転職エージェントが合わない・辞めたいときの退会方法!【例文付】

転転職エージェントが合わない・辞めたいときの退会方法!【例文付】職エージェント 退会

    転職エージェントが合わない・辞めたいときの退会方法をはじめ、タイプ別のメール例文もポイント付きで詳しく解説します。

    また、合わせて転職エージェントを退会するタイミングや注意点、よくある質問もご紹介します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

合わない・辞めたいときは退会しても良い

結論から申しますと転職エージェントが合わない・辞めたいときは退会してOKです。基本的にはいつでも退会することが可能で、登録解除・解約によるペナルティや違反金なども発生しません。

ただし、内定が出た後もしくは面接日程が決定した後などに退会するといった、転職エージェント・企業側に迷惑をかけるような辞め方をしてしまうのはNGです。というのも、問題ある辞め方をしてしまうと今後、再登録するとなった場合に求人を紹介してもらえない可能性があるからなんです。

転職エージェント末永 末永

だからこそ、転職エージェントを退会する際にはできる限り迷惑がかからないよう、しっかり配慮することが重要なポイントになってきますね。


もちろんすべての転職エージェントとの相性が悪いというわけではないので、他の転職エージェントを活用して相性の良さを確認してみるのがおすすめです。

他の転職エージェントについて知りたい人はこちらの記事もチェックしてみてください。

転職エージェントを退会する主な理由

転職エージェントを退会・登録解除・解約したいと考えている人はよくいますし、その理由も様々です。その中でも退会理由としてもっとも多いものを以下に3つ挙げてみました。

以下に挙げた3つの主な退会理由については、次でそれぞれ詳しくお伝えしていきたいと思います。

キャリアアドバイザーと相性が合わない

最も多い退会理由はキャリアアドバイザーと相性が合わないというものです。相性が合わないと感じる理由は様々ですが、メールや電話でのレスポンスが遅かったり、希望条件を満たしていない求人を紹介されたりする、という不満が多く見られますね。

また、キャリアアドバイザーのアドバイスに納得がいかない、企業への応募を強要されるなどといった不満も多く見られる傾向にありますね。

転職エージェント末永 末永

残念ながら転職エージェントの相性には当たり外れがあり、運要素で仕方のない部分もあります。

その際は、退会する前に別のエージェントに登録するのも一つの手です。

利用中のエージェントのWeb履歴書を転用できるので再登録の手間はかからないうえ、新しく登録した相性のいいエージェントに、退会のメールの例文なども作成してもらえるので気まずいやり取りに労力を割かずに済みますね。

特にdodaは顧客満足度がNo.1なので、合わないと感じるような対応をするエージェントも少ないうえ、利用中のエージェントのうまい退会の仕方も丁寧に調整してくれます。

おすすめの大手総合型転職エージェント

他の転職エージェントなどで転職先が決定した

2つ目は他の転職エージェントなどで転職先が決定したという理由です。これは複数の転職エージェントを利用している人が該当しますね。他で内定がもらえたから退会する人も多くいます。

この場合は、他の転職エージェントなどで内定を得られたことを正直にキャリアアドバイザーへ申し出る必要があります。というのも、きちんと伝えなければキャリアアドバイザーとの間に行き違いが生じ、トラブルが起きてしまう恐れがあるからなんですね。

転職エージェント末永 末永

今回が最後の転職になるとは限らないので、再登録する可能性を考えた上で対応するのがベストだと言えます。

健康上・家庭の事情によるもの

3つ目は健康上・家庭の事情によるものという理由です。実は健康上・家庭の事情を理由とした退会は多いんです。この場合は、はっきりと正直に伝える必要はなく「私の諸事情により〜」と言い換えて大丈夫ですよ。

ほとんどの人はそのまま退会してしまうケースが多いです。しかし、中には一時的に中断して落ち着き次第再び転職活動をスタートさせようと考えて、休止のお願いをしている人もいますね。

転職エージェント末永 末永

この場合は、将来的に転職活動を再開させることを考えてできる限り丁寧な内容にして伝えるのが大事なポイントです。


サポートをしてもらったことへの感謝の気持ちをはじめ、自らの諸事情により中断してしまうことのお詫びもきちんと伝えましょう。また、再登録した際にはお世話になるかもしれないということも合わせて伝えるのが良いですね。

転職エージェントを退会する方法

転職エージェントを退会・登録解除・解約する前にどのような手順で手続きを進めたら良いのか知っておきたいところですよね。

転職エージェントを退会する方法としては、以下に挙げた2通りとなっています。

  1. メールや電話で伝える
  2. 退会フォームから連絡する

一般的には転職エージェントの公式サイトに退会フォームが用意されているので、用意されているフォーマットに従って入力して送信するだけになっています。そのまま受理されれば退会手続きは完了します。

もちろんメールや電話でキャリアアドバイザーに退会の連絡を入れるのもOKですよ。その際には、キャリアアドバイザーに不快な思いをさせないような言葉遣いや話し方、マナーなどに細心の注意を払うようにするようにしましょう。

転職エージェント末永 末永

以下に各転職エージェントに退会フォームの有無を一覧にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

退会フォーム
リクルートエージェント あり
doda あり
マイナビエージェント なし
(メールで退会連絡する)
ハタラクティブ あり
ビズリーチ あり

退会方法は転職エージェントによって異なるので、まずは公式サイトに退会フォームに繋がるリンクを探してみましょう。探しても分からない場合は、キャリアアドバイザーに尋ねてみてください。

確認してみたところ、マイナビエージェントだけ退会フォームが見つかりませんでしたので、メールで退会連絡を送る必要があります。

転職エージェントへの退会メール例文

転職エージェントを退会・登録解除・解約する際にどんな文章にして送れば良いのか悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。

今回はそんな人に向けて、退会理由のタイプ別にメール例文をご紹介していきたいと思います。ぜひご自分の文章にカスタマイズする際にご活用ください!

キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合

キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は、そのキャリアアドバイザーに対して不満があったとしても決して感情的になってはいけません。

できるだけ丁寧な言葉遣いかつ相手を責めるような文章にならないようにまとめるのがポイントですね。

以下にメールの例文をご用意しましたので、ぜひ参考にしながらご自分の言葉に置き換えてみてくださいね。

相性が合わない際のメール例文

件名:退会のご連絡【自分の名前】


株式会社●●【転職エージェント名】

【担当者の名前】様


いつもお世話になっております。

【自分の名前】でございます。


日頃より転職活動をサポートして下さり、誠にありがとうございます。

この度、貴社のサービスを退会させていただきたく、ご連絡を差し上げました。

突然のご連絡になってしまい、大変申し訳ございません。


これまで【担当者の名前】様には、お忙しい中貴重なお時間を割いて親身に相談に乗って下さり、大変感謝しております。

しかしながら、相談をさせていただく中で少しずつ【担当者の名前】様との間に意見の相違が見られるようになり、その溝を埋めようと自分なりに尽力してまいりましたが、これ以上は難しいと感じております。


現状のままでは不安を抱え込んだまま転職活動を進めることになってしまうため、自分が納得できる転職先を選別することが厳しいと思い、退会を決意いたしました。


私の勝手で大変申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

末筆ながら、【担当者の名前】様の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。


---------------

自分の名前

住所

電話番号

メールアドレス

---------------

▶大事なポイント

これまでサポートしてもらったことへの感謝の気持ち、退会の意思とその理由、突然な申し出に対するお詫びをしっかり添えるのがポイントです。

利用している転職エージェントで転職が決定した場合

転職エージェント末永 末永

まず前提として、転職エージェントごとにルールが違うので一概には言えませんが、大手転職エージェントの場合は、転職先が決定すると自然と退会扱いになります。


一方、中小の転職エージェントの場合は、入社後も候補者と連絡を取るケースもあるため、自然退会になるケースは少ないです。

利用している転職エージェントで転職が決定した場合は、退会する意思をしっかり伝えつつ転職活動をサポートしてもらったことへの感謝の気持ちを伝えると好印象を与えられます。

