英語力を活かせる求人が多い転職サイト・エージェント!おすすめを厳選

英語力を活かせる転職エージェント 転職サイト

    英語力を活かした仕事へ転職したい人向けに、キャリアのプロがおすすめの転職エージェント・求人サイトを外資系などのタイプ別に特徴や求人情報を紹介します。

    さらに上手く活用するコツなども徹底解説します。グローバル転職を成功させたい人必見です。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

英語を活かした転職をするなら転職エージェントがおすすめ

英語を活かした仕事へ転職したいのなら、英語に強い転職エージェントの利用がおすすめです。なぜなら、英語を活かせる企業求人を多数取り扱っているからなんです。

また、グローバル企業や外資系企業の選考では優秀な人材がライバルになります。そのため、グローバル企業や外資系企業への転職支援実績が豊富にあり、これまでのノウハウを活かしたサポートをしてもらえる転職エージェントの利用がおすすめだと言えます。

転職エージェント末永 末永

具体的には、英文レジュメ(履歴書・職務経歴書)の作成方法や英語面接のシミュレーションなど、これまでの支援実績をもとに教えてもらえますよ。


しっかりとしたサポート体制があるので、自分の実力や魅力を最大限アピールできるように対策してもらうことが可能です。

英語力を活かせる求人が多い転職エージェント

求職者の中にはグローバル企業・外資系企業なら英語力を活かせると思っている人も多いと思うのですが、必ずしも公用語が英語だとは限りません。

だからこそ、事前にしっかりと情報収集する必要があります。情報収集しなければ英語力を活かせない仕事をすることになり、転職後にミスマッチが生じてしまいます。

転職エージェント末永 末永

そこで今回は、英語力を活かせる求人が多いおすすめの転職エージェントを厳選してみました。


それぞれの特徴や求人数を以下の早見表にまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

特徴 求人数
リクルートエージェントリクルートエージェント 大手総合型
全業界・職種
メーカー/IT
求人が豊富
未経験可
596,520件
►すべての転職者向け
►語学力アリ×経歴に自信がない人
dodadoda 大手総合型
全業界・職種
IT/商社/人材
求人が豊富
未経験歓迎
281,130件
►すべての転職者向け
►語学力アリ×経歴に自信がない人
マイナビエージェントマイナビエージェント 大手総合型
全業界・職種
メーカー/Web
手厚いサポート
第二新卒歓迎
求人多数
►20代向け
►語学力アリ×経歴に自信がない人
JACリクルートメントJACリクルートメント ハイクラス
金融/コンサル
メディカル
高年収
15,000件以上
►英語力アリ×ハイクラス向け
►外資系に強い
パソナキャリアパソナキャリア 総合型
メーカー/IT
手厚いサポート
ハイクラス
女性に強み
50,000件以上
►英語力アリ×ハイクラス向け
►外資系に強い
2024年4月時点の求人数

 もっと見る
特徴 求人数
ロバート・ウォルターズロバート・ウォルターズ ハイクラス
IT/メーカー
高年収
1,850件
►外資系に強い
エンワールド・ジャパンエンワールド・ジャパン ハイクラス
IT/医療・医薬
高年収
970件
►外資系に強い
ランスタッドランスタッド ハイクラス
メーカー/医療
高年収
5,630件
►外資系に強い
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

英語に強みを持つとはいえ転職エージェントごとに得意領域が異なります。


ですので、より自分が希望する求人を見つけるためには2〜3社ほど複数登録するのが良いでしょう。

グローバル求人も多数のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートグループが運営する業界最大手のリクルートエージェントは、英語を活かせる求人をはじめ、大手日系企業や外資系企業の求人を多数取り扱っています。他にも未経験でも英語を活かせる求人や勤務地が海外である求人も保有しているのが魅力として挙げられます。

日系企業の転職支援実績はもちろんのこと、外資系企業の転職支援実績も多数あるため、キャリアプランの相談をしながら転職活動をスムーズに進めることができます。

さらに、あなたが希望する企業に合わせて、事前に企業がどのような人材を求めているのか、どのような面接傾向が見られるのかという情報を参考に対策をしてくれます。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
求人数 公開求人数:383,090件
非公開求人数:213,430件

英語を活かせる公開求人:8,826件
英語を活かせる非公開求人:13,665件

英語を活かせる日系企業:7,832件
外資系企業:4,885件
英語を活かせる未経験可:399件
勤務地海外:209件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

英語を活かせる求人を多数保有しているので、まだどんな業界・職種に転職したいのか明確に決まっていない人でも活用しやすいですよ。


英語のスキルにあまり自信がないという人でも、経験や持っている資格などを考慮した上で別の求人を紹介してもらえる可能性が十分にあるので、ぜひ活用してみてくださいね!

