非公開求人ってぶっちゃけどうなの?非公開理由やメリット・デメリットを解説

非公開求人

    非公開求人という言葉をみて「怪しくないの?」と感じている人に向けて、公開求人との違いやメリット・デメリットについてお伝えします。

    企業が非公開求人にする理由についても、転職のプロの視点で分かりやすく解説していきます。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

非公開求人とは?

非公開求人とは、企業のホームページや転職サイトなどで一般に公開されていない求人を指します。

具体的には以下のような求人です。

非公開求人の内訳

  • 人気企業の、特に人気職種の求人
  • 重要なポジション(役員クラス)の求人
  • 既存の重要なプロジェクトに参画する求人
  • 世間や社内に公表されていないプロジェクトに参画する求人

企業名や募集職種、仕事内容などが一般公開されていないため、なぜ非公開なのかと疑問を抱いたり、そのせいで怪しいと感じたりする人が多いですが、上記のような魅力的な求人が多いです。

なぜ非公開求人に上記の求人が集中し、企業が非公開求人扱いで転職エージェントに依頼するかは、企業が非公開求人を転職エージェントに依頼する理由で解説しますね。

転職サイトをはじめとした公開求人だけでは、これらのような入社後にやりがいを持って活躍できそうな求人には出会えません。

非公開求人は紹介制なので、転職エージェントに登録して非公開求人の紹介を依頼することが必要になります。

転職エージェント末永 末永

特にリクルートエージェントの非公開求人数が約30万件、dodaの非公開求人数が約20万件と、圧倒的な量を誇ります。(次点エージェントで2万件程度)


非公開求人を少しでも紹介してもらいたいなら、どちらかは登録しておきましょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

非公開求人と公開求人の違い

公開求人は企業名や職種、年収などが一般公開されており、自ら応募することができます。一方、非公開求人は募集内容の一切が非公開となっており、転職エージェント経由でしか確認することができません。

転職エージェント末永 末永

転職サイトで検索すれば誰でも見られる公開求人と、転職エージェント経由でしか見ることができない非公開求人には、様々な違いがあります。


それを分かりやすく説明するために、非公開求人と公開求人の違いを簡単に比較できる早見表を用意しました。

非公開求人 公開求人
見れる場所 転職エージェント 企業ホームページ
転職サイト
求人情報誌など
見る条件 エージェントからの紹介 無し
メリット ・選択肢が広がる
・エージェントが自分に合う求人を紹介してくれる
・どこでも気軽に見られる
・自分1人で応募ができる
デメリット ・経験やスキルによって紹介されない求人もある
・転職エージェントと面談しなければ見られない
・求人企業の深い情報が分からない
・大量採用の求人に偏りがち

公開求人は自分1人で応募できるので、誰にも時間を取られず転職活動がおこなえるのは良い点です。ただ、求人情報以外の判断材料が少ないため、自分に合っているのかを正しく判断することが難しい面もあります。

一方で非公開求人はエージェントに紹介してもらう必要がありますが、転職のプロがその人に合った求人を厳選して紹介してくれるものです。

転職を成功させたいならどっちを選ぶべき?

人物 転職者

非公開求人と公開求人の違いは分かったけど、転職先はどっちから探せば良いんですか?

転職エージェント末永 末永

非公開求人と公開求人のどちらの方が転職を成功させやすいのか、気になる人は多いと思います。


結論、転職を本気で成功させたい人は、どちらかというよりも両方を合わせて探すべきですね。

というのも、公開求人から自分1人で選ぶだけだと、自分に合った企業なのかよく分からないまま入社してしまい「こんなはずではなかった」と後悔してしまう可能性があるんです。

その点、非公開求人は転職エージェントと面談した上で紹介してもらえる自分に合った企業の求人なので、ミスマッチが起こりにくいんです。

さらに、転職エージェントは自分に合った求人の選び方も教えてくれます。それも参考にして、両方を合わせた選択肢から最も自分に合った求人を選ぶのが理想ですね。

転職エージェント末永 末永

ちなみに、両方を選択肢に入れて転職を成功させるなら、dodaを利用するのが手っ取り早いですよ。


なぜなら、dodaは本来別のサービスである転職エージェントと転職サイトの両方を同時に利用できるからです。

まずはエージェントと面談して自分に合った仕事や非公開求人を紹介してもらい、並行して自分でもサイトの公開求人から探すことで、多くの選択肢から自分に合った求人を見つけることができますよ。

