IT業界に強いおすすめの転職サイトを厳選!活用するコツも解説

  • !

IT業界に強いおすすめの転職サイトを厳選!活用するコツなども解説

    IT業界に強い転職サイトをキャリアのプロが厳選!気になる各サービスの特徴や求人数も紹介します。他にも一緒に利用したほうが良いエージェントや未経験からエンジニア、デザイナー系職種へ転職するポイントなども徹底解説しています。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

IT業界に強い転職サイトがおすすめな人の特徴

IT業界への転職を成功させたいのなら、転職サイトと転職エージェントの違いを把握した上で、それぞれの特性に合わせて使い分けることが大切になってきます。

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、転職活動に「人が介在するかどうか」です。簡単に説明すると、求人の紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など、転職に必要なことをプロにサポートしてもらえるのが転職エージェントで、自分ですべておこなうのが転職サイトです。

具体的には以下の特徴に当てはまる人は転職サイトを利用すると良いです。

  • IT業界で活躍できる経歴・スキルがある人
  • 自分のペースで転職活動をしたい人
  • 良い求人があれば転職したい人
  • 経歴が浅く、転職エージェントでサポートが難しい人

IT業界で活躍できるだけの経験・スキルがあり、自分の経歴に自信がある人や、自分のペースで転職活動をしたい人は転職サイトを使っても納得のいく転職ができます。

逆に初めての転職で最初から最後まで、手取り足取り手厚いサポートを受けたい人は転職エージェントの利用がおすすめです。IT業界におすすめの転職エージェントは後ほど紹介します。

▷IT業界に強いおすすめの転職エージェント

IT業界への転職におすすめの転職サイト

IT業界への転職をする際に、利用をおすすめする転職サイトを集めました。

どの転職サイト利用すれば良いのか、ひと目で分かるように対象・取り扱い業種を一覧にまとめています。

取り扱い業種
doda IT業界全般/ゲーム業界

各種エンジニア/デザイナー/Webマーケター/ITコンサルタント/営業
リクナビNEXT IT業界全般/ゲーム業界

各種エンジニア/デザイナー/Webマーケター/ITコンサルタント/営業
ビズリーチ SE(Web・オープン系)/社内SE/マーケティング/ITコンサル/データサイエンティスト/営業/CTO
リクルートダイレクトスカウト 各種エンジニア/ITコンサル/営業/マーケティング/CTO/CISO
iX転職 SE/社内SE/プロジェクトマネジャー/管理職
Green IT業界全般/ゲーム業界

各種エンジニア/デザイナー/Webマーケター/ITコンサルタント/営業

自分の属性、希望する業種の求人を多く取り扱っているところを利用したほうが、転職先の候補となる求人が多くなります。

例えば、デザイナーを希望しているのに、利用している転職サイトがエンジニアメインのところであれば、いつまで経っても希望する求人と巡り会えません。

そうならないためには、IT業界全般の求人を数多く掲載しているdodaリクナビNEXTの2つは押さえておくと良いですね。

【IT業界全般】doda

doda

dodaは業界最大級の大手転職サイトです。

ITエンジニア向けの求人がとくに多く、様々な条件を比較しながら選べるようになっています。また、ピックアップ求人は特集として掲載されているので、自分の希望に合った求人を探しやすいです。

そんなdodaの特徴やおすすめの人、2021年5月時点の取り扱い求人数を検索して一覧にまとめてみました。

特徴

  • 業界大手の転職サイトで求人数が豊富
  • 年収査定ツールで自分の市場価値が分かる
  • 転職エージェントサービスもあり
おすすめの人 ・IT業界へ転職したいすべての人
・IT業界以外も検討している人
・たくさんの求人を閲覧したい人
・面接確約オファーで必ず面接を受けたい人
求人数 全業界の求人:約80,760件
IT・通信:約15,180件
IT技術職:約10,390件
IT営業:約1,650件
社内SE:約600件
マーケティング:約190件

