー
グラフィックデザイナー
サウンドクリエイターなど
レバテックキャリア レバテックキャリア 約22,040件 UI/UXデザイナー
グラフィックデザイナー
Webプロデューサー・ディレクター
ゲームプロデューサー・ディレクター
ゲームプランナーなど
マイナビエージェント マイナビエージェント 求人多数 Webデザイナー
Webディレクター
ゲームディレクター
ゲームデザイナー・プランナー
UI/UXデザイナー
グラフィックデザイナー
イラストレーターなど
ワークポート ワークポート 約94,420件
(デザイナー:約2,615件)
Webデザイナー(自社・受託)
Webディレクター(自社・受託)
アートディレクター
クリエイティブディレクター
コーダー・マークアップエンジニア
UI・UXデザイン
グラフィックデザイナー
CGデザイナー(マルチメディア)
イラストレーターなど
type転職エージェント(IT)type転職エージェント(IT) 約26,990件
(デザイナー:約551件)
Webデザイナー
Webディレクター
アートディレクター
クリエイティブディレクター
DTPデザイナー
グラフィックデザイナー
CGデザイナー
イラストレーター
デザイナー・クリエイター(ファッション/アパレル)
デザイナー・クリエイター(インテリア/空間)
プロダクトデザイナー
工業デザイナーなど
各社とも2024年4月時点の求人数掲載

転職エージェント末永 末永

デザイナーやクリエイターに強みがあるとはいえ、その転職エージェントによって得意な領域が異なってきます。


ですので、自分が希望する求人と少しでも出会えるように2〜3社ほど複数登録することをおすすめします。

多数の求人と出会えるリクルートエージェント(IT)

リクルートエージェント(IT)

リクルートエージェント(IT)は人材紹介業界大手のリクルートグループが運営していますが、デザイナーやクリエイター業界の求人も多数取り扱っています。クリエイティブ求人だけでも13,000件以上保有しているので、それだけ選択肢の幅が広がります。

また、リクルートエージェント(IT)のキャリアアドバイザーはWeb業界に対する知識やノウハウが豊富にあるため、スペックによる単純なマッチングではなく、求職者の潜在的なスキルや将来的なキャリアパスを踏まえた上で求人を提案してもらえますよ。

業界大手だからこそ、デザイナーやクリエイター関連の非公開求人も数多く扱っています。中でもWebデザイナーの非公開求人は公開求人の約3倍となっていますので、どのような求人があるのか把握するためにも登録しておくと良いでしょう。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
求人数 公開求人数:90,070件
非公開求人数:81,610件

ゲーム開発:11,386件
Webデザイナー・UIUXデザイナー・アートディレクター:4,314件
Webプロデューサー・プランナー:1,662件

CGデザイナー:953件
グラフィックデザイナー:584件
プロダクトデザイナー:358件
DTPオペレーター:210件
オンライン面談 電話・オンライン面談可能
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェント(IT)では、キャリアアドバイザーとの面談であなたのこれまでの仕事内容を詳細に訊ねながら掘り下げて質問することで、あなたの強みを引き出してくれます。


デザイナーやクリエイターの企業求人の特色だけではなくて、面接で重視される点や過去にどのような人が高評価・採用されている傾向があるのか、という情報まで教えてもらえますよ。

おすすめの人

●幅広いデザイナー・クリエイター求人と出会いたい人
●未経験チャレンジがしたい人
●初めて転職エージェントを利用する人
●業界大手のリクルートにしかない求人を紹介してほしい人

登録はこちら
(公式サイト)

平均年収UP率が高いGeekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)はIT・Web・ゲーム業界の転職支援に特化している転職エージェントです。デザイナーやクリエイター職が多いWeb・ゲーム業界では珍しく、未経験向けの求人も多数取り揃えているのが大きな魅力ですね。

2万件以上の非公開求人を保有しており、その中には高収入求人やレアな案件もあります。実際に利用者の平均年収アップ率は76%と高くなっているので、IT・Web・ゲーム業界で活躍したいデザイナーやクリエイターにおすすめです。

また、Geekly(ギークリー)はIT・Web・ゲーム業界に精通しているからこそ、ポートフォリオを作成する際のコツをはじめ、面接対策までしっかりしてもらえますよ。オンライン面談にも対応しているため、新型コロナウイルスが不安な人も安心できますよ。

運営会社
公式サイト
株式会社Geekly(ギークリー)
https://www.geekly.co.jp/
求人数 公開求人数:22,190件

Webデザイナー(自社):327件
Webデザイナー(受託):136件
モバイル/ソーシャル/スマートフォンデザイナー:53件

ゲームデザイナー(ソーシャル・オンライン):94件
ゲームプランナー・ディレクター(コンシューマー):160件
イラストレーター・CG・グラフィックデザイナー:447件
オンライン面談 オンライン面談可能
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/埼玉
拠点:東京
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

ただし、Geekly(ギークリー)が保有している求人は東京23区・神奈川・埼玉に集中しているので、その他の地域で転職を検討している人は、全国の求人を網羅しているリクルートエージェント(IT)と併用するのが良いでしょう。

おすすめの人

●未経験からデザイナーを目指している人
●東京23区で転職したい人
●年収アップを考えている人
●ポートフォリオ作成のコツを教えてもらいたい人

登録はこちら
(公式サイト)

デザイナー経験者向けのレバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、デザイナーやITエンジニア経験者専門の転職エージェントとなっており、提案される求人の約8割が年収600万円以上のハイクラス案件となっているのが特徴ですね。

実際に利用者の77%が年収アップしていますので、今よりもキャリアアップして年収も増やしたいと考えているデザイナーにおすすめだと言えるでしょう。

また、レバテックキャリアのキャリアアドバイザーはIT・Web業界出身者のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、IT・Web業界の事情に精通しています。だからこそ、デザイナーとして将来どんなふうになりたいのかというキャリアプランについてもじっくり相談することが可能ですよ。

運営会社
公式サイト
レバテック株式会社
https://career.levtech.jp/
求人数 デザイナーの求人:3,123件

Webプロデューサー・ディレクター:799件
Webデザイナー:552件 3D・UI/UXデザイナー:826件
ゲームディレクター:117件
グラフィックデザイナー:65件
HTMLコーダー:42件
オンライン面談 オンライン面談可能
対応エリア
拠点
全国・海外
関東エリア(東京/千葉/埼玉/神奈川)、関西エリア全域、九州エリア(福岡)
拠点:渋谷/名古屋/大阪/福岡
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

レバテックキャリアはフリーランス向けのサービスも展開しているので、フリーランスとして活躍したいと検討しているデザイナーにもおすすめですね。


他の転職エージェントよりもより詳細な情報やノウハウを提供してもらえる体制になっているので、ぜひ検討してみてください!

