【必見】外資コンサルに転職!成功するための4つのポイント!

今回は外資系企業の中でも、コンサルティング業界に焦点を当てていきます。

外資コンサルの転職難易度や転職するためのポイント。

そして、採用試験での注意点、特徴、外資コンサルに強い転職エージェントの情報もお届けしていきます。

外資コンサルへの転職は難しい

外資コンサルへの転職は、結論から言いますと非常に難しいです。

その理由として、挙げられるのは「優秀な人で、学歴やスキル・キャリアがないと採用されないから」です。

また、英語力も求められることが挙げられます。

もし転職できたとしても、離職率が高いです。では、なぜ離職率が高いのかご説明しますね。

転職できても離職率が高い

外資コンサルは転職できたとしても、離職率が高いのです。それは成果主義のためです。

中途採用の場合、3ヶ月程度で成果を出すよう求められる傾向があります。

成果を出すことができないと、解雇されてしまうのです。

そのため、3ヶ月〜1年で辞めてしまう人が多く見られます。

外資コンサルへ転職するための4つのポイント

外資コンサルは狭き門と言われており、採用が厳しいです。

だからこそ、外資コンサルへの転職を考える前に、まず自分が選考対象になっているのか、確認する必要があります。

確認しておきたいポイントは4つ。下記で4つのポイントについて、紹介していきますね。

1.学歴

コンサルは学歴を重要視します。

それは、努力を積み重ねて受験勉強を耐え抜き、結果を出した高学歴の人が「確率論で成果を出せる人」だと判断する傾向があるからです。

アドバイス

学歴に自信がない人は、総合系ファームを狙うのが良いです。


総合系ファームのスキルを持つことで、入社可能になってきています。

総合系ファームの場合、求められるスキルは「経営スキル」と「ITスキル」です。

具体的には、下記のようなスキルです。

  • 経営スキル
    →経営戦略、会計、人事、サプライチェーン(物流)、CRMなど
  • ITスキル
    →セキュリティ、ネットワーク、サーバー、デジタル領域、PM力など

2.経歴

外資コンサルティングファームは、「業界軸」と「業務軸」で専門分野が分かれています。

業界軸、もしくは業務軸のどちらか一貫した強みとなるスキルを持っていれば、外資系へ転職できるチャンスがあります。

表で具体的にご紹介したいと思います。

業界軸

製造 自動車
産業機械
食品
金融 銀行・証券
保険
不動産
社会インフラ 運輸・鉄道
エネルギー
情報通信

◆業務軸

  • 経営戦略
  • 会計財務
  • ITマネジメント&サービス
  • 組織・人事
  • クラウドマネジメント

表では一部のみをご紹介しています。

3.年齢

経験にもよりますが、年齢は35歳が目安です。

基本的に労働時間が長い傾向にある業界なので、深夜2時〜3時まで働くこともあり、耐えられる体力が求められます。

また、業務に必要な手法やノウハウを取得するには、20代の若い人が良いと考える傾向にあるからです。

30代を過ぎると時間がかかってしまうため、35歳以上で未経験転職をするには、経歴が必要になります。

4.英語力

英語の必要性は年々高まっており、その理由は2つあります。

1つ目の理由は「グローバルでナレッジの共有をおこなっているため」です。

2つ目の理由は「顧客となる企業がグローバル展開をしており、プロジェクト内で英語が必要なため」です。

採用の段階で英語は必要ありませんが、TOEICの点数を持っていると有利になりますので、目安の点数をご紹介したいと思います。

初級(TOEIC700点以下) 入社後に少々苦労してしまうかもしれません。
スクールに通い、英語力を高めることをオススメします。
中級(TOEIC700〜850点) 基礎がある程度できているため、普段の業務内で英語力を鍛えていきましょう。
上級(TOEIC850点以上) このレベルだと、業務上の専門用語(契約・交渉)など、英語力を鍛えていくのみ!

外資コンサルが向いている人・向いてない人

外資コンサルは成果主義・実力主義の業界です。

また、業務内容がハードなので、向き不向きが大きく分かれます。

それでは、どんな人に向いているのか、向いていないのか。

詳細を紹介していきますね。

向いている人

結論から言いますと、早く能力を取得したい人に向いています。

なぜなら、能力やスキルを日々高めていく必要があるためです。成長意欲のある人はマッチするでしょう。

若いうちにノウハウ・知識を習得し、実際の現場で発揮できるのが、コンサルティングファームの大きな魅力です。

向いてない人

外資コンサルは求められるレベルが高いので、覚悟が必要です。

その覚悟がない人には向いていないと言えるでしょう。

家族の時間やプライベートの時間を確保することも難しいです。

家族や自分の時間を大切に考えている人にも、不向きだと言えます。

外資コンサルに強い転職エージェント

外資コンサルへ本気で転職したい人は、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントでは、応募書類の添削・面接対策から入社するまでの転職活動をサポートしてくれますよ。