業種未経験歓迎:約350件
管理職・マネージャー:約250件
経営幹部・役員:約40件

dodaは転職サイトの他に、同名の転職エージェントサービスも展開しています。エージェントサービスでは、専任のキャリアアドバイザーが求人の紹介から面接対策をおこなってくれます。

迷ってしまって自分で求人を絞り込めない人、履歴書・職務経歴書・面接対策に自信がない人は転職サイトのdodaだけでなく、転職エージェントのdodaも一緒に利用すると内定を獲得しやすいです。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

【IT業界全般】リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートグループが運営する人材業界最大手の転職サイトです。そのため、掲載されている案件は日本最大規模を誇っています。

リクナビNEXTの最大の魅力は、その求人量です。経験者を対象としたものから未経験者歓迎の案件もあるので、異業種からIT業界への転職を考えている人にもおすすめです。IT業界以外の求人も豊富にあるので、他の業界も視野に入れて探したい人は利用すると良いでしょう。

そんなリクナビNEXTの特徴やおすすめの人、2021年5月時点の取り扱い求人数を検索して一覧にまとめてみました。

特徴

  • 取り扱い求人数は日本最大級
  • 転職者の約8割が利用する転職サイト
  • 自分の強みが分かるグッドポイント診断あり
おすすめの人 ・IT業界へ転職したいすべての人
・IT業界以外も検討している人
・初めて転職サイトを使う人
・どこの転職サイトを使えば良いのか迷っている人
・自分で決めたい人
求人数 全業界の求人:約49,130件
IT・通信系の求人:約12,010件

IT系の営業:約7,420件
ITエンジニア:約6,970件
Webデザイナー、フロントエンドエンジニア:約1,610件
ゲーム関連:約230件
マーケティング:約100件
管理職・CTO・経営幹部:約30件

IT・通信系の未経験歓迎:約1400件
エンジニアの未経験者歓迎:約480件

また、リクナビNEXTにはオープンオファーとプライベートオファーの2つからなるスカウト機能があります。プライベートオファーは、登録されている履歴を見て興味を持った人事が送ってくるスカウトなので、選考へ進めば採用される可能性は高いです。

リクルートグループが運営する転職サイト!
リクナビNEXTにしかない求人が多く、他のサービスと併用するのがおすすめです。

ポイント

  1. 転職者の約8割が利用している国内最大級の転職サイト
  2. リクナビNEXTだけの限定求人が約85%
  3. グッドポイント診断で自分の強みが簡単にわかる

リクナビNEXT
に相談する

【ハイクラス】ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス転職に特化した転職サイトです。

取り扱っている求人は600万円〜1500万円の高年収帯なので、今よりも年収を上げたいエンジニアや、プロジェクトマネージャーへキャリアアップしたい人におすすめです。

そんなビズリーチの特徴やおすすめの人、2021年5月時点の取り扱い求人数を検索して一覧にまとめてみました。

特徴

  • 国内最大級のハイクラス向け転職サイト
  • 年収600万円〜1500万円の優良求人が多数
  • スカウトから自分の市場価値が分かる
おすすめの人 ・管理職経験者、専門性の高いスキルを持っている人
・PMへの転職を考えている人
・中長期的に転職を考えている人
・現在の年収が500万円以上の人
・自分の市場価値を知りたい人
求人数 IT・インターネット:約24,160件

IT技術者:約13,360件
ITコンサルタント:約7,320件
SE(Web・オープン系):約5,370件
マーケティング:約3,090件
社内SE:約1,660件
ゲーム関連:約420件

ビズリーチが扱うIT業界の求人のうち、半数以上がエンジニアなどのIT技術者を対象とした求人になっています。

また、ビズリーチに登録しているヘッドハンター・エージェントは特定の領域や職種に特化しているところもあるので、専門性の高いサポートを受けたい人にもおすすめです。

さらに積極的に転職を考えていない人にもビズリーチはおすすめです。登録された経歴を見たヘッドハンターからスカウトが届くだけでなく、スカウトに記載された年収やポジションから自分の市場価値を把握できます。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

【ハイクラス】リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトはリクルートグループが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトなので、IT業界のハイクラス求人を数多く取り扱っています。

所属するヘッドハンターはハイクラス転職を専門としており、現在のポジションを踏まえた上で将来のキャリア相談ができます。

そんなリクルートダイレクトスカウトの特徴やおすすめの人、2021年5月時点の取り扱い求人数を検索して一覧にまとめてみました。

特徴

  • リクルートのハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト
  • 年収800万〜2000万円の求人多数
おすすめの人 ・ハイクラスやエグゼクティブ転職をしたい人
・短期集中で期限を決めて転職をしたい人
・複業顧問を考えている人
求人数 IT・インターネット:約17,970件

インフラエンジニア:約1,570件
IT技術職:約8,640件
IT営業:約2,580件
ITコンサルタント:約2,440件
マーケティング:約1,520件
社内SE:約620件
CEO・CTO・CIOなど:約470件
Webデザイナー・UI/UXデザイナー:約370件
ゲーム関連:約250件

リクルートダイレクトスカウトは自分で求人を探す仕組みではなく、ヘッドハンターが希望に合わせて求人を探してくれます。そのため、自分では想定していなかったポジションが提案され、結果としてキャリアアップするケースも中にはあります。

ただ、リクルートダイレクトスカウトもiX転職と同様にヘッドハンター・求人数が少ないため、レアな求人を逃してしまう可能性があります。ビズリーチにしかない求人も網羅する意味で、一緒に利用することをおすすめします。

転職後の平均年収950万円以上!
リクルートが運営するハイレイヤー向けスカウトサービス!

ポイント

  1. 年収800万〜2,000万円の求人が多数
  2. ヘッドハンターから非公開の求人を紹介してもらえる
  3. 企業から直接スカウトを受けることも可能

リクルートダイレクトスカウト
に相談する

【ハイクラス】iX転職

iX転職

iX転職はパーソルキャリアが提供する年収600万以上のハイクラス向け転職サービスです。経験・スキルにマッチすれば、IT業界はもちろんのことそれ以外の業界からもスカウトが届きます。

一定のポジションにいて転職するべきか悩んでいる人は、ヘッドハンターが将来のキャリアプランや現在の状況を踏まえた上で適切なアドバイスをしてくれます。

そんなiX転職の特徴やおすすめの人、2021年5月時点の求人実績を一覧にまとめてみました。

特徴

  • 秘匿性・希少性の高いハイクラス求人が多数
  • 高い専門性と実行力を持つヘッドハンターが在籍
おすすめの人 ・ヘッドハンターにサポートしてもらいたい人
・市場価値を向上させたい人
求人実績 大手製薬会社:社内SE
インターネット事業会社:プロジェクトマネジャー、ソリューション営業
専門商社:IT戦略企画
フリマアプリ運営会社:拠点責任者
仮想通貨事業会社:CIO
マーケティング支援会社:CTO
情報ポータルサイト運営:UXデザイナー

iX転職はスカウトを送ってきたヘッドハンターが応募から選考・入社に関わる一連の手続きをトータルでサポートしてくれるため、転職エージェントのような支援を受けることができます。

また、提示された年収や雇用条件に対して、自分の希望と合わない場合はヘッドハンター経由で交渉をしてもらえるので、忙しくて時間がない人におすすめです。

ただ、iX転職はビズリーチと比較すると、求人数やヘッドハンターの人数が少ない可能性があるので、効率よく転職活動を進めるのならビズリーチも一緒に利用すると良いですね。

iX転職はパーソルキャリアが提供するハイクラス向けヘッドハンティングサービスです。

ポイント

  1. 年収600万円~1,000万円以上までの希少性の高い非公開求人が届く
  2. ヘッドハンターが応募から入社までトータルでサポート!
  3. 市場価値向上を長期的にサポートしてもらえる

iX転職
に相談する

【未経験】Green

Green

GreenはIT業界に強い転職サイトで、登録者の6割以上はエンジニアやデザイナーといったIT人材です。そのため、IT人材向けの求人が多いです。

ヘッドハンターやエージェントからのスカウトではなく、企業の人事から直接連絡が届く仕組みになっています。第三者が間に入らないことから、企業とのやりとりがスムーズだと言えます。

