営業から経理への転職は可能?成功させるコツまとめました!

PC 紙 鉛筆 メモ

今回は、現在営業職で経理への転職を検討しているという人へ向けて、転職のプロが転職を有利に進めるポイントや転職理由・志望理由の考え方を書いていきます。

経理の仕事内容

今回は、現在営業職で経理へ転職を検討しているという人へ向けて、転職を上手く進めるポイントや転職理由・志望理由の考え方を書いていきます。

営業職は顧客との関係構築や顧客と技術部門の調整役が主な業務ですよね。

一方、経理はお金の動きを「見える化」させ、事業を数値化させることが主な業務で、社内での仕事が多くなります。

財務や会計とは違い、経理はお金が出たり入ったりした動きを把握し、管理する役割があります。「経営の要」とも言われ、会社のお金を管理するので、経営に密に関わる仕事です。

具体的には

  • 出入金の管理
  • 収支の管理
  • 財務諸表の作成
  • 有価証券報告書の作成
  • 原価計算
  • 月次、年次の決算

などの業務があります。

︎[完全無料]現状の課題や将来のキャリアの不安について国家資格キャリアコンサルタントの社員が丁寧にお答えします。

経理に求められる資質・スキル

経理に求められる資質・スキルには以下の5つがあります。

コミュニケーション力

自分のデスクで黙々とパソコンと向き合っているイメージがありますが、顧客、経営層、社内の全部署とやり取りをする経理では、コミュニケーション能力が高くなければスムーズに仕事をすることができません。

面接では、営業で培ったコミュニケーション力が伝わるように話しましょう。

正確性

お金を扱うわけですから、正しい数値になるまで突き詰めなければなりません。正確な数字を守る責任感が求められます。

問題解決力

経理は、ただ単にお金の流れを管理するだけではありません。

「見える化」した数値を見て分析し、経営の改善点を見つけ出し、改善案を提案する力が必要です。そしてそれは経営的視点からみた改善でなければなりません。

[完全無料]20代での転職で年収700万円を超える。10年後、20年後を見据えた転職をサポート

未経験で経理に転職するコツ

「営業から経理に転職したい!」という人は以下のことを意識するとよいでしょう。

数字を常に意識できることを、アピールしよう!

数字を意識して仕事をする点は、営業も経理も同じです。

「目標達成のために、どのように計画し行動したのか」を伝える中で、数字を意識して仕事ができることをアピールしましょう。

ネガティブな転職理由を言わない

「ノルマがきついから」「忙しすぎて」というような、ネガティブな転職理由では仕事の継続性や意欲の点で、懸念を抱かれてしまいます。

これでは「他責思考タイプ」と判断され、人のせいにばかりして問題や課題を解決することはできないと、採用側から避けられてしまいます。

何より、今の仕事から逃げるような転職は、自分が後悔しやすいものです。「今の職場では、実現させたいことができないから転職をしたい」というポジティブな転職理由を話しましょう。

経理として活躍できる証拠集めをしよう

経理に応募する前に、今の仕事で経理に活かせるスキルや経験を整理する必要があります。

また、経理に必要な簿記(最低でも2級)、MOS、給与計算実務能力検定などの資格を取っておくと、「経理として必要なスキルを持ってる」という証拠になります。

営業職から未経験の経理に転職することは不利ではなく、実務経験者が持っていないスキルや経験があると考えて、自分の武器をしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

[完全無料]未経験業界・職種への転職なら、営業からの転職に独自の転職ノウハウを持つ弊社にお任せください!

転職理由・志望動機の考え方

面接官を納得させる転職理由は、「なりたい自分像から逆算」して考えると良いでしょう。

そもそも、転職はなりたい自分像から逆算して、今の職場ではどうしても手に入らないもの(経験・環境)がある時におこなうべきものです。

なりたい自分から逆算せずに、目の前の不満から逃げるための転職は、面接官にも良い印象を与えません。なりたい自分像から逆算することで「転職しないといけない理由」が明確になり、説得力が加わります。

「転職理由」「志望動機」は、次のステップで考えると、整理して考えることができます。

  1. 10年後にどのような人材になりたいか、どんな生活を送っていたいか?
  2. 1のなりたい自分像は、今の職場・仕事では実現不可能か?それはなぜか?
  3. 1のなりたい自分像は希望先の会社で本当に実現できるのか?それはなぜか?(これが志望動機となります)

面接では、経験や資格、スキルをとともに「未経験でも経理に転職したいと考えるのはなぜか?」ということを掘り下げて聞かれます。

転職理由や志望動機を整理して、論理的に説明できるようにしておくことが必要です。

志望動機の考え方は、こちらの記事で詳しく解説しています。
関連記事【回答例付】プロが教える転職面接で面接官に響く志望動機の考えかた!

転職で後悔したくない人へ

あなたにとって今の会社が1番成長できる会社なのかと疑問に思っている人は多くいると思います。

20代〜30代前半に成長できる会社でスキルを伸ばしていくことは、あなたのキャリアにおいて重要であり、仕事が忙しくてもある程度の時間を取って自分のキャリアを考えるべきです。

もしキャリアを高められる環境ではないのであれば、より成長できる会社へ転職することをオススメします。

転職活動をするなら転職エージェントを利用すると効果的です。

転職エージェントを利用するメリット

  • 転職サイトには載っていない非公開求人に応募できる
  • あなたのご要望から最適な求人が提案される

とくに弊社アクシスでは、丁寧なヒアリングと厳選された求人によるマッチング率の高さが強みです。

本人の適性(強みとやりがいポイント)と、カルチャーマッチ等も細かく把握・分析した上で、マッチ度の高い求人や企業を提案しています。

結果的に、弊社アクシスを利用して転職した人の入社後半年以上の継続率は98.5%以上となっています。

さらに、20代〜30代前半のビジネスパーソンにとって有利と思われる企業・求人しか取扱いしないことをお約束します。

弊社アクシスの強みについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

本気で今のキャリアを高めたい人は弊社にご相談ください。

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず自立を目指す人に向けた転職支援!
  2. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人で質の高いサポートをします
  3. あなたのキャリアに有利な企業・求人のみご紹介!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A