外資コンサルに強いオススメの転職エージェントを紹介します。

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

コンサル転職に特化したエージェント!
他社の2倍!圧倒的な内定獲得率を実現する質の高いサポートに強み

ポイント

  1. Bizreachにて実績上位3%となる最高ランク認定の信頼性
  2. 大手コンサルティングファームへの転職決定実績多数
  3. 転職決定者の平均年収は約850万円

アサインに
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという人は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

採用試験で気をつけるべきポイント

転職活動において、面接対策をしている人が多いです。

その理由は、自分の良さを面接で出しきれていないためです。

地頭が良くても、または優秀でも対策をしていないばかりに、自分の良さを引き出せていないケースが多く見られています。

しっかりとした企業研究や自分の強みを把握してアピールできるようにすることが大切です。

そして、素早く回答することが難しいフェルミ推定対策なども重要です。

ケース面接における考え方の思考訓練も1回くらいは、対策しておくのが良いでしょう。

外資コンサルの特徴

外資コンサルの特徴は、大きく分けて次の2つに分かれています。では、紹介していきますね。

成果主義・実力主義

外資コンサルは成果主義、実力主義の業界です。

目標を設定し達成することを重視し、その業績や結果が評価や年収に大きく影響していきます。

成果を出すことができずにいると、周囲から「なぜこの人はできないの?」という形で見られてしまうケースも。

年収や評価のみならず、自身の立場にも影響してくるのが特徴です。

労働時間が長い

プロジェクトにもよりますが、基本的に長時間労働です。

達成する期間は様々ですし、序盤と終盤は非常に忙しくなります。

とくに繁忙期や新規プロジェクトのピーク時は、どうしても深夜まで業務をおこなうことが多いです。

中には終電で帰れないこともしばしば、というパターンもあるそうです。

年収

年収は「ベース給」と「インセンティブ給」で構成されています。

気になる平均年収をご紹介していきますね。

アナリスト 550〜800万円
コンサルタント 800〜1,200万円
マネージャー 1,000〜1,500万円
シニアマネージャー 1,400〜2,000万円
パートナー 2,000万円〜
上級パートナー 4,000万円〜

ただ、成果主義のため、実力がなければ年齢が高くなっても、年収は上がらないので注意しましょう!

実はハイリスク

外資コンサルは、成果が出せなければ解雇されてしまい、雇用が非常に不安定です。

他にも、生涯年収が下がる可能性があるという点や、日系企業よりも社会的信用が低い点が挙げられます。

そのため、ローンの審査にも通りにくいという、デメリットがあります。

人気の外資コンサルランキング

人気の外資コンサルを紹介していきたいと思います。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、アメリカ合衆国に本社を置いているコンサルティング会社です。

事業部門や全社、成長、イノベーションなど、顧客にとって最優先の戦略的課題の解決に向けた支援をおこなっています。

関連記事マッキンゼーに転職したい人必見!押さえておきたいポイントを徹底解説!

ボストン・コンサルティング・グループ

ボストン・コンサルティング・グループは、アメリカ合衆国に本社をおくコンサルティング会社です。

世界50ヶ国90拠点以上にオフィスを展開し、グローバルな戦略系コンサルティングファームとして知られています。

関連記事ボストンコンサルティングへ転職するには?中途採用情報などを紹介

デロイト トーマツ コンサルティング

デロイト トーマツ コンサルティングは、世界最大規模の会計事務所であるデロイト・トウシュ・トーマツの主要メンバー企業です。

世界150ヶ国、25万人以上のエキスパートが連携し、経営戦略、M&A、ITアドバイサリーなど。

多岐にわたる専門サービスを提供している世界最大級のグローバル経営コンサルティング会社です。

関連記事デロイトトーマツコンサルティングへ転職|選考難易度や年収を解説!

アクセンチュア

アクセンチュアは、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社です。

様々な分野・産業に対し戦略、業務、ITなどのあらゆるコンサルティングを提供しています。

関連記事アクセンチュアの中途採用の難易度は高い?転職のプロがアドバイス!

外資コンサルへの転職を成功させるためには

コーポレートサイトなどから直接応募するのではなく、面接対策などをしっかりとおこなってくれる転職エージェントを活用するようにしましょう。

以下に、筆者がオススメする転職エージェントをいくつか紹介します。

気になるものがあれば、ぜひ登録してみてください!

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

コンサル転職に特化したエージェント!
他社の2倍!圧倒的な内定獲得率を実現する質の高いサポートに強み

ポイント

  1. Bizreachにて実績上位3%となる最高ランク認定の信頼性
  2. 大手コンサルティングファームへの転職決定実績多数
  3. 転職決定者の平均年収は約850万円

アサインに
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという人は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント