【徹底解剖】営業職の志望動機の伝え方・書き方を例文付きで解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス株式会社・代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は未経験で営業職への転職を考えている方の

「営業職に挑戦したいけど、志望動機ってどう考えればいい?」
「面接官に刺さる志望動機ってどうしたら書けるの?」

という疑問にお答えしちゃいます!

営業職の魅力

営業職の1番の魅力は「収益を直接生む職種」ということではないかと思います。

給与面で言えば、例えば営業成績という形で、仕事の成果が数字に表れ、会社からその数値が評価されます。そのため、結果を出せば年収UPはもちろんのことながら、出世しやすいとも言えます。

仕事のやりがいでは、クライアントの課題を発見し、解決することで達成感を味わうことが出来ますし、クライアントに感謝されることが多いです。

また、大型な営業案件については、社内でプロジェクトチームを作り、他部署と連携しながら、受注に向けて動きます。部署を超えてチームワークを発揮し、受注した時の喜びは大変大きなものになります。

営業職にはこれまで培ってきた経験が活きる可能性が大きいという特徴もあります

営業職に必須の資質、スキル

営業職で求められるスキルとしては様々なものがあります。

例えば、

  • 課題発見能力
  • ロジカルシンキング
  • 協調性
  • コミュニケーション能力
  • 体力
  • 忍耐力
  • 発想力
  • 元気さ
  • 笑顔
  • 顧客と信頼関係を築く力

などです。

ただ、どれも数値化できるスキルではありませんよね。

営業職以外の職種の方が営業職を目指すには場合は

「これまでの社会人経験のなかでどのように、営業職に求められるスキルを身につけてきたのか」

という観点からこれまでのキャリアを業務レベルで整理し、志望動機に盛り込んでいくことが必要です。

転職理由、志望動機はなりたい自分から逆算!

転職理由は「営業職を通じてなりたい自分像から逆算」して考えましょう。

そもそも、転職についてはなりたい自分や将来像から逆算して、今の職場では手に入らない経験や環境があるときに行うべき

ものなのです。

なりたい自分から逆算して行けば、なぜ転職が必要なのか?という理由が明確になり、説得性が大きく増します。

転職理由をなりたい自分から逆算して考える場合は、次の3ステップで考えてみてください。

  1. 10年後に自分がどのような人材になりたいか、どんな生活を送っていたいか?その理由はなぜか?
  2. 1で考えたなりたい自分は今の職場では実現不可能なのか?その理由はなぜか?
  3. 1で考えたなりたい自分は転職希望先の企業で本当に実現できるのか?その理由はなぜか?

3の「その理由はなぜか?」が実は志望動機の重要なポイントなのです。

志望動機、面接で外せないポイント!

面接で志望動機を聞かれたら、以下の4つの要素を盛り込んで答えましょう。

1.なぜこの業界、職種を選んだのか。

まずここをしっかり押さえてください。営業職はどの業界でも基本的には存在する職種ですので、「なぜこの業界なのか?」はとても重要です。

今一度「なぜこの業界なのか?他の業界ではダメなのか?」と自分に問いかけ、動機を確認しましょう。

なぜ営業職なのか?については、上述した通り、しっかり念のため確認しましょう。

2.なぜウチの会社なのか。

「数ある企業の中で、なぜウチの会社を?」ということは、面接官なら誰もが知りたいポイントです。

なぜあなたはその会社を選んだのですか?本当にその会社でなければならないのでしょうか?

これも自分に問いかけ、しっかりとした答えを持って面接に臨みましょう。

3.入社後何ができるのか。

これは自分のスキルをどのように会社に活かせるかという点をしっかり伝えましょう。

あなたが営業職として採用された場合、会社にはどのようなメリットがあるのか?という観点から、考えてみてください。

「前職のアパレル会社で店長を経験し、営業目標から逆算して行動目標を立てる力や相手の感情を読み取る力を磨きました。私の数値意識やコミュニケーション能力は、御社の個人向け商品である〇〇の売り込みに活かせると思います。」

「クライアントは〇〇という課題を私のヒアリング力で解決することができます」

4.前の職業で得た経験や実績などを具体的な数字と共に述べる。

営業職以外の職種で働いてきた人のの能力を評価・判断する際、面接官はこれまでの経験や実績を重要視します。

「どんな業務を担当したのか」
「どんな点を工夫したのか」
「どれだけ利益貢献したのか」

という観点を踏まえて、自分のことをしっかり面接官に伝えましょう。

志望動機、面接で気をつけたいポイント!

面接で絶対に盛り込みたい4項目を書いてきました。しかし、面接で相手に好印象を与えるには以下の3つも意識できると良いです。

1.周りとの差別化を。

志望動機を伝える際はオリジナルの要素を入れるようにしましょう。埋もれてしまっては、せっかくのあなたの良さに面接官が気付かないまま、スルーされてしまう可能性もあります。

「その業界に興味を持ったきっかけを話す際に過去の経験を盛り込めないか」
「経験や実績を数値を交えて伝えられないか」

という観点から工夫してみましょう。

2.消極的な転職理由は言い換えよう

今の職場に対する不満を、仕事を変えることで解消することが転職です。面接官も「今の職場に何かしらの不満を抱えているから、転職を考えている」ということはわかっています。

しかし、「給料が低い」「上司とそりが合わなかった」「ノルマがきつい」など、今の職場に対する不満をありのまま伝えてしまうと「他責思考が強い人なのかな」「嫌なことがあったらすぐ辞めちゃいそう」とマイナス印象を与えてしまいます。

「なぜ不満に思ったのか?」「どのような状態なら自分にとって理想と言えるのか」という観点から見つめ直すことが大切です。

以下によくある消極的な転職理由の言い換えの例を記載しておきます。

「給料が低い」→「自分が生み出した成果をきちんと評価して欲しい」

「人間関係」→「チームワークを大切にしたい」

「ノルマがきつい」→「顧客を大切にしたい」

3.面接官の視点を意識。あいての「なぜ」を想定する。

今回の全体感のポイントでもある「なぜ?理由は?」という観点です。

そもそも、営業職でない人が営業職に転職したいという理由から「なぜ?」がどうしても付きまといます。

かならず、なぜ自分はそう考えているのかというロジックはしっかり持って臨んでください。

志望動機の例文集【未経験から営業職への転職】

未経験から営業職へ転職するときの志望動機の例文集をまとめました。

志望動機を考える際に、ぜひ参考にしてください!

例文1. アパレルから異業界の営業職に転職する場合の志望動機

前職はアパレルショップの店長として、3年間働いておりました。店長として毎月のプロモーション施策を実施し、店舗の売上目標は毎月達成しておりましたが、アパレルショップではお客様へ提案できる幅が狭く、お客様への提案力を高めていくことに限界を感じておりました。

貴社を志望させて頂いた理由は、コンサルティング型の営業を行うことができ、営業職として提案力を高めていけると感じたからです。

アパレル業界ではどうしても商材が限られるため、お客様への提案力を高めていくには限界があります。前職で培った提案力、売上目標達成への姿勢を活かし、貴社に貢献していきたいと考えております。

例文2. 製造業から同業界の営業職に転職する場合の志望動機

前職では精密機械メーカーの製造工として3年間働き、加工や組み立ての業務をやってきました。グループのリーダーを務め、社員のマネジメントに取り組んでまいりました。求められる役割は果たせていたものの、顧客の顔が見えない中で製造していくことに限界を感じ、顧客に直接価値を提供できる営業職に転職したいと考えるようになりました。

貴社を志望した理由としましては、これまでに培ってきた業界知識・商品知識を活かし、営業職として顧客に対して価値を提供していけると感じたからです。これまでの業界経験を活かし、貴社に貢献できるよう努めて参りたいと考えております。

まとめ

今回は営業職以外の方が営業職へ転職するために、心構えやポイントなどをお伝えしました。

当社でも全然違う職種に転職したいという方からのキャリア相談はとても多いです。

その中で、相談に来られる方に確認することで重要なことは、やはり「職種を変えたい理由はなぜか?」という点です。

転職前のイメージと転職後の実際の仕事では、ギャップがある場合も多く、せっかく営業職に転職したのに数年で転職するという方も少なからずいらっしゃいます。

転職後のギャップに苦しまないためにも、「なぜ営業職に転職したいのか?」という点から志望動機をしっかり固めて行きましょう。

また、志望動機の伝え方・考え方はこちらの記事(【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!)でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントに相談してみませんか?

  • 「初めての転職で色々不安……相談に乗って欲しい」
  • 「もっと自分らしく、楽しく働ける環境はないの?」
  • 「キャリアアップしたい!」

そんなときに頼りになるのが、転職エージェントです!

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。専属のキャリアドバイザーが、上記のような様々な不安に対して無料で相談に乗ってくれます。

相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わることをサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25