最後まで無料で利用できるので、気になる人はぜひ以下のリンクから必要事項を入力して、利用登録をしてみてください。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職エージェントの基本的な流れや活用するコツについては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

企業が非公開求人を転職エージェントに依頼する理由

企業が非公開求人を転職エージェントに依頼する理由として「応募が殺到するのを避けたい」「重要なプロジェクトを社外に知られたくない」「自社の社員に知られたくない」という3つが挙げられます。

この3つの理由について、次でさらに詳しくお伝えしていきますね。

応募が殺到するのを避けたい

転職エージェント末永 末永

非公開求人の中には、誰もが知る人気企業も含まれています。というのも、人気企業では公開求人で採用募集をかけると、応募が殺到してしまうからなんです。

応募が殺到してしまうと、企業の採用担当者が毎日数十件・数百件の履歴書や職務経歴書、ポートフォリオに目を通さなければなりません。

しかし、いくら採用が中心業務だと言っても、とても処理しきれないのが現状です。

そこで、一般公開はせず非公開求人にすることで、ある程度企業側が求める条件にマッチする転職者だけからの応募がくるようにしているというわけです。

重要なプロジェクトを社外に知られたくない

転職エージェント末永 末永

重要なプロジェクトの動向を他社に知られたくないため、非公開求人にされているケースも多いです。


とくに非公開求人が多いのは、Web・ゲーム業界ですね。

新規Webサービスや新作ゲームの開発など、極秘プロジェクトはやはり競合他社に知られたくないと思うものですよね。

例えば、人気ゲーム会社がシナリオライターを大量に募集する求人を公開すれば「何か新しいゲーム開発を進めようとしているのでは?」と競合他社が察してしまいます。

このような情報が他社に知られてしまうと経営上のリスクに繋がる可能性があるため、非公開求人として採用するというわけなんです。

自社の社員に知られたくない

転職エージェント末永 末永

非公開求人は、他社に知られたくないという理由だけではなく、自社の社員に知られたくない情報も含まれています。


とくに多いのは、役員クラスの求人ですね。

秘密裏に採用をおこなう理由としては、自社社員に不安を抱かせたくないことが挙げられます。

求人を一般公開し、その情報を自社社員が見てしまうと「外部から役員を登用するということは、今自分が努力しても出世できないのでは?」など、疑惑や不信が生まれてしまいます。

だからこそ、非公開求人として扱うようにしているというのも理由の1つとして挙げられますね。

非公開求人のメリット

上記で非公開求人の特徴、メリットやデメリットについて表でご紹介しましたが、メリット・デメリットに関して、さらに詳しく説明していきます。

では、上記3つについて詳しく見ていきましょう。

求人数が多い

転職エージェント末永 末永

非公開求人は、各社転職エージェントが保有する総求人数の内、約5割以上を占めています。


実際に業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、2024年5月時点で全体求人約70万件のうち約30万件が非公開求人です。

企業のホームページや転職サイトでは見つけられなかった求人が見つかることもあるので、多くの求人を比較してじっくり決めることができます。

非公開求人を活用すれば、思いがけない企業の求人との出会いが待っているかもしれません。

転職エージェント末永 末永

転職エージェントの非公開求人を利用するだけで、利用しない場合の倍の数の求人と出会えるわけです。


「求人数ばかり多くても絞り込めないし…」という方でも、転職エージェントはあなたのやりがいや転職後に叶えたい条件などを踏まえてあなたに合った企業の求人を紹介してくれるので、求人数の多さに混乱することもありません。

なかでもリクルートエージェントdodaが業界トップの求人数なので、よりたくさんの求人からよりあなたにマッチした企業を紹介してもらいたい人は登録しておきましょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