そんなGreenの特徴やおすすめの人、2021年5月時点の取り扱い求人数を検索して一覧にまとめてみました。

特徴

  • IT業界を中心に15,000件以上を掲載
  • ほぼすべての求人には企業の雰囲気が分かるような写真付き 求人には企業の雰囲気が分かるように
おすすめの人 ・エンジニアやデザイナーの人
求人数 IT・Web系:約18,730件
エンジニア・技術職:約11,660件
未経験可:約980件

後ほど説明しますが、コロナ禍の影響によって企業の採用ニーズは経験者のほうが高くなっています。経験者向けの求人と比べると案件は非常に少ないので、未経験歓迎の求人を多く掲載している大手転職サイトのリクナビNEXTdodaにも登録しておくと良いです。

GreenはIT・Web業界に強く、エンジニアやデザイナー向けの転職サイトです。

Greenのバナー

ポイント

  • 60%以上の利用者が人事からのスカウトで転職
  • IT業界で人気・有名企業の求人あり

Greenに
相談する

転職を成功させたいのなら転職エージェントも併用する

IT業界への転職を成功させたいのなら転職サイトだけでなく、転職エージェントも併用するようにしましょう。とくに第二新卒や20代の未経験者におすすめです。

確かに転職サイトだけでも転職することは可能ですが、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの準備、面接対策をすべて自分でおこなわなければなりません。結果、選考対策が十分にできず、お見送りになってしまうケースはよくあります。

しかし、転職のプロである転職エージェントを利用すれば、履歴書・職務経歴書の添削、どういうポートフォリオを用意すれば良いのかをアドバイスしてもらえます。また、求人企業に合わせた模擬面接もおこなってもらえるため、転職サイトよりも内定獲得率を上げられます。

IT業界はコロナ禍による大幅な求人減少は少ないのですが、代わりに即戦力として活躍できる実務経験3年以上の経験者人材を求めている企業が増えてきています。

面接では今まで以上に保有しているスキル・経験が見られるため、企業の採用ニーズを把握した上で、自分の強みを的確に答える必要があります。転職エージェントは人事に刺さるアピールに関するノウハウを持っているので、教えてもらってから面接に臨むと良いでしょう。

そこでおすすめの転職エージェントを以下にまとめてみました。自分の属性に該当する転職エージェントは2〜3社程度複数登録しておくと効率よく転職活動ができるのでおすすめです。

IT業界に強い転職エージェントについて、詳細をさらに知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

転職サイトを活用する3つのコツ

転職サイトを上手く活用してIT業界への転職を成功させるコツとして主に以下の3つがあります。この3つを意識しながら転職サイトを利用すると良いでしょう。

転職エージェントを利用するのは気が引ける人、1人で転職活動をしたい人は上記の3つを意識すると、転職サイトを効果的に活用できるようになります。

プロフィールを充実させる

会員登録後、すぐに求人を探したい人も多いと思いますが、探す前にプロフィールは入力するようにしましょう。というのも登録されたプロフィールを企業の採用担当者やヘッドハンターが見て、スカウトメールを送ることがあるからです。

とくにIT業界のエンジニア職はスキルや経験が重要になってくるので、自分に何ができるのか、どのようなプログラミング言語が使えるのか、しっかり記載するようにしましょう。

スマホや携帯電話から会員登録すると、長文を打つのが面倒で簡単な記載になってしまいがちです。しかし、転職サイトのプロフィールは求人企業との接点になるだけでなく、履歴書・職務経歴書に代わる大切なものです。

