2019.08.14

マッキンゼーに転職したい人必見!押さえておきたいポイントを徹底解説!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

今回は、新卒・中途ともに人気企業である外資系コンサルティングファームのマッキンゼーについて調べてみました。
マッキンゼー・アンド・カンパニーは、世界大手の外資系・戦略系コンサルティングファームです。

マッキンゼー日本支社は、日本企業および多国籍企業のクライアントの経営課題を解決すべき、コンサルティングサービスを提供しています。

多くの業界トップ企業を含む国内上位30社の7割に相当する企業にサービス提供しています。

グローバルリーダーの採用と育成の面でも高い実績があります。

今回はどのような会社で、どのような人材を求めているのか。

そして、中途採用面接や注意しておきたいことについて、お伝えしていきます。

マッキンゼーってこんな会社

マッキンゼーは平均勤続年数3〜5年、「個々人のキャリア・ゴールを支援する」ことを位置付けている会社です。

どのような社風であるのかについては、下記の通りです。

社風

・優秀な人材は機会の獲得が多い
・社員の成長に重点をおいている
・フラットで明確な職場で風通しは良い
・実力主義、成果主義

社員の成長を重視した2つのサポート

マッキンゼーは、社風にもあるように社員の成長を重視しています。

社員が成長し、結果を出し続けるために、以下2つのサポートをしています。

①Team learning

Team learningと呼ばれる会議が行われ、自身の強み、自身の働き方をチームで共有し、社員の働きやすい環境を作る試みがされています。

②Feed back

評価的なフィードバックではなく、自身の働き方について、またチーム運営に関して希望通りになっているか。
どうやったら、より良くできるか話し合う機会があるそうです。
フラットな職場から、主体性が強く求められ成果主義、実力主義の傾向があります。
また、厳しい面としてはプロジェクトの参加に関して評判が悪いと、次のプロジェクトへの参加が難しくなるため、成果を出し続ける必要性があります。

マッキンゼーへ転職するには

結論から言うと、マッキンゼーへの転職難易度はかなり高いです。

少し説明を加えます。

マッキンゼーの職種はいくつかありますが、主な職種は以下2つになります。

1.ビジネスアナリスト
2.アソシエイト

まずビジネスアナリストですが、中途採用枠は確かにあります。

しかしながら、求められる経歴やスキルが非常に高いです。

コンサルタントとして3年ほどの経験、そして英語力が必須になります。

さらに、人物もかなり見られるので非常に難関と言えます。

もしあなたが総合コンサルのような会社で3年ほどキャリアを積んでいて、ビジネス英語が十分に話せる場合にはマッキンゼーへエントリーすべきでしょう。

一方で、もしスキル面が十分で無い場合には別のコンサル会社を経由しながら英語力を鍛えるのが懸命です。

では、具体的にどのような手順を踏めばマッキンゼーへ転職できるのか紹介します。

マッキンゼーへ直接転職するには、外資系企業の転職に強い転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

経験やスキル面が十分備わっている場合にはマッキンゼーへのエントリーをおすすめします。

基本的に転職エージェントを利用しなくても良いですが、マッキンゼーへの転職ともなると面接でケーススタディー試験があります。

ぶっちゃけケーススタディー試験は結構重要なので、対策してもらう必要が絶対にあると言っても過言ではありません。

そこで、私がおすすめしたい転職エージェントがJACです。

JACは外資系企業の面接に強いエージェントです。もちろんキャリアアドバイザーによりますが、ケーススタディーの対策をして貰える可能性は高いです。

加えて、マッキンゼーへの転職可能性を高めるという意味では、ビズリーチへの登録もおすすめです。

ビズリーチは転職サイトなので、ケーススタディーの対策をしてくれるわけではありません。

しかしながら、ダイレクトリクルーティングなのでもしマッキンゼーからあなたオファーがあった場合には有利に面接を有利に進められるでしょう。


【マッキンゼーへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)


  1. ビズリーチ
  2. JACリクルートメント

コンサルタント職を経由してマッキンゼーへ転職するには、"求人数"を多く持つ転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