大手有名企業の求人が多い

転職エージェント末永 末永

非公開求人の中には、応募が殺到してしまう人気企業や大手企業の求人情報が多くあります。


なぜなら、公開求人で募集することにより、応募が殺到するのを防ぐ目的で非公開求人を利用する企業が多いためです。

ですので、企業の公式サイトでは求人募集がないのに、転職エージェントのみで応募できる求人と出会える可能性もありますね。

大手企業や有名企業への転職を希望する人は、転職エージェントに登録をして、非公開求人を紹介してもらうのがおすすめです。

幹部クラスの求人が多い

転職エージェント末永 末永

非公開求人には、企業が一般公開していない幹部クラスの求人情報が多くあります。このような求人は年収が非常に高く、非公開求人を通してのみ知ることができます。


そのためマネジメント経験があり、管理職層への転職を希望する人は、公開求人よりも非公開求人の中から探すのがおすすめです。

ちなみに、非公開求人は企業ごとに特定の大手エージェント1社のみで求人を掲載するケースが多いというのはご存知でしょうか?

つまり特定の転職エージェントでしか確認できない求人が存在するということです。

そのため、はじめから1社に絞るのではなく2〜3社ほど複数登録して求人探しを進めたほうが、より自分の希望に近い求人を見つけやすいですね。

非公開求人のデメリット

非公開求人にはメリットがある一方で、デメリットも3点あるので、しっかり確認していきましょう。

経験・スキルによっては求人を紹介してもらえない

転職エージェント末永 末永

転職エージェントに登録しても、求職者の経験・スキルによっては、非公開求人を紹介してもらえないケースがあります。

そもそも、企業が求人を転職エージェントに依頼する理由の1つに「自社の求める人材だけを、ふるいにかけた上で紹介してもらい効率的に採用活動を進めたい」というものがあります。

このことから、転職エージェントは採用要件を満たしていない人材を企業に推薦してしまうと、「自分たちの要望が理解できてないのかな?」と企業から信用を失ってしまうリスクがあるんです。

そのため、転職エージェントは募集ポジションの採用要件を満たしている人のみに非公開求人を紹介しています。

非公開求人を紹介されたら、一定の内定見込みがあると捉えて良いです。

求められる職務レベルが高い

転職エージェント末永 末永

専門職やマネジメント層の募集となれば、豊富なキャリアや高いスキルが要求されるケースが多いです。


求められる仕事のレベル・ハードルが高くなることは避けられないと言えるでしょう。

未経験歓迎の求人がないというわけではありませんが、経験・スキルが大きく影響してくるため、注意が必要です。

というのも、非公開求人は比較的に好条件の募集案件が多いため、それだけスキルや経験、実績などが求められる即戦力採用である傾向が見られるからなんですね。

情報の収集方法が限られている

転職エージェント末永 末永

非公開求人では、雇用待遇や具体的な仕事内容、他の条件面の詳細について、転職エージェントからの情報しか得られないのもデメリットです。


非公開のため、事前に情報を知る術がありません。

自分を担当してくれるキャリアアドバイザーから紹介されて、初めて企業名や求人情報の内容を知ることになります。

自分のペースで事前にじっくり応募先企業について下調べできないことがネックだと言えるでしょう。

【デメリットをカバーするには】


結論から言いますと、非公開求人のデメリットをカバーするには大手の転職エージェントと併せて特化型の転職エージェントの利用もおすすめします。


というのも、非公開求人のデメリットは主に自身のスキル不足によるものですが、各エージェントによって保有求人や求職者に求めるレベル感が異なるからです。


そのため、自分の経歴や属性に合わせて特化型のエージェントも利用することでより多くの非公開求人を検討できるようになります。

圧倒的な求人数!対応可能層が幅広い

既卒・20代若手層の転職サポートに強み

ハイキャリア・専門職に強み

非公開求人の比較

非公開求人のメリット・デメリットを知った上で、各転職エージェント・転職サイトがどのくらい非公開求人を保有しているのか比較してみましょう。

リクルートエージェント

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントは求人数だけではなく、業種の網羅性もずば抜けています。履歴書や職務経歴書といった書類添削をはじめ、面接対策が充実しているのが魅力ですね。

また、丁寧なヒアリングによる求人を紹介してもらえるので、希望求人にマッチしやすく、紹介してもらえる企業求人で自分の市場価値も把握できます。

以下にリクルートエージェントが保有している公開求人数、非公開求人数を記載しておきます。こちらは2024年5月時点での求人数なので、その点だけご注意ください。

公開求人数 394,710件
非公開求人数 219,090件

さらに、Personal Desktop(パーソナルデスクトップ)というアプリなど便利な機能が充実していますよ。全業種を網羅しているので、より多くの求人を比較したいという人にはおすすめです。