おすすめの人

●就業経験のあるすべて転職者
●初めて転職エージェントを使う人
●英語を活かせる日系企業へ転職したい人
●充実した求人の中から選択したい人

登録はこちら
(公式サイト)

英語に関する求人を多数保有しているdoda

doda

dodaリクルートエージェントに次いで多くの求人数を保有しており、転職エージェントと転職サイトが一体型になっているのが特徴です。そのため「自分で求人を探していたけれどやっぱりエージェントサービスに切り替えたいな」と思った際に切り替えられるのも嬉しいポイントですね。

外資系企業の求人や英語を活かす求人を探すときにも求人検索で絞ることができるので見つけやすいですよ。また、1つ1つの求人に「この求人を要約すると…」という項目があり、特徴をまとめてくれているので他の求人と比較もしやすいですね。

さらにdodaはパートナーエージェントサービスを無料で提供しているので、自分にあったキャリアパートナーと転職活動がおこなえます。職種や業種・地域に特化したパートナーエージェントも契約しているため、英語を使う転職に強みを持つパートナーにお願いするのも良いでしょう。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:281,130件

外資系企業:5,761件
勤務地海外:775件
英語を活かす:559件
英語を活かせる業種未経験歓迎:484件
海外出張あり:130件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/横浜/札幌/仙台/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

dodaではスカウトサービスも提供しているので、自分のスキルや経験に見合った求人が見つけやすくなります。企業から直接オファーを受け取れるので、思わぬ求人との出会いも期待できるでしょう。


中にはスカウト限定の面接確約オファーや非公開求人のオファーが届くこともあるため、英語を活かして転職したい人は市場価値を知るために利用してみるのもアリですよ。

おすすめの人

●就業経験のあるすべて転職者
●1度に転職サイトと転職エージェントに登録したい人
●たくさんの求人を閲覧したい人
●面接確約オファーで必ず面接を受けたい人

登録はこちら
(公式サイト)

手厚いサポートを受けるならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営する人材紹介サービスで20代〜30代の若手層の転職サポートを得意としています。そのため、英語力を活かして転職したい20代なら手厚いサポートを受けられるのでおすすめですね。

英語を使う仕事をしたいけれど経験が浅いから不安、全くの未経験だから転職できるかどうか心配という人でも、キャリアアドバイザーが絞り込んで提案してくれるので安心感がありますよ。

また、初めて転職する求職者を多く支援してきたことから、選考対策がきめ細やかで手厚いのが魅力です。英語を活かして転職したい人に対しても徹底した面接対策をしてもらえますし、様々な観点からアドバイスもしてもらえますよ。

運営会社
公式サイト
株式会社マイナビ
https://mynavi-agent.jp/
主な専任領域 IT・Webエンジニア、不動産・建築業、ものづくり・メーカー、販売・サービス、金融業、MR・メディカル、営業、管理部門、クリエイティブ職
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

転職エージェント末永 末永

他の人材紹介会社エージェントの書類選考の通過率は平均約20%程度なのですが、マイナビエージェントの平均通過率は約50%と結構高い数字になっています。


これは早いレスポンスや密な連絡のやりとりなど、求職者1人1人に寄り添った手厚いサポートの進め方をしてくれていることが影響しているのかもしれませんね。

おすすめの人

●就業経験のあるすべて転職者
●20代で転職を考えている人
●未経験チャレンジをしたい20代
●漠然と転職したい人
●業界大手で手厚いサポートが受けたい人

登録はこちら
(公式サイト)

外資系に強みを持つJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはグローバル人材に特化した転職・採用支援コンサルティングサービスで、英国やドイツ・アジア11カ国にグループ会社を持つ転職エージェントです。外資系企業への転職実績も豊富に保有しているのが大きな魅力ですね。

