マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職をしようかな?と思った方の多くがどこかで「マイナビエージェント」を必ず目にしていると思います。

マイナビエージェントって何者よ?」「本当に転職に役立つの?」って誰しもが思う疑問について、転職のプロである私が解説していこうと思っています。

マイナビエージェントのメリット・デメリットや気になる評判、おすすめの人などをまとめましたので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

マイナビエージェントの総評

マイナビエージェントの評価チャート

総評 (4.6/5)
求人の質 (4.5/5)
求人の数 (4.5/5)
サポート (4.7/5)
スピード (4.5/5)
オススメ度 (5/5)

末永

上記の表は、マイナビエージェントの求人・アドバイザーについて実際に利用した方からの評価になります。

マイナビエージェントは、求人の数も多く、サポートも手厚いですね!
それが、評価としても表れているのが分かります!

実際に、マイナビエージェントがどういうエージェントか評判・口コミと共に詳しく見ていきましょう!

マイナビエージェントってなに?


マイナビエージェント」は、マイナビ株式会社が運営する人材紹介サービスです。

転職エージェント業界では、リクルートエージ ェントやDODAと同じぐらい有名ですよね。CMなどの広告で見たことがある方も多いと思います。

マイナビエージェントは、20代の若手層向けの求人を多く保持しているのもあって、未経験業界や職種へチャレンジしようと思っている方に評価されていますね。

また、将来に対して漠然としている転職者に対して、経験豊富なキャリアアドバイザーが希望にあった求人の提案をしてくれます。

転職希望者1人1人に対して、時間をかけ丁寧にサポートをしているので、利用者満足度が全体的に高い特徴もあります。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いって?

マイナビ株式会社には転職者向けのサービスとして、「マイナビエージェント」と「マイナビ転職」があります。

同じマイナビだけど、正直どう違うの?って思われた方も多いですよね。

大きな違いとしては、マイナビエージェントが転職エージェントマイナビ転職が転職サイトということです。

転職エージェントと転職サイトの違いについて、以下で簡単に説明をします。

転職エージェント


転職者がキャリアコンサルタントと呼ばれる人と直接面談し、相談に乗ってもらいながら求人を紹介してもらう形です。

転職サイト


求人広告サイトや求人メディアとも呼ばれているサービスです。

インタネットや紙媒体などのメディア上に、企業が直接、求人情報を広告として掲載し、転職者がその求人広告を見て直接企業に応募する形です。

いかがでしょうが?
転職エージェントと転職サイトの違いをなんとなくは理解して頂けたかと思います。

転職エージェントと転職サイトの違いを理解することはとても重要です。
転職エージェントを利用したいのに、転職サイトを利用してしてしまったら本末転倒ですよね。

そこで、私末永としまして、勘違いを防止するために、選ぶべき転職エージェントと転職サイトをピックアップさせて頂きました。

どうせ転職エージェントのポジショントークだろう」と思われる方がいるかも知れませんが、このピックアップ中に弊社は入っておりません

かなり公正にピックアップした結果なので、ぜひ参考にしてください。

マイナビエージェントとマイナビ転職の具体的な違い

上記でも図を用いて紹介しましたが、マイナビエージェントは転職エージェント、マイナビ転職は転職サイトになります。

転職エージェントと転職サイトはそれぞれ別のサービスなので、まずは違いを知ることが重要です。

マイナビエージェントとマイナビ転職の具体的な違いとしては、以下のようになります。

キャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるため、効率良く転職を進めたい方忙しく自分でスケジュール管理ができない方は、マイナビエージェントを利用した方が良いでしょう。

一方、たくさんある求人の中から自分で探したい方、自分のペースで転職活動を進めたい方はマイナビ転職がおすすめです。

◆マイナビエージェント

求人 8割が非公開求人
サポート 専任のキャリアアドバイザーがサポート
特徴 ・職種や条件などヒアリングし、希望に合う求人を紹介
・書類の添削、面接対策、スケジュール調整
・自己PR、履歴書、職務経歴書の添削やアドバイス
・求人票に書いていない情報も聞ける
・応募や面接のスケジュール調整
・年収交渉などの代行

◆マイナビ転職

求人 様々な業界の求人を多数掲載
サポート 応募や日程調整などすべて自分で管理
特徴 ・自分のペースで転職活動ができる
・都合の良いときに気軽に求人情報を検索
・職務経歴を無料で添削

マイナビエージェントのメリット


マイナビエージェントを利用したいと思っていても、どんなメリットがあるのか分からないですよね。

マイナビエージェントの強みを主に3つご紹介します。

メリット

  • 中小企業の独占求人が多い
  • 第二新卒(20代)の転職に強い!
  • サポートが丁寧で心強い

中小企業の独占求人が多い

マイナビエージェントは誰もが知っている大企業だけでなく、あまり知られていない中小企業の求人も多く取り扱っています。

他の大手転職エージェントではフォローしていない部分まで、企業営業によって求人を確保しているから中小企業の案件が多いのです。これは転職者のニーズに応えるため、日々努力をしているからです。

知名度の低い企業を提案されると、思わず警戒をしてしまうと思います。でも、転職者の希望にマッチした求人を提案しているので、良い条件であることが多いです。

第二新卒(20代)の転職に強い!

マイナビエージェント第二新卒から30代前半にかけての転職実績が多いです。実際に登録の8割以上が35歳以下になっています。

多い理由としては他のエージェントよりも、若手育成に力を入れている企業が多く登録されているからです。

また、第二新卒の登録者数が他のエージェントと比較して、圧倒的に多いのもマイナビエージェントの特徴です。

理由としては、新卒時にマイナビを利用した方が、丁寧なサポートに良いイメージを持っており、転職の際にまた利用しているからです。

サポートが丁寧で心強い

マイナビエージェントは大手転職エージェントと比較すると、総登録者数は比較的少ないのですが、サポートが丁寧だと評判です。

登録者数が少ないため、転職者1人1人に寄り添った手厚いサポートができているのです。

その結果、書類選考の突破率が50%と、他のエージェントよりも圧倒的に高くなっています。ちなみに他エージェントの平均突破率は20%程度です。

マイナビエージェントの良い評判・口コミ

マイナビエージェントの評判ですが、キャリアアドバイザーのサポートが手厚いとの意見が多かったです。

サポートの手厚さは高い書類選考の突破率からも分かりますよね。

24歳 男性

SEとして運用・保守(前職)→2D・3DCADオペレーター(現職)
(4.9/5)

大学時代の就職活動の際もマイナビが運営するマイナビと同じくらい使いやすく、見やすかったのでとてもよかったです。
メールも頻繁に送られてきますが、自分の好みやマッチした仕事を探してきてくれるので、とても不快ではなかったです。

39歳 男性

契約社員(前職)→個人事業主(現職)
(4.4/5)

私は基本情報技術者、ITサポート、MCPなどの資格をいくつも保有してるため、基本的にはかなりの数の求人案件を紹介していただくことが可能になりました。
特に私は新しい技術「ブロックチェーンエンジニア」「 AI」「仮想通貨」などの開発、プログラマーに興味を持っておりますが、その点に関してもベンチャー企業から外資系企業まで幅広い会社を紹介してくれたのが嬉しかったです。

履歴書や職務経歴書の添削を入れてくれ、ダメな部分をきちんと指摘してくれました。指摘された部分に関しては、こう変えた方が良いとアドバイスをしてくれました。添削も1度ではなく、何度も何度も丁寧なアドバイスをしてくれたのもあって、とても満足のいく履歴書と職務経歴書になりました。

あと書類を修正する度に、自分の将来に対する希望が明確になっていき、面接の時にも役立ちました。(27歳・女性・営業職)

人前では緊張してしまう私なのですが、キャリアアドバイザーの方が親身に面接のアドバイスをして下さいました。

私の回答に対して、この点が良くないから、こう答えた方が良いなど、具体例を出して下さって、大変分かりやすかったです。

面接の練習を重ねたことで、面接当日もあまり緊張せずに臨むことができました。(25歳・男性・IT業界)

最初は名前も聞いたことがない企業を紹介されて、ハズレかな?って思っていたのだけど、そんなことなかったです。

自分の希望を面談を通してヒアリングをしてくれて、条件に合う求人をいくつも紹介してくれました。年収もちゃんと交渉してくれて、最終的には年収がアップしました。感謝しています。(30歳・男性・マーケティング業界)

他のエージェントは営業職ばかり紹介してきたのですが、マイナビは私の希望に合う求人だけ紹介してくれました。

未経験でスキルもない私の希望だったので、すごく困らせたと思います。でも、担当の方のおかげで本当にやりたい仕事ができています。(24歳・女性・デザイナー)

なんとなく転職したい!!ってマイナビエージェントに登録したので、なんで転職したいのか、転職してどうしたいのかって1度も考えてなかったのですが、キャリアアドバイザーとの面談で転職動機がどんどん明確になっていきました。

どの業界へ転職したいのかもよく分かっていなかったのですが、面談を通して自分がどういう仕事がしたいのか、把握することができました。(31歳・女性・ウエディング業界)

こういうサービスって転職したら、それで終わりなことが多いのですけど、マイナビエージェントは違いました。

転職後も定期的に会って下さって、将来についてのアドバイスをして下さいます。いつも的確にアドバイスをして下さっているので、とても頼りにしています。(35歳・男性・営業職)

マイナビエージェントのデメリット

メリットがあれば、当然デメリットもあります。

具体的には、マイナビエージェントは中小企業の求人が多く、大企業志望の転職者へ希望通りの提案ができなかったり、若手のキャリアアドバイザーが多く安心感の面で疑念を抱かされいるようです。

マイナビエージェントのデメリットについて、とくに多いものを3点紹介します。

デメリット

  • 40代以上やハイキャリアの求人が少ない
  • 登録場所が全国にない
  • キャリアアドバイザーによって対応が違う

40代以上やハイキャリアの求人が少ない

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強く、40代以上やハイキャリアの方への転職にはそこまで強くありません。

絶対に紹介されないわけではないのですが、「40代〜50代」「ハイキャリア層」の方は希望する求人が紹介されないといった不満を感じることが多いです。

40代以上・ハイキャリアで転職をお考えの方はJACへ

登録場所が全国にない

マイナビエージェントの登録場所は、以下の6ヶ所になります。

東京・横浜・大阪・名古屋・札幌・福岡

登録場所が大都市にしかなく、地方に住んでいると登録場所へ何度も行くのが大変です。

その場合は電話での面談も行なっているようですが、キャリアアドバイザーと直接面談をしたい方は避けたほうが良いでしょう。

キャリアアドバイザーによって対応が違う

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは丁寧なサポートをしている人が多く、対応に対して満足している転職者が多いです。

ただ、担当キャリアアドバイザーによっては、業界知識が足りておらず、転職へのサポートが満足に行えていなかったという意見もあります。

マイナビエージェントの悪い評判・口コミ

他の大手エージェントと比較して、案件やキャリアアドバイザーの経験のも差もあって、評判は相対的に低くなっていますね。

若手のキャリアアドバイザーが多く在籍しており、また若手層向けの求人を多く取り扱っているので、20代や30代の転職希望者は利用しやすい環境です。

ただ、経験が少ないキャリアアドバイザーへの不安や40代やハイキャリア向けの求人が少ないので、そういう方には合わない意見が多かったです。

24歳 男性

リハビリ系職種(前職)→株式会社の訪問看護ステーション(現職)
(4.4/5)

悪かった点としては、面接練習が実際の面接日の直前であり、少し焦ってしまった所がありました。
ですが、その中でも面接時のポイントや言い回し方など、細かくアドバイスしていただけたのは良かったです。

担当してくれたキャリアアドバイザーが私よりも年下で、希望する業界への知識がほとんどなかったように思います。

年下で知識がほとんどなくて、安心して転職を任せられず、結局他のエージェントを利用しました。(32歳・男性・広告業)

紹介してくれた求人は良いものばかりだったのですが、リクルートと比べて求人数が少なかったです。

今後の人生に関わることだから、たくさんの求人の中から選びたいと思っていたので残念でした…(27歳・男性・IT業界)

私は東北地方に住んでいて、地元にほど近いところで転職先を探していたのですが、マイナビエージェントは都内の求人ばかり紹介してきました。

大手だから地方の求人もあると思っていたけど、期待はずれでした。(31歳・男性・管理部門)

登録してすぐに連絡がきてびっくりしました。休憩時間に登録をしたので、仕事中で電話に出られなかったです。

何かある度にメールが来るので、自分の行動を縛られているようでちょっとイヤでした。都度都度の連絡でフォローしてくれるのはサポート面としては嬉しい人もいると思うのですが、私は自分のペースで転職を進めたかったので合わなかったです。(25歳・女性・販売業)

幅広い業界を取り扱っているので、行きたい業界の求人がないということはなさそうです。ただ、私のような40代向けの求人は多くないです。

面談をして求人を紹介したものの、良い求人がなかったので他の転職エージェントを利用しました。若い人には良い転職エージェントだと思います。(43歳・男性・営業)

求人票と実際に面接で聞いた内容が違っていた。事前に知っていたら、面接を受けることはなかったので、その辺はしっかりとして欲しいと思おう。(28歳・女性・医療関係)

マイナビエージェントがオススメの人は?

マイナビエージェントが気になった方のために、ぜひ登録したほうが良い方の特徴をまとめてみました。

以下のその特徴になります。

・転職が初めての人・20代〜30代で転職を考えている人

・異業種や異職種へのキャリアチェンジを希望している人

・営業系の求人が多いので、営業職を目指している人

転職は初めての人や20代〜30代で転職を考えている人

マイナビエージェントは転職初心者や20代の若手層に強いエージェントです。
初めての転職はなにかと不安ですよね。マイナビエージェントであればそういった初めての転職に慣れているので安心です。

異業種や異職種へのキャリアチェンジを希望している人

さて、転職をしよう!と考えた時に異業種や異職種への転職を望む人も多いのではないでしょうか。
マイナビエージェントでは、未経験からの異業種や異職種への転職実績もあるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

営業職を目指す人

マイナビエージェントは営業職への紹介に強い転職エージェントとしても有名です。
そこで、営業職を目指す人であれば、まず利用したいエージェントがマイナビですね。

マイナビエージェントを上手に活用する方法

せっかく登録したのなら、マイナビエージェントを上手に活用したいですよね。

そこで「キャリアアドバイザーとの付き合い方」と「希望の求人が紹介されない場合」の2点について説明して行きます。

キャリアアドバイザーとの付き合い方

転職エージェントを利用する上で、切っても切り離せないのがキャリアアドバイザーとの付き合い方になります。

マイナビエージェントでも当然担当のキャリアアドバイザーが付いて、転職までのサポートをしてくれます。

人と人との付き合いなので、時には相性が合わないと感じることや、キャリアアドバイザーの知識が浅いと感じることもあります。

もし、そう感じたらマイナビエージェントを退会するのではなく、きちんと「相性が合わない」「希望する業界に詳しい人が良い」などと自分の希望を伝えるようにしましょう。

電話で言いにくい場合は、メールで伝えるようにすると良いですよ。

利用者の希望にはしっかりと対応すると評判のマイナビエージェントなので、相談すれば希望に合うキャリアアドバイザーへと変えてくれます。

希望の求人が紹介されない場合

「マイナビエージェントに登録したけど、希望の求人が全く紹介されない」はよく聞きます。

全く紹介されない理由には、以下のようなものがあります。

・希望する求人がそもそも少ない・条件が厳しい

例えば、経験者を求めている業界へ未経験でチャレンジしたい場合、未経験でも募集している求人がないとキャリアアドバイザーは紹介できません。

もし、登録してなかなか希望の求人が紹介されなかったら、キャリアアドバイザーに1度理由を聞いてみると良いでしょう。

理由を聞くことで、どうすれば紹介される求人が増えるのか、希望条件とのミスマッチが把握できるようになります。

ミスマッチの把握は転職を成功させるためにも役立ちます。

マイナビエージェントのサポート内容


マイナビエージェントがどんなサポートをしてくれるのかは分かったけど、具体的にはどんなことをしてくれるの?と思う方が多いと思います。

実際にどのようなサポートが行われているのか、以下の項目に分けて解説をします。

①面談
②書類の添削
③面接対策
④スケジュール調整
⑤客観的なアドバイス
⑥非公開求人の紹介

①面談

面談では、スキルの棚卸しと現職を辞める理由、転職先への希望などについて、キャリアアドバイザーと話します。

プライベートなことなど、言いにくいこともあると思いますが、キャリアアドバイザーは数多くの転職者と面談をしているので、対応の引き出しはとても豊富です。

面談では希望する企業や業界へ転職できるよう、お互いに共通の認識を持つことが大切です。

キャリアアドバイザーは、面談で希望を聞いた上で、転職者の人柄キャリアプランに基づいた求人の提案をしてくれます。

この面談でウソを吐いたりすると、キャリアアドバイザーと信頼関係が築けず、希望する求人を紹介されなかったりするので、正直に自分の気持ちを話すようにしましょう。

②書類の添削

転職をする際には、履歴書の他に職務経歴書も付けると有利になると言われています。

職務経歴書は今までどのような仕事をしてきたのか、どのようなスキルがあるのかを判断する書類なので、書類審査で1番重要になってきます。

そのため充実した内容で、簡素に伝えることが大切です。ただ、職務経歴書の書き方は誰も教えてくれず、適当に書いてしまうことが多いのも事実です。

マイナビエージェントでは書類審査を突破するために、添削サービスを行なっています。書き方から修正のアドバイスまで、きめ細やかに対応してくれます。

また、面談でヒアリングした転職者の魅力や強みが伝わるような推薦状をキャリアアドバイザーが作成し、企業へ提出します。

③面接対策

転職面接は1対1で行う事は殆ど無く、2人から3人の企業側担当者と話すことになります。

具体例としては、管理部門、実務部門、現場のリーダーの3者のパターンが一番多く、いきなり面接すると言いたい事がほとんど伝えられない事が多いです。

その対策のために、面接対策があり、実際の面接形式に基づいたシュミレーションや立ち居振る舞いのレクチャーなど幅広く対応してくれます。

④スケジュール調整

仕事をしながら転職活動をするのは、時間的にも精神的にも余裕がなくなるものです。

1人で行う場合は、メールや電話での日程調整も自分で行わないといけないのですが、マイナビエージェントを利用すればキャリアアドバイザーに全て対応してもらえます。

例えば、「水曜日は定時退社日なので、業務後に面接をして欲しい」などの要望も調整をしてくれるのです。

また、自分ではやりにくい年収交渉などの代行も行なってくれます。

⑤客観的なアドバイス

希望が高すぎたり、やりたいことと今のスキルが合っていない場合、書類審査で落ちます。

キャリアアドバイザーはなぜ書類審査で落ちたのか、結果を客観的に分析し、どうすればいいのかのアドバイスをしてくれます。

具体的にはどのような資格を習得すれば良いのか、現職でやっておくと良いことなど、自分では気づきにくい点を助言してくれるのです。

例えば、希望する職種と合っていても残業がとても多い企業に申し込む場合、キャリアアドバイザーは残業はどれぐらいまで可能かをヒアリングし、希望を叶えるための手助けをしてくれます。

⑥非公開求人の紹介

マイナビエージェントに登録し面談をすることで、非公開求人を紹介してもらえます。マイナビエージェントの全求人のうち、80%が非公開求人です。

一般的な求人は、ハローワークやインターネット検索などで簡単に収集できますが、特定の求人については非公開となっています。

求人が非公開になっている理由としては、特定の技術を持っている人や性格が企業と合致する人だけを選別したいからです。

つまり、非公開求人とは、企業はエージェントに求めている人材の詳細を伝え、エージェントは合致する転職者だけを紹介するサービスのことを言います。

ちなみに一流企業や優良企業と呼ばれるホワイト企業の求人は、非公開求人になっています。

マイナビエージェントに多い求人や強い業界ってなに?

マイナビエージェントは、全業界・業種の求人を取り揃えています。

その中でも主な業界・業種は以下になります。

営業職
IT・Webエンジニア
クリエイティブ
不動産・建設業界
管理部門
金融業界
医療業界
保育業界
介護業界

一方で、弱い業界・業種はあまりないようですが、40代やハイキャリア層の求人は少ないです。若手向けの求人を多く取り扱っている転職エージェントだからこその弱点ですね。

マイナビエージェントが合わない方はこちら!

マイナビエージェントは、第二新卒や20代〜30代の若手向けの転職エージェントが大きな特徴です。

でも、「マイナビエージェントはちょっと自分には合わないな…」「40代向けの求人が少ないのか…」と思う方向けに、他の転職エージェントについてもおすすめポイントとメリット・デメリットについてご紹介します。

転職を成功させたい」「納得いくまで求人を吟味したい」「転職への不安を少しでも減らしたい」と思う方は、ぜひ転職エージェント選びの参考にしてみてください。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18