ただし、1人のキャリアアドバイザーが複数の転職者を抱えているため、サポート対策が行き届かない場合もあります。ですので、手厚いサポートを受けたいならdodaも併用しておきましょう。

doda

転職エージェント末永 末永

dodaも求人数が豊富でとくに都市部の求人に強みを持っています。一定絞り込んだ上で求人を紹介してもらえるので、初めて転職する人や自分に合う仕事が分からないという人におすすめです。

転職サイトとエージェントが一体となっているので、求人検索とキャリアアドバイザーへの相談が同時にできます。そのため、転職サイトで見つけた求人の詳細情報をキャリアアドバイザーに訊ねることができますよ。

以下にdodaが保有している公開求人数(非公開求人を含む)を記載しておきます。こちらも2024年5月時点での求人数なので、その点だけご注意ください。

公開求人数 279,990件(非公開求人を含む)
非公開求人数 -

登録したら必ずキャリアアドバイザーとやりとりをしなければならない、というわけではないので、今すぐの転職は考えていない人におすすめですね。

ただ、キャリアアドバイザーが個人担当と企業担当が異なる片面型を採用しているため、意思疎通ができておらず、求人内容の情報に差異が生じるケースもあります。

ですので、個人担当と企業担当が同じ両面型を採用している、中小の転職エージェントを併用して利用するのが良いでしょう。

ビズリーチ

転職エージェント末永 末永

ビズリーチはエグゼクティブ向けの転職サイトのため、年収1,000万円以上、経営幹部クラスの求人を多く保有しているのが大きな魅力ですね。

ハイクラス向け求人が多いだけではなく海外転職にも強いですし、ヘッドハンターの質が高くサポートも期待できます。利用者の8割以上がスカウトメールでの転職となっています。

以下にビズリーチが保有している公開求人数(非公開求人を含む)を記載しておきます。こちらも同じく2024年5月時点での求人数なので、その点だけご注意ください。

公開求人数 258,520件(非公開求人を含む)
非公開求人数 -

他の転職エージェントや転職サイトには掲載されていない役職・ポジション・待遇などの独占求人(非公開求人)も多く集まっていますよ。

ただし、経歴が浅い人や転職回数が多い人だと登録審査に落ちてしまうケースがあるのでご注意ください。

また、無料プランでは使える機能が限られてしまうことや、転職エージェントのような手厚いサポートが受けられないというデメリットもありますね。

非公開求人に応募する際の注意点

非公開求人に応募する際にはいくつか注意点もあります。その注意点は以下に挙げた2つとなっています。

  • 転職サイトの非公開求人保有の有無を確認する
  • 転職を希望する業界・職種を明確にしておく

転職サイトは非公開求人を保有しているところと、そうではないところがあります。スカウトサービスを提供している転職サイトであれば、非公開求人を保有しているので紹介してもらえます。

転職エージェント末永 末永

例えば、リクナビNEXTといった転職サイトが挙げられますね。


リクナビNEXTは全業界・職種に特化しており、求人が毎週水曜日・金曜日に更新されます。ここにしか掲載されていない独占求人(非公開求人)も多数ありますよ。

また、希望する業界・職種が明確になっていないにもかかわらず、最初から非公開求人に絞って求人を探すのはおすすめしません。というのも、希望業界や職種を明確にしなければ活用できるスキルが分からないからです。

転職エージェント末永 末永

だからこそ、まずは公開求人を検索してその情報に目を通して、自分が目指したい業界・職種を探しましょう。


ある程度絞れたら、自分の経験やスキルを活かせる業界・職種をより明確にする必要があります。

自分の希望に合う非公開求人を探す方法

自分の希望に合う非公開求人を探す方法としては、その業界・職種の非公開求人を多く持っている転職エージェントに登録するのがおすすめです。

転職エージェントには得意な業界、強い業界・職種があります。つまり、得意であるからこそ、その業界・職種の非公開求人を多く保有しているということになります。

とはいえ、転職エージェント1社だけでは求人を網羅することはできません。なぜなら、企業によっては特定の転職エージェントのみに求人を依頼している場合があるからです。

非公開求人を網羅する意味でも、様々な業界・職種の求人を保有している大手転職エージェントは必ず1社以上押さえた上で、希望する業界・職種に特化したエージェントにも1~2社複数登録しておくと良いでしょう。