また、転職サイトから定期的に案内される企業の数や質にもプロフィール内容は影響を与えます。自分の希望する分野の案内が多くなるように、時間を取り丁寧に記入するようにしましょう。

利用する転職サイトは絞る

利用する転職サイトは3つ、多くても5つまでにしましょう。登録する数が多ければその分早く転職できると思って、ランキングで紹介された転職サイトすべてに登録する人がたまにいるのですが、転職サイトを管理しきれないのでおすすめしません。

というのも転職サイトは単に求人を探すためのサービスではないからです。転職サイトからプロフィール内容にあった新着求人情報やIT業界のピックアップ求人情報といったメールが定期的に届きます。

例えば、10の転職サイトに登録し、それぞれ1日3件のメールがくれば、計30件のメールを毎日確認することになります。最初の数日はきちんと全部目を通したとしても、そのうち忙しくなってほとんどのメールを開かなくなると思います。

もし、そのメールの中に希望するIT企業からのスカウトがあったら、気づくのが遅くなり、せっかくのチャンスを無駄にしてしまいます。

興味ある企業はちゃんと調べる

転職サイトに掲載されている求人情報は、サイト独自が調査した情報もありますが、基本的には企業側から提出された情報をもとに編集されています。

例えば、求人情報に「リモートあり」「残業時間20時間以内」「完全週休2日制」と書かれていても、本当なのかを自分で確認する必要があります。

企業の採用ページが社員・元社員が口コミを投稿できるサイトで、自分が転職をする際に譲れない条件を満たしているのかを確認するようにしましょう。

自分で調べるのが面倒な場合は、転職エージェントに頼ると実際の労働環境の詳細な情報を教えてもらえます。

あなたにぴったりの転職サポートをご紹介します!
まず、性別を教えてください

年齢を教えてください♪

ご希望の年収を教えてください♪

現在の職種を教えてください♪

未経験からIT業界へ転職する方法

未経験からIT業界を目指すなら、未経験歓迎の求人を効率良く探すためにもdodaリクナビNEXTのような大手転職サイトなど、求人数が多い転職サイトを利用すると良いです。

未経験は転職サイトを利用したほうが採用してもらえる可能性は高いです。というのもIT業界は他の業界に比べて、未経験チャレンジがしやすい業界だからです。しかし、未経験なら何歳でもOKというわけではなく、年齢による難易度の変化はあります。

第二新卒〜20代半ば 十分に可能性あり。
ポテンシャルで評価してもらえる。
20代後半〜30代前半 やや厳しくなる。
実務経験が求められる。
30代半ば以降 厳しい。
即戦力となるスキルだけでなく、マネジメント経験も必要。

このように年齢を重ねれば重ねただけ、未経験からIT業界への転職が厳しくなります。しかもコロナ禍によってさらに状況は厳しくなっています。

コロナ禍以前は20代後半〜30代前半でもポテンシャルで評価する求人企業が多かったのですが、状況が変わってきています。リモートワークの導入による教育環境の整備遅れ、指導者不足から、求人企業は即戦力として活躍できる経験者人材を求める傾向となっているのです。

しかし、IT業界以外のリモートワークの導入、対面に変わるオンラインを活用したサービスの開発など、新たにサービスを作る必要があるため、IT業界の求人がストップしているわけではありません。

ただ求人企業が求めている人材がすぐに活躍できる経験者だということです。ポテンシャルでの採用が難しい場合は、プログラミングスクールで基礎を学んでから転職するのが良いです。

さらに各種スクールの中には、講座修了後に就職・転職活動のサポートをおこなってくれるところもあります。

各種おすすめのスクール

未経験からIT業界へ転職する方法について、職種別に詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

IT業界への転職に役立つ関連記事

IT業界への転職に役立つ関連記事をまとめてみました。気になる記事があれば、ぜひ読んでみてください!

人気の転職エージェント