IT・Web業界に強いおすすめ転職サイトを厳選!プロが一押しを紹介

  • !

IT業界 転職サイト おすすめ

    IT・Web業界に強いおすすめ転職サイトを現役の転職エージェントが厳選比較!エンジニアやデザイナー向けの求人数などを紹介しながら特徴などを徹底解説しています。

    利用すべき転職サイトの選び方についてもわかりやすく説明します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

IT業界への転職には転職サイトがおすすめ

希望する職種が何であれ、IT業界への転職を考えているのなら転職サイトの利用をおすすめします

しかし、転職サイトと言っても大きく「転職エージェント」「求人サイト」の2つにサービスが分かれています。

転職サイトの説明

どちらも転職活動で使えますが、実はサービス内容が大きく異なります。転職エージェントはキャリアアドバイザーが求人紹介から履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、ポートフォリオの作成アドバイスまで転職活動を二人三脚でサポートしてくれます。

一方で求人サイトは求人情報の提供のみで、実際の検索から応募まですべて自分でおこないます。

そこで今回はそれぞれの違いを踏まえながら、おすすめを紹介していきます。

IT業界に強いおすすめ転職エージェント

IT業界への転職を成功させたいのなら転職エージェントを積極的に活用することをおすすめします。というのも、求人サイトだけでは選考対策を万全にすることができないからです。

IT業界はコロナ禍による大幅な求人減少は少ないのですが、代わりに即戦力として活躍できる実務経験3年以上の経験者人材を求めている企業が増えてきています。

転職エージェントは人事に刺さるアピールに関するノウハウを持っているので、十分に対策してもらってから選考に臨むと良いでしょう。

特徴 求人数
マイナビIT AGENTマイナビIT AGENT 大手総合型
IT系職種
社内SE
求人が豊富
第二新卒歓迎
求人多数
►エンジニア経験者
リクルートエージェント(IT)リクルートエージェント(IT) 大手総合型
IT系職種
非公開求人
求人が豊富
未経験可
約113,710件
►エンジニア・デザイナー経験者
►一部未経験者可の求人もあり
レバテックキャリアレバテックキャリア 特化型
フリーランス
ハイクラス
※約13,450件
►エンジニア・デザイナー経験者
JACリクルートメントJACリクルートメント 特化型
ITコンサル
ハイクラス
外資系企業
※約2,310件
►エンジニア・デザイナー経験者
求人数は2022年3月時点のIT・Web業界の求人を掲載
※は公開求人のみ

自分の属性に該当する転職エージェントは2〜3社程度複数登録しておくと、より自分の希望に近い求人を見つけることができるのでおすすめです。

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTは大手のマイナビグループが提供するIT・Web業界に特化したサービスです。

エンジニア経験者向けの求人が豊富で、かつマイナビグループは20代の転職支援に強みを持っているため、20代でキャリアチェンジを考えている人は利用してみると良いでしょう。

また、全体的に案件が少ない社内SEの求人も充実しているので、ITエンジニア経験者や20代は大手ならではの安定したサポートが受けられるマイナビIT AGENTがおすすめです。

運営会社
公式サイト
株式会社マイナビ
https://mynavi-agent.jp/
得意領域 IT/Webの全職種
職種例 ITコンサルタント、プロジェクトマネージャー、システムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニア、社内SEなど
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

おすすめの人

●エンジニア経験者
●IT業界に熟知しているアドバイザーに相談したい人
●業界大手のマイナビにしかない求人を紹介してほしい人
●IT業界へ転職したい20代・第二新卒者

公式サイトはこちら

リクルートエージェント(IT)

リクルートエージェント(IT)

リクルートエージェント(IT)は業界最大手リクルートグループのIT・Web業界に特化したサービスです。業界最大手ということもあり、他の転職サイトでは紹介されていない独占求人が充実しています。

リクルートエージェント(IT)は今回紹介する中では最大級の取り扱い求人数を誇っており、とくに公開求人よりもレアな非公開求人が多いのが特徴ですね。

非公開求人は好条件であったり、PMポジションといったレアな求人である傾向が強いです。このような貴重な案件を探している人には登録することをおすすめします。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
得意領域 IT/Webの全職種
求人数 IT・Web業界の公開求人:約49,600件
IT・Web業界の非公開求人:約64,110件

プログラマー・Webエンジニア:約83,460件
社内SE:約17,400件
製品開発・ASP:約13,830件
組込・制御エンジニア:約14,230件
プリセールス・セールスエンジニア:約6,320件

リモート:約7,410件
在宅勤務:約4,690件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

おすすめの人

●IT業界の幅広い求人があり、全年代におすすめ
●未経験チャレンジをしたい人
●初めて転職エージェントを利用する人
●業界大手のリクルートにしかない求人を紹介してほしい人

公式サイトはこちら

レバテックキャリア

パソナキャリア

レバテックキャリアはITエンジニア・デザイナー経験者向けのIT業界に特化した支援サービスです。

サポート対象者は経験者なので、保有する求人の約8割が年収600万円以上のハイクラス案件です。今よりにも年収をあげたい人にはおすすめです。

レバテックキャリアはIT業界に特化しているので、大手事業会社からベンチャー企業、SIer、ITコンサルまで幅広い領域の案件を取り扱っています。

さらにSEからコンサルティングファームのITコンサルタントへ転職への支援実績もあります。これまでの経験を活かしてキャリアアップしたい人にもぴったりです。

さらにフリーランス向けのサービスも展開しているので、独立を視野に入れたキャリア相談をすることも可能です。

運営会社
公式サイト
レバテック株式会社
https://career.levtech.jp/
得意領域 IT/金融/メーカー/物流/メディア/不動産/その他
求人数 公開求人:約13,450件

エンジニア全体:約9,110件
デザイナー系:約2,200件
アプリケーションエンジニア:約1,550件
インフラエンジニア:約1,380件
社内SE:約660件
ITコンサルタント:約650件
データサイエンティスト:約390件
マーケティング:約320件
ネットワークエンジニア:約310件

リモート:約6,940件
在宅:約2,240件
対応エリア
拠点
関東エリア(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西エリア全域、九州エリア(福岡)
渋谷/名古屋/大阪/福岡

おすすめの人

●エンジニア・デザイナー経験者
●今よりも年収UPしたい人
●ITコンサルタントへ転職したい人
●フリーランスも検討している人

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイクラス転職を得意としています。とくに外資系企業の支援実績は豊富にあります。IT業界の外資系企業へ転職したい人にはおすすめです。

高年収領域では最大手のJACリクルートメントはIT業界の600万円〜2,000万円の案件を豊富に保有しています。

今よりも年収を増やしたい、キャリアアップしたい、外資系企業への転職を考えている人は利用してみると良いでしょう。

ただ、どうしてもマイナビIT AGENTリクルートエージェント(IT)に比べるとIT業界の求人が少ないので、幅広く求人を探したい人はJACリクルートメントと合わせて他の転職エージェントを活用するのがおすすめです。

運営会社
公式サイト
株式会社ジェイエイシーリクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
得意領域 IT/通信/Web/コンサルティング/シンクタンクなど
求人数 IT・Web業界の公開求人:約2,310件

ITエンジニア・SE:約1,070件
Web・アプリ・ゲーム:約380件
ITコンサルタント:約270件
マーケティング:約180件
アプリケーションコンサルタント:約120件
クリエイティブ:約70件

600万円以上:約990件
1000万円以上:約90件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/北関東/横浜/名古屋/静岡/大阪/京都/神戸/中国

おすすめの人

●IT業界の外資系企業へ転職したい人
●年収が500万円以上でさらに収入を増やしたい人
●スペシャリストを目指したい専門職の人
●マネジメント経験や一定の専門スキルがあり、キャリアアップしたい人

IT業界に強い転職エージェントについて、詳細をさらに知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

IT業界に強いおすすめ求人サイト

IT業界の転職で求人サイトを利用する際には、転職エージェントと併用することをおすすめします。

冒頭でも説明しましたが、基本的に求人サイトは求人情報のみの提供となっているからです。求人選定から応募、企業とのやりとりまですべてを自分でおこなわなければなりません。

転職エージェント末永 末永

選んだ求人が本当に自分のキャリアを叶えられるのか、希望にマッチするのか、選考対策を万全にできているのかは自分で判断するのは難しいものです。

転職エージェントを併用していれば自分の合う求人の選び方や選考対策のやり方も教えてもらえるので、不安な部分を補うことができるのです。

以下ではそれぞれの求人サイトがどのような求人を扱っているのか、その特徴別に解説しているのでぜひ参考にしてください。

特徴 求人数
dodadoda 大手総合型
IT系職種
エンジニア
求人が豊富
未経験歓迎
約36,690件
►IT業界へ転職したい全求職者
►未経験でIT業界へ転職したい人
リクナビNEXTリクナビNEXT 大手総合型
エンジニア
求人が豊富
未経験歓迎
約12,780件
►IT業界へ転職したい全求職者
►未経験でIT業界へ転職したい人
ビズリーチビズリーチ ハイクラス
ITコンサル
スカウト
高年収
約31,760件
►エンジニア・デザイナー経験者
►キャリアアップしたい人向け
iX転職iX転職 ハイクラス
経営層求人豊富
スカウト
高年収
非公開
►エンジニア・デザイナー経験者
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト ハイクラス
IT技術職
スカウト
高年収
約34,850件
►エンジニア・デザイナー経験者
►年収やキャリアアップしたい人向け
GreenGreen 特化型
ゲーム業界
約26,900件
►エンジニア・デザイナー経験者
求人数は2022年3月時点の公開求人を掲載

転職エージェント末永 末永

希望する職種は何であれIT業界全般の求人が豊富にあるdodaリクナビNEXTの2つは押さえておくと良いですね。

doda

doda

dodaは業界最大級の大手転職サイトです。

ITエンジニア向けの求人がとくに多く、様々な条件を比較しながら選べるようになっています。また、ピックアップ求人は特集として掲載されているので、自分の希望に合った求人を探しやすいです。

dodaは転職サイトの他に、同名の転職エージェントサービスも展開しています。エージェントサービスでは、専任のキャリアアドバイザーが求人の紹介から面接対策をおこなってくれます。

迷ってしまって自分で求人を絞り込めない人、履歴書・職務経歴書・面接対策に自信がない人は転職サイトのdodaだけでなく、転職エージェントのdodaも一緒に利用すると内定を獲得しやすいです。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
取り扱い職種 各種エンジニア/デザイナー/Webマーケター/ITコンサルタント/営業
求人数 IT・Web業界の公開求人:約36,690件

SE・インフラエンジニア・Webエンジニア:約12,830件
IT営業:約3,610件
マーケティング:約2,6030件
ゲーム開発:約1,230件
組み込みエンジニア:約860件
デザイナー:約740件

在宅・リモート:約24,530件
第二新卒歓迎:約13,160件
業種未経験歓迎:約1,060件
管理職・マネージャー:約約640件

おすすめの人

●IT業界へ転職したいすべての人
●未経験でIT業界へ転職したい人
●IT業界以外も検討している人
●たくさんの求人を閲覧したい人
●面接確約オファーで必ず面接を受けたい人

公式サイトはこちら

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートグループが運営する人材業界最大手の転職サイトです。そのため、掲載されている案件は日本最大規模を誇っています。

リクナビNEXTの最大の魅力は、その求人量です。経験者を対象としたものから未経験者歓迎の案件もあるので、異業種からIT業界への転職を考えている人にもおすすめです。IT業界以外の求人も豊富にあるので、他の業界も視野に入れて探したい人は利用すると良いでしょう。

また、リクナビNEXTにはオープンオファーとプライベートオファーの2つからなるスカウト機能があります。プライベートオファーは、登録されている履歴を見て興味を持った人事が送ってくるスカウトなので、選考へ進めば採用される可能性は高いです。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://next.rikunabi.com/
取り扱い職種 各種エンジニア/デザイナー/Webマーケター/ITコンサルタント/営業
求人数 IT・通信系の求人:約12,780件

ITエンジニア:約10,430件
IT系の営業:約2,020件
Webデザイナー、フロントエンドエンジニア:約520件
マーケティング:約150件
ゲーム関連:約70件

管理職・マネジャー採用:約200件
IT・通信系の未経験歓迎:約1700件
エンジニアの未経験者歓迎:約420件

おすすめの人

●IT業界へ転職したいすべての人
●未経験でIT業界へ転職したい人
●IT業界以外も検討している人
●初めて求人サイトを使う人
●どこの求人サイトを使えば良いのか迷っている人

公式サイトはこちら

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス転職に特化した転職サイトです。

取り扱っている求人は600万円〜1500万円の高年収帯なので、今よりも年収を上げたいエンジニアや、プロジェクトマネージャーへキャリアアップしたい人におすすめです。

ビズリーチが扱うIT業界の求人のうち、半数以上がエンジニアなどのIT技術者を対象とした求人になっています。

また、ビズリーチに登録しているヘッドハンター・エージェントは特定の領域や職種に特化しているところもあるので、専門性の高いサポートを受けたい人にもおすすめです。

さらに積極的に転職を考えていない人にもビズリーチはおすすめです。登録された経歴を見たヘッドハンターからスカウトが届くだけでなく、スカウトに記載された年収やポジションから自分の市場価値を把握できます。

運営会社
公式サイト
株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
取り扱い職種 SE(Web・オープン系)/社内SE/マーケティング/ITコンサル/データサイエンティスト/営業/CTO
求人数 IT・インターネット:約31,760件

IT技術者:約16,880件
ITコンサルタント:約8,850件
SE(Web・オープン系):約6,890件
マーケティング:約4,270件
情報システム・社内SE:約2,330件
ゲーム関連:約650件
デザイン系:約160件

おすすめの人

●管理職経験者、専門性の高いスキルを持っている人
●PMへの転職を考えている人
●中長期的に転職を考えている人
●現在の年収が500万円以上の人
●自分の市場価値を知りたい人

公式サイトはこちら

iX転職

iX転職

iX転職はパーソルキャリアが提供する年収600万以上のハイクラス向け転職サービスです。経験・スキルにマッチすれば、IT業界はもちろんのことそれ以外の業界からもスカウトが届きます。

一定のポジションにいて転職するべきか悩んでいる人は、ヘッドハンターが将来のキャリアプランや現在の状況を踏まえた上で適切なアドバイスをしてくれます。

iX転職はスカウトを送ってきたヘッドハンターが応募から選考・入社に関わる一連の手続きをトータルでサポートしてくれるため、転職エージェントのような支援を受けることができます。

また、提示された年収や雇用条件に対して、自分の希望と合わない場合はヘッドハンター経由で交渉をしてもらえるので、忙しくて時間がない人におすすめです。

ただ、iX転職はビズリーチと比較すると、求人数やヘッドハンターの人数が少ない可能性があるので、効率よく転職活動を進めるのならビズリーチも一緒に利用すると良いですね。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://ix-tenshoku.jp/
取り扱い職種 SE/社内SE/プロジェクトマネジャー/管理職
求人実績 大手製薬会社:社内SE
インターネット事業会社:プロジェクトマネジャー、ソリューション営業
専門商社:IT戦略企画
フリマアプリ運営会社:拠点責任者
仮想通貨事業会社:CIO
マーケティング支援会社:CTO
情報ポータルサイト運営:UXデザイナー

おすすめの人

●高い専門性と実行力を持つヘッドハンターにサポートしてもらいたい人
●市場価値を向上させたい人
●秘匿性・希少性の高いハイクラス求人を探している人

公式サイトはこちら

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトはリクルートグループが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトなので、IT業界のハイクラス求人を数多く取り扱っています。

所属するヘッドハンターはハイクラス転職を専門としており、現在のポジションを踏まえた上で将来のキャリア相談ができます。

リクルートダイレクトスカウトは自分で求人を探す仕組みではなく、ヘッドハンターが希望に合わせて求人を探してくれます。そのため、自分では想定していなかったポジションが提案され、結果としてキャリアアップするケースも中にはあります。

ただ、リクルートダイレクトスカウトもiX転職と同様にヘッドハンター・求人数が少ないため、レアな求人を逃してしまう可能性があります。ビズリーチにしかない求人も網羅する意味で、一緒に利用することをおすすめします。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://careercarver.jp/
取り扱い職種 各種エンジニア/ITコンサル/営業/マーケティング/CTO/CISO
求人数 IT・インターネット:約34,850件

IT技術職:約14,140件
IT営業:約6,220件
ITコンサルタント:約3,570件
マーケティング:約2,940件
インフラエンジニア:約2,120件
情報システム・社内SE:約1,090件
CEO・CTO・CIOなど:約620件
Webデザイナー・UI/UXデザイナー:約590件
ゲーム関連:約410件

おすすめの人

●ハイクラスやエグゼクティブ転職をしたい人
●短期集中で期限を決めて転職をしたい人
●複業顧問を考えている人

公式サイトはこちら

Green

Green

GreenはIT業界に強い転職サイトで、登録者の6割以上はエンジニアやデザイナーといったIT人材です。そのため、IT人材向けの求人が多いです。

ヘッドハンターやエージェントからのスカウトではなく、企業の人事から直接連絡が届く仕組みになっています。第三者が間に入らないことから、企業とのやりとりがスムーズだと言えます。

運営会社
公式サイト
株式会社アトラエ
https://www.green-japan.com/
取り扱い職種 各種エンジニア/デザイナー/Webマーケター/ITコンサルタント/営業
求人数 IT・Web系:約26,900件
エンジニア・技術職:約16,120件
未経験可:約2,160件

後ほど説明しますが、コロナ禍の影響によって企業の採用ニーズは経験者のほうが高くなっています。経験者向けの求人と比べると案件は非常に少ないので、未経験歓迎の求人を多く掲載している大手転職サイトのリクナビNEXTdodaにも登録しておくと良いです。

IT業界に強い転職サイトの選び方

IT業界と一言でいってもエンジニア・デザイナー・マーケター・営業など、さまざまな職種が含まれています。

自分が希望する職種が決まっているのなら、その職種の求人を多く取り揃えている転職サイトを利用するのが良いでしょう。具体的には総合型と特化型を合わせて利用するのが良いです。

希望する職種が決まっていないのなら求人が豊富にある総合型を利用するのがおすすめです。転職エージェントであれば、自己分析を通して自分がやりたい仕事が明確になり、該当する求人を紹介してもらえます。

転職エージェントの正しい複数利用法については、下記の記事で詳しく解説しています。

IT業界への転職で転職サイトを最大限活用するコツ

IT業界への転職で転職サイトを上手に活用するコツとして、主に以下の3つがあります。

この3つのコツを意識しながら転職サイトを利用すると転職を成功させやすいです。ぜひ試してみてください。

転職サポート付きのサービスを利用する

冒頭でも説明したように転職サイトは大きく2つのサービスに分かれています。

実績がある優秀な人でも、経験が浅い人でも転職サポート付きのサービスを利用するのは有益です。

転職エージェントを利用すれば専任のキャリアアドバイザーが付きっきりで自分の状況に合わせたサポートをしてくれるからです。

複数に登録して1つに絞り込む

転職サイトを利用する際に大切などのは、同じタイミングでそれぞれを比較できるように1度に複数登録することです。

そして実際に面談を受けたり、利用してみた上で良いと思った1つに絞り込むのがおすすめです。

同じタイミングでおこなえば比較がしやすいだけでなく、効率よく転職活動ができるようになります。

求人サイトは併用が基本

求人サイトを利用する際には転職エージェントも一緒に利用するようにしましょう。

何度も説明していますが、求人サイトは求人情報の提供のみで転職活動そのもののサポートや相談はサービス外です。

コロナ禍やロシア発の世界的な経済危機を含めながらIT業界の将来性など、キャリアに関わる相談も転職エージェントではできます。IT業界に精通したプロに相談することで、自分のキャリアを叶える最適な方法を見つけられるようになります。

転職サイトを利用するメリット・デメリット

転職サイトを利用するメリット・デメリットですが、比較しやすいように以下の表にまとめてみました。

デメリットに関しては必ず当てはまるわけではなく、人によってはそのように感じる可能性がある項目を紹介しています。

メリット デメリット
エージェント ▪非公開求人の紹介
▪履歴書・職務経歴書の添削
▪質の高い面接対策
▪IT業界や企業の情報提供
▪人事への推薦
▪日程調整・年収交渉の代行
▪自分のペースで転職を進められない
▪年収や職種などを調整される
▪紹介される求人に偏りがある
▪年収が高い求人ばかり勧められる
求人サイト ▪自分のペースで進められる
▪求人を自分で選べる
▪人気企業だと応募が埋もれてしまうリスクがある
▪企業とのやりとりに時間を取られる
▪配属や年収などの交渉がしづらい

上記の表からでもわかるように、求人サイトはメリットが少ない傾向にあります。IT業界への転職を成功させたいのなら、併用利用すると良いでしょう。

メリット・デメリットについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。

未経験からIT業界へ転職する方法

IT業界の分布図

未経験からIT業界を目指すなら、未経験歓迎の求人を効率良く探すためにもリクルートエージェントdodaマイナビエージェントのような大手転職サイトなど、求人数が多い転職サイトを利用すると良いです。

未経験は転職サイトを利用したほうが採用してもらえる可能性は高いです。というのもIT業界は他の業界に比べて、未経験チャレンジがしやすい業界だからです。しかし、未経験なら何歳でもOKというわけではなく、年齢による難易度の変化はあります。

第二新卒〜
20代半ば
十分に可能性あり。
ポテンシャルで評価してもらえる。
20代後半〜
30代前半
やや厳しくなる。
実務経験が求められる。
30代半ば以降 厳しい。
即戦力となるスキルだけでなく、マネジメント経験も必要。

このように年齢を重ねれば重ねただけ、未経験からIT業界への転職が厳しくなります。しかもコロナ禍によってさらに状況は厳しくなっています。

コロナ禍以前は20代後半〜30代前半でもポテンシャルで評価する求人企業が多かったのですが、状況が変わってきています。リモートワークの導入による教育環境の整備遅れ、指導者不足から、求人企業は即戦力として活躍できる経験者人材を求める傾向となっているのです。

しかし、IT業界以外のリモートワークの導入、対面に変わるオンラインを活用したサービスの開発など、新たにサービスを作る必要があるため、IT業界の求人がストップしているわけではありません。

ただ求人企業が求めている人材がすぐに活躍できる経験者だということです。ポテンシャルでの採用が難しい場合は、プログラミングスクールで基礎を学んでから転職するのが良いです。

さらに各種スクールの中には、講座修了後に就職・転職活動のサポートをおこなってくれるところもあります。

各種おすすめのスクール

未経験からIT業界へ転職する方法について、職種別に詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

IT業界への転職に役立つ関連記事

IT業界への転職に役立つ関連記事をまとめてみました。気になる記事があれば、ぜひ読んでみてください!

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント