ニートが面接で気をつけること|就職するためのコツを徹底解説!

ニートの中には「就職したいけど面接の対策ができてない」とか、「そもそも面接って何を聞かれるの?」と思っている人もいますよね?

そこで、面接で聞かれることや採用へとつながるコツ、必勝法をご紹介していきます。

ニートが面接を受けるときに気をつけること

ニートが面接を受けるときに気をつけるべきことは4つあります。

入社するためには、ハードルとなる面接を突破する必要があり、このときに気をつけるべき4つのポイントについて以下で詳しく紹介します。

嘘はつかずに本音で話す

面接では嘘はつかずに本音で話すことに気をつけましょう。面接官にはすぐ「この人は嘘をついている」と見抜かれるので、評価が悪くなるのはイメージがつきますよね。

例えばニートの場合、職歴の空白期間の理由を質問されることが多いです。その際に事実とは違い「留学していた」や「友人の仕事の手伝いをしていた」などと述べてしまうと、どんどん評価が悪くなっていきます。

言い訳はしない

面接では言い訳をしないよう気をつけてください。企業にとっての面接は「一緒に働いてくれる仲間探し」の場所です。

その際に、ニートの期間や転職活動をしていない理由などについて言い訳を含めて話すのは他責思考の強い人だと見られ、採用されないケースは多いです。

自己責任だ、と話すのは少し気持ちも重たいですが、言い訳はしないように気をつけましょう。

面接の練習をする

面接に臨む前に面接の練習をしましょう。ニートは家族や友人など親しい人としかコミュニケーションを取っていないケースが多く、話すことに慣れていないことが多いです。

面接の練習は自分だけでもできますが、転職のプロである転職エージェントにアドバイスとフィードバックを受けながら進めたほうが通過率も高まります。

どんなに優秀な人でも面接は緊張します。練習すれば緊張しても伝えたいことを話せるようにもなりますので、転職エージェントを頼りながら面接練習を重ねるのがオススメです。

面接で緊張してしまう人は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事転職面接で緊張する理由!不安解消と成功率UPの法則を大公開

説教や怒られたら

面接で説教されたり怒られたという話を聞いたことはありませんか?そのため、面接に恐怖感や不安を感じているニートも多いですが、怖がる必要はまったくありません。

面接官はあえて説教や叱ることをします。何もないのにせっかく面接に来てくれたあなたを叱ることはしません。ではなぜあえて叱るのか?それはニートの我慢強さやストレス耐性を見ようとするからです。

面接官もしたくないことをやっていると思えば気持ちも楽になりますので、あえてしていることを頭に入れておきましょう!

ニートから就職するには就職エージェントがおすすめ

ニートしているけど「ニートやめたい」「将来が不安」と感じて、就職したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし「何をすればいいかわからない」「ニートから就職できるのか」など不安に思っている人はたくさんいると思います。

前提として、ニートから正社員に就職はできます。そして、就職エージェントを利用すれば「就職するために何から始めたらいいのか」「あなたの希望に沿って就職するにはどうすればいいのか」を提案してくれます。

就職活動を始めたいけど何をすればいいかわからない人や就職活動に不安を感じる人に就職エージェントはおすすめです。

オススメのエージェントは、UZUZハタラクティブジェイックで、3社とも内定率が80%を超えており、ブラック企業を排除した上で優良企業を紹介してくれるので、気軽に相談してみてください。

ニートの就職支援に強いエージェント

  • UZUZ
    10時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント。未経験から挑戦できる求人多数
  • ジェイック
    入社後定着率90%越え! 未経験から正社員へ・書類選考ナシで企業と面接・就職

ニートが面接でよく聞かれる質問

ニートが面接でよく聞かれる質問とその回答を紹介します。

合わせてどのように回答すれば良いのか、アドバイスも説明します!

なぜニートになったのか

なぜニートになったのかは絶対に質問されます。それだけ面接官も職歴の空白期間が気になっているということです。この質問に対しては誤魔化したり、嘘はつかずに本当の理由を話しましょう。

嘘をつかずに本当の事実を話し、ニート期間を反省していることを話せば、悪い評価をする面接官はいません。本当の理由に加え、これからの将来像を話すのがポイントです。

ここで、前職がブラックで辞めた場合の回答例をご紹介しましょう。

男性・27歳

ニートになった理由は前職がブラックな職場環境で離職し、その後働くことが怖くなってしまったからです。

転職活動をしようとも思ったのですが、その怖さから1歩前に進むことができず、ニートになりました。

前職を耐えられなかったことやすぐに転職活動をしなかったことは反省しております。ですが、これからはその反省を生かし、社会人として自立し、御社で活躍していきたいと考えております。

ニート期間は何をしていたのか

ニート期間に何をしていたかもよく聞かれる質問です。アドバイスとしてはここでも「嘘はつかずに本当のことを話すようにする」ことです。

資格取得の勉強してしたと答える人も多いですが、仕事に役立つ資格でなければ評価してもらえませんので注意しましょう。

答えかたに悩むのは、特に何もしていないという場合でしょう。その場合も正直に嘘はつかずに本当のことを話すほうがいいです。何もしていない場合の答えかたは以下を参考にしてください。

男性・27歳

ニートの期間は正直、勉強やアルバイトなどは特にしておりませんでした。友人は仕事をしている中、自分は何もしていないという状況にとても焦りを感じましたが、働くことをネガティブに考えすぎて前に進むことができませんでした。

家族にも心配をかけ、迷惑もかけました。 そんな状況では働いている期間よりも働いていない期間のほうがとても苦痛でした。

ニート期間に何もしてこなかったことは反省しており、その期間を取り返すためにもこれからは人一倍、一生懸命働いていきたいと考えております。

逆質問はありますか

面接の最後に「逆に質問をはありますか?」と質問してくることがあります。逆質問で面接官が見ているポイントは地頭の良さ、本音にブレはないか、実際に意欲はあるのかの3つです。

地頭の良さというポイントでは、どんな逆質問をしてくるかという対応を見ることで、あなたの地頭の良さを見極めています。

また、本音にブレはないかというポイントでは、面接でアピールしてきたことと矛盾がないように逆質問しているかが見られます。

そして、実際に意欲はあるのかというポイントでは、応募先企業のことを事前にリサーチしているのかを見られます。「ホームページ見たら分かるよ」という逆質問はNGだということです。

これら3つのポイントから以下のような質問をするのも良いです。

  • 御社で活躍されている方はどのような方ですか?
  • 入社前に〇〇を勉強しようと考えておりますが、その他に準備しておくべきことはありますか?
  • 面接官のかたはどのようなビジョンや思いを持って仕事をされていますか?

ニートの面接対策はプロに頼るのがオススメ

ニートの面接対策はプロに頼るのがオススメです。転職のプロに頼るには転職エージェントに登録することです。転職エージェントでは面接対策をおこなってくれるので、自分ではわからない弱点を指摘してくれます。

また、面接官の目線でフィードバックしてもらえるため、面接も有利に進めるのが可能になります。

ただ、転職エージェントによって得意分野があるため、自分が就職したいと思っている業界・職種に強いところを選んだほうが内定をもらえる確率が高くなります。そこで、ニートの就職に強く、実績もある転職エージェントを2つご紹介します!

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

ニートが就職する際の面接対策

ニートが就職する際に面接対策について、不安に感じやすい志望動機、自己紹介、自己PR、履歴書・職務経歴書、服装、マナーに分けて説明していきます。

志望動機

志望動機を考えるポイントは以下の2つです。

  • 企業が求める人物像を考える
  • なぜこの企業を志望するのか

1つ目のポイントとしては、企業が求める人物像を考えることです。企業は求める人物像とミスマッチがないか面接で評価します。求める人物像は企業のHPや求人情報から考えることができますので、是非実践してみてください。

2つ目のポイントは、なぜこの企業を志望するのかを考えることです。なぜその企業に入社したいのか、なぜ応募したのかを考えましょう。

ですが、求人の条件を話すのはNGです。ニートだと応募の際、求人条件に目が行きがちになり、志望動機でも条件を答えてしまいがちになります。

例えば残業が少ない、給料が高い、休日が多いなどです。条件を話すのは良い印象を面接官に与えませんので、仕事内容や企業の風土、企業理念などに触れ、その企業そのものの魅力に感じた点を考えるようにしましょう。

志望動機の考え方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事【完全保存版】志望動機が書けない転職者必見!考え方を徹底解説!

自己PR

自己PRの考えかたのポイントは以下の2つです。

  • 仕事と関連する強み
  • 強みを活かした経験

まずは応募する仕事と関連する自分の強みを考えましょう。考えかたはその仕事で必要なスキルを考え、自分のスキルに当てはまるかを考えることです。

例えば営業職の場合、コミュニケーション能力、目標達成能力、行動力などは必要なスキルになります。そのスキルを自分に当てはまるかを明確にします。

そして、その強みが活かされた経験を振り返ります。ニートの場合、就業経験がない、もしくは短い人も少なくありませんので、仕事での経験がなければ学生時代やアルバイト経験で考えても良いです。

自己PRの考えかたについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事【例文付】転職が成功する自己PRを書く3つのポイント

履歴書・職務経歴書

履歴書、職務経歴書は「自分はどういう人か」を企業に見せるツールです。ですので、アピールできるポイントはできるだけ多く書いていきましょう。

その中でニートだと就業経験なしの人もいると思いますが「職歴なし」と書くのはできるだけ避けてください。

「職歴なし」と書いてしまうと、本当に何をしてきた人か判断できないので、書類選考通過も難しくなってしまいます。

学生時代のアルバイト経験や短期の派遣経験などでも何でもいいですので、働いた経験は書くのがオススメです。

加えて、その経験で得たスキルや努力したことなども併せて書くと評価も高くなりますので、過去を振り返りながら丁寧に書きましょう。

履歴書・職務経歴書について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事【例文付き】プロが教えるフリーターが志望動機を魅力的に書く方法

服装

基本的にはスーツ、清潔感のある格好を心がけましょう。また髪の毛は、男性であれば耳や目などにかからないように散髪、女性であればロングヘアの場合はくくるようにしましょう。

面接官は服装から自社の価値観と合っているのかを見ています。気負いする必要はありませんが、「社会人としてきちんとしている」「清潔感がある」ことを意識しましょう。

服装について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事転職面接で迷う服装|男女別に印象が良くなる選び方などをご紹介!

マナー

面接には入室から退室まで、数々のマナーがあります。行動の1つ1つを見られていると思い、気をつける必要があります。

転職エージェントを利用していれば、マナーに関するアドバイスを受けることができるので、マナーに自信がない人は頼ってみるのもありです。

とりあえず、面接のマナーだけ勉強したい人は、以下の記事も参考にしてください!

関連記事転職面接で失敗しない基本のマナー!入室から服装まで徹底解説!

ニートの就職に役立つ関連記事

ニートの就職に役立つ関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

関連記事ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介
関連記事ニートの就職におすすめの資格はない?ビジネススキルが重要です
関連記事ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!
関連記事ニートが使うべきおすすめ就職支援サービス9選

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント