実は転職エージェントにもブラックリストってあるんですよ

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

この記事を読んでいる人は、「転職エージェントに登録しようと思ったものの、これまでの経歴で借金債務があったりするけれど登録受付やサポートしてくれるのかな・・?」だったり、「過去に登録して面談バックレしちゃったエージェントに再度登録したりサポート依頼したらバレてて再登録って受け付けてくれなかったりするのかな・・?」と不安に思われている方が多いのではないでしょうか。

今回は、現役の転職エージェントのプロの視点で、転職エージェントに金融機関のようなブラックリストが実際のところ存在するのか?
また、ブラックリストがあるとしてどういうケースでブラックリストに入ってしまうのか?ブラックリストに乗ってしまった後の対処法についてお伝えします。

転職エージェントによってはブラックリストが存在する可能性がある

結論からお伝えしますと、金融機関や各社同士で転職者情報を共有するようなブラックリストデータベースは法律として禁止されているので存在しません。

しかし、エージェントにもよりますがブラックリストと呼ばれているかは別として、エージェントの社内限で一定データベースとして保続・記録している可能性はあるかもしれません。

ブラックリストの対象となり得るのはこんな方

以下に挙げるような場合に、ブラックリストの対象となる可能性があります。

  1. キャリアアドバイザーに対して高圧的な態度を取られた方
  2. 反社会的勢力の関係者や取引があったり、その可能性が高いと思われる方
  3. 虚偽の情報を伝えてきた方、選考における重要事項を隠す方
  4. 面談の無断キャンセルや急に連絡が取れなくなった方
  5. 内定承諾後に辞退をした方
  6. エージェントから情報を引き出したりサポートをさせるだけさせて意図的に別のルートで選考を進める方

1. キャリアアドバイザーに対して高圧的な態度をとられた方

ごく稀にエージェントに対して非常に高圧的な態度で臨まれる転職者の方がいらっしゃいます。

たまに飲食店やタクシーの運転手の方に対して、見下したり、高圧的な態度をとられる方がいらっしゃいますが、これは頂けませんし、残念ですよね。

エージェントも慈善事業ではなく、転職者に対して何かの借りがあるわけでもないので、過度に高圧的な態度・対応をとられる方に対しては、サポートをお断りし、その後も対応はNGとしている可能性が高いと思います。

エージェントの感情論というよりは、そのような態度や対応を取る人を、信頼関係のある大事な取引先求人企業に対して責任持って紹介できないと感じるという理由も大きいと思います。

単純に、常に誰に対してもフェアな態度・対応であった方が、関わる人みんなにとって良いと思います。

2. 反社会的勢力の関係者や取引があったり、その可能性が高いと思われる方

これも稀なケースだとは思うのですが、反社会的勢力の関係者や、それに準ずるような組織との関係性を示唆する方は避けられる場合があるかもしれません。

3. 虚偽の情報を伝えてきた方、選考における重要事項を隠す方

転職エージェントに対して、または選考を受ける企業に対して、虚偽や嘘の職務経歴や経験、前職の年収情報を伝えてきたり、選考や転職活動において非常に重要な事項について秘匿して情報共有してくれていない等のケースです。

エージェントは基本的に転職者の味方ですし、エージェントに伝えた情報がそのまま求人企業に伝わるわけではありません。
ですので、嘘をつかず、転職に不利になりそうな情報も一旦は重要な事項であれば共有しましょう。

その上で、誰に対して、どこまで、どのように情報を開示するか否かを一緒に相談すると良いでしょう。

万が一、虚偽情報・嘘、重要事項の秘匿などが発覚してトラブルになった場合、故意・悪意があるとみなされてサポートを断り、ブラックリスト的な扱いになってしまうかもしれません。

4. 面談の無断キャンセルや急に連絡が取れなくなった方

登録後に、面談を無断キャンセルする方は意外に多いです。

忙しいと思いますし、忘れてしまったという事はしかたない部分も一定あるかもしれません。

しかし、その後も含めて音沙汰ないままに連絡を絶ってしまうというのは、エージェントに対してだけでなく、社会人失格と言われても仕方ないでしょう。

その後に、都合良く再面談や再サポート登録・依頼をしても断れてしまう可能性は高いでしょう。

もちろん、紳士にお詫びをして、そうなってしまった具体的な理由や事情を伝えて改善姿勢を示せればブラックリストを解除され、再サポート開始となるケースもエージェントによってはあると思います。

5. 内定承諾後に辞退をした方

転職活動では、企業が内定を通知した後に、一定の回答期限以内に転職者が内定受諾・意思決定をして、正式に入社決定となるわけですが、内定受諾後に突然、具体的な理由などの説明もなく、辞退連絡をメールだけでしてくる方が一定いらっしゃいます。

企業は社会保険加入、配属、研修など受け入れ準備を進めてコストや手間もかけていますし、エージェント側も、企業からの信用を失ってしまいます。

このような事をされた方を再度登録受付、サポートする事は少ないでしょう。

どうしても事情が変わったり、特別な理由があり、やむなく内定受諾後に辞退をされるのであればきちんと誠意を持って、少なくとも電話でエージェントに辞退の連絡をしましょう。

そしてなぜそのような事に至ったのかの経緯や理由を具体的に説明してあげましょう。
エージェントも事情や理由次第では正直辞退で仕方ないなと思う事の方が多く、それよりも企業にどう説明責任を果たすべきかを心配するものなのです。

一方で、エージェントや企業側の内定時の強引なクロージングや口説きによって、断る事ができずにやむなく内定承諾してしまった場合は、気まずくてもきちんと理由を伝えて辞退を伝えましょう。

結局あとあとトラブルになってしまうだけです。

転職エージェントの断り方|求人紹介や面接・内定辞退までケース別に解説

6. エージェントから情報を引き出したりサポートをさせるだけさせて意図的に別のルートで選考を進める方

これも意外と多いのですが、エージェントA社が希望の求人企業についてのノウハウや情報に強みを持っているためにそのエージェントに相談依頼をしてノウハウやアドバイスを受けた後に、別のエージェントBやHP、知人経由でエントリーを故意にするという事があります。

結果として、そうなってしまった場合は仕方ないのですが、最初から意図的にそのような事をされた場合、さすがにエージェントとしても気持ちのいいものではないでしょうし、慈善事業ではないため、その後のサポートは断り、登録受付もNGとなってしまうのではないかと思います。

実際、ノウハウや深い情報を持っているエージェント経由でエントリーや選考を進める事が一番内定確率を高める上では有効です。

もし特定企業や業界職種について転職相談や情報をエージェントに依頼してサポートを受けたのであれば、よほどの事情がなければ、そのエージェント経由で対象求人を進められた方が、双方にとっても良いですし、変にトラブルにはならないかと思います。

金融機関で保持しているようなブラックリストは存在しない

冒頭でもお伝えした通り、金融機関や各社同士で転職者情報を共有するようなブラックリストデータベースは法律として禁止されているので存在しません。

その理由を以下でご説明しますね。

採用面接に選考にかかわらない個人情報は利用できない

転職エージェントは厚生労働省から有料職業紹介免許を取得して事業運営をしています。

免許の規約の中には、個人情報保護についての条項があり、基本的に採用時に選考に関わらないであろう個人情報、例えば、両親の職業や出身などの情報をヒアリングしたり、それを選考の判断に利用する事を禁止されているのです。

ですので、転職エージェントが転職者個人や金融機関などの外部機関などから借金・債務のような取引情報を取得しようとする事はできませんし、する事はないでしょう。

別のエージェント同士や外部企業に勝手に個人情報を開示する事はできない

また、人材紹介会社・転職エージェント同士が業界共通で転職者のブラックリストなどの個人情報を流通したり共有する事は、個人情報保護法で禁止されていますし、免許剥奪=事業停止処分リスクが高いため、絶対にやってはいけないですし、やらないでしょう。

ですので、各エージェント同士が情報を共有しているというケースは基本的にはありません。

もしもそのような事が発生した場合、恐らくですが、人材紹介会社やエージェント同士がたまたま個人的に親しい関係性があり、情報を交換して同一の転職者を対応している事が双方に伝わってしまったケースです。

ですが、これも転職者個人の許可がなく外部の第三者に対して情報共有・開示する事は個人情報保護規定として禁止されているので、法令違反ですし、あってはならないことです。