取り扱うグローバル求人を実際に見てみると「語学力」という項目があり、そこには英語力上級以上・中級以上・初級以上と記載されているので、自分のレベルに合わせて選ぶことができます。中にはTOEICのスコアが明記されているものもありますよ。

国別の求人特集もされているので、英語を活かした転職を希望する人にとって探しやすく、より多くの求人をチェックすることができるでしょう。さらに、海外転職を検討している人向けに「現地転職・生活情報」も紹介されています。

運営会社
公式サイト
株式会社ジェイエイシーリクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:15,000件以上

英語初級:2,812件
英語中級:1,496件
英語上級:239件

日系:12,351件
外資系:90件
勤務地海外:230件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/北関東/横浜/名古屋/静岡/大阪/京都/神戸/中国
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

JACリクルートメントは日本人夫婦がイギリスで企業した会社で海外に拠点を作っていった経緯や外資系企業との取引が多いという背景があるので、外資系企業の求人を多く扱っています。


サポートを担当するキャリアアドバイザーは、日頃から求人企業の人事と密にコミュニケーションを取っており、転職者に求めるスキルや経験、マインドを把握しています。求人企業の状況などは英文レジュメ・面接対策で適切なアドバイスに活かされています。

おすすめの人

●年収500万円以上で収入を増やしたい人
●マネジメント経験や一定の専門スキルがあり、キャリアアップしたい人
●外資系企業などグローバル転職を考えている人
●スペシャリストを目指したい専門職の人

登録はこちら
(公式サイト)

年収交渉の代行までおこなってくれるパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは手厚いサポートが受けられる利用者満足度が非常に高い転職エージェントです。2019年〜2021年のオリコン顧客満足度調査で3年連続で1位に選出されています。

また、パソナキャリアは非公開求人を含め50,000件以上の求人を取り扱っているので、英語が活かせる企業求人も多数保有しています。外資系企業の求人はもちろんのこと、大手日系企業の求人も扱っているため、幅広い求人と出会えます。

TOEICのスコアを活かせる求人も多数ありますし、自分でも気づけなかったこだわりや長所を客観的な視点からアドバイスしてもらえます。それだけではなく、残業時間や有給休暇制度といった企業の内部情報の確認をはじめ、年収交渉の代行までおこなってくれますよ。

運営会社
公式サイト
株式会社パソナ
https://www.pasonacareer.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:50,000件以上

英語:1,394件
TOEIC:96件
外資系:1,140件
海外勤務:139件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/大阪/愛知/神奈川/静岡/広島/福岡/北海道/青森/宮城/秋田/山形/福島/千葉/埼玉/茨城/群馬/栃木/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/三重/兵庫/和歌山/京都/奈良/滋賀/岡山/山口/島根/鳥取/徳島/高知/愛媛/香川/福岡/長崎/大分/鹿児島/佐賀/熊本/宮崎/沖縄
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

時間をかけた丁寧なサポートにより、自分の魅力を最大限アピールするコツを伝授してもらえます。他にも海外転職では勤務国の生活やビザ申請の情報なども提供しています。


少しでも多く転職先の選択肢を増やしたいと考えている人はリクルートエージェントを併せて利用することで、より多くの求人と出会えるのでおすすめですよ。

おすすめの人

●丁寧な転職支援を受けたい人
●年収やキャリアアップしたい人
●管理部門へ転職したい人
●女性ならではの相談をしたい人

ハイクラスや英語に特化しているロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズはいクラスの外資系・日系グローバル企業への転職に強みを持つ転職エージェントです。ハイクラスや英語に特化したエージェントの中でも、とくに高い英語力が求められる求人を多数扱っています。

世界の主要都市31ヶ国に拠点をかまえていることから、有名な大企業や中小企業・ベンチャー企業まで様々な規模のグローバル求人を保有しているのが特徴ですね。

英語を使う企業の求人のほとんどが英文で記載されており、下記のほうにはその求人を保有しているコンサルタントの連絡先も記載されています。また、英語を活かして転職したい人に向けて英語面接でよく聞かれる質問や自己紹介の仕方などを紹介しているコンテンツも多く用意されていますよ。

運営会社
公式サイト
ロバート・ウォルターズ・ジャパン
https://www.robertwalters.co.jp/
求人数 外資系・日系グローバル企業の英語を使う求人 :1,826件

