IT営業の志望動機を転職のプロが徹底解説!【ケース別例文付き】

転職活動

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    「IT営業に転職したいけどどのように志望動機を書いたらいいかわからない」といったお悩みを、人材のプロの立場から解決していきます。

    志望動機は転職成功のための設計図となるものです。しっかり考えていきましょう!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

IT営業の志望動機の書き方

履歴書に書く志望動機には「業界・職種への志望理由」「企業への志望理由」「過去の実績や活かせるスキル」の3つがあります。

これらは人事からの評価の重要なポイントになるので志望動機を考える際に意識して書く必要があります。

IT営業を志望する理由

業界への志望理由では、前職までの経歴や仕事を通して得た知識やノウハウをさりげなくアピールすると効果的です。

IT営業への転職パターンとしては、一般営業職、Webデザイナー、マーケターなどが挙げられ、営業以外でもIT関連の業務に携わっていれば転職活動でも有利になります。

たとえば、「前職でIT関連の業務に携わっており、仕事を通して得た知識やノウハウをプレゼンテーションというかたちで幅広い層に伝えていきたいと考えております」などのように、営業のスキルをアピールするとともに、「IT営業ならではの志望理由」をしっかりとアピールすることで熱意と意欲が伝わります。

応募企業を選ぶ理由

業界への志望理由以上に重要なのが企業への志望理由です。どの企業も「ここで本気で働きたい人材」を求めており、志望理由が明確な人材ほど採用率がアップします。

Webマーケティングに力を入れている企業であれば、「営業職としてマーケティングを長く担当していました。」と書くことでアピールポイントになります。

志望理由を明確にするためには、応募企業についてよく知ることが大切です。企業の公式Webサイトやパンフレット、商品・サービスの口コミなど、あらゆる情報を熟読したうえで情報収集をおこない、「この企業以外には考えられない」という志望動機をしっかりと固めておきましょう。

過去の実績や活かせるスキルを書く

履歴書には過去の実績やスキルを書き、職業適性や能力をしっかりとアピールしましょう。

IT営業の分野で重宝されるスキルとしては、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、論理的思考力などが挙げられます。

また、転職活動では数字も重要なアピールポイントになります。IT営業なら、前職での成約率や商材の幅広さなどが評価基準となり、採用にも影響してきます。志望理由に具体的な数字を含めることでスキル・ノウハウが見えやすくなり、企業側の採用動機にもつながります。

[完全無料]IT/Web系企業への転職に強いエージェントです!年間相談実績3000人のアクシスに相談してみませんか?

IT営業の志望動機の差別化ポイント

将来性の見込まれているIT営業では、転職組だけでも多数のエントリーが寄せられます。ここではライバルに一歩差をつけるための志望動機のポイントを詳しく解説していきます。

IT営業の志望動機は自己分析が重要

志望動機で差別化をはかるためには、丁寧な自己分析が不可欠です。自己分析を丁寧におこなうことで余裕にもつながり、面接でもあわてることなく、面接官の質問に落ち着いてこたえることができます。

自己分析では、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • 強み・弱みを把握する
  • 将来のビジョンを明確化する
  • 自分なりのストーリーをつくる

自己分析によって強み・弱みを深く掘り下げることで、職業適性を知ることにつながり、面接への自信にもつながります。

実際の面接では、将来のビジョンについて深く掘り下げられます。将来のビジョンについて自分の言葉で伝えられなければ面接でも熱意を伝えることができず、採用担当者にも「どうしてうちの企業に応募してきたのか」と思われてしまいます。

ここまでのことを、ひとつのストーリーにして伝えることで具体性が増し、本当に伝えたいメッセージが伝わりやすくなりますので、自己分析を何度も繰り返し、自分の言葉でしっかりと語れるようにしましょう。

自己分析についてさらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事自己分析を転職に活かすコツ&やり方をプロが伝授!【想定質問集付】

数字を積極的に使う

ビジネスでは、数字が何よりも重要です。

たとえば、「前職では1年間で成約率を10%上昇させました」などのように、具体的な数字を使ってプレゼンテーションしたほうが実績やスキルが伝わりやすくなります。

また、数値目標を達成するためにどのような努力や自己研鑽をつづけてきたか、ということを自分の言葉でアピールすることも大切で、結果と過程をきちんと見せることがプレゼンテーションの基本と言えます。

業界に関する経験を書く

転職活動では、いかに前職の経歴や実績をアピールできるかということが重要になります。

営業職なら、前の会社での勤続年数やポジション、実績を具体的に伝えることで面接官へのアピールにもなります。

IT営業であれば、営業経験以外にも、Webマーケティングやデザイナーとしての経験が重視されますので、ぜひ積極的にアピールしてみましょう。

[完全無料]弊社独自の想定質問集・選考対策により、面接官に強烈な印象をを残しませんか?

【ケース別】IT営業の志望動機の例文

IT営業に転職するポイントについて見てきたところで、ここからはより実践的に、履歴書に書く志望動機の例文についておさえていきましょう。

IT営業経験者の場合

20代の頃からIT営業に携わっており、30代ではコンサルティング業務を主に担当していました。

貴社では営業とともにコンサルティングにも力を入れていると知り、前職での経験をふまえつつ、新たなキャリアアップにもチャレンジできると思い、エントリーさせていただきました。

クライアントのためにより良いものを提案するプロセスが好きで、業務時間外でも知識・ノウハウのアップデートに努めています。

このように、営業経験をさりげなくアピールしつつ、新しい分野にチャレンジしたい、という熱意を伝えることがポイントです。

IT営業未経験者の場合

Webマーケティングの企業で5年ほどマーケティングを担当していました。現状分析から課題を分析し、数値的データをもとに改善方法を提案するプロセスには慣れています。

貴社では精緻なマーケティングをもとにクライアントへの手厚いフォローをおこなっていると知り、前職での経験・実績を活かせると思い、この度エントリーさせていただきました。

Webマーケティングのノウハウを営業に活かすためのノウハウを研究しています。

IT営業が未経験の場合は、それ以外の分野で培った知識やスキル、ノウハウを具体的にアピールしましょう。

志望動機の書き方についてさらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事【完全保存版】志望動機が書けない転職者必見!考え方を徹底解説!
関連記事【回答例付】プロが教える転職面接で面接官に響く志望動機の考えかた!
︎[完全無料]弊社の支援経験豊富な転職のプロたちからアドバイスをもらい、面接官に強烈な印象をを残しませんか?

IT営業に求められる適性・マインド

志望動機を考える際には、IT営業で求められる適性・マインドを理解しておく必要があります。ここでは、どのようなものがあるのか具体的に解説していきます。

新しい技術や情報の取得が得意

IT業界は技術や情報のアップデートもめざましいため、常に最新の情報や知識、ノウハウに貪欲にアップデートする意欲こそがIT営業の職業適性とも言えます。

もちろん、最新の情報をただ単に詰め込むのではなく、収集した情報を自分の中できちんと噛みくだき、オリジナルの言葉に変換できなければまったく意味がありません。

IT営業を仕事にするのであれば、仕事としてはもちろんのこと、業務時間外でも自己研鑽に励み、古い知識に凝り固まらない努力をつづける必要があります。

チームでの取り組みが好き

IT営業というと、「個人単位で業務を進める」というイメージが強いかもしれませんが、実際にはチームでの取り組みがメインとなります。

とくに、営業職以外の職種との連携が多く、Webデザイナーやマーケター、エンジニアなど、業種の垣根を超えてコンタクトを取る機会が多いため、業種や職種にかかわらず異なる分野のプロフェッショナルと円滑にコミュニケーションを取る能力が求められます。

むしろ、IT営業の場合、異なる分野との連携にこそヒントが隠されており、知識やノウハウのアップデートにつながる場合がありますので、営業職以外の業種にもしっかりとアンテナを張っておく必要があります。

論理的に物事を考えられる

論理的思考力はIT営業にかぎらず、営業職全般に求められます。

営業職とはつまり、自社の商品やサービスをプレゼンテーションするプロセスですから、感情や熱意ばかりが先行してしまったのでは相手にメッセージを伝えることができません。

「このコンテンツがなぜおすすめなのか、なぜ使ってほしいのか」ということをロジックに沿って、理論立てて説明することで、プレゼンテーションの成功にもつながります。

また、論理的思考力をアピールすることでそれ以外の能力の高さも印象づけることができ、「この人の説明なら信頼できる」ということで長いスパンでの成約率上昇へと結び付けることもできます。

もちろん、熱意や思い入れがなければ先方の心を揺さぶることはできませんから、論理的だからといって淡々と説明するのではなく、核となるメッセージがきちんと伝わるように工夫することも必要です。

ボキャブラリーが豊富

営業職は、言葉を扱う職業でもあります。幅広い取引先、年齢層に対して商品やサービスをプレゼンテーションする仕事のため、相手に会わせて表現方法を微妙に変えたり、わかりにくい言葉を置き換えたりして、本当に伝えたい部分がしっかりと伝わるように試行錯誤を繰り返す必要があります。

そのためには普段から語彙力をきたえ、どんな相手に対しても説得力のあるプレゼンテーションができるようにトレーニングをしておく必要があります。

ただ、ボキャブラリーが豊富なだけではプレゼンテーション能力は向上しません。IT営業に求められるのは、言葉の変換力です。自分の話がどうも伝わっていないな、という時、言葉の変換力が身についていれば動揺することなく、相手にとってわかりやすいボキャブラリーに瞬時に変換することができます。

また、たとえ話も効果的です。説明力のある人は相手の理解度に合わせてたとえ話を使い、飽きさせないコツを心得ています。効果的なたとえ話はプレゼンテーションにテンポを生み出し、話の本質を伝わりやすくします。

小説や映画など、営業には一見関係ないようなコンテンツにもふれることでボキャブラリーが厚くなり、たとえ話のコツもわかるようになります。

自分なりのストーリーを組み立てられる

プレゼンテーションのコツは、「いかに自分のストーリーに引き込むか」ということです。取引先の企業は、オリジナルの言葉、あなただけのストーリーを聞きたいのです。

「このテクノロジーを使うとこういうメリットがありますよ」ということをわかりやすいストーリーに乗せて丁寧にプレゼンテーションすることで人柄が伝わり、聞き手の心を揺さぶることができます。

プレゼンテーションは、決して説得ではありません。「理解させよう」ではなく、「ストーリーを聞いてもらおう」というスタンスでひとつひとつ言葉を紡いでいくことでメッセージが伝わり、成約へと結びつけることができます。

物事を多面的な視点でとらえられる

営業職は自社の商品やサービスを売り込む仕事ですが、ポジティブな面だけをアピールしても説得力のあるプレゼンテーションにはなりません。ポジティブな面と合わせてネガティブな面も先方にバランスよく伝えることでより説得力のあるプレゼンテーションになり、先方の心を揺さぶることができます。

ネガティブな面を正しく伝えるためには、多面的な視点が不可欠です。物事を一面的な視点でしか見ることができない人は伝えるメッセージも一方的になり、本当に伝えたい情報が抜け落ちてしまいます。

多面的な視点を持つためには、「相手の立場で物事を考える」ことが必要です。営業でいえばそれはユーザー視点であり、商品やサービスを実際に使うユーザーの視点で自社のコンテンツを検討することで、「もっとこうすれば良くなるな」というポイントが見えやすくなります。

伝え方も重要です。心理学では、ポジティブな情報よりもネガティブな情報のほうがイメージに強く残りやすいと言われています。

「こちらのPCは軽量で持ち運びに便利ですが、その分耐久性がやや低いです」
「こちらのPCは耐久性はやや低いものの、軽量で持ち運びに便利です」

上の2つはまったく同じ商品のプレゼンテーションですが、聞き手の印象は異なります。このように、情報を出す順番を工夫するだけでも受け取り方ががらりと変わりますので、プレゼンテーションでは伝え方を工夫しましょう。

好奇心がある

営業職でキャリアアップしていくには、情報や知識をつねにアップデートしていく必要があります。

そのためには、好奇心をもって仕事にあたることが大切です。仕事に対して好奇心があるのとないのとでは同じ情報に触れても吸収率が違いますし、その後の定着率も変わってきます。

自分自身が興味関心を持って能動的、主体的に吸収した情報は必ず財産になりますし、そうした「生きた知識・情報」を積み重ねているからこそ、プレゼンテーションでも自分の言葉として語れるようになるのです。

とくに、IT営業は最先端のノウハウやテクノロジーをメインに取り扱う分野ですので、時代の流れやトレンドに敏感な人材が重宝される業界であると言えます。

︎[完全無料]経歴や人柄を考慮して、あなたに本当に合った求人を提案いたします!まずは弊社の転職のプロたちにご相談ください!

IT営業に転職したい人へ

現在も高い将来性が見込まれているIT営業。最新の情報やテクノロジーをプレゼンテーションできるため、刺激のある職種とも言えます。

転職エージェントを利用すれば、書類から面接まで企業ごとに対策ができます。

すべらないキャリアエージェントは、納得感の高い転職・意思決定ができるよう、転職者とじっくり対話をすることを徹底した転職エージェントです。

事実、書類選考通過率は58%以上であり、業界水準より高い実績を誇っています。

他にも、以下のような他の転職エージェントに負けない強みがあります!

  • 転職サイトに載っていない優良求人を保有
  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者の長期的なキャリア設計のコンサルティング

本気で転職を成功させたいと考えている人は、ぜひ1度すべらないキャリアエージェントに相談ください

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

転職エージェントは、無料でご利用いただけます!キャリアにお悩みでしたら、まずはお問い合わせください。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。