キャリアアドバイザーにお礼メールも一緒に送りたいと考えている人は、お礼メールをメインに文章をまとめて、最後に退会する旨を記載しておくと良いでしょう。

転職先に入社後、キャリアなどについて相談したいと考えている場合は、今後またキャリアなどについて悩んだ際には相談させてほしい、という旨を付け加えておくことをおすすめします。

以下にメールの例文をご用意しましたので、ぜひ参考にしながらご自分の言葉に置き換えてみてくださいね。

利用しているエージェントで転職決定したメール例文

件名:退会のご連絡【自分の名前】


株式会社●●【転職エージェント名】

【担当者の名前】様


いつもお世話になっております。

【自分の名前】でございます。


【担当者の名前】様のおかげで転職先を決めることができましたので、転職活動を終了させていただきたく、退会のご連絡を差し上げました。


【担当者の名前】様には、私が希望する条件を満たした魅力的な求人を提案していただき、大変感謝しております。

最後まで転職活動をサポートして下さり、誠にありがとうございました。


末筆ながら、【担当者の名前】様の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。


---------------

自分の名前

住所

電話番号

メールアドレス

---------------

▶大事なポイント

これまでのサポートに対する感謝の気持ちをしっかりと述べた上で、退会する意思をきちんと伝えるのがポイントです。

他の転職エージェントなどで転職が決定した場合

他の転職エージェントなどで転職が決定した場合は、その旨を正直に伝えましょう。以下に用意したメール例文は別の転職エージェントとなっていますが、ここは転職サイトなどに入れ替えても大丈夫です。

以下にメールの例文をご用意しましたので、ぜひ参考にしながらご自分の言葉に置き換えてみてくださいね。

他のエージェントなどで転職決定したメール例文

件名:退会のご連絡【自分の名前】


株式会社●●【転職エージェント名】

【担当者の名前】様


いつもお世話になっております。

【自分の名前】でございます。


先日はお忙しい中貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。


求人をご提案いただいている中、大変恐縮ではございますが、この度別の転職エージェントで転職先が決まりましたので、転職活動を終了させていただきたく、退会のご連絡を差し上げました。


お世話になったにもかかわらず、別の転職エージェント経由での転職になりましたことを心苦しく感じております。

【担当者の名前】様には、私が希望する条件を満たした魅力的な求人を多く紹介していただき、大変感謝しております。


また、お忙しい中ご尽力いただいたにもかかわらず、このような形となってしまい、大変申し訳ございません。

何卒ご容赦いただけますと幸いです。


末筆ながら、【担当者の名前】様の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。


---------------

自分の名前

住所

電話番号

メールアドレス

---------------

▶大事なポイント

別の場所で転職決定したことについて心苦しく思っていることや、担当者への気遣いを添えるのが大事なポイントです。これまでサポートしてもらったことへの感謝の気持ちも忘れないようにしましょう。

転職活動を一時休止・中止する場合

転職活動を一時休止・中止にする場合は、一時休止・退会する旨だけではなく転職活動を休止する理由もしくは辞める理由をきちんと伝えるのがベストだと言えます。

ただし、自らの意思ではなく現職からの引き留めが強いせいで退職できないといったような場合は、転職エージェントを退会するのではなく、まずはキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