リモートワーク:102件
対応エリア
拠点
全国
東京/大阪/海外にも30ヶ所
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

ロバート・ウォルターズは求人企業と長期的な関係性を重要視しています。しっかりと関係構築することで、転職市場には出回らないロバート・ウォルターズだけの求人が豊富にあります。


正社員だけではなく契約社員や派遣の求人も多くあるので、正社員以外の雇用形態で探したい人も相談してみると良いでしょう。

おすすめの人

●外資系、日系グローバル企業へ転職したいバイリンガル
●英語力を活かした仕事をしたい人
●正社員だけでなく、派遣や契約社員も検討している人

※登録の際は、ビジネスレベルの英語力が必須となります。

ハイクラス層向けの転職支援が得意なエンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパンはタイ・ベトナム・インドの3ヶ国に拠点があり、日本国内と海外に広がるネットワークを活用した外資系企業・日系企業への転職支援に特化している転職エージェントです。

ロバート・ウォルターズと同様、高い英語力が求められる求人も多数取り扱っています。アジア太平洋地域の外資系企業や日系グローバル企業の管理職・経営幹部といった、ハイクラス層向けの転職支援を得意としています。

エンワールド・ジャパンの各拠点には職種別支援チームの他に金融・消費財メーカー・製造業・医療など、各業界に特化したチームも配置されていますよ。

運営会社
公式サイト
エンワールド・ジャパン株式会社
https://www.enworld.com/
求人数 正社員:952件
派遣社員:59件
契約社員:8件

英語力歓迎の求人:1,019件
対応エリア
拠点
全国
東京/大阪/名古屋
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

業界と職種という2つのチームが連携し、転職者の希望にマッチした求人の紹介をおこなっています。


ですので、自分のキャリアがどのような職種・業界に活かせるのか悩んでいる人は相談してみると良いでしょう。

おすすめの人

●キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材
●正社員以外の雇用形態も考えている人
●グローバル企業へ転職したい人

海外営業・海外駐在の転職支援が得意なランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは1960年にオランダで設立され、日本を含む39もの国と地域に4,700以上の拠点があり、グローバル転職に強みを持っているのが特徴です。

日本では主に1,000〜2,000万円という高年収求人を取り扱っており、とくにIT業界や製薬・医療機器などライフサイエンス業界への転職支援を得意としています。

実際に求人を見てみると、各求人にどのような求人なのか魅力やポイントが記載されているので、一目でわかるようになっていますよ。

運営会社
公式サイト
ランスタッド株式会社
https://www.randstad.co.jp/
求人数 公開求人数:5,630件

語学力を活かす:1,669件
外資系企業:1,793件
海外勤務あり:494件
対応エリア
拠点
全国
北海道/山形/宮城/福島/栃木/茨城/群馬/埼玉/千葉/神奈川/東京/新潟/静岡/愛知/三重/大阪/京都/兵庫/広島/香川/愛媛/福岡/熊本/宮崎/鹿児
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

とくに海外営業・海外駐在の転職支援を得意としているので、これらを希望する人にはおすすめの転職エージェントだと言えるでしょう。

おすすめの人

●年収1000万円以上を目指している人
●IT業界やライフサイエンス業界へ転職したい人
●外資系企業への転職を考えている人

英語力を活かせる求人が多い転職サイト

英語力を活かした転職を検討しているなら、転職エージェントだけではなく転職サイトも併用することをおすすめします。

というのも、転職エージェントが保有している英語に関する求人数が限られているからなんですね。転職エージェントだけ、もしくは転職サイトだけでは転職先の候補となる求人が限られてしまいます。

だからこそ、1件でも多く英語に関する求人と出会うためには、転職エージェントを利用した上で転職サイトも一緒に利用すると良いでしょう。

転職エージェント末永 末永

また、転職エージェントと転職サイトを併用することで、少ない求人を網羅できるだけではなく、実際に業務で英語力がどのくらいのレベル感で求められるのかも把握できるようになります。