直ちに、そのエージェントはサポートを断り、連絡を断つ事をオススメします。

犯罪で起訴前科があったり、自己破産している等の情報は伝わる可能性がある

ただし、犯罪や起訴された前科があったり、自己破産などを経験されている場合、そのような情報は公にされていますので、それがエージェントに伝わる可能性はもちろんあります。

エージェントが何かのきっかけでその情報を知ってしまった場合、サポートを断るケースもあり得るとは思います。

SNSでの情報発信は節度を持って

また、最近はSNSを利用する個人がほとんどだと思います。

Twitter、Instagram、Facebook、LinkedIn等ですね。

エージェントに限らずと思いますが、求人企業の人事や面接官もSNSで名前を調べて、ざっくりどんな人なのかな?とチェックしている人は増えていると思います。

そのような認識を持った上で、Twitterなどは匿名アカウントで運営をするか、本名を使って登録する場合は、誰が見ても恥ずかしくない形で節度ある言動を心がけておきましょう。

企業側にも応募者のブラックリストが存在する可能性がある

一方で、今度は転職エージェントではなく、企業のブラックリストってあるのでしょうか?

こちらもエージェントと同じようなレベル感でブラックリスト的なものが人事サイドで存在する可能性はあると思います。

特に、最近はHRテック分野が注目され、数多くのベンチャーやスタートアップが立ち上がっており、採用管理システムなどのサービスも増えています。

そのような採用管理システムは、個人情報をデータベース化して蓄積していけるシステムなので、過去応募や選考を受けた転職者情報を社内で簡単に検索できるようになっています。

ですので、例えばですが、「転職者Aさんは1年前の何月何日にエージェントX経由でエントリーされ、一次面接で〇〇という理由でお見送りになっている」というデータが残っており、落ちてしまった企業に別のルートを使って何度も応募すれば何度でもチャンスがあるというわけではないので、知っておくと良いでしょう。

過去に選考お見送りや辞退になった場合、最低1年間は再エントリー・応募は不可能なケースが多い

これは企業によってもルールが異なるので、一概には言えないのですが、一度選考を受けてお見送りになったり、辞退された場合、最低1年間は再チャレンジは不可能なケースが多いです。

これは理由は色々とあると思うのですが、基本的に人は1年以内でそこまで大きく変化や成長はしないであろうという考えからそのような期間で設定している会社が多いのだと思います。

ただし、企業によっては上記の基準やルールではなく、3ヶ月の会社もあるかもしれませんし、お見送りでも面接ではなく書類や筆記くらいだったら再チャレンジ可能であったり、お見送りではなく辞退の場合は再チャレンジ可能というケースも割とあるので、そちらは各社ごとに確認・問い合わせしてみても良いかもしれません。

外資系企業や金融機関はリファレンスチェックがあるケースが多い

一方で、ブラックリストとはまた違った切り口の話になりますが、外資系企業や金融機関などの会社は、採用時にリファレンスチェックといって、信用調査を行う会社もあるので注意が必要です。

ここで言うリファレンスチェックとは、前職の上司や同僚に内定先の人事等が電話して前職の職務態度や実績や活躍に間違いはないのか?等をヒアリングする手法の事です。

それによって、選考過程で自己PRしていた内容は本当なのか?前職を円満退職されているのか?人間関係は良好だったのか?などをチェックするのです。

もちろんこの際に、転職者本人に対して必ず前職上司に連絡をする事を伝えた上で上司などの同僚を紹介してもらった上で連絡はするので、勝手に連絡する事はないです。

ブラックリストに乗らないように常に節度ある誠実な行動を

説教じみた言い方に聞こえてしまったら恐縮ですが、そもそもブラックリストに載るというのは自分の不誠実な行動が引き起こした結果です。

そもそもそのような事にならないように、エージェントや求人企業に限らず、いつ何時も誠実な言動を心がけておく事が一番の対策・予防となるのは言うまでもないです。

しかしながら、人はとても弱い生き物です。「向き合いたい」と思ってもなかなか難しいこともありますよね。

そこで、手前味噌ですが、弊社アクシスでは「ブラックリストに載ってしまったと思われている方」でも転職のお手伝いができる場合があります。

むしろ、「どうしてブラックリストに載ってしまったのか」を考えるキッカケとして弊社をうまく活用して欲しいとすら思います。

ぜひ弊社アクシスへ転職の相談を。あなたの勇気ある一歩を応援させてください。