おすすめの人

●デザイナーやクリエイターの経験がある人
●転職で年収UPしたい人
●現在フリーランスでの転職も検討している人

登録はこちら
(公式サイト)

デザイナー未経験者歓迎の求人が多いマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントもリクルートグループと並ぶ業界大手の転職エージェントで、全業界や職種の転職に対応していますが、デザイナーやクリエイターの求人も豊富に取り扱っています。

また、マイナビエージェントはデザイナー実務未経験者でも応募できる求人を数多く保有しているため、デザイナーとして新しいキャリアを築いていこうと考えている求職者にもおすすめだと言えるでしょう。

実際に求人を見てみると「職種」の下に「オンライン面接/Web面接 (実績あり)」「Photoshop」など該当する条件が記載されています。ですので、一目でどんな条件に該当するのか、わかるようになっているのも嬉しい部分ですね。さらに、面接回数や選考方法の備考も明記されているため、事前に応募から面接までの流れを知ることもできますよ。

運営会社
公式サイト
株式会社マイナビ
https://mynavi-agent.jp/
主な専任領域 Webディレクター・Webプロデューサー、Webデザイナー、UI・UXデザイナー、ゲームディレクター・ゲームプロデューサー、ゲームデザイナー・ゲームプランナー・ゲームプログラマー、グラフィックデザイナー・イラストレーター、ゲームデザイナー・ゲームプランナー・ゲームプログラマー など
オンライン面談 電話・オンライン面談可能
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

転職エージェント末永 末永

マイナビエージェントはサポートの手厚さが高評価となっており、他の大手転職エージェントと比較しても利用者の満足度がとても高くなっています。


ですので、デザイナー・クリエイターの企業求人へ応募する際に必要な履歴書・職務経歴書などの添削や、面接対策をバッチリしておきたいと考えている人にも非常におすすめですよ。

おすすめの人

●デザイナーやクリエイターとして転職を検討している人
●IT業界に熟知しているアドバイザーに相談したい人
●幅広い選択肢の中からデザイナー求人を見つけたい人

登録はこちら
(公式サイト)

ゲーム業界に強いワークポート

ワークポート

ワークポートはIT・Web業界の中でもとくにゲーム業界に強みを持っている転職エージェントなので、ゲーム業界のクリエイティブ職種を多数取り扱っています。そのため、ゲーム制作に携わりたいデザイナーやクリエイターにおすすめです。

ワークポートのサイトでは、スペシャリストを目指すデザイナー・クリエイター特集が組まれていたり、リモートワーク可能な求人の特集が組まれていたりと、求人検索がしやすくなっています。

実際に「転職成功者の声」というコンテンツでは、Webデザイナーやグラフィックデザイナーへ転職した人たちの声が紹介されているので、転職する際の参考にすることもできますよ。

運営会社
公式サイト
株式会社ワークポート
https://www.workport.co.jp/
求人数 公開求人数:94,420件

Webデザイナー(自社):420件
Webデザイナー(受託):299件

アートディレクター:113件
クリエイティブディレクター(広告/グラフィック):225件
UI・UXデザイン:433件
グラフィックデザイナー:166件

CGデザイナー(マルチメディア):83件
イラストレーター・キャラクターデザイン:92件
DTPオペレーター:22件

2Dデザイナー(コンシューマー):110件
3Dデザイナー(コンシューマー):366件
UI・UXデザイナー(ゲーム):107件
オンライン面談 電話・オンラインでも面談可能
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/千葉/埼玉/北海道/宮城/愛知/大阪/京都/兵庫/岡山/広島/福岡/韓国
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

ワークポートには選考スケジュールや進捗を一括で管理できる独自のアプリがあります。アプリを通してサポートを担当してくれるコンシェルジュとやりとりができるので便利ですよ。


また、実践に近い形式で模擬面接を実施してもらえるので、きちんと準備をして心理的な不安も取り除くことができます。

おすすめの人

●ゲーム業界への転職を希望している人
●実践に近い形式で模擬面接を受けたい人
●未経験からクリエイターを志望している人
●管理アプリを使いたい人

登録はこちら
(公式サイト)

首都圏の転職に強いtype転職エージェント(IT)

type転職エージェント(IT)

type転職エージェント(IT)は差別化戦略として、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の転職支援に強みを持つ転職エージェントです。そして女性のデザイナー・クリエイター支援にも強みがあります。エンジニア・クリエイターの転職ノウハウを豊富に持つ専任アドバイザーが転職活動をサポートしてくれますよ。

そのため、type転職エージェント(IT)を利用して転職したクリエイター・エンジニアの年収アップ率は78%(2021/10/1〜2022/9/30実績)となっています。ですので、デザイナーやクリエイターとしてキャリアアップしたい、年収を増やしたいと考えている人におすすめですよ。

デザイナーやクリエイターとして応募する際に悩みがちの書類作成も、専任アドバイザーからノウハウを伝授してもらえるので、初めての転職でも安心感があります。さらに、あなたのデザイナー・クリエイターとしての強みを企業に印象づけられる推薦状を提出してもらうことも可能ですよ。

運営会社
公式サイト
株式会社キャリアデザインセンター
https://type.career-agent.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:26,990件

Webデザイナー:179件
UI/UXデザイナー:282件
ゲームデザイナー:51件

クリエイティブディレクター・アートディレクター・進行管理:34件
グラフィックデザイナー・CGデザイナー・イラストレーター:16件
デザイナー・クリエイター(ファッション・アパレル):14件
デザイナー・クリエイター(インテリア・空間):12件
プロダクトデザイナー・モデラー・工業デザイナー:11件
オンライン面談 電話面談が可能
対応エリア
拠点
首都圏(エンジニア、プログラマのみ関東、関西、九州、中部、北海道など)
拠点:東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

type転職エージェント(IT)は忙しい人でも利用できるように、平日の夜や土曜日もキャリアカウンセリングをしてもらえるようになっています。


新型コロナウイルスが不安だという人は電話面談も可能なので、事前にその旨を伝えるようにしましょう。

おすすめの人

●デザイナー・クリエイター経験者
●一都三県での転職を考えている人
●育休・産休を考えて転職活動を進めたい女性

クリエイター向けの転職エージェント

クリエイターの転職もデザイナーと同じように転職エージェントの利用が必要不可欠とも言えますが、少しでも多くの求人と出会うためには、クリエイターに強みを持つ転職エージェントも併せて利用するのがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

少しでも多くのクリエイター求人を網羅するためには、クリエイターに強みを持つサービスを利用するのが1番です。


ただ求人数は大手のほうが多いので、 リクルートエージェント(IT)Geekly(ギークリー)レバテックキャリアに登録した上で、下記の転職エージェントも押さえておくのが良いでしょう。

ポートフォリオ対策ができるマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に強みを持つ転職エージェントで、Webやゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに転職のサポートをしてもらえるのが大きな魅力です。

さまざまな業界の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーが、Web・ゲーム業界特有のノウハウを直接教えてもらえます。求職者のスキルや経験に最適な求人の提案をはじめ、キャリアプランの提案も合わせてしてもらうことが可能です。

また、マイナビクリエイターではデザイナー・クリエイターの転職に必要なポートフォリオの対策もしてもらえますよ。「応募する企業がどのようなポートフォリオを高く評価するのか?」「他の応募者と差をつけるためには、どんなポートフォリオの見せ方が良いのか?」という部分や企業が求めるクオリティを把握した上で、作成時のアドバイスやブラッシュアップをサポートしてくれます。

運営会社
公式サイト
株式会社マイナビワークス
https://mynavi-creator.jp/
主な専任領域 Webデザイナー、2DCGデザイナー、3DCGデザイナー、UIデザイナー、イラストレーター、Webプロデューサー、Webディレクター、Webコーダー、映像クリエイター、ゲームプロデューサー、ゲームディレクター など
オンライン面談 メール・電話・オンライン面談可能
対応エリア
拠点
全国
拠点:東京・大阪

転職エージェント末永 末永

マイナビクリエイターはクリエイター集団と共同で企画・開発した「MATCHBOX」というポートフォリオが作成できるサービスを提供しています。これは現職と並行して制作に時間が取れない人や、ポートフォリオの準備が間に合わないという人に向けたサービスとなっています。


Webデザイナーやグラフィックデザイナーの人たちだけではなく、Webディレクター・プロデューサーなどデザイナー職以外の人たちでも、携わってきたプロジェクトについてアピールする際にも活用できますよ。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、クリエイティブ職の求人数は他の職種に比べて少ないのが現状です。


ですので、より自分の希望や条件に近い求人と出会うためにも、同じくクリエイター転職に強みを持つ Geekly(ギークリー)レバテックキャリアとの併用をおすすめします。

おすすめの人

●Web・ゲーム・IT業界に転職したい人
●ポートフォリオの対策を完璧にしたい人
●求人数よりも求人の質を重視している人

フリーランス案件も保有しているレバテッククリエイター

マイナビクリエイター

レバテッククリエイターはレバテックが運営している、主にWeb・ゲーム業界のフリーランスクリエイターを支援する転職エージェントです。業界最大級の案件を保有しており、高単価案件も豊富に取り扱っているのが魅力ですね。

すでにフリーランスとして活躍されている人や、初めてフリーランスとして活躍したいと考えている人も利用できるように、フリーランス向けの案件も数多く取り揃えていますよ。

最新の業界動向や技術だけではなく、現場情報にも精通したコーディネーターが求職者の希望や条件にマッチした求人を提案してくれます。さらに、企業との単価交渉から契約代行はもちろんのこと、フリーランスとしてプロジェクトに参画している間も不安を解消できるように徹底したサポートをしてもらえますよ。

運営会社
公式サイト
レバテック株式会社
https://creator.levtech.jp/
求人数 公開求人数:921件

Webデザイナー:61件
HTMLコーダー:21件
UI・UXデザイナー:90件
2Dデザイナー:47件
3Dデザイナー:108件

キャラクターデザイナー:75件
イラストレーター:44件
アニメーター:43件

DTPデザイナー:1件
モーションデザイナー:52件
エフェクトデザイナー:44件

Webディレクター:96件
ゲームディレクター:52件
アートディレクター:56件
グラフィックデザイナー:35件
オンライン面談 電話・オンライン面談可能
対応エリア
拠点
東京/名古屋/大阪/福岡
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

レバテッククリエイターでは、在宅やリモートワーク可能な案件も充実していますし、ブランク期間ができることを避けるために、契約期間満了前月の中旬には現場継続か終了かの意向を確認してもらえますよ。


また、フリーランスとして活躍するデザイナーやクリエイターの多くが不安に感じる「安定した収入」「税務関連の手続き」「ヘルスケア」の3つの側面をサポートしてもらえる福利厚生パッケージというサービスも用意されています。

おすすめの人

●数多くのデザイナー・クリエイター求人と出会いたい人
●Web・ゲーム業界でフリーランス案件を探している人
●専門知識を持つコーディネーターに相談したい人

専門的なノウハウ・実績を持っているマスメディアン

マスメディアン

マスメディアンはマーケティング・クリエイター職種に特化した転職エージェントです。

「宣伝会議」「販促会議」「ブレーン」「広報会議」などマーケティング・クリエイティブ関連の専門誌を発行している宣伝会議のグループ会社なので、グループ会社が培ってきた業界を網羅する人的ネットワークや情報力を最大限に活かしたコンサルティングを提供してくれます。

マーケティングやクリエイティブ職種の専門的なノウハウを持っているからこそ、求職者が希望する企業に合わせて的確なアドバイスがもらえます。他にも企業が選考で注目している点や、過去にどのような人が高評価・採用されているのかまでアドバイスしてもらうことが可能です。

また、マスメディアンでは人事だけではなく、経営者や部門責任者から直接、極秘の特命案件の道断を多数受けているので、採用条件とマッチした場合にのみ提案してもらえるようになっていますよ。

運営会社
公式サイト
株式会社マスメディアン
https://www.massmedian.co.jp/
求人数 公開求人数:4,375件

制作ディレクター・進行管理:410件
クリエイティブディレクター:120件

AD・デザイナー:473件
Webクリエイティブ:836件
オンライン面談 電話・オンライン面談可能
対応エリア
拠点
東京/大阪/名古屋/福岡
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

マスメディアンでは、在宅勤務・テレワークが可能なデザイナー・クリエイター求人も多数取り扱っているため、柔軟な働き方を望む人にもおすすめだと言えますね。


応募書類の添削やアドバイスはもちろんのこと、面接の同席や入社日・給与などデリケートな条件面の調整や交渉までキャリアコンサルタントにお任せできるのも嬉しいポイントです。

おすすめの人

●マーケティング・クリエイティブ職種に就きたい人
●しっかりとした転職支援を受けたい人
●面接に同席してもらいたい人

デザイナー・クリエイター向け転職サイト

デザイナー・クリエイターの転職では大手転職サイトであるビズリーチdodaの2つを利用するのが1番ですが、デザイナーやクリエイター求人の保有数がそこまで多くないのが現状です。

ですので、1つでも多くの求人を見つけるためには転職サイト(求人サイト)の活用も検討してみると良いですよ。その際に気をつけたいのは、転職サイト(求人サイト)ではプロのサポートを受けることができないという点です。

自力で転職活動を進める必要があるため、基本的には転職エージェントと併用するのがおすすめですね。

また、転職エージェントを利用してみたものの、経歴や年齢的にサポートが難しいと言われてしまった場合も、転職サイト(求人サイト)はとても有効ですよ。

転職エージェント末永 末永

そこで、転職エージェントと一緒に活用したい転職サイトを厳選してみました。


それぞれの求人数と対応している職種を以下の早見表にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

求人数 対応職種
ビズリーチビズリーチ 249,720件
(デザイナー:約300件)
プロダクト・工業デザイナー
インテリアデザイナー
ファッションデザイナー
空間・店舗デザイナー
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト 280,650件
(クリエイティブ/デザイン職:12,102件)
クリエイティブ・アートディレクター
デザイナー
工業デザイナー・グラフィックデザイナー
インテリアデザイナー
ファッションデザイナー
空間・店舗デザイナー 等
doda doda 281,130件
(デザイナー:3,699件)
Webデザイナー
グラフィックデザイナー
アートディレクター
UI/UXデザイナー
ゲームデザイナー
CGデザイナー
DTPオペレーター
プロダクトデザイナー
工業デザイナー
Webプロデューサー・ディレクター
コーダー ファッションデザイナー など
リクナビNEXTリクナビNEXT 127,130件
(デザイナー:2,945件)
グラフィックデザイナー
イラストレーター
クリエイティブディレクター
アートディレクター
DTPオペレーター
ファッションデザイナー
工業デザイナー
プロダクトデザイナーなど
GreenGreen 28,453件
(デザイナー:4,821件)
UI/UXデザイナー
Webデザイナー
Webコーダー・HTMLコーダー
グラフィックデザイナー
CGデザイナー
CADオペレーター など
各社とも2024年4月時点の求人数掲載

デザイナー・クリエイター向け転職サイト

キャリアアップを目指すならビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはスカウト型の転職サイトで、年収600万円以上の求人案件を保有しています。ビズリーチにしか登録していないヘッドハンターも多いので、通常では出回らないレアな求人を紹介してもらえる可能性もあります。

ハイクラス転職のイメージが強いビズリーチですが、デザイナーやクリエイターの求人も豊富に取り扱っています。ですので、デザイナー・クリエイターとしてキャリアアップしたい、年収アップしたいと考えている人におすすめですね。

スカウトメールは厳正な審査をクリアしたヘッドハンターや直接企業から届くため、どんな企業からどのようなポジションで、年収はいくらなのか把握できます。そのため、自分自身の市場価値を知るためにも役立ちますよ。

運営会社
公式サイト
株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:239,720件

Webデザイナー・UI/UXデザイナー:1,173件
アートディレクター:183件
Webプロデューサー・ディレクター:1,026件

プロダクトデザイナー・工業デザイナー:116件
インテリアデザイナー:69件
ファッションデザイナー:13件
空間・店舗デザイナー:89件

ゲームプロデューサー・ディレクター・プランナー:435件
ゲームデザイナー:364件
ヘッドハンター数 6,600人以上(2024年3月時点)
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

ビズリーチは転職に積極的ではない人にもおすすめです。というのも、好条件のスカウトが届いたら話を聞いてみるだけという使い方もできるからなんです。


また、気になるデザイナーやクリエイター求人を見つけた際には、求人の最下部に記載されている「この求人の取り扱い担当者」に問い合わせして確認することも可能ですよ。

おすすめの人

●キャリアアップ・年収UPを目指したい人
●中長期的に転職を考えている人
●現在の年収が500万円以上の人
●自分の市場価値を知りたい人

登録はこちら
(公式サイト)

高年収帯の求人が多いリクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートグループが運営するハイクラス・エグゼクティブ向けの会員制スカウト型転職サイトです。主に高年収帯の800万円〜2,000万円の求人を数多く取り扱っているのが特徴ですね。

IT・Web業界の求人も充実しているので、デザイナーやクリエイター案件も多数あります。リクルートダイレクトスカウトでは、求人掲載面の最下部に「この求人情報の担当ヘッドハンター」という欄が用意されています。そこにはヘッドハンターの業界経験年数や得意としている業種・職種領域が明記されているため、より転職活動を効率的におこなえるはずです。

また、求人によっては「ヘッドハンター注目ポイント」という欄が設けられているのも嬉しい部分です。そこには「各自が担当する範囲は企画から制作まで多岐に渡る」「デザイナーとしてブランディング経験を積みたい方にはおすすめのポジション」など、求人の魅力に触れてくれています。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://directscout.recruit.co.jp/
求人数 公開求人数:280,650件

クリエイティブ・アートディレクター:517件
工業デザイナー・グラフィックデザイナー:469件
インテリアデザイナー:82件
ファッションデザイナー:74件
店舗/ディスプレーデザイナー/VMD:72件
映像制作・映像編集:371件
ヘッドハンター数 5,000名以上(2022年12月時点)
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

リクルートダイレクトスカウトは高年収の求人が多いため、キャリアアップを検討しているデザイナー・クリエイターの人におすすめですね。


さらに多くのデザイナーやクリエイター求人も合わせて網羅したいと考えている人は、 Geekly(ギークリー)レバテックキャリアと併用すると良いでしょう。

おすすめの人

●キャリアアップを狙いたいデザイナー・クリエイターの人
●ヘッドハンターからスカウトを受けたい人
●高年収を狙いたい人
●短期集中で期限を決めて転職したい人

登録はこちら
(公式サイト)

未経験求人を多数保有しているdoda

doda

dodaはリクルートに次いで多くの求人数を保有しており、転職エージェントと転職サイトが一体型になっているのが大きな特徴です。ですので、途中でプロのキャリアアドバイザーに支援をお願いしたくなった際にはエージェントサービスに切り替えることができますよ。

また、dodaでは未経験者歓迎のデザイナー・クリエイター求人を数多く取り扱っているのも大きな魅力として挙げられますね。ですので、未経験からスタートしたい人や経験が浅くて不安を抱えている人におすすめですよ。

各求人には「Pick up!」というページが設けられており、募集している求人企業から「未経験者の未来をデザインする6ヶ月以上の研修制度あり」「クリエイティブスキルをイチから習得できる」といったようなメッセージや注目ポイントが記載されていますよ。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
求人数 公開求人数:281,130件

クリエイティブ求人:7,081件
業種未経験者歓迎:602件

Webプロデューサー・Webディレクター・Webプランナー:1,732件
Webデザイナー:890件
アートディレクター(Web・モバイル):160件
UI・UXデザイナー(Web・モバイル):696件

ゲームプロデューサー・ディレクター・プランナー:609件
ゲームデザイナー・イラストレーター:380件
CGデザイナー:483件
更新日 毎週月曜日・木曜日更新
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

dodaにはスカウトサービスもあるので、上手に活用することで効率的に転職活動を進めることができますよ。自分では気づかなかった意外な企業からスカウトが届くこともあるため、登録しておくと選択肢を広げられるでしょう。


dodaサイトでは公開されていない非公開求人のオファーが届くケースもあるので、ぜひ活用してみることをおすすめします。

おすすめの人

●未経験からデザイナー・クリエイターになりたい人
●多数の求人を比較検討したい人
●スカウトサービスを利用したい人

登録はこちら
(公式サイト)

グッドポイント診断で自分の強みがわかるリクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートグループが運営している大手転職サイトです。総合型転職サイトの中では最大級で日本の全業界・職種の求人を網羅しており、数は少ないですがデザイナーやクリエイターの求人も扱っています。

求人を見てみると「企業からのメッセージ」というページがあり、幅広い知見を持ったデザイナーを募集しています、というような具体的な内容や魅力について記載されています。

他にも「リクナビNEXTの取材から」というページも設けられていて、その企業で働いている社員や採用担当者からのコメント紹介されているので、より入社後のイメージがしやすくなるでしょう

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://next.rikunabi.com/
求人数 公開求人数:127,130件

Webデザイナー:425件
UI/UXデザイナー:38件
ゲームプロデューサー・ディレクター:55件
ゲームデザイナー・ゲームプランナー:209件
CGデザイナー・グラフィックデザイナー・イラストレーター:339件

クリエイティブディレクター:169件
アートディレクター:93件
グラフィックデザイナー:168件
DTPオペレーター:38件
更新日 毎週水曜日・金曜日更新
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

リクナビNEXTは「グッドポイント診断」という独自のサービスを提供しています。選択式の質問に答えるだけで自分の強みを知ることができますよ。診断結果は応募時に添付できるので、企業へアピールする際にも役立ちます。


ただし、他の転職サイトと比較するとデザイナーやクリエイターの求人数がそこまで多くないため、ビズリーチdodaも合わせて活用することをおすすめします。

おすすめの人

●未経験からデザイナー・クリエイターになりたい人
●初めて転職サイトを利用する人
●グッドポイント診断で自分の強みを把握したい人

企業の雰囲気がわかりやすいGreen

Green

GreenはIT・Web業界の転職に強みを持つ転職サイトでデザイナー・クリエイター求人も豊富に取り揃えているのが特徴ですね。本来転職サイトは求職者本人が自ら求人検索から応募までおこなうものですが、Greenは登録されたプロフィールを見て、人事担当者が直接スカウトをしています。

最大の魅力はほぼ全ての企業が写真を掲載している点です。その企業で働く社員の姿やオフィスの様子がわかるので、デザイナー・クリエイターとして働く環境がどうなっているのか、より具体的に知ることができますよ。

デザイナーやクリエイター求人で興味があるものがある場合は「気になる」というボタンを押せば、企業への興味を気軽に伝えられるようになっているのも嬉しい部分ですね。マッチングすればカジュアル面談をしてもらうことも可能ですよ。

運営会社
公式サイト
株式会社アトラエ
https://www.green-japan.com/
求人数 公開求人数:28,453件

Webデザイナー・UI/UXデザイナー:1,262件
Webコーダー・HTMLコーダー:452件
Webプロデューサー・Webディレクター:821件

プロデューサー・ディレクター・プランナー:397件
ゲームプログラマー:445件
グラフィック・CGデザイナー:682件
CADオペレーター:8件
更新日 随時更新
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

