【フリーター向け】企業への履歴書はラブレターのように書くべし!

The following two tabs change content below.

アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

フリーターの人がこれから就職活動しようと思ったとき、履歴書の書き方に迷ってしまう人は多いのではないでしょうか。

特に職歴の部分は「正社員の経験ないんだけど、バイトの経歴書いて良いの?」など、結構迷ってしまうところがあるかと思います。

そこで、転職のプロと自負している私末永が、フリーター向けに履歴書の書き方をレクチャーしていきたいと思います。これから就職活動するフリーターの人必見です。

職歴にはアルバイト歴を書いて良い


フリーターが就活を始めるとき、まず職歴にアルバイト歴を書いても良いのか迷いますが、単刀直入に言うとアルバイト歴は書いて良いです。むしろアルバイトと言えど、業務内容が応募した企業にとって有益なアピールになるなら、職歴にアルバイト歴を書くべきです。

履歴書の書き方をはじめて教わる学校では、アルバイト歴は職歴に入らないと教わりますが、フリーターには新卒のルールは適用されません。アルバイト歴を記入したからといって、ルール違反にはなりません。

アルバイト歴を職歴に書くときは「株式会社●● 入社(アルバイト)」のように、一目見て雇用形態を把握できるように書きましょう。

ちなみに、氏名や資格など、履歴書の基本的な書き方は新卒もフリーターも変わりません。

志望動機と自己PRは具体性を持たせる

フリーターが履歴書に志望動機と自己PRを書く時は、具体性を持たせて書くと採用担当者の目に止まりやすくなります。

以下から、具体性を持たせるにはどう書けば良いのかを例文付きで解説していきます。

志望動機は企業と接点を持たせる


志望動機は、応募した企業がどのような業務をおこなっているのか、どのような企業理念をもっているのかを企業の公式HPやコーポレートサイトで確認して、自分と接点を持たせて書きましょう。

企業と自分に接点を持たせて書けると、なぜその企業に志望したのかがより具体的になり、採用担当者は志望度の高さを感じ取れ、印象が良くなります。

志望動機の例
アルバイトとして、5年間飲食店に勤務しておりました。職場では、接客や調理以外にも、品物の発注やアルバイトのシフト管理もおこなっておりました。

日々業務をこなしていく中で、将来自分のお店を持ちたいと思うようになりました。そんな時、貴社の求人広告に記載されている、未経験者でも実務のレベル次第ではお店の店長を任せるという点に惹かれ、迷う事なく応募させていただきました。

将来は店舗1つ任される存在になりたいと考えております。

志望動機を書く時に1つ注意しておいて欲しいのが、嘘は書かない事です。採用担当者は、何人もの応募者と面接を繰り返していますので、嘘はすぐにバレてしまいます。

仮に書類選考は通っても、少し先の面接時にボロが出てしまう可能性があります。人材を採用する時にもっとも大切な事は、信頼できる人間かどうかです。嘘をついてしまっては、信頼は勝ち取れませんよね。

自己PRはどのように業務に取り組んできたのかを書く


自己PRでは、アルバイト先で何を意識して業務に取り組んできたのかをアピールしましょう。

自己PRというと、自分の強み以外に仕事の実績やキャリアをアピールするところと考えがちですが、採用担当者はそもそもフリーターに実績やキャリアは求めていません。それよりも、どう仕事と向き合ってきたのかが重要になります。

自己PRの例
5年間、アルバイトとして飲食店に勤務しております。接客や調理はもちろんですが、それ以外にも商品の発注、アルバイトのシフト管理をおこなっておりました。

他のアルバイトと比べると様々な業務を任されてきたと思います。それというのも、私はアルバイトでも関係なく、お客様に提供するものは接客でも調理でも、社員の方々に劣らないものを常に意識してやってきました。その成果を認めてもらえ、アルバイトでも少し責任ある仕事を任されてきたのだと思います。

正社員とアルバイトでは責任の重さが違うと思いますが、貴社にご縁がありましたら、常にレベルの高いものを提供をするというスタンスは変えず、1日でも早く戦力になれるように邁進していきたいと考えています。

採用担当者は、フリーターに実績やキャリアを求めていないと言いましたが、もし自分で意識して業務をおこなってきた結果の中で、アピールできる実績があるなら書いた方が良いです。

採用担当者が実績を求めていないのは、正社員経験がないので実績がなくても仕方ないと分かっているからです。もし実績があるならかなりのアピールになります。

末永

さて、今まで、履歴書の書き方をお伝えしてきました。

ただ、

「履歴書の書き方は分かったけど、志望動機って何をかけば良いの?」

「自己PRって何を書けば良いんだろう」

と悩んでいる方もいるでしょう。

履歴書の書き方で困っている方は1度、転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントに相談すると、企業に合わせた志望動機の書き方を教えてくれますし、自己PRの書き方も1対1で親身になってサポートしてくれます。

特にオススメな転職エージェントは、フリーターの就職支援に特化したジェイックUZUZです!

ジェイックの魅力は転職成功率の高さです。

一般的にフリーターの方の転職成功率は48%と言われていますが、ジェイックを使用した場合の転職成功率は80.3%と非常に高いのが特徴です。

「確実に転職を成功させたい」「絶対にフリーターから正社員になりたい」と考える方にはぴったりのエージェントですね。

 

UZUZの魅力はサポートの魅力です。

他社のエージェントでは、面談の時間が1.2時間というエージェントも存在しています。

一方で、UZUZは平均の面談時間が合計20時間とかなり力を入れているのが特徴です。

「どこよりも充実したサポートを受けたい」「心から納得して転職を行いたい」という方には、ぴったりのエージェントですね。

 

*詳細な評判が気になる方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!
ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

採用担当者の不安は先手を打って履歴書に書いておく

採用担当者が持つ不安要素の1つに、フリーターだからこそ「正社員はアルバイトと違って責任の重さが違うが分かっているのか?」という不安があります。面接の時に聞かれる可能性がありますが、先手を打って理解している旨を履歴書に記入しましょう。

例えば「アルバイト時代に少し責任ある業務を任されて、やりがいを感じた」「アルバイトとは違って、もっと責任のある仕事をしたい」など、自己PRや志望動機に入れ込んで書くと良いです。

履歴書を書く際に気をつけるべきポイント

実際に履歴書を書いていく時には、どこに気をつけたら良いのかを以下から解説していきます。

これから企業に応募する履歴書を書こうとしている人は、是非参考にしてみてください。

  • 誤字脱字は絶対ないようにする
  • 字は丁寧に書く
  • しっかりアピールできる内容にする
  • 空白はなるべく少なくする
  • 志望動機と自己PRはテンプレート通りにならないようにする

誤字脱字は絶対ないようにする

大事な書面を書く上で基本中の基本ですが、誤字脱字は徹底して無くすべきです。社会人として当然の事であり、それすらできないと思われては、採用担当者の評価が下がる原因となってしまいます。

履歴書は面接の前段階であり、応募者に実際会う前に見るものなので、第一印象といっても良いものになります。そこにミスがあっては、印象が悪くなっても仕方ありませんよね。

字は丁寧に書く

そもそもの字が綺麗か汚いかは関係なく、文字の綺麗さに自信がなくても丁寧に書きましょう。いくら字を綺麗に書けても、いい加減に書いたのでは採用担当者も適当だなと見抜きます。

文字の綺麗さに自信がなくても、しっかりと丁寧に文字を書くことが大切なのです。

しっかりアピールできる内容にする

例えば、応募した企業の業務に「興味がある」や「好きだから」という理由を志望動機か自己PRに書くなら、なぜ興味があるのかまで、具体的に書くようにしてください。

ただ単に、興味があるから、好きだからというだけでは、何も内容のない薄いアピールしかできません。しっかりと「なぜ」の部分まで深掘り、明確にアピールしていきましょう。

空白はなるべく少なくする

志望動機や自己PR欄はもちろん、職歴に関してもなるべく空白は少なくしましょう。空白が多くスカスカの履歴書と、書ける範囲でしっかり空欄が埋められている履歴書では、採用担当者に熱意の伝わり方が変わってきます。

ただ、事細かに書いてしまい、パッとみて読み難くなるのはNGです。採用担当者によっては、職務経歴書に書けば良い内容を履歴書に書いて見辛いと判断し、他に応募者がいるなら、読むのを最後にしようとする人もいます。

履歴書の空白は、なるべく埋めるくらいの感覚が良いです。

志望動機と自己PRはテンプレート通りにならないようにする

志望動機や自己PRに何を書けば良いのかわからずに、とりあえず検索すると例文が数多く出てきますが、それ通りに書くのはやめてください。テンプレート通りの文章は採用担当者に簡単に見抜かれます。

志望動機や自己PRは履歴書の中で1番熱意を伝えられる項目になります。テンプレート通りに作ってしまっては、自分で考えてないと思われ、熱意も伝わりずらくなってしまいます。

ネットに落ちているテンプレートはあくまで参考にし、必ずオリジナル要素を入れ、自分の言葉で書くようにしましょう。

職務経歴書は正社員経験がなくても書ける


今まで1度も正社員として働いたことがない人は、はじめから職務経歴書を書くこと自体諦めてしまいがちですが、実は職務経歴書はアルバイト経験を書いても良いのです。

今までどんなアルバイトをしてきたのか、そこで何を学んで来たのかを書ければ、それはしっかりとしたアピールになります。むしろ、応募した企業から職務経歴書の提出をお願いされているにも関わらず、書けないからといって提出しないと、書類不足とみなされてしまい、書類選考に落ちてしまう可能性があります。

アルバイト先で学んで来たこと、仕事への姿勢、スキルなど、そういった面をきちんとまとめられれば、立派な職務経歴書になりますよ。

職務経歴書の書き方について詳しく知りたい人は、以下のリンク先に詳しく記載しています。是非目を通してみてください。

既卒必読!履歴書と職務経歴書の書き方をプロが伝授!【例文付き】

失敗しない履歴書を作りたいなら転職エージェントの利用がおすすめ

末永

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

先ほども申し上げましたが、現在フリーターの方で転職をお考えの方は転職エージェントの利用をオススメします。

なぜなら、転職エージェントは志望理由や自己PRを書くお手伝いをすることはもちろん、転職において最も重要な面接対策をやってくれるからです。

実際に、転職エージェントは、企業の採用担当の視点から面接対策をしてくれるので、転職を成功させる可能性を高めることができますよ。

履歴書はあくまでも最初の足切りです。

転職の成功の可否を決めるのは、どれだけ面接対策をしたかです!!

下記に各エージェントの詳細を書いておきますので、自分に合っていると感じた転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

 

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!