【プロ徹底解説】転職エージェントの使い方!賢く使い倒す方法は?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

CMや広告で、転職するなら転職エージェントがおすすめ!という言葉をよく見かけるようになりましたが「転職エージェントって難しそうで使い方がよくわからない」とか「どういうサービスを提供しているの?」という声をよく耳にします。

中には「本当に転職エージェントを利用して転職なんてできるの?」「胡散臭いなぁ…」なんて思っている人がいるかもしれませんね。

転職エージェントに登録はしてみたものの、想像していたよりもキャリアアドバイザーとのやり取りがうまくいかず「せっかく利用するならもっと上手な使い方を知りたい!」という相談をされることも多いです。

そこで今回は、「転職エージェントとはそもそもなんなのか」「転職エージェントサービスの流れ」「転職エージェントを利用するメリット」「エージェントを使い倒すコツ」など、転職のプロである筆者が徹底的に解説していきます。

転職エージェントってなに?

転職エージェントの説明

転職エージェントを一般的な定義で言うと、有料職業紹介事業を行う人材紹介会社そのもの、もしくはそこで働く担当キャリアアドバイザーの呼称です。求人企業からは、人材紹介会社と呼ばれていることが多いです。

とはいえ、この表現ってとてもわかりにくいですよね。

転職エージェントをわかりやすく表現するとしたら「企業と転職者の間に入って、お見合いを設定するおばちゃん」です。

転職エージェントでは、転職者である皆さんとキャリアアドバイザーが面談をして、転職への相談に乗りながら求人を紹介するものです。

一方で、キャリアアドバイザーは10~100人の転職希望者を常に抱えているような状況です。なので、全員に履歴書添削や面接対策など手厚いフォローをするのは不可能です。

転職エージェントはお見合いを設定するおばちゃんのように、ボランティアとしてではなくビジネスとして転職のサポートをしてくれます。ビジネスなので、当然のように利益を追求することになるため、転職希望者の中から利益に直結しそうな人からサポートを進めていくのです。

キャリアアドバイザーから見て「利益になりそう」な求職者になろう

「転職エージェントに任せておけばいいや」という受け身なスタンスではなく、どんどん自分から攻めていくぞというような気持ちでキャリアアドバイザーと付き合うことが転職を成功させる秘訣です。

キャリアアドバイザーは、自分の利益になりそうな人(=内定獲得できる確率が高そうな人)を優先的に支援しようとします。

ということは、キャリアアドバイザーに「内定獲得できそう」「確実に転職してくれそう」と思わせることができれば、キャリアアドバイザーもやる気を出して、質の高いサービスを提供してくれるということです。

エージェントから見て「質の高い求職者」になるには

  • 「転職に主体的であること」
  • 「アドバイスを素直に受け入れ、改善する姿勢があること」

「質の高い求職者」であれば、親身に相談に乗ってくれるのはもちろん、大量の保有求人からあなたの希望にあう質の高い求人を一生懸命探してくれますし、時には面接で落ちても「もう一度検討してほしい」と企業にプッシュしてくれることもあります。

転職エージェントサービスの流れ

転職エージェントサービスの流れ

転職エージェントの流れですが、登録する転職エージェントに大きな違いはありません。

登録から入社の大まかな流れは以下のようになっています。

  1. 転職エージェントに登録
  2. 転職エージェントとの面談
  3. 面談内容に基づいて転職エージェントから求人紹介を受ける
  4. 求人選定・エントリー
  5. 各求人企業の選考(書類・面接)
  6. 内定・意思決定
  7. 退職交渉
  8. 入社

ちなみに、エントリーまでの間に履歴書・職務経歴書の作成をアドバイスしてくれたり、作成した書類の添削をしてくれたりします。

選考の前には実際の面接を想定した模擬面接を複数回行うこともありますよ。

登録〜入社までの大まかなポイントについて詳しく知りたい方は、以下の記事をぜひ読んでみてください。

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のために使い倒す3つのテクニック〜

2019.02.04

転職エージェントを利用するメリット

ここまで読んで、ちょっと転職エージェントって良さそう…と思われている人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントを利用すれば転職のサポートをしてくれるのはなんとなくわかったけど、もっと具体的にどういうことをしてくれるのか知りたいですよね。

そこで転職エージェントを利用すると、どのようなメリットがあるのか以下でご紹介していきます。

  • 転職のプロに相談ができる
  • 内定獲得率をあげられる
  • 自分では調べられないような業界情報を教えてもらえる
  • 非公開求人を紹介してもらえる

自分の力だけで転職活動をするよりも、転職エージェントに相談をした方が良いことが多いです。

特に、自分では調べられない業界情報や非公開求人を紹介してもらえるところが大きなポイントです。

非公開求人とは、リクナビNEXTといった転職サイトなどでは決して見ることができない、一般公開されていない求人のことで転職エージェントに登録しないと見ることすらできない情報のことです。

しかも、転職エージェントが紹介してくれる求人の約8割が転職サイトやコーポレートサイトには掲載されていない非公開求人なので、倍率が低めというメリットもありますよ。

転職エージェントは非公開求人を多く保有していますが、現状では転職エージェントを利用している方もまだまだ少ないです。そのため、ライバルだらけの中を勝ち抜いていかなければならないという状況を回避できます。

転職エージェントとの面談について

転職エージェントに登録すると担当になったキャリアアドバイザーから連絡がきて、面談をすることになります。

面談ってなに!?やどういうことを聞かれるの?など、気になることが多いですよね?

そこで、弊社で実際にキャリアアドバイザーとして転職希望者の転職をサポートしている澤田が、不安に思うことの多い初回面談について答えてくれました。

転職者
初回面談って、だいたい何分間くらいあるんですか?
澤田
短ければ40分、長いと90分から120分話すときもありますね。
1時間から1時間半の間くらいです。
転職者
初回面談では、どんなことを聞かれるのでしょうか?
澤田
転職者の方が興味を持っている業界について聞くことが多いですね。
転職者
履歴書や職務経歴書はどのタイミングで提出したら良いのでしょうか?
あと、内容って全て書かなければいけないんですか?
澤田
基本的には、面談前に提出してもらいます。面談前に書けていない場合は、エントリーする企業の方向性などが決定してから、面談後に提出してもらっていますね。

履歴書の「志望動機」「自己PR」「趣味特技」のようなところは空欄でも問題ありません。

転職者
「転職先に求める希望」は、初回面談の段階で聞いているんですか?
澤田
はい、初回面談で聞いています。
転職者
初回面談までに、準備しておいた方が良いことはありますか?
澤田
まず、履歴書と職務経歴書ですね。

あとは「なんで転職したいのか」という転職理由と「転職して何をしたいのか」という将来のビジョンについてお聞きしたいので、考えておいていただきたいです。

初めての面談ではありますが、あまり緊張をせずに面談に臨むと良いですよ。

エージェントと実際に面談する際のポイント

初回面談の予定が組めたら、面談前に以下のポイントを押さえるとスムーズに面談ができて良いですよ。初対面だと何かと緊張しがちなので、目を通しておくだけでも心持ちが違います!

  • 転職の目的をはっきりさせる
  • 全て正直に話す
  • 前の職場の悪口は言わない
  • 転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と答える
  • 紹介される求人が少ない場合は希望条件を再考する
  • 服装はスーツでも私服でも良い

詳しく解説していきますね。

転職の目的をはっきりさせる

満足できるサービスを提供してもらえるよう「キャリアアドバイザーに何を望んでいるのか」についてきちんとまとめ、しっかり伝えると良いです。

自分がどの状態なのかを伝えることで、キャリアアドバイザーも迅速に行動することができます。

全て正直に話す

キャリアアドバイザーが適切な形で求人紹介や選考対策ができるよう、また転職理由や休職の有無などを包み隠さず話すことは、信頼関係の確立のためにも大切なことです。

ビジネス的な考えになってしまいますが、キャリアアドバイザー側からすると内定を獲得して就職してもらえなかったら企業から報酬を受け取れないので「転職者が納得できる転職先を見つけて欲しい」と思っています。

前の職場の悪口は言わない

前の職場の悪口を言われてしまうと「転職してもすぐにやめてしまいそうな人」と判断されて、紹介求人が減ってしまうなど、きちんとフォローしてもらえなくなってしまいます。

例え転職理由が人間関係や待遇面などマイナスな理由であったとしても、悪口にならないよう、「次の職場では同じことを繰り返さないためにどう改善しようと思っているのか」を伝えるようにすると良いですね。

転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と答えよう

希望する転職時期が早いほど、キャリアアドバイザーに「転職する意思が強い」ことをアピールできますし、本気度が伝わると言えます。

転職希望時期が1年先以降になると当然担当キャリアアドバイザーの優先順位は下がりますし、求人情報は3ヶ月を目安に入れ替わることが多く、自分が希望する転職先の求人が締め切られている可能性があります。

紹介される求人が少ない場合は希望条件を再考しよう

自分が希望する業界の平均年収や転勤の頻度など、事前に状況を確認しておくとスムーズに進みます。相場からかけ離れた希望を出しても、該当する求人が少なくなってしまうからです。

「職種」「年収」「勤務地」「労働条件」などの希望条件は増えていきがちになってしまうので、譲歩できる条件がないか、もう1度考えてみてください。

もし、紹介される求人が少なかったら、希望条件を全て満たす求人をキャリアアドバイザーが持っていないと考えられます。

服装はスーツでも私服でも良い

よく「服装はどうすればいいか?」と質問を受けますが、キャリアアドバイザーは面接官ではないので服装は全く気にしていません。

とはいえ、仕事後に面談することも多く、今の職場がスーツならスーツ、今の職場が私服なら私服で来る人も多いので、服装はあまり気にしなくても大丈夫ですよ。

転職エージェントを使い倒すコツ

転職エージェントを利用しているのにあまりうまく転職活動ができていない…という人もいらっしゃると思います。

せっかく転職エージェントを使うなら、余すことなく隅々まで使い倒したいですよね?

そこで選考中〜選考後、内定後に分けて転職エージェントを使い倒すコツをまとめてみました。

選考中〜選考後のコツ

  • 残業時間や福利厚生関連の質問は転職エージェント経由で聞く
  • 現場社員と話す機会を作ってもらう
  • 面接後は感想や入社意思を伝える
  • 企業側の評価を教えてもらう

まずは、選考中〜選考後のコツについて詳しく説明しますね。

労働環境や福利厚生関連の質問はエージェント経由で聞く

キャリアアドバイザーに紹介されて興味を持った企業の残業や福利厚生などは、キャリアアドバイザーを通じて聞くようにしましょう。

企業側に直接聞いてしまうと「働く意欲が低いのではないか」と懸念を抱かれることがあるので、聞かない方が良いです。

実際、企業の人事担当者は現場の実態を正確に把握していないことが多く、正確な情報を教えてもらえない可能性もあります。

複数企業の情報を持つキャリアアドバイザーの方が、実は人事担当者以上に生の声を把握していたりします。

現場社員と話す機会を作ってもらう

実際に現場で働く社員の実態について気になることがあれば、キャリアアドバイザーに「現場社員に会いたい」と伝えてみましょう。

キャリアアドバイザーに頼めば、現場社員と話せる機会をセッティングしてくれる場合もあります

書籍やネット、人づての情報ではそのような「実際の状況」はわかりにくいし、その企業に対する期待感が高ければ、ネットに書いてあることであれば「大丈夫だろう」と妥協しがちです。

求人を出している企業側も、コストを掛けて求人をおこなっているので、転職希望者と企業とのミスマッチは避けたいと考えているので「現場社員と話したい」というキャリアアドバイザーからの依頼に協力せざるを得ません。

面接後は感想や入社意思を伝える

面接後は、面接の出来や面接官との会話で入社意思がどう変化したか伝えましょう。

キャリアアドバイザーは面談後に企業側の担当者と連絡を取るので、面接でうまく言えなかったことを伝えておけばフォローしてくれます。

また、入社意思を伝えておけば、キャリアアドバイザーを通じて企業に入社意思が強いこともアピールも出来ます。

企業側の評価を教えてもらう

転職エージェントにも評価を伝えないという企業も一部ありますが、面接が終わったらキャリアアドバイザーに企業側の評価を聞いてみると良いですよ。

キャリアアドバイザーは企業側の担当者からも面接の手応えを聞くので、面接を通して企業側が評評価している点、懸念している点をキャリアアドバイザーは知っています。

評価している点、懸念している点を知っていれば、次の面接までに対策することができますよね。

これは転職サイト等を利用して自分で応募すると分からないことです。でも、転職エージェントを利用すれば知ることが出来るので、転職エージェントを活用するメリットの1つですね。

内定後のコツ

次は、内定後のコツについて詳しく説明していきます。

  • 給与交渉を代行してもらう
  • 内定通知書の受け渡しをしてもらう
  • 円満退職の方法を教えてもらう

内定が出たらそれで終わりではなく、転職エージェントでは無事に入社するまでしっかりサポートをしてくれます。具体的にどのようなことをしてくれるのか、次で詳しく紹介していきますね。

給与交渉を代行してもらう

キャリアアドバイザーに給与交渉を依頼する場合は、他社の選考状況が給与交渉に大きく影響するので、選考状況はキャリアアドバイザーと正確に共有するようにしましょう。

他社からのオファーが出ている際は、オファー金額を伝えておくとキャリアアドバイザーが企業に「先日面接した○○さんは、入社意欲は高いが○○社に××万円でオファーされている。御社が提示している△△円だと開きが大きく、家族の同意が得難い。」というような交渉を行ってくれます。

そうすれば、より好条件を引き出しやすくなります。

ただ、嘘をつくのは絶対にダメです。キャリアアドバイザーの担当者は多くの情報を持っていますから、求職者の給与相場を知っています。嘘がバレると信頼関係を失い、その後の転職活動に大きく影響します。

内定通知書の受け渡しをしてもらう

内定通知書の受け渡しは「キャリアアドバイザーから渡される」「条件交渉面談で企業側から直接渡される」の2つのパターンがありますが、ここでもキャリアアドバイザーをしっかり活用しましょう。

しっかり確認することで、入社後に「こんなはずじゃなかった!」と思わずに済みます。

内定通知書の雛形は企業により様々ですが、内定することのみを記載し、条件面など細かいことは別に覚書として記載する企業も多くあります。

転職者の立場からは見落としてしまう内容が多く理解できないこともあるため、キャリアアドバイザーから内定通知書をもらった場合は疑問点をきちんとキャリアアドバイザーに伝えると良いです。

円満退職の方法を教えてもらう

キャリアアドバイザーは数多くの転職者を見てきて、退職に関するノウハウを持っているので積極的に活用するようにしましょう。

「どのように退職を切り出したらよいのか」「上司に反対されないか」など、悩みは尽きませんよね。そういうときこそ、キャリアアドバイザーを頼ると良いです。

転職エージェントに対する疑問をプロが回答!

転職者のみなさんから寄せられる、転職エージェントに対する疑問を私がお答えします!

転職者
転職エージェントは、利用するとお金がかかるんですか?
末永
いいえ、お金はかかりません。完全無料で利用できますよ!
転職者
転職エージェントって、登録するのに何か条件はあるのでしょうか?
末永
転職エージェントには誰でも登録できます。持っているスキルや年齢による制限はありません
極端な話、就業経験が全く無い人や、海外に住んでいる場合でも登録可能なんですよ。

ただ、求人する側の企業からすれば、高いコストで転職エージェントを利用する以上、要求も高くなりがちです。キャリアアドバイザーも高いスキルや資格を保有する求職者を優先的に企業に紹介することになります。

転職者
登録したら、絶対に転職をしなければならないのでしょうか?
末永
「相談だけでも歓迎」という転職エージェントがほとんどで、登録したからといって転職しなければならない訳ではありません。

ただし、転職する意思が弱いと、キャリアアドバイザーから優先的にフォローしてもらえない可能性は高いです。

転職者
内定をもらったら、絶対その企業に転職しないとダメでしょうか?
末永
内定をもらっても、断って大丈夫です。転職エージェントは企業側から成功報酬をもらうというビジネスモデルのため、内定を絶対に受諾しないといけない、ということはありません。

しかしながら、内定をもらうと意思決定の期限が設定されるので、断る場合はその期間内に断りましょう。

転職者
担当のキャリアアドバイザーは、途中で変わってもらえたりしますか?自分の希望をあまり聞いてもらえていないんです…。
末永
変わってもらえます。転職エージェントサービスの質はキャリアアドバイザー個人の能力によって大きく左右されます。

「返信が遅い」「自分の希望を聞いてくれない」「アドバイスが適切でない」など自分に合わないなと思ったら、別のキャリアアドバイザーに担当を変えてもらうよう依頼しましょう。

転職者
現在、転職エージェントを複数利用しているのですが、そのことは伝えた方が良いのですか?
末永
複数転職エージェントを利用していることや他の転職エージェントから応募した企業は正直に伝えましょう。

複数転職エージェントを利用していることがわかると、他の転職エージェントに奪われないよう、キャリアアドバイザーは必死にあなたの転職活動をサポートします。
隠していると、複数の転職エージェントから同一企業に応募して企業からの評価が下がるということにもなりかねません。

些細な疑問でもキャリアアドバイザーは気軽に相談に乗ってくれるので、モヤモヤを残したまま面接を受けることがないようにすると良いですよ。

プロが教える!本当に役立つ転職エージェント10選

結論から言うと、転職に関して相談するだけでも転職エージェントを使うことをおすすめします!

自分で企業にエントリーするよりも、転職エージェントを通じてエントリーした方が通過率が高まる場合が多いからです。

複数の転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーが優秀かどうか、自分と馬が合うかどうかを見極められ、企業の情報収集もできます。

そこで、手前味噌ながら転職エージェント選び専門家と自負している私が、本当に役立つ転職エージェントを選んでみました。

しかし、転職エージェントはキャリアアドバイザーによってサポートの質が変わってくるので、まずは大手2〜3社特化型1社に登録し、実際に面談に足を運んでみましょう。その後、登録した各社を比較検討し、その中で自分と相性の良い転職エージェントと一緒に転職を進めて行くのがおすすめです。

少しでも転職成功の確率を上げるために、ぜひ転職エージェントを活用しましょう!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18