そこで、転職エージェントと一緒に利用したい転職サイトを厳選し、それぞれの特徴を以下の早見表にまとめてみました。

特徴 求人数
ビズリーチビズリーチ ハイクラス
IT・Web/製造
求人が豊富
高年収
249,720件
►すべての転職者向け
►英語力アリ×ハイクラス向け
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト ハイクラス
コンサル/製造
求人が豊富
高年収
305,350件
►英語力アリ×ハイクラス向け
リクナビNEXTリクナビNEXT 総合型
全業界・職種
商社/コンサル
未経験歓迎
127,130件
►すべての転職者向け
►語学力ナシ×経歴に自信がない人
2024年4月時点の求人数

海外の転職実績が豊富なビズリーチ

ビズリーチの画像

ビズリーチは国内で最大級のハイクラス求人を扱う転職サイトで、保有する3分の1以上が年収1,000万円以上となっているのが大きな魅力ですね。もちろんハイクラスだけではなく、英語が活かせる海外求人も豊富に取り扱っています。

英語力を活かしつつハイクラス転職も視野に入れている人におすすめです。海外営業やマーケティング、人事・管理などの年収600万円〜1,500万円の優良企業の求人もあるので、英語力やこれまでの経験を活かせる求人と出会いやすいでしょう。

ビズリーチには海外への転職支援の実績があるヘッドハンターも数多く在籍しており、英文レジュメの添削や面接対策などで非常に頼りになる存在です。

運営会社
公式サイト
株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:240,720件

シンガポール:2,451件
タイ:2,383件
ベトナム:2,389件
アメリカ・カナダ:2,381件
ヨーロッパ:2,229件
オーストラリア:2,245件
ヘッドハンター数 約6,200人(2023年6月時点)
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

スカウトメールは厳正な審査をクリアしたヘッドハンターが登録された職務経歴書を見て送るため、国内の人気企業や有名な外資系戦略コンサルなどから直接連絡がくることもあります。


どのような企業から、どのようなポジションで、年収はいくらぐらいなのかが把握できるので、自分自身の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

おすすめの人

●管理職経験者、専門性の高いスキルを持っている人
●海外転職を考えている人
●中長期的に転職を考えている人
●現在の年収が500万円以上の人
●自分の市場価値を知りたい人

登録はこちら
(公式サイト)

好条件求人のスカウトが届くリクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートグループが運営しているエグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。エグゼクティブ層の転職を専門としたヘッドハンターが、英語力を活かした仕事でのキャリア相談に乗ってもらえます。

英語を使う求人を豊富に取り扱っていますが、中でもとくにアジア圏の求人を多く保有しているので、香港やシンガポールなどで働きたい人にはおすすめだと言えますね。

また、取り扱っているのは年収800万円〜2,000万円のハイキャリア向けの求人ばかりです。英語を活かしながら管理職や幹部候補への転職を検討する人にもおすすめですよ。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://careercarver.jp/
求人数 公開求人数:280,650件

年収800万円以上:83,344件
英語を活かす:29,302件
外資系企業:2,797件
日系グローバル企業:189件
海外出張あり:1,518件
海外勤務あり:1,609件

アジア:2,462件
アメリカ・カナダ:878件
ヨーロッパ:454件
オーストラリア:86件
海外勤務:526件
ヘッドハンター数 約5,000名(2023年3月時点)
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

選ばれた会員のみに送られるプレミアムスカウトでマッチ度が高い「一球入魂スカウト」、企業が話してみたい!と考えている求職者に対してのみ送られる特別なスカウト「GOLDスカウト」などリクルートダイレクトスカウトならではの魅力もありますよ。

おすすめの人

●ハイクラスやエグゼクティブ転職をしたい人
●短期集中で期限を決めて転職をしたい人
●複業顧問を考えている人

登録はこちら
(公式サイト)

英語力に不安がある人におすすめのリクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートグループが運営する転職サイトです。人材業界最大手の転職サイトということもあり、掲載されている求人数は日本最大規模です。

様々な業界や職種の求人を扱っているので、英語を活かせる案件も豊富にあります。英語力はあるものの経験がまったくない、あまり自信がないという人は登録しておくと良いでしょう。

ただ、リクナビNEXTは転職サイトなので、求人検索から書類選考・面接対策、応募作業など全て自分自身でしなければなりません。また出会える求人にも限りがあるため、同時に転職エージェント2〜3社複数登録しておくことをおすすめします。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://next.rikunabi.com/
求人数 公開求人数:127,130件

英語・中国語など語学を活かす:10,885件
英語を活かせる第二新卒歓迎:5,238件
英語を活かせる業界未経験歓迎:3,515件
英語を活かせる職種未経験歓迎:6,172件
英語を活かせる社会人未経験歓迎:429件

外資系:1,518件
勤務地海外:167件
2024年4月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

リクナビNEXTのスカウトは自動的に送られてくる「オープンオファー」と、人事が個別に送ってくる「プライベートオファー」の2種類があります。


プライベートオファーは求人企業が興味を持っている状態なので、選考へ進めれば採用される可能性も高くなりますよ。

おすすめの人

●すべての年代の求職者におすすめ
●転職エージェントにサポートを断られた人
●初めて転職サイトを使う人
●どこの転職サイトを使えば良いのか迷っている人
●良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい人

登録はこちら
(公式サイト)

その他転職エージェント・転職サイト一覧

上記でご紹介した他にも、英語が活かせる企業求人を保有している転職エージェントや転職サイトがあります。

消費財メーカーや外資系の医療・製薬業界に特化した転職エージェントもありますし、現地スタッフが厳選した求人を扱う転職サイトなど、強みや魅力に大きな違いがあります。

アズール&カンパニー 消費財メーカーに特化した転職エージェントで、取引企業の80%以上が外資系企業です。
ヘイズ・ジャパン 外資系の医療・製薬業界に特化した転職エージェントで、バイリンガル人材の転職を得意としています。
QUICK USA ロサンゼルスやニューヨークに拠点があることから、アメリカの求人情報を多数持っています。
カモメアジア転職 リクルートグループが運営する海外・アジア向けの転職サイトです。現地スタッフが厳選した求人ばかりなので、他の転職サイトにはない案件と出会えます。

転職エージェント末永 末永

英語力があって、さらにキャリアをあげたいと考えている人はビズリーチJACリクルートメントに登録をした上で、上記の表にまとめた転職支援サービスも検討すると良いですよ。

転職エージェント末永 末永

一方、英語力はあるけれど経歴に自信がないという人はリクルートエージェントdodaマイナビエージェントの3社に登録をした上で、上記の転職支援サービスの活用も検討してみてくださいね。

さらにおすすめの転職エージェントや転職サイトについて詳細を知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

英語に強い転職エージェントの選び方

英語に強い転職エージェントの選び方を知っておくことで、より転職活動をスムーズに進めることができます。

「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔してしまわぬように、英語に強い転職エージェントの選び方を以下に4つまとめたので、参考にしてみてください!

  • キャリアアドバイザーに専門知識があるか
  • 英語転職の支援実績が豊富かどうか
  • 英語を活かせる求人が多いかどうか
  • 英文レジュメなどのサポートが充実しているか

まずキャリアアドバイザーが専門知識を持っているのかどうか確認するのが大切なポイントですね。なぜなら、キャリアアドバイザーによって経験や実績、保有している知識などに違いが生じるからなんですね。

英語力を活かす職種はキャリアアドバイザーの実績などもあなたの転職に関係してきます。だからこそ、英語転職の支援実績が豊富であるのかどうかも、合わせてチェックしておく必要があります。

転職エージェント末永 末永

英語に強みを持つ転職エージェントを選ぶ際に、さらに大事なのは英語を活かせる求人数が多いのかどうか、英文レジュメなどのサポートが充実しているのかどうかです。


英語力を活かせる企業といえば外資系企業が真っ先に思い浮かぶものですが、日系企業でも十分に英語を活かすことができます。自分が外資系を希望するなら外資系求人が多いほうを、日系企業が良いなら日系企業求人が多いところを選ぶのが良いでしょう。

また、英語に強みを持つ転職エージェントであっても、英文レジュメや英語面接といったサポートに対応しているか否か大きく分かれます。

外資系企業であろうが日系企業であろうが英文レジュメの提出が必須というケースもあるので、対応に力を入れているエージェントを選ぶのが良いと言えますね。

転職エージェントの選び方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

英語に強い転職エージェントをおすすめする理由

英語を使う転職をするときには英語に強い転職エージェントがおすすめと言われていますが「なぜ?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そんな人に向けて、英語に強みを持つ転職エージェントをおすすめする理由をご紹介していきますね。

  • 英語を使う企業求人を多数保有している
  • 英語が活かせる非公開求人がある
  • 英文レジュメの添削をしてもらえる
  • 英語面接の対策をしてもらえる

英語に強い転職エージェントをおすすめする理由としては、英語を使う求人を多く保有しており、一般公開されていない非公開求人も多数扱っていることが挙げられます。

通常の転職サイトなどの場合は英語を活かす企業求人が非常に少ない傾向にありますが、英語転職に特化したエージェントを利用すれば出会える求人の幅を広げられます。とくに外資系企業やグローバル企業は非公開求人として扱われているケースが多い傾向にあります。

転職エージェント末永 末永

英文レジュメの添削では「こういう書き方にするとさらに良くなりますよ」など様々なアドバイスを受けられるため、書類選考の通過率も高めることができます。


英文レジュメと同様に、英語面接でもしっかりと受け答えができるように、あらかじめ大事なポイントを押さえた上で英語面接の練習もしてもらえるので、大きな安心感がありますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

  • JACリクルートメント
    国内3位の規模を誇る転職エージェント。年収600万〜1,500万円以上の案件を多数保有
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

英語に強い転職エージェントを使う際の注意点

英語に強い転職エージェントの選び方やおすすめする理由を把握した上で、次に解説したいのが利用する際の注意点です。

そこで英語に強みを持つ転職エージェントを使う際の注意点を、以下に4つまとめてみました。

  • 転職の目的・希望条件を明確にする
  • 不満ばかりを言わない
  • 事前に書類を共有する
  • 転職エージェントを複数利用する

まず大事なのは転職する目的をはじめ、希望条件などを明確にすることです。「どんな業界や職種を希望するのか」「どんなポジションで働きたいのか」「なぜそう思っているのか」という部分を掘り下げて考えることが大切です。

また、キャリアアドバイザーとの面談時に前職や現職に対しての不満ばかりを言わないように気をつけましょう。不満ばかり口にしてしまうと「不満ばかりで何もしようとしないのか」とマイナス印象を与えてしまいます。

転職エージェント末永 末永

事前に書類を共有しておくほうが良い理由は、先に英文レジュメを作成しておくことで、キャリアアドバイザーとの面談時に改善点やアドバイス・指摘などを受けられるからなんです。

転職エージェントを複数利用するほうが良いのは、キャリアアドバイザーとの相性が転職活動に影響してくるからです。他にも1件でも多くの英語を使う求人と出会うためという理由も挙げられますね。

おすすめの大手総合型転職エージェント

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

  • JACリクルートメント
    国内3位の規模を誇る転職エージェント。年収600万〜1,500万円以上の案件を多数保有
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

転職支援サービスを上手く活用するコツ

英語に強みを持つ転職支援サービスをうまく活用するコツですが、専門家の知見に基づいたアドバイス・ノウハウを伝授してもらえる転職エージェントを利用することが何よりも大切です。

転職エージェント末永 末永

その理由としては、英語力を活かす仕事は専門性が高いため、転職サイトだけでは十分な準備や対策ができない可能性があることが挙げられます。


だからこそ、転職サイトを利用する際には転職エージェントも併用するのが良いと言えるでしょう。

この前提を踏まえた上で、英語に強みを持つ転職エージェントをうまく活用するコツを以下に3つまとめました。

  • 紹介された求人が妥当なのか自身で判断する
  • 面接対策をしてもらう
  • 円満退職の方法を教えてもらう

キャリアアドバイザーは面談を通して、これまでのキャリアや経験、希望や志向性を把握してから求人を提案してくれます。マッチしそうな求人を選んでくれてはいますが、最終的な判断は自分でするようにしましょう。

提案してもらった求人が希望や条件からズレていた場合は「提案してもらえて嬉しいけれど、◯◯という条件だけは譲れないので他のマッチする求人をご提案頂きたいです」など、より明確に希望を伝えられるようにすると良いですよ。

転職エージェント末永 末永

英語力を活かせる職種は選考の段階で英文レジュメ(履歴書・職務経歴書)の提出を求められることがあります。


また、企業によっては英語での面接がおこなわれるため、グローバル転職のノウハウを持つ転職エージェントを利用し、重点的に対策してもらうと選考通過率を高められますよ。

転職エージェントを上手に活用するためのポイントやコツについて、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