経験やスキル面が十分備わっていない場合にはコンサルティング職を経由して、マッキンゼーへの転職をおすすめします。

具体的には、中小企業のコンサルタント職で英語力が必須では無い会社が良いでしょう。

コンサルタントとしての腕を磨きながら英語力を鍛えることでマッキンゼーへ転職できる可能性が高まります。

そして中小企業のコンサルタント職へ転職するためには、圧倒的求人数を誇る リクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと、中小企業のコンサルタント職求人を最も多く持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaだからです。

もう少し詳しく説明しますね。

コンサルタント職をスポットで探す場合、そこまで世の中に出回っている求人数は多くありません。

ただ、上記3社の場合には、非公開求人を多く持っている可能性がかなり高いです。

つまり、企業ページでは公開していない求人が沢山あるのです。

そのような非公開求人も含めて、最も多くの求人を持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaなんですね。

10個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのと、100個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのとでは、どちらの方があなたに合った求人を見つけられるかは明白ですよね。

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェント にも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。なので、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にマッキンゼーの求人がある可能性が高いです。


【中小企業のコンサルタント職への転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda

【女性で中小企業のコンサルタント職への転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. Type女の転職エージェント

マッキンゼーが求める人材

マッキンゼーが求めているのは、グローバルな舞台でリーダーシップを発揮できる方です。

それは、リーダーシップこそ最も重要なスキルだと考えているからです。

単に紙に書かれた答えを提出することではなく、クライアント組織の既存のやり方を変えること。

そのためには、非常に強力なリーダーシップが求められ、What we look for(マッキンゼーが求めている人材)でも触れられています。

内容
Personal impact パーソナル・インパクト 自分が周りに与える印象
Entrepreneurial drive 起業家精神
Problem-solving skills 問題解決能力
Leadership abilities リーダーシップ

マッキンゼーで求められる英語力

マッキンゼーでは、高い英語力が求められます。

面接・ケース面接・筆記試験の全てに英語が使用されます。

入社するためにはTOEICの高低とは次元が違う英語力が必要です。

実際に、マッキンゼー内定者のTOEIC平均点数は900点超えと言われています。

選考フロー

マッキンゼーの通常面接回数は平均5〜6回です。

筆記試験はポジションによりますが一般的。

もちろん、ケース面接も行われます。

大きな特徴は、採用試験が英語で行われることです。

では、流れについてご紹介していきますね。

中途の選考フロー 特徴
書類選考 日本語もしくは英語の履歴書提出があります。
適性検査 適正検査は実施しない場合もありますが、日本語もしくは英語でのオンラインか、ペーパーでの検査です。
面接 日本語もしくは英語での実施で、対面だけでなくビデオ・電話で面接を行うこともあります。

マッキンゼーの面接・ケース面接

マッキンゼーの公式サイトでは、面接の流れ・ケース面接について動画で解説されています。

なぜ動画で解説しているのか、その理由の1つ目は「優秀な人が欲しいから」です。

そして、2つ目は「付け焼き刃の面接対策では意味がない」からなのです。

自分で考えず覚えてきた回答をする人には適性がない、と判断されてしまいます。

中途採用にチャレンジしようと考えている人は、ぜひチェックした方が良いでしょう!

ケース面接ってなに?

ケース面接とは、フェルミ推定の応用とも言われており、すぐに答えが出せない質問を出題すること。

そして、妥当と思われる仮説を立て、質問回答を論理的に導き出す面接のことです。

「日本のGDPとGNPを改善させるのに、重要な点を教えてください」「外資系文房具メーカーの日本市場での戦略についてのケーススタディ」といった思考力を試す質問が実際にありました。

ケーススタディに関しては、あなたの答え自体を求めるよりも、どういうプロセス・背景で自分がこの結果を導き出したのか。

導き出した回答に重点を置き、取り組むといいのではないかと思います。

ケース面接対策

ケース面接では、付け焼き刃の面接対策が役に立ちません。

決まった回答のある面接ではなく、自分の頭でしっかり考えた回答が求められるためです。

自頭が良い人採用されるので、日頃の生活から努力を積み重ねていく他方法がありません。

問題が発生したときに自分自身で考える、ということを習慣化させましょう。

「なぜそこで働きたいのか」・「自分が何をしたいのか」きちんと明確にしておくことが大事です。

マッキンゼーへの転職体験談

実際にマッキンゼーへの転職をされた方の体験談をご紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

前職は銀行員として勤務していました。コンサルを経験することでよりキャリアの幅を広げたいと思い、マッキンゼーに挑戦しました。

繰り返しエージェントの方にケース面接のフィードバックをいただいたり、考え方のコツや癖を習慣化するために徹底的に対策をした結果、無事に内定をいただくことができました。(28歳・男性)

経営企画部で仕事をする中で、もっと大きなスケールで会社の経営の立て直しに貢献をしたいと考えるようになり、転職を決意しました。

コンサルティングファーム出身のキャリアアドバイザーの方に相談したことで、業界の詳細やコンサル出身の方の考え方などが学べたことが、面接対策においても非常に役立ちました。(26歳・女性)

戦略コンサルに絞った転職活動を行いました。当初は2〜3ヶ月での転職を考えていましたが、実際には7ヶ月かかりました。

前職の仕事をしながらの面接対策はかなりハードでしたが、じっくり納得いくまで準備をしたことが、結果的には内定に繋がったのだと思います。(29歳・男性)

マッキンゼーへの転職で気をつけたいこと

マッキンゼーの転職で気をつけておきたいことは、激務であることです。

業務量が多いので、体調を崩しやすく、自分の時間を取れないという点が挙げられます。

家庭を持っている方の場合は家族と過ごす時間も取るのが難しく、女性の場合は育児との両立が厳しいことも挙げられます。

また、前職のキャリア評価がされない点も注意しておきたいポイントだと言えます。

上記のようなことを防ぐために、転職市場における自分自身の市場価値を、転職エージェントに見極めてもらうのが良いでしょう。

前職のキャリアが評価されない

中途採用の場合、前職のキャリアはほとんど評価されることがありません

転職直後は給料が下がることを覚悟する必要があります。

もちろん、様々な業務にチャレンジしていくことになりますので、そこで成果を出せば、実力に見合った給料になるでしょう。

想像以上に低い年収が提示されたり、自分の希望とは違う業務につかされたり。

そういったことを防ぐためにも、転職エージェントの利用をおすすめします。

女性は働きながら子育てをするのが難しい

マッキンゼーは激務のため、3〜4ヶ月の短い期間でプロジェクトに集中して結果を出すことが求められます。

女性が子育てをしながら仕事を続けるには、とても難しい状況だと言えるでしょう。

結婚や妊娠を視野に入れている女性は、両立が厳しいため、転職することをもう一度よく考え直してみるのが良いです。

マッキンゼーの中途採用募集

マッキンゼーの中途採用募集は、6種類に分かれています。

その詳細について、ご紹介していきます。

ビジネスアナリスト

国内外の大学・大学院に在籍する新卒学生の方、および大学(学士・修士)。

実務経験2年未満の方が、ビジネスアナリストとしての採用対象になります。

業務内容は、プロジェクトの課題解決の個別分野を担当することです。

情報収集やその分析において中心的な役割を果たすほか、顧客メンバーとの協業。

プロジェクトの最終提案の取りまとめ、顧客企業の経営者へのプレゼンも担います。

3年目以降は、社内でアソシエイト・マネジャーのキャリアを積んでいく方もいれば、海外オフィスで活躍する方もいます。

アソシエイト

実務経験2年以上ある方、応募時点でMBAに在籍されている方。

また、Ph.D.の取得見込み・意思のある方が、アソシエイトの採用対象となっています。

アソシエイトは、プロジェクト課題解決の個別分野の担当から取り組みからスタート。

その後、プロジェクト全体にわたり課題の特定・仮説の設定・検証・顧客企業社内や外部インタビューなど。

最終提案のとりまとめなどに取り組みます。

採用ポジションは、実務経験等を踏まえてアソシエイト、あるいはジュニアアソシエイトのいずれかとなります。

プラクティスコンサルタント

プラクティス(産業研究グループ)に所属をして、その分野に特化したコンサルタントとして勤務を希望される方もいると思います。

そういった方はプラクティス採用チームへの直接ご応募となります。

BTO

BTOとは、「ビジネス・テクノロジー・グループ(BTO)」のことです。

このコンサルタントは、テクノロジーに関連する経営課題解決を中心として、グローバルで顧客企業の支援に取り組んでいます。

マーケティング

マッキンゼーのマーケティング・グループのコンサルタントは、マーケティング戦略やブランディング、プライシング。

そして、CRM、流通、マーケティング機能の強化などに関するプロジェクトに従事しています。

マーケティング・リサーチ、およびカスタマー・インサイトの専門家として、プロジェクトチームをサポートを行なっています。

オペレーション・グループ

マッキンゼーのオペレーション・グループのコンサルタントは、顧客企業が世界トップクラスのオペレーションを目指すこと。

また、パフォーマンスを持続的に改善できる組織へ変革を遂げるための支援に力を入れています。

マッキンゼーの年収・福利厚生

マッキンゼーの給与水準は、投資銀行やファンドに比べてやや低いですが、一般企業よりは高いです。

昇給スピードが非常に早く、年に6〜8%の昇給が見込めます。

年齢別年収

年収
20代 1,447万円
30代 1,818万円
40代 2,316万円
50代 2,638万円

例えばですが、30歳の男性で年収1,400万、35歳の女性で年収1,200万といったケースもあります。

特に個人によって年収は差がでますが、平均の年収は1,100万ほどと言われています。

職種別年収

年収
新入社員 500万円
アソシエイト 1,500〜2,000万円
マネジャー 1,800万円
コンサルタント 600〜1,500万円
リサーチ 900万円

マッキンゼーなどの外資系コンサルティングファームでは、評価により年収が大幅に変わってきます。

こなせる業務が増え、業務で成果を出すことによって、年収額をアップさせることも可能でしょう。

福利厚生

外資系企業のため、残念ながら家族手当や住宅手当は期待できません。

しかし、マッキンゼーは外資系企業としては珍しく、退職金制度がとても厚くなっています。

年収の16%程度が退職金として、自動的に積み上げられるようになっています。

ちなみに、これは年棒とは別に支給されます。

例えば、入社1年目のアソシエイトの場合。

仮に年収1,100万円だとしたら、その年収とは別に退職金の積立が200万円程度支給されることになります。

マッキンゼーは公平に評価してくれる!

マッキンゼーの評価制度は、成果主義となっています。

勤務評価に関しては、プロジェクトごとの評価、そして半期に一度の評価があります。

仕事のアウトプットから公平に評価されるようになっています。

仕事意欲が高い方、高い目標を達成したいという野心的な方であれば、やったことがそのまま自分に返ってくるため、やりがいがあると言えます。

しっかり評価してもらえるからこそ、モチベーションの高さにも繋がっていきます。

マッキンゼーの研修制度

マッキンゼーの研修制度には、「語学研修」と「留学支援」の2つが用意されています。

研修制度が充実している理由は、職務経験の有無や専門・前職分野の違いを問わず、全員が業務必要な基礎知識・コミュニケーションスキルなど。

これらを迅速に習得できるように、十分なサポート体制が取られているのです。

語学研修

ビジネスアナリストとしての入社予定の方には、内定後に英語力判定テストを受けていただくようです。

その結果に応じて、入社前の英語レッスン受講などのについてのアドバイスをしてもらいます。

入社後も希望者は定期的な英語研修が受講できる体制になっています。

留学支援

マッキンゼーは、ビジネスアナリストの海外MBA留学を積極的にサポートしています。

この支援制度に定員はなく、同期入社のうち決められた人数だけが派遣留学できるという制度でもありません。

留学が将来のキャリアアップに有用で、本人がそれを希望している」こと。

そして、「仕事において高い成果を上げてきた」ことが認められるビジネスアナリスト全員がこの制度を利用できます。

マッキンゼーへ転職をするには?

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

どこの企業を志望しているのかが明確ではない方へ

さて、もしかすると読者様の中には「まだどこの企業に行きたいのかわからない」という悩みを抱えている人がいるかもしれません。

下記のツールは自身のステータスを入力すると、あなたにおすすめの転職エージェントをピックアップしてくれます。

ぜひ利用してみてください。

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。