ニートが使うべき就職支援サービス10選!おすすめをプロが解説

  • !

男性

    ニートの人が利用すべき就職支援サービスを年齢や経験別に10選紹介します。

  • 自分に利用できるサービスはあるのか
  • 正社員として働いていけるか
  • 内定をもらえるのか
  • ブラック企業に入社したくない
  • など、さまざまな悩みを解決し、就職を成功させるコツを解説します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ニートが利用できる就職支援サービスは年齢や経験によって異なる

年齢・経験別 ニートにおすすめの就職支援サービス

前提として、ニートは年齢や正社員経験の有無によって利用できる就職支援サービスが異なります。まず最初に自分がどのタイプの就職支援サービスを利用できるのか把握するようにしましょう。

ニートが利用できる就職支援サービスは大きく以下の3つに分かれています。

エージェント ●就職エージェント
正社員経験のない20代ニート

●転職エージェント
正社員経験のあるニート
【サポート】
どちらも手厚いサポートが受けられる
就職サイト
求人サイト
すべてのニートが利用可能
【サポート】
サポートはなく、就職活動に必要なことは自分ですべておこなう
公的支援サービス 一部で年齢制限はあるものの、基本的にはすべてのニートが利用可能
【サポート】
エージェントより専門性は劣るもののサポートあり

上記のようにニートが利用できる就職支援サービスは異なります。自分の現状に合わせ、利用するサービスを決めるようにしましょう。

ただ、中には新型コロナウイルスの感染拡大により、今すぐ就職活動をするべきか悩んでいる人もいると思います。ましてや経済にも大きな影響が出ており、職歴に自信がないニートを雇ってもらえるのか……と不安に感じている人も多いと思います。

末永

これまでの不景気でも完全に求人がストップしたことはありません。全体の求人数は確かに減りますが、求人がなくなることはないので心配はいりません。

コロナが落ち着いたら……と思っていても、いつコロナが落ち着くかわかりませんよね。その間に時間だけは過ぎてしまいます。就職や転職は年齢が若ければ若いほど成功しやすいです。

年齢を重ねただけ難易度は高まってしまうので、早めに行動することをおすすめします。

【ケース別】ニートにおすすめの就職支援サービス

自分がサポート対象となっていない就職支援サービスを利用しても思ったような成果が得られません。そこで、どの就職支援サービスを使えば良いのか迷っているニート向けに、ケース別におすすめを紹介します。

ケースは例として紹介するので、当てはまらなかったら自分の状況に近しいところを選ぶと良いです。

Aさん

今、ニート歴が5年の23歳なのですが、こんな私でも就職支援サービスは利用できますか?

末永

もちろん利用できます。

20代前半ということは、就職エージェントを利用したほうが内定を獲得しやすいです。

とくに職歴に自信がない求職者に特化したエージェントがおすすめです。詳しくは20代ニートにおすすめの就職支援サービスで説明しますね。

Bさん

大学を卒業して3年ほど正社員として働いていたのですが、その後ニートになりました。正社員経験がある場合はどんなサービスが利用できますか?

末永

正社員としての就労経験があるのであれば、一般社会人向けの転職エージェントが利用できます。

とくにおすすめなのは求人が豊富にある大手総合転職エージェントです。正社員経験のあるニート向けの就職支援サービスで詳しく解説します。

ちなみに経験年数が1年未満と非常に短い場合はサポートしてもらえない場合があります。

Cさん

高校を卒業してからずっとニートです。32歳で社会人経験はなし……正社員として働くのは難しいですか?

末永

エージェントを利用するのは難しいため、30歳以上で正社員経験が少ない人は求人サイトもしくは公的就職支援サービスを活用すると良いです。

求人サイトは利用の制限はないものの、対象が中途採用者なので難易度が高いです。未経験でも採用してくれるところを地道に探す必要があります。

公的就職支援サービスは一部年齢制限はあるのですが、ハローワークのように全年代が利用できるサービスもあります。それぞれについては30代以上ニート向けの就職支援サービスで解説します。

20代ニートにおすすめの就職支援サービス

20代ニートはハローワークを頼る前に、まずは就職エージェントへ相談をしてみてください。

というのも採用市場では若ければ若いほど、就職・転職がしやすいからです。なぜなら、求人企業は実務経験よりも人柄などのポテンシャルに期待し、若手人材を採用しています。