英語力を活かした転職を成功させるポイント

英語を活かした転職を成功させたいと考えている人は、転職したいと思っている職種で実務経験を3〜5年積むと良いでしょう。というのも、英語ができるからといっても容易に転職できるわけではないからなんですね。

転職市場では前提として、即戦力として活躍できるスキル・経験があって、さらに英語力がある人材が評価されます。つまり、英語ができるだけでは人事に魅力的な人材だと思ってもらいにくいということになります。

とはいえ、TOEICのスコアが700点以上の人は英語を活かす転職では有利になる傾向が見られますね。少し情報は古くなるのですが、実際にIIBCの「英語活用実態調査2019年度」によると、企業が海外部門の社員に期待するTOEICの平均スコアは690点と明記されています。

転職エージェント末永 末永

これはあくまでも平均値のため、外資系企業への転職を希望している場合は、さらに高いTOEICのスコアが求められる傾向にありますね。


ですので、英語を活かした転職を希望する人はTOEIC700点以上を目安にするのが望ましいと言えるでしょう。

英語力を活かした転職ノウハウやTOEICでどれだけの点数があれば転職が有利になるのか、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

英語を活かせる転職先一覧

英語力を活かせる転職先があれば、事前にどのくらいあるのか把握しておきたいところですよね。

そこで英語力を活かして活躍できる転職先を以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 外資系企業・グローバル企業
  • 商社・メーカー
  • 輸出・輸入などの貿易事務、海外の売買担当
  • インバウンドの店舗接客
  • リゾート・ホテル・観光
  • 英会話スクールの講師
  • 翻訳士

転職エージェント末永 末永

この中でおすすめなのは、外資系企業やグローバル企業の海外営業です。なぜなら、ビジネスはグローバル化が当たり前の時代となり、大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで幅広い規模の会社が海外進出をしているからなんですね。


それに伴い多くの企業が海外営業の募集をおこなっているというわけです。とくに自動車や食料品など有形商材を扱う海外営業が挑戦しやすいので、候補の1つにしてみるのもアリですよ。

もちろん外資系企業だけではなく、日系企業でも海外営業の募集をしているケースが多くあります。実際に転職エージェントや転職サイトの求人を見てみると多数あるので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

海外営業の転職事情について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

英語を活かした転職に関するQ&A

英語を活かして転職したいと考えている人からのよくある悩みや質問をいくつかまとめてみました。

英語を活かした転職を希望する人は、ぜひ転職する際の参考に見てみてくださいね。

TOEICとTOEFLってどちらが有利になる?

人物 転職者

実際のところTOEICとTOEFLってどちらが有利になるのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

日本国内や日系企業を希望するのであればTOEICのほうが有利になりますね。というのも、日本においては英語力を見極める基準としてTOEICのスコアを導入している企業が非常に多いからなんです。

転職エージェント末永 末永

ただし、注意したいのはTOEICのスコアが900点だったとしても英語が話せない人や使えない人が結構見られるので「TOEIC高得点=英語ができる」という証明にはならないことですね。


とはいえ、TOEICが高得点であれば「この人は努力する人だ」と英語力以外でアピールすることも可能ですよ。

英語面接がある場合、どんなことを意識・注意したら良い?

人物 転職者

英語面接がある場合は、どんなことを意識したり注意したら良いですか?

転職エージェント末永 末永

あまり低姿勢になり過ぎずに堂々としていることがポイントですね。お辞儀はしっかりとおこない、相づちやリアクションは少し大きくする感じにすると良いですよ。

転職エージェント末永 末永

近年では新型コロナウイルスの影響により、オンライン面接を導入しているケースも増えてきています。


画面越しになると、なかなかこちら側のリアクションや反応が伝わりにくいので、頷く際には「はい」と声に出しながらすると良いですよ。

英語を活かした転職を考えている人向け関連記事

英語を活かした転職をしたいと考えている人の中には、自分の英語力に自信がない人や経歴に自信がなくて不安だという人もいると思います。

そんな悩みや不安を抱いている人に向けて、英語を活かして転職する際に役立つ関連記事を以下にまとめてみましたので、気になる記事をぜひチェックしてみてください!

line

line

人気の転職エージェント