転職エージェントを複数利用するメリットや注意点については、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてください。

全業界・業種の求人を保有する大手エージェント

大手エージェントには、全業界・業種の求人が集まっています。大手企業や人気企業の非公開求人を多数保有しているのが特徴です。

「まだいきたい業界・職種が絞り切れていない」「より多くの求人の中から比較検討したい」という人におすすめです。

リクルートエージェントdodaマイナビエージェントともに、業界最大級の求人数を誇っているだけではなく、電話での面談も可能となっていますよ。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

20代フリーター・既卒・第二新卒に強い特化型エージェント

第二新卒のように正社員経験が少ない人や、既卒・フリーター・ニートのような未経験からチャレンジしたい場合は、未経験歓迎の非公開求人を多数保有しているマイナビジョブ20'sUZUZハタラクティブなどの就職エージェントがおすすめです。

履歴書・職務経歴書の書き方アドバイスや添削、企業ごとの面接対策を丁寧にサポートしてもらえます。

また、UZUZは未経験からチャレンジできるエンジニア求人やWeb業界の求人も保有しています。

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

マイナビジョブ20's

20代・第二新卒・既卒の支援実績26万人以上!
新卒支援実績No.1のマイナビによる若手向け転職エージェント!

マイナビジョブ20's

おすすめポイント

  1. 全求人が20代対象で未経験OKの求人が70%以上!
  2. 転職後の定着率93.6%!
  3. 新卒支援実績No.1のマイナビのノウハウを活用!

マイナビジョブ20'sに
相談する

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

年収600万円以上を目指す人にオススメのエージェント

リーダー・マネージャーといった企業の中核ポジションや管理職、マーケティングなどの専門スキルを活かして年収アップしたい人には、以下で紹介するサービスがおすすめです。

ビズリーチは年収600万円以上の優良求人のみを扱う会員制転職サイトです。

登録してレジュメを登録しておくと、企業の採用担当者や業界・職種に特化したヘッドハンターからスカウトメールをもらうことができます。

大手エージェントが保有していないような独自のコネクションを活かした非公開求人に出会うことができますよ。

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

エンジニア・デザイナー経験者向けのエージェント

現在エンジニアやデザイナーで転職を検討している人は、優秀なエンジニアやデザイナーを採用したい企業の非公開求人を多数保有する以下の特化型エージェントがおすすめです。

IT職種に特化しているので、大手転職エージェントよりもさらに専門的なサポートが受けられます。

その中でもリクルートエージェント(IT)は未経験OKの求人も多数保有しているので、未経験からエンジニアに転職したいと考えている人におすすめですよ。

また、エンジニア経験者で年収を上げたいと考えている人は、ウィルオブテックがおすすめです。専任のプロが2名体制で徹底支援してくれるため、中には年収を150万円以上あげた転職者もいますよ。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

マイナビIT AGENT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

おすすめポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

ウィルオブテック

年収UPがデフォルト!ITエンジニアのキャリアアップに特化した転職エージェント

ウィルオブテック

おすすめポイント

  1. 専属2名体制による多角的な視点からのサポート!
  2. ハイクラス求人含めITエンジニア向けの求人が常時数千件以上!
  3. 年収UPを前提とした転職支援!過去に年収150万円以上UPした転職実績あり

ウィルオブテックに
相談する

リクルートエージェント(IT)

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

おすすめポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)に
相談する

Geekly(ギークリー)

IT・Web・ゲーム業界に特化!期待以上の結果に導く転職エージェント

Geekly(ギークリー)

おすすめポイント

  1. 職種別のキャリアアドバイザーが専任サポート!どんなお悩みも個別に対応
  2. 書類選考通過率が2.4倍アップ!丁寧なヒアリングをもとにした求人提案が強み
  3. 書類作成から選考管理までフルサポート!働きながらのIT転職成功率87%

Geekly(ギークリー)に
相談する

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

line

line

人気の転職エージェント