大学中退でニートの人は就職できる?正社員を目指せる職種を紹介!

女性 PC パソコン

    大学中退してニートになってしまった人でも、正社員への就職が可能なことをはじめ、早めに就職したほうが良い理由やそのメリットについて解説します。

    また大学中退したニートの人におすすめの職種や対策も教えます!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

大学中退したニートでも正社員への就職は可能

結論から申し上げると、大学中退してしまっているニートの人でも、正社員として就職できます。

実際に独立行政法人労働政策研究・研修機構が公表している「労働政策研究報告書No.199」によると、以下のようなデータとなっていました。

正社員になろうとした割合 うち、正社員になれた割合
中卒・高校中退(男性) 87.0% 55.0%
中卒・高校中退(女性) 48.4% -
中卒・高校中退(男女計) 64.8% 40.0%

大学中退の項目がなかったので、学歴としては今回は中卒・高校中退になりますが、約40%の人が正社員として就職できていることがわかりますよね。

既卒者の就職率は34%〜45%の間で推移しているので、そこまで大差ないとも言えます。

また、正社員になれた割合についても、基本的には高学歴である人のほうが高くなる傾向にあることがわかります。

高学歴の人はポテンシャルを評価してもらえる

大学中退した人の中でも、高学歴の大学を中退した人は「一生懸命努力をして難関大学へ入学した」というポテンシャルが評価されます。

その中でもとくに20代前半までの場合は、経験やスキルよりもポテンシャルが重視される傾向にありますね。なぜなら、年齢が20代前半であれば今後の伸び代に期待ができるからなんです。

ただし、大手企業への就職は正直厳しく、難関大学を卒業していたとしても1度ニートになってしまうと、大手企業への就職は難しくなってしまいます。

だからこそ、まずは中小企業に就職をして経験やスキルを積むのが望ましいと言えますね。

高学歴だけどニート生活を送っているという人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事高学歴ニートになる原因は?再就職の難しさを転職のプロが徹底解説!

大学中退したニートが早めに就職するべき理由

大学中退してしまったニートの人は、できるだけ早めに正社員として就職したほうが良いと言えます。

その理由としては、年齢を重ねれば重ねるほど就職できる難易度が高くなり、難しくなってしまうことが挙げられます。

他にも大学中退をしてニートになってしまった人が早めに就職したほうが良い理由が3つあります。

上記に挙げた3つの理由について、次でそれぞれ詳しく解説していきますね。

経験・スキルをいち早く身につけることができる

1つ目の理由は、経験・スキルをいち早く身につけることができるからです。

大学中退後でニートになってしまっている人は、早めに正社員として就職して経験やスキルを積んでキャリアアップしていくのがおすすめです。

なぜなら、今後どこかの企業へ就職して転職することになった場合、学歴は一定評価されるものの、もっとも評価されるのは経験やスキルのほうだからなんです。

だからこそ、先のことを見越した上で少しでも早く正社員として就職できるように行動することで、経験やスキルを多く積むことができ、次のステップへと向かっていけます。

空白期間が短いほうが採用されやすい

2つ目の理由は、空白期間が短いほうが採用されやすいからです。

空白期間が長くなってしまうと、面接の場で「働く意欲がないのではないか」と思われてしまいます。

実際に独立行政法人労働政策研究・研修機構が公表している「大学等中退者の就労と意識に関する研究」によると、大学中退・大学院中退の全体的な就職率は約34%であるということがわかります。

そのうち、大学中退・大学院中退者の正社員就業までの期間は「離学〜3カ月以内」が10.4%、「3年以内」が11.8%と、全体の3/2を占めているというデータが出ています。

空白期間は短いほうが採用されやすいですが、面接の場ではしっかりと働く意欲をアピールして、将来どうなりたいのか伝えられるようにしておくのが重要なポイントだと言えますね。

大学への再入学はデメリットが多い

3つ目の理由は、大学への再入学はデメリットが多いことが挙げられます。

大学中退者の中には再入学しようと考える人もいると思いますが、あまりおすすめはしません。

なぜなら、金銭的な負担が大きいですし、退学した年数にプラス4年足されてしまうため、社会に出る頃には同級生と比較をして経験やスキル・生涯年収に大きな差が生じてしまうからなんです。

また、大手企業に入社するために高学歴の大学へ再入学する人もいますが、難関大学へ入学するとなれば、それだけ長期間の受験勉強が必要になります。

それよりも早めに就職をして経験やスキルを積んでいくほうが収入も上がりやすいですし、将来的に大手企業を目指して入社できる可能性も高まります。

しかし具体的にどんな業界・職種で働けばいいのかわからない人もいると思います。そんな人は、就職のプロである就職エージェントに相談してみるのをおすすめしますよ。

ニートの就職支援に強いエージェント

  • UZUZ
    20時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数

フリーターよりも正社員になるメリット

大学中退してしまった人はフリーターとして生計を立てていくか、就職したほうが良いのか悩みどころだと思います。

そこで、フリーターと正社員のメリット・デメリットについて、以下の表にまとめてみました。

メリット デメリット
フリーター ・気軽に始めやすく辞めやすい
・時給制のため、働いた分だけ給与に反映される
・基本的に残業が少ない
・雇用が安定していない
・大幅な昇給やボーナスがない
・生活できるほどの年金がもらえない
・社会的信用が低い
正社員 ・収入が安定している
・ボーナスや福利厚生が充実している
・社会的信用が高い
・自分次第でキャリアアップできる
・転勤や異動がある
・残業や休日出勤がある
・仕事に対する責任が大きい

上記に挙げたメリット・デメリットを見てみると、フリーターよりも正社員のほうがメリットが多く、デメリットが少ないですよね。

さらにフリーターと正社員では生涯年収にも大きな差が生じます。国税庁が公表している「民間給与実態統計調査結果(令和元年)」の情報を参考に、正社員と非正社員の平均年収をまとめてみました。

正社員と非正社員の年収差

上記の表を見てみると、正社員全体の平均年収が503万円、非正社員全体(フリーターを含む)の平均年収が175万円となっています。約3倍もの大きな差が生じていることがわかりますよね。

また、正社員と非正社員の違いは生涯年収だけではなく、健康保険や厚生年金・社会保険などといった福利厚生や待遇などにも大きな差があります。

大学中退したニートが就職を目指せるおすすめ職種3選

大学中退してしまったニートの人が就職を目指す際におすすめの職種があれば、事前に知っておきたいところですよね。

そこで大学中退してしまったニートの人におすすめの職種を以下に挙げてみました。

上記に挙げた3つの職種について、次で詳しく解説していきたいと思います。

営業職

1つ目のおすすめな職種は営業職です。なぜなら、営業職は未経験からでもチャレンジできる求人が多くあるからなんです。

営業職は専門スキルよりもコミュニケーション能力や人柄が重視される傾向が多いです。加えて、交渉力やスケジュール管理能力などの様々な仕事に活用できる基礎力を身につけることができます。

営業職は大きく有形商材営業と無形商材営業の2つに分けることができますが、おすすめしたいのは「無形商材の法人営業」なんです。

というのも、無形商材の営業は有形商材の営業と比べて難易度が非常に高く、個人の能力に依存しているため、転職市場の価値も高くなるからです。

それだけではなく、今後のキャリアアップやキャリアチェンジする際、有利になるというメリットもありますね。

以下の記事では、無形商材の法人営業がおすすめな理由などについて詳しく解説しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

関連記事【保存版】営業の仕事内容と業界別の年収を徹底解説!
関連記事未経験でも営業職に転職できる?プロがぴったりな業界を大公開!

事務職

2つ目のおすすめな職種は事務職です。営業職と同じく専門スキルは不要なケースが多いので、割と採用されやすい職種だからなんです。アルバイトや派遣からでもスタートしやすいのが特徴ですね。

事務職はシフトの融通が利きやすいので、将来結婚や出産を考えている人にも働きやすい環境が整っていることが多く、とくに女性におすすめの職種だと言えます。

しかし、正社員として事務職採用をおこなっている企業が少ないため、派遣社員からスタートして正社員登用してもらうという流れが、正社員への近道となりますね。

以下の記事では、事務職の具体的な業務内容や年代別の転職事情などについて、さらに詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

関連記事女性が事務職への転職を有利に進める方法!求人の探し方も紹介!

インフラエンジニア

3つ目のおすすめ職種はインフラエンジニアです。おすすめする理由は、ある程度年齢が若く、資格があれば未経験でも働くことが可能だからなんです。

未経験からインフラエンジニアの資格取得を目指したい人は、UZUZが運営しているCCNAコースの受講をおすすめします。

CCNAとはインフラエンジニアになるための登竜門のような専門資格で、実務で求められるだけではなく、就職の際にも優遇される資格になっています。資格取得と並行して、就活のための求人紹介や面接対策といった支援も受けられます。

一般的なプログラミングスクールでは約30万円〜約60万円かかってしまいますが、UZUZのCCNAコースの学習費は16万5,000円となっており、最短1ヶ月で学習を修了することが可能です。

未経験から挑戦できるインフラエンジニアの求人も多く保有しているので、資格取得した後に就職したいという人は、ぜひ活用してみてくださいね。

未経験から資格取得が可能

  • CCNAコース
    UZUZが運営!資格取得だけではなく就職サポートまで一気通貫でフォロー!

大学中退者が内定獲得するための選考対策

大学中退してしまった場合、面接では必ずと言っていいほど「空白期間は何をしていましたか?」という質問がされるため、きちんと答えられるようにしておく必要があります。

それと同時に、「なぜ大学を中退してしまったのか」という質問も合わせてされることになるので、こちらも答えられるようにしておきましょう。

この際に注意したいのは、大学の学費を出してもらった親への感謝の気持ちや罪悪感がなく、当たり前だと思わないことですね。

大学中退後にニートになったことを反省している、と偽りなく話しながら、これからの将来像について具体的に語れるようにしておくのがポイントです。

他にも大学中退してニートになってしまった人に向けて、面接を受ける際の注意点や質問内容について解説している記事があります。こちらも合わせて参考にしてみてください。

関連記事ニートが面接で気をつけること|就職するためのコツを徹底解説!

履歴書・職務経歴書の書き方

大学中退してニートになってしまった人の中には、履歴書・職務経歴書に書くことがない…と悩んでしまう人もいると思います。

就業経験がない人もいると思いますが「職歴なし」と記載するのは、できるだけ避けましょう。なぜなら、今まで本当に何をしてきたのか判断ができず、書類選考通過が難しくなってしまうからです。

学生時代のアルバイトや短期の派遣でも良いので、きちんと経験を記載するのがベストだと言えます。

記載する際には「アルバイトとして入社」「株式会社○○ 入社(アルバイト)」など、一目でアルバイトとして雇用されていたとわかるように明記するのがベターですね。

加えてその経験で得たスキルや努力したことなどもあわせて書いておくと評価してもらえるので、過去を振り返りながら丁寧に書くのが良いです。

また、志望動機・自己PRに「空白期間はこういうことをするための時間として使っていた」などと記載しておくと、マイナス印象を和らげることができるでしょう。

履歴書・職務経歴書の書き方に悩んでいる人は、以下の記事を参考にして書いてみてくださいね。

関連記事【例文付き】プロが教えるフリーターが志望動機を魅力的に書く方法
関連記事履歴書と職務経歴書の違いは?書きかたのコツを徹底解説!

大学中退したニートにおすすめな就活方法

大学を中退してしまい、現在ニートの人におすすめの就活方法は就職エージェントです。

就活自体が初めての場合、どうやって進めればいいかなど、不安に感じることもあるかと思います。

その点、就職エージェントはあなたの希望ややりたいことを踏まえて求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書などの作成や面接対策など、内定獲得に向けて二人三脚でサポートしてくれるんです。

料金も無料で利用することができるので、ぜひ1度プロに相談してみるのをおすすめしますよ。

ニートの人向けの就職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

大学中退したニートの就職に役立つ関連記事

大学中退でニートになってしまってから就職を目指したいと考えている人に向けて、就職する際に役立つ関連記事を以下にまとめてみました。

こちらの記事も合わせて、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介
関連記事ニートの就職におすすめの資格はない?ビジネススキルが重要です
関連記事ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!
関連記事ニートが使うべき就職支援サービス8選!おすすめをプロが紹介

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント