営業職への志望動機完全マニュアル!分かりやすい例文付き!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス株式会社・代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職サイトなどで検索をすると営業職の求人が圧倒的に多く、転職者の中には未経験でも営業の仕事がしたいと思う人がよくいます。

ただ、未経験者の営業へ転職しようと思ったときに、つまずきがちなのが志望動機だと思います。

そこで今回は、営業職へ転職するときに意識すべき志望動機のポイントと、営業未経験者向けに営業職の魅力などを紹介していきます!

志望動機はなりたい自分から逆算して考える

まず、志望動機は「将来なりたい自分の姿を逆算」して伝えるようにしましょう。

実は、なりたい自分から逆算して志望動機を伝えるのは、営業職に限ったことではありません。そもそも転職は、なりたい自分や将来像から逆算して、今の職場では手に入らない経験や環境があるときに行うべきものなのです。

将来の自分のためになぜ営業職を志望したのか、という問いに上手く答えられると、志望動機が明確になり説得性が大きく増します。

実際に、なりたい自分から逆算して志望動機を考える時は、以下の3ステップで考えてみてください。

  1. 10年後の自分はどのような人材になっていたいか?その理由はなぜか?
  2. 1で考えた内容は今の職場で実現不可能なのか?その理由はなぜか?
  3. 1で考えた内容は希望転職先で実現できるものか?その理由はなぜか?

上記3ステップの中でも、特に3の内容は非常に重要です。

仮に1と2を完璧に答えられても、3の内容が希望した企業の採用担当者に「自社では転職者の希望に答えられないな」と思われてしまったら、不採用にされてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

そうならないように、志望動機を書く前に希望した企業について、企業の公式HPやコーポレートサイトを確認しておきましょう。

面接で外せない志望動機のポイント


面接で志望動機を聞かれたら、以下の4つの要素を盛り込んで答えましょう。

なぜこの業界を選んだのか

営業職はどの業界にも存在する職種なので、「なぜこの業界を希望したのか?」という点は非常に重要です。まずはここをしっかりと抑えてください。

面接に行く前に、他の業界ではダメな理由を自分なりに考えて、受け答えの準備を整えてから面接に挑みましょう。

なぜウチの会社なのか

数ある企業の中で、なぜウチを選んだのかは、面接ではほぼ100%質問されます。

面接官がこの質問をする意図としては「転職者の入社意欲の本気度」を知りたいという思いがあるからです。

「どうしてウチの会社を志望したの?」「他の会社でも良かったんじゃないの?」と聞かれた時に、「絶対にこの企業が良いんだ!」という答えを準備しておくと良いです。

前職との共通点を探す

前職で培った経験やスキルを希望した企業でも活かせないかを模索してみてください。

若い人材であれば、若さと期待値で採用されることもありますが、20代後半からは一定のスキルも転職には必要になってきます。

企業側も、転職者には即戦力を求めている傾向が強いので、前職で活かせそうなスキルや経験をアピールすることも大切です。

また、実績をアピールする場合は、実際に〇〇万円売り上げたことがあるなど、具体的な数字を伝えられると効果的です。

周りとの差別化を図る

志望動機を伝える時は、必ずあなたにした言えないオリジナル要素を入れてください。実体験などを入れ込めると、オリジナル感が強くなって良いですよ。

「希望している業界に興味を持った理由」や「前職で実際にあった体験や経験」などから、志望動機として使えそうなものはないか探ってみてください。

特にオリジナル要素がない志望動機では、他の転職者の中に埋もれてしまい、採用担当者に興味を持たれないまま、スルーされてしまう可能性が高くなります。

営業職に求められる資質とスキル

営業職で求められる資質とスキルには様々なものがありますが、主に以下の10項目を持っている人が歓迎される印象です。

  • 課題発見能力
  • ロジカルシンキング
  • 協調性
  • コミュニケーション能力
  • 体力
  • 忍耐力
  • 発想力
  • 元気さ
  • 笑顔
  • 顧客と信頼関係を築く力

ただ、どれも数値化できるスキルではありませんよね。

営業職以外の職種の方が営業職を目指すには場合は「これまでの社会人経験のなかでどのように、営業職に求められるスキルを身につけてきたのか」という観点からこれまでのキャリアを業務レベルで整理し、志望動機に盛り込んでいくことが必要です。

志望動機の例文集【未経験から営業職への転職】

未経験から営業職へ転職するときの志望動機の例文集をまとめました。

志望動機を考える際に、ぜひ参考にしてください!

例文1. アパレルから異業界の営業職に転職する場合の志望動機

前職はアパレルショップの店長として、3年間働いておりました。店長として毎月のプロモーション施策を実施し、店舗の売上目標は毎月達成しておりましたが、アパレルショップではお客様へ提案できる幅が狭く、お客様への提案力を高めていくことに限界を感じておりました。

貴社を志望させて頂いた理由は、コンサルティング型の営業を行うことができ、営業職として提案力を高めていけると感じたからです。

アパレル業界ではどうしても商材が限られるため、お客様への提案力を高めていくには限界があります。前職で培った提案力、売上目標達成への姿勢を活かし、貴社に貢献していきたいと考えております。

例文2. 製造業から同業界の営業職に転職する場合の志望動機

前職では精密機械メーカーの製造工として3年間働き、加工や組み立ての業務をやってきました。グループのリーダーを務め、社員のマネジメントに取り組んでまいりました。求められる役割は果たせていたものの、顧客の顔が見えない中で製造していくことに限界を感じ、顧客に直接価値を提供できる営業職に転職したいと考えるようになりました。

貴社を志望した理由としましては、これまでに培ってきた業界知識・商品知識を活かし、営業職として顧客に対して価値を提供していけると感じたからです。これまでの業界経験を活かし、貴社に貢献できるよう努めて参りたいと考えております。

志望動機を基礎から知りたい人は、以下の記事もおすすめです。初心者向けに分かりやすく書いているので、ぜひ読んでみてください!

【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

営業職の魅力


筆者が思う、営業職の1番の魅力は「収益を直接生む職種」ということではないかと思います。

クライアントと直に交渉する営業職ならではの魅力だと感じています。

他にも以下の3点が主なところだと思います。

  • 仕事の成果が数字に表れやすい
  • 達成感を味わいやすい
  • 大型案件を受注した時の喜びが大きい

1つ1つ詳しく解説していきます。

仕事の成果が数字に表れやすい

営業職は、基本的にインセンティブという基本給+歩合制の給与形態であることが多いです。

商品を売ったり、契約を取れたりする度に会社に評価されて、基本給に歩合額が上乗せされていき、自分の成果がそのまま数字に表れます。

結界を出せば出すだけ年収もアップしていくので、自分の実力次第では出世しやすい職種とも言えます。

達成感を味わいやすい

営業職は営業先である、クライアントの課題を発見し解決していく仕事でもあります。

クライアントのニーズにうまく答えられれば感謝されることもあり、達成感を味わいやすくやりがいを感じやすい職種だと思います。

大型案件を受注した時の喜びが大きい

大型の営業案件については、社内でプロジェクトチームを作り、他部署と連携しながら受注に向けて動きます。

関わる人員が増えればその分大変なことも多くなりますが、他部署とうまく連携できて受注した時の喜びは、大変大きなものになります。

営業にはどんなやりがいがあるのか、気になる人も多いと思います。営業職のやりがいについて、以下に詳しくまとめた記事があるので、ぜひ読んでみてください。

営業のやりがいって?大変なのに頑張れる魅力を転職のプロが教えます!

転職エージェントに相談してみませんか?

営業職への転職を考えてる人の中で、以下のような疑問や悩みを抱えている人はいませんか?

  • 初めての転職で色々不安……相談に乗って欲しい
  • もっと自分らしく、楽しく働ける環境はないの?
  • キャリアアップしたい!

そんなときに頼りになるのが、転職エージェントです!

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。専属のキャリアドバイザーが、上記のような様々な不安に対して無料で相談に乗ってくれます。

他にも、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わること全般をサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!