20代で転職を検討されている方へ

かんたん60秒!無料の相談申し込みはこちら

2019.11.19

【ケース別】営業職への志望動機完全マニュアル!分かりやすい例文付き

未経験者が営業へ転職しようと思ったときに、つまずきがちなのが志望動機だと思います。

そこで今回は、営業職へ転職するときに意識すべき志望動機のポイントと、ケース別に営業職の例文集、営業職に求められることなどを紹介していきます!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

志望動機はなりたい自分から逆算して考える

志望動機は「将来なりたい自分の姿を逆算」して伝えるようにしましょう。

実は、なりたい自分から逆算して志望動機を伝えるのは、営業職に限ったことではありません。そもそも転職は、なりたい自分や将来像から逆算して、今の職場では手に入らない経験や環境があるときに行うべきものなのです。

将来の自分のためになぜ営業職を志望したのか、という問いに上手く答えられると、志望動機が明確になり説得性が大きく増します。

実際に、なりたい自分から逆算して志望動機を考える時は、以下の3ステップで考えてみてください。

  1. 10年後の自分はどのような人材になっていたいか、その理由
  2. 最初に考えた内容は今の職場で実現不可能なのか、その理由
  3. 最初に考えた内容は希望転職先で実現できるものか、その理由

上記3ステップの中でも、特に3の内容は非常に重要です。

仮に1と2を完璧に答えられても、3の内容が希望した企業の採用担当者に「自社では転職者の希望に答えられないな」と思われてしまったら、不採用にされてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

そうならないように、志望動機を書く前に希望した企業について、企業の公式HPやコーポレートサイトを確認しておきましょう。

[無料]志望動機や転職理由にお悩みの方、まずは弊社に相談してみませんか?

志望動機を考えるときに外せない4つのポイント

志望動機を考えるときに外せないポイントを伝えている場面

志望動機を考えるときに外せないポイントは、以下の4つです。

以下の4つの要素は盛り込んで考えてみましょう。

1.なぜこの業界を選んだのか

営業職はどの業界にも存在する職種なので、「なぜこの業界を希望したのか?」という点は非常に重要です。まずはここをしっかりと抑えてください。

面接に行く前に、他の業界ではダメな理由を自分なりに考えて、受け答えの準備を整えてから面接に挑みましょう。

2.なぜウチの会社なのか

数ある企業の中で、なぜウチを選んだのかは、面接ではほぼ100%質問されます。

面接官がこの質問をする意図としては「転職者の入社意欲の本気度」を知りたいという思いがあるからです。

「どうしてウチの会社を志望したの?」「他の会社でも良かったんじゃないの?」と聞かれた時に、「絶対に御社が良いんだ!」という答えを準備しておくと良いです。

3.前職との共通点を探す

前職で培った経験やスキルを希望企業でも活かせないかを模索してみてください。

若い人材であれば、若さと期待値で採用されることもありますが、20代後半からは一定のスキルも必要になってきます。

企業側も、転職者には即戦力を求めている傾向が強いので、前職で活かせそうなスキルや経験をアピールすることも大切です。

また、実績をアピールする場合は、実際に〇〇万円売り上げたことがあるなど、具体的な数字を伝えられると効果的です。

4.周りとの差別化を図る

志望動機を伝える時は、必ず自分にしか言えないオリジナル要素を入れてください。実体験などを入れ込めると、オリジナル感が強くなって良いですよ。

「希望している業界に興味を持った理由」や「前職で実際にあった体験や経験」などから、志望動機として使えそうなものはないか探ってみてください。

特にオリジナル要素がない志望動機では、他の転職者の中に埋もれてしまい、採用担当者に興味を持たれないまま、スルーされてしまう可能性が高くなります。

[無料]志望動機で時間を浪費している自覚がある方、まずは弊社に転職相談してみませんか?

【ケース別】営業職の志望動機の例文集

ケース別に営業職へ転職するときの志望動機の例文をまとめてみました。

営業経験がない人、営業経験がある人が営業職へ転職する場合と、第二新卒で営業経験がない人、営業経験がある人が営業職へ転職する場合に分けてご紹介します。

例文で紹介する業界ですが、とくに需要のある広告・メディア業界、不動産業界をピックアップしました。

さらに、番外編ではよく相談を受けるアパレルから転職する場合、メーカーから転職する場合も合わせてご紹介します。

ここで紹介している例文をそのまま使うのではなく、参考にして自分オリジナルの志望動機にするようにしましょう。

営業経験がない人向けの志望動機(広告・メディア業界)

広告を通じて、商品やサービスの価値をより多くの人々に届けるという仕事に魅力を感じております。


私自身、貴社が手がけられた●●の商品広告を拝見して、「この商品を使えばこんな利点があるのか」と新しい発見があり、購買意欲をそそられたことを今でもよく覚えています。


私がそう感じたように、今度は私がより多くの方に向けて発信したいと強く思っております。そのために貴社で広告のノウハウ習得に励み、1日でも早くクライアントさまや貴社の業績向上に貢献したいと考えております。

ポイントは「なぜ広告業界を志望するのか」です。広告業界に対して華やかなイメージを持ち、憧れて志望する方が実際には多く見られます。

だからこそ、「なぜ広告業界を志望するのか」という点が重要視されることになります。ですので、原体験を説明する、意欲や熱意の高さもしっかりアピールするようにしましょう。

また、憧れだけで終わらせてはいけません。広告の本質的な価値を理解して、集客や売上向上に貢献したいというアピールをしっかりするのが大きなカギですね。

営業経験がある人向けの志望動機(広告・メディア業界)

私は以前、メディア系の広告営業を務め、成功する広告を打つために日頃からデータ収集や流行、社会の動きに目を向けるよう努力しておりました。


クライアントさまの売り上げが伸びた時には、クライアントさまとともに立ち上げたものなので、非常に大きなやりがいを感じました。


そのやりがいを感じてから、貴社のような総合広告代理店で、より幅広い広告物に携わりたいという思いが大きくなりました。


私自身、これまでに独学ながら新しい技術の習得に励んでおり、貴社においても早期から経験やスキルを発揮できるものだと考えております。

ポイントは「なぜその企業なのか」を明確にすることです。数多くある広告代理店の中で、なぜその企業を志望するのか、必ず面接官は注目します。

また、前職での営業経験を具体的にアピールすると効果的です。広告業界は常に新しい技術・手法が生み出されてトレンドも変わります。ですから、勉強意欲の高さも同時にアピールすると良いでしょう。

第二新卒で営業経験がない人向けの志望動機(不動産業界)

前職では、個人のお客様を対象に居住用賃貸物件の仲介業務を●年担当しておりました。


具体的には、接客業務から契約書類の作成まで担当しており、担当する案件数が多い時も丁寧に仕事をすることを心がけておりました。お客様の満足度の高さは、特に社内で評価されていました。


今後は大きくビジネスを動かしたいと思い、前職で身につけた接客や不動産に対する知識を活かして、将来的には不動産投資コンサルタントとしてお客様と貴社の利益貢献をしていきたいと考えております。

自分が経験してきた業務内容を具体的にすることがポイントです。アピールするだけではなく、その経験やスキルをどう活かせるのか、しっかり言及できるとなお良いですね。

第二新卒で営業経験がある人向けの志望動機(不動産業界)

2020年を転機として、不動産業界は新たな道を模索すべきだというニュースを読み、今後の市場動向に強い関心を持ちました。


貴社では高齢者向けのリノベーション物件の開発・仲介を行っており、今後のニーズにマッチした不動産会社だと考えております。


新規顧客開拓を中心に行っている貴社ではありますが、若さとフットワークの軽さを活かして営業活動を行い、多くの案件を獲得できるスタッフとして働きたいと思っております。

大事なポイントは「なぜ不動産業界を転職先に選んだのか」です。また「不動産業界で何をしたいのか」という点も重要です。

転職先企業のビジネスのトレンドをしっかりと押さえて、理解していることをアピールすると好印象になります。

番外編(アパレル・メーカー)

現役の転職エージェントとして、転職者のサポートをしており、その中でとくにニーズのある「アパレル」と「メーカー」の志望動機についてもご紹介します。

まずはアパレルから異業界へ転職するケースです。アパレルは接客販売なので、個人営業に該当しますね。

前職はアパレルショップの店長として、3年間働いておりました。店長として毎月のプロモーション施策を実施し、店舗の売上目標は毎月達成しておりましたが、アパレルショップではお客様へ提案できる幅が狭く、お客様への提案力を高めていくことに限界を感じておりました。


貴社を志望させて頂いた理由は、コンサルティング型の営業を行うことができ、営業職として提案力を高めていけると感じたからです。


アパレル業界ではどうしても商材が限られるため、お客様への提案力を高めていくには限界があります。前職で培った提案力、売上目標達成への姿勢を活かし、貴社に貢献していきたいと考えております。

続いては、メーカーの技術職から営業職へ転職するケースです。

同業界への転職ですが、営業未経験なので、同業界で培った経験がどうやって営業職へ活かせるのかを伝えられると良いです。

前職では精密機械メーカーの製造工として3年間働き、加工や組み立ての業務をやってきました。グループのリーダーを務め、社員のマネジメントに取り組んでまいりました。求められる役割は果たせていたものの、顧客の顔が見えない中で製造していくことに限界を感じ、顧客に直接価値を提供できる営業職に転職したいと考えるようになりました。


貴社を志望した理由としましては、これまでに培ってきた業界知識・商品知識を活かし、営業職として顧客に対して価値を提供していけると感じたからです。これまでの業界経験を活かし、貴社に貢献できるよう努めて参りたいと考えております。

志望動機を基礎から知りたい人は、以下の記事もおすすめです。初心者向けに分かりやすく書いているので、ぜひ読んでみてください!

【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

例文だけでは上手く志望動機を考えられない場合

例文を見ただけでは、志望動機を上手く考えられない人もいると思います。

そんなときはぜひ弊社のエージェントサービスをご利用ください!

弊社では求人企業が「どのような人材を求めているのか」を直接ヒアリングしているので、求人サイトなどには記載されていない細かい情報まで把握しています。

さらに、求人企業の細かいニーズを知っているため、面接官に刺さる志望動機を作成できるので、一人で転職活動をするより、確実に選考通過率を高めることができます。

志望動機に詰まっている人は、ぜひ弊社にご相談ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

10時間以上に及ぶ選考対策で転職決定率が大手転職エージェントの5倍!

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

【業界別】営業職に求められること一覧

営業職といっても、その業界や職種によって、求められることが違います。

今回は、「広告業界」「人材業界」「接客業(アパレル)」の3つをピックアップします。

  • 広告業界
  • 人材業界
  • 接客業(アパレル)

上記の3つについて、次でご紹介したいと思います!

広告業界

経験者の場合ですが、メディア系の広告営業経験者なら歓迎される傾向にあります。その理由は、様々なことに対応できるからです。

未経験者の場合ですが、そもそもあまり採用してもらえない傾向があります。面接では、自分なりの原体験が求められるので、リアルな原体験がないと厳しいかもしれません。

人材業界

経験者の場合は、例えば顧客属性的に特化した領域のマッチングがフォーカスされてしまっているため、違う分野のマッチングにも力を入れたい、という思いを持った人物が歓迎されます。

未経験の場合は、事業における重要性を強く感じている人物が求められます、具体的には、様々な業界のビジネスモデルを理解しながら、人の採用課題などに貢献したいと考えていることですね。

接客業(アパレル)

接客業は、経験者・未経験者問わず、何かしらの顧客折衝が大事になってきます。お客さんの役に立ちたいとか、ホスピタリティがある人物を求めています。

商品が好き、洋服が好き、自分が持っているブランドが好きなど、月並みの理由でも全く問題はありません。

ちなみに、販売接客やアパレル、不動産賃貸も接客業に分類されます。

営業職の面接でチェックされていること

面接でチェックされているところは、業界・職種によって変わってきます。

「広告業界」「人材業界」「接客業(アパレル)」「事務」の3つをピックアップし、それぞれ説明します。

  • 広告業界
  • 人材業界
  • 接客業(アパレル)

上記の3つについて、次でご紹介しますね!

広告業界

大変なことや辛いことをちゃんと理解して、それでもこの業界で働きたい、という強い意思を持っているかどうかチェックしています。

なぜなら、面接官は華やかなイメージにつられてくる人物を嫌う傾向があるからなんです。

広告業界は買い手市場のため、誰でも入れるわけではありません。だからこそ非常に難しいので、きちんとアピールできるかどうか、これが採否のカギになります。

アドバイス

「広告が好きで〜」という志望動機はNG!広告が好きというのは消費者側になってしまいます。

逆に「最近の広告はこういう部分が良くないから好きじゃない。だからもっと良くしていきたい」という理由の方がプラス評価につながりやすいですね。

人材業界

人材業界では、性格が明るくて人と話すのが好きという部分やコミュニケーション能力が見られています。

「人というものをビジネスとして扱う大変さを、きちんと理解できているか?」「辛さもあるし大変だし、嫌なこともやらなければならないことを、きちんとわかっているの?」という部分もチェックされます。

アドバイス

「人が好きなので〜」という志望動機はNGです!なぜなら、人が好きなのは当然のことだからです。

辛さや大変さをきちんと理解している上で、それでもなおこの仕事がしたい!と思えるかどうかが重要です。「なぜ仕事側でしたいのか?」という、厳しくてもやりたい理由を明確に言えるようにするのがカギですね。

接客業(アパレル)

接客業は「なぜこの会社に入社したいのか」「どうしてこの業界に行きたいのか」をチェックしています。なぜなら、ミスマッチなく長く働いて欲しいと考えているからなんです。

だからこそ、ロイヤリティーを示せるような志望動機にするのがベストでしょう。

また、「成果を得ることが好き!」という人物だと、面接官は「この人は他の人と違うな!」と良い印象を抱いてもらえるケースもあります。

アドバイス

「楽だから」という志望動機は絶対にNGです!その理由は、面接官にしてみれば「楽して来られたくない」「楽だったとしてもストイックにやりたい」という人物を採用したいからです。


また、接客するのが楽しいとか好きというのは、手段の話なので志望動機としては不十分になります。


ですので、「利益貢献するのが楽しい」「商品を売るための工夫をするのが楽しい」と伝えると効果的ですね。

営業職に求められる資質とスキル

営業職で求められる資質とスキルには様々なものがありますが、主に以下の10項目を持っている人が歓迎される印象です。

  • 課題発見能力
  • ロジカルシンキング
  • 協調性
  • コミュニケーション能力
  • 体力
  • 忍耐力
  • 発想力
  • 元気さ
  • 笑顔
  • 顧客と信頼関係を築く力

ただ、どれも数値化できるスキルではありませんよね。

営業職以外の職種の方が営業職を目指すには場合は「これまでの社会人経験のなかでどのように、営業職に求められるスキルを身につけてきたのか」という観点からこれまでのキャリアを業務レベルで整理し、志望動機に盛り込んでいくことが必要です。

営業職へ転職したいのなら

「自分のありたい姿」を明確にして、転職を成功させるためにも転職エージェントの利用をオススメします。

転職者の多くは「ありたい姿」は漠然とイメージできても「具体性」や「解像度」が低い方がほとんどです。

転職理由が曖昧なまま「なんとなく」転職活動を行うことによって、短期的な年収の増加や企業の知名度の高さなどに飛びついてしまい、ミスマッチが起きるケースを数多く目にしてきました。

したがって、中・長期の視点でしっかりと「自分がありたい姿に近づける転職なのか」を考えるために、ぜひ弊社のエージェントサービスをご利用ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

10時間以上に及ぶ選考対策で転職決定率が大手転職エージェントの5倍!

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。