以下にメールの例文をご用意しましたので、ぜひ参考にしながらご自分の言葉に置き換えてみてくださいね。

転職活動を一時休止・中止するメール例文

件名:一時休止・中止のご連絡【自分の名前】


株式会社●●【転職エージェント名】

【担当者の名前】様


いつもお世話になっております。

【自分の名前】でございます。


日頃よりサポートをして下さり、誠にありがとうございます。

ご尽力いただいている状況で大変恐縮ですが、この度、転職活動を休止させていただきたく、退会のご連絡を差し上げました。


【担当者の名前】様には私が希望する条件を満たした魅力的な求人を多く紹介していただき、大変感謝しております。

しかし、転職活動を進めていくうちに自分のスキル不足を痛感し、まずは現在の職場でキャリアを積んでいくことが大切なのだという考えに至りました。


誠に勝手ではございますが、貴社のサービスを退会させていただければと思います。

【担当者の名前】様には、いろいろとご尽力いただいたにもかかわらず、このような形となってしまい大変申し訳ございません。


もし、再び転職活動を再開させることがありましたら、ぜひ【担当者の名前】様にサポートをお願いできますと幸いです。


退会に必要な手続きなどがございましたら、ご教示いただけますと助かります。

お忙しい中大変恐縮ではございますが、何卒ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。


---------------

自分の名前

住所

電話番号

メールアドレス

---------------

▶大事なポイント

退会する理由と合わせて、これまでサポートしてもらったことに対するお礼とお詫びを添えましょう。また、転職活動を再開させるときに、再びサポートをお願いしたい旨などを添えておくようにすると良いですよ。

選考中・面接調整中に退会したい場合

選考中・面接調整中に退会したい場合はできるだけ速やかに選考・面接辞退と転職エージェントを退会する旨をキャリアアドバイザーに伝える必要があります。

というのも、ギリギリに連絡してしまうと応募先企業だけではなく、企業とやりとりしている転職エージェントとの関係を悪化させてしまうきっかけになりかねないからです。

最終面接の前は「最終選考だけでも受けてください」と言われるケースもあるため、その際には最終面接だけは受けてその後、退会する手続きをおこなうのがスムーズです。

以下にメールの例文をご用意しましたので、ぜひ参考にしながらご自分の言葉に置き換えてみてくださいね。

選考中・面接調整中の退会メール例文

件名:退会のご連絡【自分の名前】


株式会社●●【転職エージェント名】

【担当者の名前】様


いつもお世話になっております。

先日登録させて頂きました【自分の名前】でございます。


この度は数多くの求人をご紹介いただきまして、誠にありがとうございます。


大変申し訳ございませんが、現在選考いただいている案件の辞退と退会をさせていただきたくご連絡差し上げました。

選考辞退と退会の理由なのですが、労働条件などについて改めて熟考した結果、今の私ではスキルや実力不足なのではないかという判断に至ったためです。


【担当者の名前】様にこれまでご尽力いただいたにもかかわらず、このような結果になってしまい、大変心苦しく思っております。

【担当者の名前】様に多くの求人をご提案いただけたこと、お忙しい中サポートして下さったこと、心から大変感謝しております。


私の勝手で大変申し訳ございませんが、●●株式会社のご担当者様に選考辞退の旨をお伝えいただけますと幸いです。

詳細につきましては、後ほどお電話にてご相談させていただければと思っております。


【担当者の名前】様や企業様にもご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません。

何卒ご容赦いただけますと幸いです。


---------------

自分の名前

住所

電話番号

メールアドレス

---------------

▶大事なポイント

サポートをしてもらったことへの感謝の気持ちをはじめ、選考・面接辞退してしまうことへのお詫びの言葉をしっかり入れ込みましょう。

内定後に退会したい場合

本来であれば内定承諾後の退会はおすすめしませんが、やむを得ない事情によるものであれば仕方がありません。ただし、そんなときにはすぐキャリアアドバイザーに連絡入れるのが望ましいと言えます。

なぜなら、連絡が遅くなれば遅くなるほど転職エージェント・企業側に迷惑が掛かってしまうからなんですね。言い出しにくいことではあるものの、事情をきちんと伝えることができれば、納得してもらえるはずです。

以下にメールの例文をご用意しましたので、ぜひ参考にしながらご自分の言葉に置き換えてみてくださいね。

内定後の退会メール例文

件名:退会のご連絡【自分の名前】


株式会社●●【転職エージェント名】

【担当者の名前】様


いつもお世話になっております。

先日登録させて頂きました【自分の名前】でございます。


日頃より転職活動をサポートして下さり、誠にありがとうございます。

先日●●株式会社よりいただきました内定なのですが、辞退させていただきたくご連絡差し上げました。


内定辞退と退会理由なのですが、別の転職エージェントのほうで、より私の希望に合う条件で内定をいただいたためです。

【担当者の名前】様には、これまで数多くのお力添えをいただいたにもかかわらず、このような結論となってしまい誠に申し訳ございません。


私の勝手で大変申し訳ございませんが、●●株式会社のご担当者様に内定辞退の旨をお伝えいただけませんでしょうか。

詳細につきましては、後ほどお電話にてご相談させていただけますと幸いです。


【担当者の名前】様や企業様にもご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません。

何卒ご容赦いただけますと幸いです。


---------------

自分の名前

住所

電話番号

メールアドレス

---------------

▶大事なポイント

誠意を持って全体的に丁寧な言葉遣いを意識しながら、文章をまとめるとキャリアアドバイザーに悪印象を与えずに済みますよ。

転職エージェントの断り方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

転職エージェントを退会するときの注意点

転職エージェントを退会するときの注意点ですが、まず大前提として「連絡を無視・放置しない」「早い段階で退会の意思を伝える」が挙げられます。

退会・登録解除・解約する際に連絡することに対して気が引ける、または失礼になるかもしれないと思う人もいるでしょう。ですが、転職エージェント側にとって転職者が退会するのは日常的に起こりうることなので、無視や放置はせず必ず早めに連絡を入れるのがベストです。

その他の注意点としては、以下の3つが挙げられますね。

次でそれぞれについてお伝えしていきたいと思います。

退会理由を明確にしてしっかり伝える

1つ目は退会理由を明確にしてしっかり伝えることです。中には本当の理由を告げずに嘘をついたり誤魔化したりする人もいるようですが、それはしてはいけません。

なぜなら、嘘をついたり誤魔化したりすることは相手に対して失礼な行為に当たるからなんですね。嘘をついてしまうと、再度転職エージェントを利用するとなったときに、経歴の矛盾などが生じてしまいます。

その結果、キャリアアドバイザーから不信感を持たれてしまうこともあります。だからこそ、退会理由はできるだけ明確に伝えることが大切だと言えます。

すぐに退会できない場合がある

2つ目はすぐに退会できない場合があることです。具体例を挙げるとするなら、以下の3つですね。

  • 企業に応募した後
  • 企業と面接日程を組んだ後
  • 選考や内定を待っている、もしくは内定後

上記3つの条件に該当している場合は、すぐに退会することはできません。というのも、企業に応募した後や選考中に退会してしまうと、転職エージェント側だけではなく企業側にも迷惑をかけてしまうからなんです。

どうしても退会したいのであれば、転職辞退をきちんと伝えて了承を得てからにするのが望ましいですね。

転職エージェント末永 末永

ただし、キャリアアドバイザーから「企業との折り合いをつけなければならないので、退会するのはもう少し待ってください」と言われるケースもあります。


その際に自分の意思を強引に貫き通そうとすると、面倒な人・厄介な人と判断されてしまう可能性があります。また、よほど酷い場合はブラックリストのようなものに記載されてしまう恐れもあるため注意が必要です!

転職エージェントのブラックリストについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。

個人情報が残ってしまう可能性がある

3つ目は転職エージェントを退会しても個人情報が残ってしまう可能性があることです。ほとんどの転職エージェントは退会すると同時に個人情報が削除されるようになっています。

転職エージェント末永 末永

以下に各転職エージェント退会後に個人情報が削除されるかどうか、一覧にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

個人情報
リクルートエージェント 残る
doda 残らない
マイナビエージェント 残らない
ハタラクティブ 残らない
ビズリーチ 残らない

上記の表の通り、リクルートエージェントだけは退会しても個人情報が削除されず、そのまま残ってしまいます。そのため、問い合わせフォームから「個人情報の削除をお願い致します」と連絡を入れるようにしましょう。

転職エージェントを退会するタイミング

転職エージェントを退会・登録解除・解約するときに、できればベストなタイミングで退会したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

退会するタイミングとしては以下の2つが挙げられます。

  1. 求人を紹介される前
  2. 面接日時が決定する前

キャリアアドバイザーとの面談が終わっていたとしても、まだ求人を探してもらっているのであれば退会しても問題ありません。実はキャリアアドバイザーが転職者に適した求人を探している間に、退会を申し出されるというのはよくあることなんです。

この段階ではまだどの企業にも応募をしていないので、転職エージェントにも企業にも迷惑はかかりません。

また、企業の書類選考を通過してしまっていたとしても、面接日時が決定する前であれば退会してもOKです。というのも、面接日が決定していなければ、そこまで企業側に迷惑がかからないからなんですね。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、紹介先企業への連絡や企業への推薦状作成など、キャリアアドバイザーには多少の手間を取らせてしまうため、早い段階で伝えるのが良いでしょう。

転職エージェントの退会を避けるべきタイミング

転職エージェントを退会するときに避けなければならないタイミングがあるなら、その情報も事前に把握しておきたいですよね。

退会する際に避けたいタイミングとしては、以下の3つが挙げられます。

  1. 求人に応募した後
  2. 面接日程を組んだ後
  3. 内定の結果が出ていないとき

転職者が企業に応募するとキャリアアドバイザーが書類提出や面接日程の調整などをおこないます。そのため、応募後に退会すると伝えてしまうと、これまでの準備や調整が全て水の泡になるだけではなく、企業に悪印象を持たれてしまうことがあります。

また、転職者に悪印象を抱いたことが原因で転職エージェントに対するイメージや信用度も下がってしまう恐れもあるので注意が必要です。

さらに、面接日程が組まれて企業との面接を控えている場合や、内定の結果が出ていない場合も退会するのは避けたほうが良いと言えますね。なぜなら、企業の採用担当者が忙しい時間を塗って面接の準備を進めているからなんです。

転職エージェント末永 末永

とくに面接終了後、企業は転職者を総合的に見極めて内定の合否を判断する段階に入り、社内で審査をかけています。


だからこそ、このタイミングで退会する旨を伝えてしまうと、採用担当者だけではなく企業全体に大きな迷惑をかけることになってしまいます。


どうしても退会しなければならない事情があるのであれば、できるだけ早く連絡を入れるのが望ましいですね。

転職エージェントを退会する際のQ&A

転職エージェントを退会・登録解除・解約したいと考えている人の中には、まだ不安な気持ちや気になることがあるという人もいますよね。

そこで10年以上転職エージェントとして転職者をサポートしてきた筆者が、よくある質問にお答えしていきたいと思います。

では、上記に挙げた質問について順番にお答えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

途中で利用を辞めることはできる?

人物 転職者

転職エージェントの利用を途中で辞めたいのですが、途中で退会はできますか?

転職エージェント末永 末永

結論、途中で利用を辞めることは可能です。ただし、どのタイミングでやめるのかによって異なってきます。


求人の応募前であれば、転職エージェント側にサービス終了希望の旨を伝えましょう。企業に応募済み・選考中の段階である場合は、企業側に選考辞退の連絡を転職エージェント側から送る必要があるため、辞退理由も添えてエージェント側に一言連絡を入れるのが良いですよ。

退会する際に引き止められない?

人物 転職者

転職エージェントを退会するときに引き止められて、なかなか辞められないということはありますか?

転職エージェント末永 末永

企業の選考途中であれば、1度引き止められることはあるかもしれません。なぜなら、転職エージェントは企業側の窓口でもあるため、選考中の転職者の情報を伝える必要があるからです。


その際に一方的に退会の旨だけの連絡のみだと、転職エージェント側としても詳細な辞退理由などが把握できません。ですので、1度引き止められる、もしくは接点をとる傾向にありますね。

退会したらもう連絡は来ない?

人物 転職者

転職エージェントを退会したら、その後もう連絡が来ることはないのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

転職エージェントを退会したら、基本的に連絡が来ることはありません。ほとんどの転職エージェントは転職者が退会した時点で個人情報も削除されるので、連絡が来るケースはないですよ。


ただ、リクルートエージェントのみ退会しても個人情報が残ってしまうので、削除依頼をしておくのが良いかと思います。

退会したら再登録はできないの?

人物 転職者

転職エージェントを退会してしまったら、再登録することはできないのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

転職エージェントを退会しても再登録することはできますよ。ただし、退会したことによってすべてのデータが削除されてしまうので、新規登録することになります。


履歴書や職務経歴書、自己PRといった過去のデータを引き継いだり復元したりすることはできませんので、手間がかかってしまいますね。もし少しでも再登録の可能性があるなら退会せずにそのままにしておくのもアリですよ。

退会じゃなくて休止することはできる?

人物 転職者

転職エージェントを退会するのではなくて、休止にすることは可能でしょうか?

転職エージェント末永 末永

結論、休止することはできます。選考中でも休止することは可能ですが、その場合は進行中の選考を辞退することになります。


少なからず転職エージェント側・応募先企業側に迷惑をかけることになるので避けたほうが良いと言えます。


休止する旨を伝える際には、休止する理由といつまで休止するのかといった目安なども一緒に伝えると、より親切ですね。

転職後でも相談することは可能ですか?

人物 転職者

転職後でも転職エージェントに相談することはできますか?

転職エージェント末永 末永

転職エージェント側のポリシーにもよりますが、入社後も相談可能なことが多くあります。


ただし、中小エージェントの場合は少人数でおこなっていることから担当数も大手と比較して多くありません。そのため、入社後のフォローや定期的な連絡・相談などはあまりできない傾向にありますね。

複数登録して活用できるおすすめの転職エージェント

転職エージェントを退会しようか検討している人も多いと思いますが、すべての転職エージェントが使えないというわけではありません。たまたま利用した転職エージェントが自分と相性が合わなかっただけ、という可能性も大いにあります。

キャリアアドバイザーのサポート力や業界・職種の知識や知見には、どうしても差が出てしまうものなんですね。だからこそ、複数登録をして実際にキャリアアドバイザーと面談をおこなって相性を確かめてみることが大事になってきます。

キャリアアドバイザーと相性が合わないと感じた際には担当の変更を申し出て、それでも相性がイマイチだと感じた場合には、他の転職エージェントを頼ってみることをおすすめします。

以下におすすめの転職エージェントをまとめておきましたので、ぜひそれぞれ比較検討した上で活用してみてくださいね!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

マイナビジョブ20's

20代・第二新卒・既卒の支援実績26万人以上!
新卒支援実績No.1のマイナビによる若手向け転職エージェント!

マイナビジョブ20's

おすすめポイント

  1. 全求人が20代対象で未経験OKの求人が70%以上!
  2. 転職後の定着率93.6%!
  3. 新卒支援実績No.1のマイナビのノウハウを活用!

マイナビジョブ20'sに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

マイナビIT AGENT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

おすすめポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

リクルートエージェント(IT)

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

おすすめポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)に
相談する

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

line

line

人気の転職エージェント