求人ページに「PR」のページがあるので、社員のインタビューを読むことで自分がその企業でデザイナー・クリエイターとして働くイメージやビジョンを立てやすくなります。


ただ、Greenも他の転職サイトと比べてデザイナー・クリエイター求人が少ない傾向にあるので、同時にビズリーチdodaも併用するのが良いでしょう。

おすすめの人

●IT・Web業界でデザイナー・クリエイターになりたい人
●企業の雰囲気をより詳しく確認したい人
●スカウトを受けたい人
●カジュアル面談を活用してみたい人

デザイナー・クリエイターが転職エージェントを選ぶ際のポイント

デザイナーやクリエイターが転職エージェントを選ぶ際のポイントがあれば、事前にしっかりと把握しておきたいところですよね。

後悔しないためにも押さえておきたい大事なポイントは以下に挙げた2つとなっています。

自分に合った求人を保有している

1つ目のポイントは「自分に合った求人を保有している」ことです。

なぜなら、デザイナーやクリエイターのような専門職を希望する場合は、他の職種以上に自分に合った求人を保有している転職エージェントの活用が大事になってくるからなんです。

というのも、どういった案件やプロジェクトの経験を積めるのかで、その人のスキルセットや将来のキャリアがある程決められてしまうからです。

一言でデザイナー・クリエイターと言っても職種の幅がとても広いので、事前に確認しておく必要があります。

例えば、デザイナーと一口に言っても以下のボックスにまとめたように、その分野は多岐に渡ります。

  • WebサイトやアプリなどのWebデザイナー
  • DTPデザイナー
  • プロダクトデザイナー
  • サービスやプロダクトのUI・UXデザイン

転職エージェント末永 末永

もちろんそれに伴って仕事内容も違ってきますし、求められるスキルや経験も大きく異なってきます。


そのため、自分が希望する案件を多く保有している、または深い理解があるのかどうか確認した上で転職エージェントを選ぶのが良いでしょう。

相性の良いキャリアアドバイザーが在籍している

2つ目は「相性の良いキャリアアドバイザーが在籍している」ことですね。というのも転職活動をスムーズに進められるかどうか、キャリアアドバイザーとの相性が影響してくるからなんです。

自分が希望する業界・職種の知識や情報を多く持つキャリアアドバイザーを見つけ、親身になって今後のキャリアプランなどの相談やヒアリングをしてもらえるかどうか確認してみましょう。

例えば、Webデザイナーを希望するならWebデザイナーに関する知識やノウハウ、理解度が深いのかどうかをチェックする、というような感じですね。デザイナーやクリエイター業界特有の転職ノウハウの有無も大事なポイントです。

転職エージェント末永 末永

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためには複数の転職エージェントに登録するのが1番確実ですよ。登録をして実際に面談を受けてみて、サポートを任せられるかどうか判断しましょう。


できれば5〜6社に登録するのが望ましいところですが、多いと感じたら2〜3社でも大丈夫ですよ。もし相性が合わないと感じた際には、追加でまた別の転職エージェントに登録をして比較してみることをおすすめします。

デザイナーの転職に強い転職エージェント

  • リクルートエージェント(IT)
    国内最大の定番エージェント!エンジニアやIT業界の求人も多数保有
  • Geekly(ギークリー)
    IT・WEB・ゲーム業界特化の転職エージェント!専任のプロがどんな悩みも徹底サポート
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

転職エージェントの選び方について、さらに詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください!

デザイナー・クリエイターに特化した転職エージェントをおすすめする理由

デザイナー・クリエイターの転職の際にどうしてデザイナーやクリエイターに特化した転職エージェントがおすすめなのか、疑問に感じている人もいると思います。

デザイナーやクリエイターに強みを持つ転職エージェントをおすすめする理由としては、以下の4つが挙げられます。

  • デザイナー・クリエイター求人を多数保有している
  • デザイナー・クリエイターの非公開求人を持っている
  • ポートフォリオ作成のアドバイスがもらえる
  • 面接官に刺さる面接対策をしてもらえる

デザイナーやクリエイターに強みを持つ転職エージェントをおすすめする1番の理由は、デザイナー・クリエイター求人を多数保有しており、一般公開されていないデザイナーやクリエイターの非公開求人も多く扱っていることです。

他の転職エージェントにはない、その転職エージェントにしかないデザイナーやクリエイターの非公開求人を保有しているケースもあります。他にも、応募するときに提出が求められるポートフォリオの作成もアドバイスをもらいながら作成できるのが嬉しい点ですね。

転職エージェント末永 末永

また、デザイナー・クリエイターに強みを持つ転職エージェントには、デザイナー・クリエイターの転職事情や企業の内情に精通したプロがいます。


だからこそ、デザイナー・クリエイターに強みを持つ転職エージェントを利用すれば、求人企業が採用したいと思ってもらえるようなアピールの方法などを教えてくれるので安心感がありますよ。

デザイナーの転職に強い転職エージェント

  • リクルートエージェント(IT)
    国内最大の定番エージェント!エンジニアやIT業界の求人も多数保有
  • Geekly(ギークリー)
    IT・WEB・ゲーム業界特化の転職エージェント!専任のプロがどんな悩みも徹底サポート
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

デザイナー・クリエイターが転職エージェントを上手に活用する方法

デザイナーやクリエイターが転職エージェントを上手に活用するには、デザイナー・クリエイター業界の内情に強い転職エージェントを利用することが非常に重要だと言えます。

また、合わせて専門家としての知見に基づくアドバイスや指摘・ノウハウを伝授してもらえる転職エージェントを活用するのがおすすめですね。

転職エージェント末永 末永

デザイナーやクリエイターという専門職種は専門性が高い分野のため、その分野に強みを持つ転職エージェントを利用することで、しっかりと対策や準備がおこなえます。


ただし、少しでも多くのデザイナーやクリエイター求人を網羅して選択肢の幅を増やすことを考えると、転職サイトも併用するのが良いと言えるでしょう。

キャリアアドバイザーはあなたの希望や条件をもとにマッチする求人を提案してくれます。ですので、譲りたくない希望や条件、妥協しても良い希望や条件を明確にキャリアアドバイザーに伝えておくとミスマッチを防げますよ。

転職エージェントの賢い使い方や裏事情について知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。

デザイナーに強い転職エージェントの使い方

転職エージェント利用の流れの画像

ここではデザイナー・クリエイターに強みを持つ転職エージェントの使い方や流れについて解説していきます。

デザイナー・クリエイターの転職に強みを持つ転職エージェントの場合は、大手総合型・特化型でも基本的にサービス提供の内容に変わりはありません。

そのため、利用の流れもまた基本的に同じ形となります。

  1. 利用申し込み・会員登録
  2. 面談
  3. 求人紹介・応募書類添削
  4. 応募
  5. 模擬面接
  6. 書類選考・面接
  7. 内定・年収交渉・入社

転職エージェントに登録をすると担当のキャリアアドバイザーからメールまたは電話で連絡が来ます。そこから30分〜1時間ほど初回面談をおこない、これまでの経歴や希望する業界・職種をヒアリングされます。

ヒアリングでは「なぜデザイナーとして転職をしたいのか」「どうしてクリエイターに転職をしたいのか」という部分も確認されるので、しっかりと伝えられるようにしておくのが大事なポイントですね。

また、今後どのようなキャリアを積んでいきたいのか、どういう将来設計を描いているのかというキャリアプランなども深掘りしていきますよ。

転職エージェント末永 末永

求人選定はヒアリングの内容をもとに提案されるので、希望する業界・職種、条件は嘘をつかず正直に伝えるようにしましょう。


Webデザインだけやりたいのか、それともWebデザインの中でもUIデザインをやりたいのかなど、できるだけ明確にしておく必要があります。その上で自分が希望する求人とマッチしているものを紹介してもらいましょう。

デザイナーやクリエイターに強みがある転職エージェントでは、どのようにアピールするのが効果的であるのか把握しています。そのため、どのように答えれば求人企業に刺さるのかアピールするコツをしっかりと伝授してもらえますよ。

転職エージェントの利用の流れや賢く使い倒すコツなどについては、こちらの記事で詳しく解説しています!

転職サイトの利用の流れ

転職サイト利用の流れの画像

デザイナーやクリエイターの求人は全体的に少ない傾向があるので、転職エージェントと一緒に転職サイトの利用もおすすめしています。ここでは転職サイトの流れについてご紹介していきますね。

転職サイト(求人サイト)の場合ですが、スカウト型の転職サイトなのか、求人検索型の転職サイトなのかという部分で登録後の流れが少し変わってきます。

ただ、基本的にはどちらも同じような形で進んでいきますね。

  1. 会員登録
  2. 求人検索(スカウトに返信)
  3. 応募書類作成〜応募
  4. 書類選考・面接
  5. 内定・意思決定
  6. 入社

スカウト型の転職サイトはヘッドハンターや企業側からのスカウトに返信する形で進んでいきます。ヘッドハンターからスカウトが届いた場合は、あなたの経歴を確認して、ヒアリングをした上でマッチする求人を紹介してくれます。

ヒアリング内容は転職エージェントと変わらないので、不安を感じる必要はありませんよ。求人への応募から企業とのやりとりまでヘッドハンターが代行してくれるので、在職中でも安心して転職活動がおこなえます。

一方、求人検索型の転職サイトは求人検索から応募、履歴書や職務経歴書の作成など全て自分1人でおこなわなければなりません。自分がデザイナー・クリエイターとして転職したい業界・職種が明確な人はじっくり自分のペースで活動できるのでおすすめですね。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、スカウト型でも求人検索型でも履歴書・職務経歴書の添削や、応募時に必要なポートフォリオの作成、面接対策のアドバイスは受けられません。


ただ、添削やアドバイスをしてほしい旨を面談時に伝えると対応してもらえるので、しっかりと準備したい人や不安を抱えている人は遠慮せずにお伝えすると良いですよ。

デザイナー・クリエイターが転職する際の注意点

デザイナーやクリエイターが転職する際には、転職先のチームの制作・開発体制や環境を細かく確認するようにしましょう。

私もこれまで多くの転職希望者と面談をしてきましたが、自分が想定しているデザイナーの定義が当たり前だと思い込んでいる人が多く見られました。

そのため、実際に転職すると仕事内容や必要なスキル、環境が求めていたものと異なり、ミスマッチになってしまったという人もいました。

転職エージェント末永 末永

例えば、WebサイトのWebデザイナー求人でもHTMLコーダーやバックエンドエンジニアの分業体制ができており、デザイナーに求めているのはPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)を利用したUIの設計、デザイン業務のみという求人もあれば、逆にデザイナーにコーディングも含めた全てを求めている求人企業もあります。


似たような募集項目でも会社によって内容が大きく異なるので、企業側とデザイナーの定義や制作体制・環境の認識すり合わせを細かくしておくのがベストだと言えますね。

また、転職エージェントを利用する際の注意点としては以下に挙げた4つがあります。もちろん以下に挙げた注意点は全ての転職エージェントに当てはまるわけではないので、あくまでも参考程度に見て頂けますと幸いです。

  • 自分のペースで進められないこともある
  • 年収や職種・役職を調整されてしまう
  • 紹介される求人に偏りがある
  • 年収が高い求人ばかりを勧められる

上記に挙げた注意点を避けるためには、面談時に自分の希望や要望をしっかりと伝えて、どのように転職活動を進めていきたいのか、より明確にすることが大切になってきます。

転職エージェントを利用するメリット・デメリットについて、さらに詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください!

未経験からデザイナー・クリエイターを目指す際のポイント

未経験からデザイナー・クリエイターを目指したいという人も多いと思います。結論から申しますと未経験からでもデザイナー・クリエイターへ転職することは可能です。

しかし、全くの未経験からデザイナー・クリエイターに転職することは難しいです。というのも、デザイナー・クリエイターの転職では即戦力が求められる傾向が強いからなんですね。だからこそ、最低限のスキルや知識を習得しておく必要があります。

転職エージェント末永 末永

そこで未経験からデザイナーやクリエイターを目指す際の大事なポイントを以下で順番にお伝えしていきたいと思います。


大事なポイントは4つありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

20代のうちにデザイナーに必要なスキルを学ぶ

1つ目のポイントは「20代のうちにデザイナーに必要なスキルを学ぶ」ことです。なぜなら上記でもお伝えした通り、デザイナー・クリエイターとして1回もアウトプットしたことがない全くの未経験では転職ができないからなんです。

そのため、まず何かしらのデザインスキル・経験を20代のうちに積んでおくことをおすすめします。20代であれば独学やスクールで勉強した後に、年収は低くても名の知れた企業で3年ほど実務経験を積み、ステップアップしていくのが良いでしょう。

実際に事務職からデザイナーへ転職したという人も中にはいますよ。

転職エージェント末永 末永

20代ならこの方法でスキルと経験を積んで、人に見せられるレベルの成果物(作品)を作成できるまでになっていれば、一般転職と同様に実務経験のない未経験状態でも採用してもらえるチャンスが十分にあります。

実務経験によって求人が絞られる可能性がある

2つ目のポイントは「実務経験によって求人が絞られる可能性がある」ことです。未経験からでもデザイナーやクリエイターへ転職すること自体は可能ですが、企業によって求めるスキルや経験は異なります。

そのため、自分の希望が全て叶う求人に必ず出会えるというわけではありません。だからこそ、今後もデザイナー・クリエイターとしてキャリアアップしていきたい人は、未経験から初めて転職する際に、さまざまな案件が経験できる企業を目指すのが良いでしょう。

なぜなら、案件によって仕事の進め方や求められるスキルが変わってくるため、何となくで最初の会社を選ぶよりも自分の実務経験の幅が広がるからです。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、求人企業がどのような案件を持っているのか調べるのは大変なことですよね。もし1人でデザイナー・クリエイターの求人を調べきれない場合は、転職エージェントに相談してみてください。


デザイナーやクリエイターに強みを持つ転職エージェントは企業の内情に精通しているので、どんな案件が多いのか教えてもらえるのでおすすめですよ。

デザイナーの転職に強い転職エージェント

  • リクルートエージェント(IT)
    国内最大の定番エージェント!エンジニアやIT業界の求人も多数保有
  • Geekly(ギークリー)
    IT・WEB・ゲーム業界特化の転職エージェント!専任のプロがどんな悩みも徹底サポート
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

30代以降の場合は実績を作る必要がある

3つ目は「30代以降の場合は実績を作る必要がある」ことですね。30代以降で実務未経験だと内定をもらえる可能性が低くなります。というのも、30代を過ぎると一般転職と同じように即戦力としての実力が求められるからなんです。

ですので、転職難易度が高いのは前提としてあるものの、独学やスクールで最低限のデザイン・クリエイターの知識を身につけることをおすすめします。同じ未経験者でもスキルや経験が全くないという人よりも、少しでもスキルや経験がある人、基礎知識をしっかり持っている人のほうが採用されやすくなります。

転職エージェント末永 末永

もう1つの方法としてはクラウドソーシングを利用することが挙げられますね。実際に見てもらうと分かると思うのですが、未経験者歓迎のデザインの仕事も多くあります。


ですので、積極的に受注して挑戦して仕事としてのスキルや経験を少しずつ積んでいくという方法もアリですよ。リモートワーク(在宅ワーク)で対応できる案件もあるので、ぜひどんな案件があるのかチェックしてみてくださいね。

求人数が多い総合型エージェントを利用する

4つ目のポイントは「求人数が多い総合型エージェントを利用する」ことです。総合型の転職エージェントは幅広い業界・職種の求人を数多く保有しているのが大きな特徴として挙げられます。

幅広い業界・職種の求人を数多く保有しているからこそ、それだけデザイナーやクリエイターの求人と出会いやすくなるというメリットがあります。もちろん、未経験歓迎の求人と出会える可能性も高まりますよ。

さまざまなデザイナー・クリエイター求人を比較しながらどこに応募するのか検討できるので、納得感がいく転職ができるでしょう。

転職エージェント末永 末永

もし、キャリアアップのためにデザイナー・クリエイターへの転職を希望するという場合は、年収を上げられる可能性の高い転職エージェントを利用するのが良いですよ。


もしくは、求人の質が高く、かつ質の良い転職エージェントを選ぶようにするのがベストだと言えますね。

デザイナーの転職に強い転職エージェント

  • リクルートエージェント(IT)
    国内最大の定番エージェント!エンジニアやIT業界の求人も多数保有
  • Geekly(ギークリー)
    IT・WEB・ゲーム業界特化の転職エージェント!専任のプロがどんな悩みも徹底サポート
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

デザイナー・クリエイター転職に関するよくある質問

ここではデザイナー・クリエイターへ転職する際によくある質問や悩み、疑問をいくつかご紹介したいと思います。

詳しくお答えしていきますので、ぜひデザイナーやクリエイターに転職を希望する人は参考にしてみてくださいね!

ポートフォリオは前職・現職で作成したものを出して良いの?

人物 相談者

転職エージェントを利用して企業に応募する際に、ポートフォリオは前職や現職で作成したものを提出しても問題ないでしょうか?

転職エージェント末永 末永

結論から申しますと、基本的にはNGですね。なぜなら契約違反に当たってしまうからなんです。そのデザインは会社のものと考えるのが筋です。

転職エージェント末永 末永

イラストなどと同様、デザインにも著作権があります。ただし、自分がデザインしたもので、前職・現職もしくはクライアントから利用の許可が得られている場合は提出しても問題ありませんよ。


ポートフォリオの作成が不安な人は、しっかり対策してもらえる転職エージェントを利用して、専門知識を持ったキャリアアドバイザーにアドバイスしてもらうのが良いでしょう。

デザイナー経験が浅いけれどエージェントに登録できる?

人物 相談者

デザイナーとしての経験が浅いのですが、それでも転職エージェントに登録することはできるのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

結論、デザイナーの経験が浅くても転職エージェントに登録できます。ただ、スキルや経験によっては紹介してもらえる求人数がそこまで多くない可能性がありますね。

転職エージェント末永 末永

少しでも多くの求人を紹介してもらいたい場合は、クラウドソーシングなどでデザイナーの経験やスキルを向上させたり、どこかのデザイン会社で3年ほど経験を積んで実績を作るなどすることをおすすめします。

デザイナー・クリエイターの転職に役立つ関連記事

デザイナーやクリエイターに転職したいと考えていても、未経験だから不安だという人や経歴が浅いから自信がないという人もいますよね。

そのような不安や悩みを抱えている人に向けて、デザイナー・クリエイターの転職に役立つ記事をまとめてみました。気になる記事がありましたら、ぜひ目を通してみてくださいね!

line

line

人気の転職エージェント