職歴に自信のない20代に特化した就職エージェントは、職歴・学歴よりもポテンシャルを重視した企業の求人のみを取り扱っています。また、社会人として必要なマナーや履歴書の書き方、面接対策を丁寧に実施しているので、内定を獲得しやすいです。

また、新型コロナウイルスの感染拡大により現在は完全オンラインでサポートをしてくれるため、安心して利用できるのもポイントです。

とくに20代ニートでおすすめなのはUZUZハタラクティブの2つです。得意領域などが異なるので、両方に登録した上で1番相性が合うと思った1社に絞り込むと良いです。

UZUZ ハタラクティブ
求人数 非公開 3,000件以上
特徴 20代
手厚いサポート
IT・Web
20代
手厚いサポート
メーカー・人材
対象年齢 20代〜30代前半 18〜29歳
求人数は2021年8月13日時点の公表

UZUZ

UZUZ

UZUZは、ニート・フリーターをはじめとした20代の就職に特化したエージェントです。

創業者が元既卒で苦労した経験から、新卒至上主義を覆したいという想いからサービスがスタートしています。過去に就活で挫折したり、短期離職を経験したアドバイザーが多く在籍しているため、ニートと同じ目線で真摯に向き合ってくれます。

また、就職エージェントを利用しないニートの内定率が34%〜45%であるのに対し、UZUZの内定率は86%と非常に高く、本気で正社員を目指している人におすすめです。

ポイント

  • 平均20時間をかけた丁寧なサポート
  • ビジネスマナー研修などの講座あり
  • IT・Web業界への転職が得意
  • 書類選考通過率87%、内定率86%、定着率95%と非常に高い
運営会社 株式会社UZUZ
公式サイト:https://uzuz.jp/
求人数 非公開
対応職種 ITエンジニア/接客・販売/営業/製造エンジニア/その他
取引社数 1,500社以上
内定獲得期間 平均1ヶ月程度
早いと1週間程度
対応エリア
拠点
首都圏/関西
拠点:東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪

こんな人におすすめ

・未経験からチャレンジしたい人
・未経験からエンジニアを目指したい人
・正社員経験がない20代ニート
・長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい人

登録はこちら(公式サイト)

関連記事UZUZ(ウズキャリ)の評判は?現役エージェントが口コミを解説!

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、ニートなどの正社員経験が少ない20代向けのサポートを得意としている就職エージェントです。

大手人材会社レバレジーズが運営していることもあり、20代未経験向けの求人数は業界トップクラスで多く、常に約3,000件保有しています。

面接対策から履歴書・職務経歴書の添削など、内定獲得まで徹底的にサポートしてくれるので、初めて就職活動をするニートにもおすすめです。

ポイント

  • 求人の80%以上が正社員未経験でOK
  • 厳選した優良求人が3,000件以上
  • 40種類以上の職種と幅広い業界の求人あり
  • 最短2週間で内定獲得
運営会社 レバレジーズ株式会社
公式サイト:https://hataractive.jp/
求人数 常時3,000件
対応職種 接客・販売/営業/ITエンジニア/製造エンジニア/その他
取引社数 非公開
内定獲得期間 最短2週間
対応エリア
拠点
首都圏/東海/関西/九州
拠点:渋谷/立川/池袋/秋葉原/さいたま/千葉/横浜/名古屋/大阪/神戸/福岡

こんな人におすすめ

・キャリアに自信がない20代ニート
・正社員になりたいフリーター、ニート、既卒、高卒
・首都圏や関西圏に住んでいる人

登録はこちら(公式サイト)

関連記事ハタラクティブの評判は?口コミを現役エージェントが徹底解説!
関連記事ハタラクティブのこだわりと就職成功のコツを徹底取材!

正社員経験のあるニート向けの就職支援サービス

何らかの事情で正社員からニートになったものの、将来などのことを考え、また正社員へ戻りたい人は、先ほど紹介したUZUZハタラクティブを押さえた上で、次で紹介する大手転職エージェントも一緒に利用しましょう。

大手転職エージェントはさまざまな求人を豊富に保有しており、特化型では取り扱っていない案件と出会える可能性があります。エージェントを複数利用することで、想定していなかった案件と出会え、さらに選択肢を増やせるのでおすすめです。

リクルート doda マイナビ
求人数 約322,110件 約127,010件 約57,960件
特徴 求人が豊富
全世代
全業種
求人が豊富
全世代
全業種
20代
全業種
サポート◎
おすすめ 全年代 全年代 20代〜30代
求人数は2021年8月13日時点の公開+非公開求人の合計

ただ、大手転職エージェントは正社員経験者を対象としたサービスです。正社員経験があればサポートしてもらえますが、ニート期間が長すぎるとサポートが難しいと言われてしまうこともあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、幅広い年齢層、経験の転職サポートをしており、国内No.1の転職成功実績のある転職エージェントです。

国内No.1の転職エージェントというだけあって、取り扱い求人数は大手の中ではトップです。全業界・職種の求人が豊富にあるので、たくさんの求人の中から仕事を選びたい人におすすめです。

ポイント

  • 国内最大手で保有求人は最多
  • 日本の全業界・職種の求人を保有
  • 20代〜50代まで幅広い年代の支援実績あり
  • 転職者の8割が利用する定番エージェント
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト:https://www.r-agent.com/
求人数 公開求人:約125,680件
非公開求人:約196,430件
対応職種 営業・販売/経営企画・マーケティング/経理・総務・人事/IT・エンジニア/その他
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:東京/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

こんな人におすすめ

・正社員経験のある転職者におすすめ
・どれを使って良いのか迷っている人
・初めて転職エージェントを使う人
・たくさんの求人を提案してもらいたい人
・豊富な求人の中から選びたい人

登録はこちら(公式サイト)

関連記事【元社員による暴露】リクルートエージェントの評判の真偽!

doda

dodaはリクルートエージェントに続く、業界2番手の転職エージェントです。そのため、取り扱い求人も豊富です。

最大の特徴は転職エージェントと転職サイトが一体となったサービスだということです。会員登録を1回すれば、両方のサービスが利用できるので非常に便利です。また、登録するとキャリアタイプ診断や自己PR発掘診断などが無料でできるので、何をしたいのかわからないニートにおすすめです。

ポイント

  • リクルートに次ぐ業界2位の保有求人数
  • 求人数とサポートのバランスが取れている
  • 電通バズリサーチ調べで転職者満足度No.1
  • 転職エージェントと転職サイトが一体になったサービス
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公式サイト:https://doda.jp/
求人数 公開求人:約92,860件
非公開求人含む:約127,010件
対応職種 営業/SE・エンジニア/建築・土木・不動産/機械・電機/企画・管理/その他
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:東京/横浜/札幌/仙台/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡

こんな人におすすめ

・正社員経験のある転職者におすすめ
・20代や第二新卒などで初めて転職する人
・たくさんの求人を紹介してもらいたいが、希望に合わせて求人をある程度まで絞り込んで欲しい人

登録はこちら(公式サイト)

関連記事dodaの悪い評判って実際ホント?転職のプロが徹底解説!

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手の中でも20代若手の就職サポートを得意としている転職エージェントです。とくに営業やエンジニア職種の未経験歓迎求人を多く取り扱っています。

20代若手の支援が得意で、将来を見据えた長期的な視点でのキャリア相談や手厚い選考対策をおこなっています。その結果、利用者満足度が非常に高いです。

ポイント

  • 20〜30代の若手層向け求人が豊富
  • 20代向けの未経験歓迎求人が多数
  • 一定まで求人を絞り込んでくれる
  • 大手の中ではサポートが手厚く、徹底した面接対策
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/
求人数 公開求人:約28,170件
非公開求人:約29,800件
対応職種 IT・通信/機械、電気、電子、素材/経営企画/営業職/クリエイティブ/その他
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

こんな人におすすめ

・20代で就職を考えている人
・なんとなくで就職したい20代
・20代でキャリアの展望が漠然としている人
・手厚いサポートを受けたい人
・未経験歓迎の求人を探している人

登録はこちら(公式サイト)

関連記事マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本音でぶっちゃけます!

30代以上ニート向けの就職支援サービス

30代前半や30代以上でも数年間の正社員経験があれば、エージェントでサポートしてもらえる可能性があります。

しかし、転職市場は年齢に応じた経験・スキルが求められるため、エージェントでサポートが難しいケースもよくあります。その場合はハローワークなどの公的就職支援サービスを利用すると良いでしょう。

また、年齢や経験による制限がない求人サイトも30代以上のニートが利用できるサービスです。

さらに社会人インターンシップも利用できるサービスの1つです。20代に年齢制限を設けている企業もありますが、30代以上も受け入れている企業もあります。

ハローワーク

ハローワークは年齢制限はなく、中学・高校在学中以外であれば利用可能です。ハローワークを利用して求職活動をおこないたい人向けに、求人情報・応募書類作成の助言・適職診断や職業訓練の実施を提供しています。

若者向けには「わかものハローワーク」として、正社員での就職を目指す45歳未満の支援を専門的におこなっています。

ハローワークでの支援 求職者の状況に合わせ、正社員就職に向けた支援プランを作成し、その後はプランに沿った職業相談、求人紹介、履歴書・職務経歴書の作成相談、面接対策をおこなう。

職業適性検査・自己分析、コミュニケーションスキルなど、就職に役立つ各種セミナーを提供。
トライアル雇用 ハローワークの紹介により、正規雇用を前提に原則3ヶ月のお試し雇用のこと。

トライアル雇用を終了した人のうち、約8割が正規雇用として採用されている。
求職者支援制度 雇用保険を受給できない人を対象に無料で職業訓練を実施。

収入・資産などの一定の要件を満たす場合は、給付金の支給をおこない早期の就職を支援。
有期実習型訓練 3ヶ月〜6ヶ月間、賃金をもらいながら企業で実習を受講し、その後は正社員となる制度。

実習中に仕事に必要な知識や技能が身につくため、就業経験の少ないニートにもおすすめ。実習終了後は約8割が実習先の企業で正社員として雇用されている。
地域若者サポートステーション 厚生労働省から委託を受けたNPO法人や会社が運営しており、職業体験・職場実習・就労体験などに参加できる。
ジョブカフェ 都道府県が設置・運営をしており、各地域の特色を活かした就職セミナーや職場体験、職業相談などをおこなっている。

ニートから就職をする際に不安な場合は、すぐに求人や職場体験・実習をするのではなく、地域若者サポートステーションもしくはジョブカフェに相談してみると良いでしょう。この2つのサービスについては、次で詳しく解説します。

なお、ハローワークについて詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事ニートためのハローワーク完全攻略法!初めての人も必読!

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーション(サポステ)は、15歳〜49歳までを対象にキャリア相談やコミュニケーション訓練などの就職相談に特化したサービスです。

厚生労働省委託の支援機関として、働く前や就業後の不安などの相談に乗るため、2021年8月時点では全国に177ヶ所設置されています。

令和2年度は地域若者サポートステーション(サポステ)の支援を受けた人のうち、9,758人が就職や公的就業訓練へと進んでいます。ちなみに令和2年度の新規登録者数は15,822人で、約6割の人がニートを脱出しています。

サポステに登録した人が就職するまでの期間(令和2年度)

就職するまでの期間は令和2年度であれば、1年未満が85.6%、1年以上2年未満が10.3%、2年以上3年未満が2.5%、3年以上が1.6%となっており、1年未満で就職を実現している人が多いです。

ジョブカフェ

ジョブカフェは、都道府県が設置をしている若者向けの就職支援施設です。都道府県ごとに名称が異なるのが特徴で、就職支援センターという名称のものもあります。

地域によって施設の名称が異なるように、サポート内容もそれぞれ違っています。各地域の特色を活かした就職セミナーやカウンセリング、求人紹介、職場体験など、さまざまなサポートを提供しています。

対象年齢は原則として15〜34歳ですが、上限は地域によって29歳、39歳、44歳などさまざまです。利用する前に自分の地域は何歳まで対象としているのかを調べておきましょう。

35歳以上でジョブカフェを利用できない場合は、ジョブサロンというジョブカフェと類似した公的就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

ただ、ジョブサロンはジョブカフェと比較して数が少なく、支援サービス内容も中高年向けになるので、住んでいる地域や支援して欲しい内容によって利用するか決めるのが良いでしょう。

ジョブカフェについては以下の記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事ジョブカフェはニートでも使える?利用できる年代やサービスを解説

求人サイト

求人サイトは誰でも利用できる就職・転職支援サービスです。職歴や学歴に自信がないニートでも利用できます。

ニートにおすすめなのは、未経験歓迎の求人を多く取り扱っている大手求人サイトでリクナビNEXT dodaの2つです。

ただ、誰でも利用できる反面、応募書類の作成や面接対策などはすべて自分の力でおこなう必要があります。また、正社員経験のある求職者がライバルとなるため、内定を獲得できるまで時間がかかる可能性が高いです。

末永

とはいえ、ハローワークには掲載されない求人が豊富にあるのも事実です。ハローワークを利用しつつ、求人サイトにも登録すると効率よく就職活動ができます。

ニートにおすすめの就職サイトについて知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。

関連記事ニートにおすすめの就職サイト10選!年代別に使うべきサービスをプロが紹介!

社会人インターンシップ

社会人インターンシップは基本的に20代を対象としている企業が多いのですが、中には39歳、54歳まで幅広く受け入れているケースもあります。また、年齢制限を設けていない企業もあるため、30代以上はこのような企業の社会人インターンシップを検討してみるのも1つの方法です。

ちなみに社会人インターンシップは大きく分け、以下のようなタイプに分かれています。

期間 ●長期インターン
3ヶ月〜半年にかけて特定の企業へコミットします。一定の成果が求められます。
●短期インターン
1週間〜4週間ほど、平日のフルタイムで毎日参加します。
●週末インターン
毎週土曜日、隔週日曜日だけの週末に参加し、期間は1ヶ月〜半年程度です。一定の成果が求められます。
●1dayインターン
1日だけ参加します。簡単なワークショップや会社説明会、職場見学をします。
報酬 有償:長期インターンや週末インターンは何らかな形で報酬が支払われるケースが多いです。報酬が出る分、一定の成果が求められます。
無償:1dayインターンや1週間だけ短期インターンは無償となるケースが多いです。

社会人インターンシップを受け入れている企業は、優秀な人材が欲しいと考えています。しかし、中には未経験歓迎の企業もあるので、そのような募集を探してみるといいでしょう。

30代以上でも利用できるインターン募集サービスですが、主に以下のようなものがあります。

ニートにおすすめの就職先

ニートから脱出して正社員へなる際におすすめの就職先は、基本的には人手不足の業界・職種が中心になります。

人手不足の業界・職種は未経験者を積極的に採用しており、職歴に自信がないニートでもポテンシャルで採用してもらえる可能性が高いです。

具体的にどのような業界・職種があるのか、厚生労働省が発表している「有効求人倍率(令和3年6月度)」の有効求人倍率を参考に一覧にまとめてみました。

未経験者が採用されやすい業界

  • 警備業界(有効求人倍率5.39)
  • 建築業界(有効求人倍率4.86)
  • 介護業界(有効求人倍率3.48)
  • 飲食業界(有効求人倍率1.74)
  • 人材業界(有効求人倍率1.36)
  • IT業界(有効求人倍率1.26)
  • 配送業界・物流業界(有効求人倍率1.04)

未経験者が採用されやすい職種

  • 建築・土木の技術職(有効求人倍率4.76)
  • 介護職(有効求人倍率3.48)
  • 営業職(有効求人倍率1.59)
  • エンジニア(有効求人倍率1.26)

有効求人倍率が高いからと、どの業界・職種もおすすめというわけではありません。将来のキャリアを考えた際に、とくにおすすめなのは無形商材の営業職です。

末永

上記の業界・職種の組み合わせでいうと、人材業界の営業もしくはIT業界の営業がおすすめです。どちらもビジネスに必要なスキルが身につくため、市場価値を高められます。

実際、ニートから就職する際に手が届かない人事やマーケティングなどは、これら業界の営業職を経験することで、将来的にキャリアチェンジできる職種となります。

人生を逆転したいのであれば、3年間ほど無形商材の法人営業にチャレンジしてみるといいですね。

将来のキャリアが広がる営業職について、さらに知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

関連記事ニートは営業に就職すべき!おすすめの営業の種類・業界を紹介
関連記事無形商材の法人営業への転職でキャリアUP!やりがい&選考対策を解説

ニートが就職する際に気をつけるべきこと

ニートが就職をする際に気をつけたいのが、ニートの期間が長引くほど就職が不利になるということです。

空白期間が長くなると、面接官は以下の懸念を抱くことが多いです。

面接官が空白期間が長い人に懸念すること

  • 仕事に対する意欲がないのではないか
  • 働く上でやる気を出してもらえない
  • 仕事をすぐに辞めてしまうかもしれない

ニートの中でも、空白期間が短ければ短いほど、若ければ若い人ほど有利なので、できるだけ早く行動することをおすすめします。

正社員経験の少ないニートの人は、書類選考の段階でお見送りになる可能性が高いので、ニートの就職支援に強みのあるエージェントのサポートを受けながら就職活動をするのが良いでしょう。

以下で紹介している2社はどちらも内定率が80%を超えているので、気になる人はぜひ相談してみてくださいね。

ニートの就職支援に強いエージェント

  • UZUZ
    20時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント。未経験から挑戦できる求人多数

ニートの就職に役立つ関連記事

ニートの就職に役立つ関連記事を載せていますので、こちらも合わせて参考にしてください。

年齢系の関連記事

▶ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!

▶18歳ニートから正社員になれる!就職するための4つの選択肢

▶20代ニートは正社員就職できます!成功させる最適な方法

▶21歳ニートから正社員へ!オススメの業界&職種を大公開

▶22歳ニートから正社員に大逆転!面接突破のポイントを伝授

▶23歳ニートなら就職は簡単?成功率UP術をプロが解説

▶24歳ニートで正社員になる?既卒枠で就職できるラストチャンス

▶25歳ニート職歴なしでも就職できる業界・職種

▶26歳のニートでも就職できる?内定獲得率が上がるの就活方法を紹介

▶27歳ニートが就職するには?未経験から正社員で働ける仕事を大公開

▶28歳ニートから今すぐ脱出!未経験から正社員を目指す方法

▶29歳はニートから就職するラストチャンス!成功のポイントを解説

▶30歳ニートでも就職できる?無職から正社員を目指すポイント

▶大学中退でニートの人は就職できる?正社員を目指せる職種

▶大卒ニートのままはNG?就職するときに大事な3つのポイント

▶高学歴ニートになる原因は?再就職の難しさを転職のプロが徹底解説

就職支援サービス系の関連記事

▶ニートはハローワークで転職できる?利用したほうが良い人の特徴と注意点

▶【ニート必読】初めて行くハローワーク攻略!利用の流れ

▶ニートにおすすめの就職サイト10選!年代別に使うべきサービス

▶ジョブカフェはニートでも使える?利用できる年代やサービスを解説

▶ニートは職業訓練校に通うべき?おすすめの資格コースなども紹介!

▶ニートでもリクルートエージェントを使える?サポートできる条件とは

▶リクナビネクストはニートも使える!おすすめ就職サービス4選

▶ニートが東京で支援を受けるならココ!就職成功率UPを目指そう!

就活ノウハウ系の関連記事

▶社会復帰したいニート必見!ケース別に方法

▶ニートを脱出したい人必見!現状打破のメソッドを大公開

▶ニートやめたいけど何すればいい?仕事探しのコツや面接対策

▶ニートの将来はどうなるの?絶望する前に働くべき理由

▶就活に失敗したニートへ!諦めずに活動を続けるべき3つの理由

▶ニートの末路はどうなる?手遅れになる前に抜け出す方法

▶仕事が怖いニート必見!自信の無さやトラウマを克服する方法

▶ニートの"働きたくない"を解決する3つの方法

▶ニートから就職できない人の根本的な原因・解決策を徹底解説する

▶ニートにおすすめの仕事は?タイプ別に分けて紹介

▶ニートの就職|無職から正社員になれる成功術をプロが解説【完全版】

▶ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介

▶ニートからいきなり正社員になれる?おすすめの就職支援サービスも紹介!

▶ニートの就職におすすめの資格はない?ビジネススキルが重要

▶ニートから再就職することはできる?未経験におすすめの仕事

▶ニートの人はプログラミングがおすすめ!効率良く学習するには

▶ニートは営業に就職すべき!おすすめの営業の種類・業界

▶ニートが面接で気をつけること|就職するためのコツ

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント