ニートにおすすめの就職サイトを紹介!年代別に使うべきサービスを徹底解説

  • !

ニートにおすすめの就職サイト

    ニートにおすすめの就職サイトを紹介しています。

    また、就職サイトと就職エージェントの違いを踏まえた年代別のおすすめサービス、その他の就職支援サービスと活用方法についても合わせて解説しています。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ニートの就職には就職サイトがおすすめ

ニートの就職には内定獲得率を高めるために就職サイトの利用をおすすめします。

まず、就職サイトには大きく分けて「就職エージェント」と「求人サイト」の2種類に分かれており、どちらも求人は紹介してくれますが、その後のサポート体制が異なります。

就職サイトの解説

就職エージェントは求人紹介後も面接の日程調整、履歴書・職務経歴書の書き方指導、面接対策など全て無料でおこなってくれますが、求人サイトは気になる求人情報を検索した後すべて自分でおこなわなければなりません。

ここからは就職エージェント・求人サイトの違いを踏まえて、年代別にそれぞれおすすめをご紹介します。

20代ニート向け就職エージェント3選

求人紹介だけでなく、あなたの就活を二人三脚でサポートしてくれる就職エージェントを紹介します。

また、これから紹介するエージェントはどれブラック企業を徹底的に排除した求人紹介をしてくれるので安心です。

就職エージェントにも種類がありますが、今回はニートの就職や20代の就職に強みがあるものだけを厳選しています。

特徴 求人数
UZUZ UZUZ(ウズキャリ) 20代・既卒
手厚いサポート
IT・Web
エンジニア
非公開
ハタラクティブ ハタラクティブ 20代・既卒
手厚いサポート
メーカー・人材
求人が豊富
約2,300件以上
マイナビジョブ20’s マイナビジョブ20's 20代・既卒
全業界・職種
求人が豊富
求人多数
2022年4月時点の求人数

ただ、それぞれの就職サービスごとに得意領域が異なるので、初めて就職活動する方やまだ志望する企業が決まってないニートの方は2〜3社複数登録することをおすすめします。

UZUZ

UZUZ

UZUZは、20代の既卒や第二新卒、ニートやフリーターのサポートに特化した就職エージェントです。

大きな特徴として創業者が元既卒で苦労した経験から、新卒至上主義を覆したいという想いで20代未経験向けに就職支援を進めています。

過去に就活で挫折したり、短期離職を経験したアドバイザーが多く在籍しているため、ニートの方と同じ目線で真摯に向き合ってくれます。IT・Web業界の営業職、エンジニア職の求人を多く保有しているため、その業界に興味がある人にもおすすめです。

また、採用成功率は79.1%、入社後の定着率は96.8%、利用満足率は83.6%と高い実績を出しています。ニートから就職を考えている人、就職活動の不安を相談したい人はぜひ1度相談してみてくださいね。

こんな人におすすめ

・自分に合う求人がわからない
・20代で社会人としての経歴に自信がない
・IT系の求人に興味がある

公式サイトはこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、ニートなどの正社員経験が少ない20代向けのサポートを得意としています。

大手人材会社レバレジーズが運営していることもあり、20代未経験向けの求人数は業界トップクラスで多く、常に約2,300件保有しています。

また、実際にスタッフが訪問した企業のみを紹介しているので、ブラック企業を避けたい人や自分に合った仕事が見つかるか不安な人におすすめですよ。

ちなみに書類選考通過率は91.4%、内定獲得率は80.4%になっています。正社員経験がない人では、3人に2人が就職を成功させています。

こんな人におすすめ

・20代で経歴に自信がない
・幅広い求人の中から選びたい
・手厚いサポートを受けたい

公式サイトはこちら

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは新卒領域で業界No.1の実績を誇るマイナビグループが運営する20代・既卒・ニート向けの就職エージェントです。

20代の就職・転職事情に精通したキャリアアドバイザーによるサポートだけでなく、世界中で数千万人が受検する適性診断も受けられるので、自分に合った企業が見つかりやすく転職定着率は93%を超えています。

また、マイナビジョブ20'sの取り扱い求人は全て20代が対象でその内70%が未経験OKの求人ですので、「これまでの経歴に自信がない」「自分に合った仕事がわからない」といったニートにはおすすめです。

こんな人におすすめ

・初めての就職でプロに相談したいニート
・マイナビグループのノウハウを活用したい人
・就職活動をスピーディーに進めたい人

公式サイトはこちら

20代ニート向け求人サイト2選

就職サイトは求職者が自分で求人を検索し、企業に直接応募して就職活動を進めていく仕組みです。

離職期間があることで企業側の目線が厳しくなることもありますので、できるだけ多くの求人に応募して、可能性を広げていくほうが良いです。

20代向けの求人が多いおすすめの就職サイトを順にご紹介していきますね。

特徴 求人数
dodadoda 全年代
全業界・職種
求人が豊富
166,370件
リクナビNEXTリクナビNEXT 20代・第二新卒
全業界・職種
59,350件
※2022年4月時点の求人数

上記の他にRe就活やマイナビ転職など、ニート向けの就職サイトはありますが、今回はとくにおすすめの2つを以下で詳しく紹介していきます。

doda

doda

dodaは業界2位の大手就職サイトということもあり、リクナビNEXTと合わせて20代のニートにおすすめです。

大手・優良企業を中心に様々な業界・職種の求人を取り扱っています。求人は月曜日・木曜日に更新される新着求人から、毎週更新される求人特集があり、自分の希望に合わせて検索・応募して就職活動を進められるようになっています。

こんな人におすすめ

・ニート歓迎の求人をたくさんみたい
・面接確約オファーで必ず面接を受けたい人

公式サイトはこちら

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、求人数最大級の就職サイトです。求人の検索も「こだわり検索」という機能があり、細かい条件から求人を探せるのも魅力です。

ぶっちゃけ、どの就職サイトを使おうか迷ったときは、とりあえずリクナビNEXTに登録しておくのが無難なくらい、安定感のある就職サイトです。

ちなみに、職種未経験歓迎の求人情報は、2022年4月時点で約9,420件あります。

こんな人におすすめ

・初めて就職サイトを使う人
・どこの就職サイトを使えば良いかわからない人

公式サイトはこちら

30代ニート向け就職サイト2選

30代ニートの方におすすめな就職サイトは、dodaリクナビNEXTです。

30代で正社員経験・社会人経験がなかったり、無職の期間が長かったりすると就職エージェントでは就職活動を進められない可能性があり、上記2つの就職サイトを利用するのが良いと言えます。

この2つは業界1位と2位の就職サイトなので求人数が多く、未経験歓迎の仕事も掲載されています。

それ以外の方法では、ハローワークを利用するのもおすすめです。

ハローワークについては次で詳しく説明しますが、30代でニートの場合は就活の選択肢も狭まってしまうということを把握しておくのが大切です。

ニートが利用できる就職支援サービス一覧

就職サイトや就職エージェントを含めて、ニートが利用できる転職支援サービスをまとめました。

求人の量 求人の質 サポートの質
就職サイト ×
就職エージェント
ハローワーク
ジョブカフェ
サポートセンター × ×

それぞれ、以下で詳しく解説していきますね。

就職サイト:求人を見分ける自信がある方向け

基本的にネットなどの求人媒体に掲載されている求人に対して、自分1人で直接企業に応募し、面接に臨みます。どの求人に応募するかもすべて自分の意志で決められますが、その分優良求人を見分けるのも自分でおこなわなければいけません。

仮に応募した会社がブラック企業でも、すべて自己責任になります。就職サイトを使うなら、会社を見分ける目を持つ必要があります。

ブラック企業の見分け方については、下記の記事を参考にしてください。

就職エージェント:求人の質×サポートに強み

就職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーが就職活動に関する相談や履歴書の添削など、しっかりとサポートしてくれるという強みがあります。

その他の特徴として、会社側に就職者を推薦してくれるなど内定獲得率が高くなるのはもちろん、エージェントによっては内定後のサポートをおこなってくれることもあります。

公式サイトに掲載されている求人以外にも、非公開求人を保有しているので、サポートを受けながら自分にあった求人情報を紹介してもらえる可能性もあります。

ただ前述した通り、30代で正社員経験がない場合はサポートを受けられない可能性があるので注意が必要です。

ハローワーク:30代以上の方におすすめ

ハローワークは正直言うと、40代で職歴がない人でも受かるような求人の取り扱いが多いです。30代以上で、職歴がない人にとっては良いサービスですが、20代など若い層なら、もっと良い会社に受かる可能性があるので、あまりおすすめはできません。

とはいえ、地方においては「会社を辞めてから失業手当をもらいにハローワークに登録して、そこで次の転職先を探す」という考え方がきわめて自然なため、良い求人が集まりやすく、地場産業・製造業などの優良企業に出会える可能性があります。

ハローワークについて詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

ジョブカフェ:就活全体をサポート

ジョブカフェは、都道府県が運営している就職支援サービスです。就職活動における様々なサポートを受けることができる就職支援サービスで、都道府県が運営している就職エージェントと言えばわかりやすいかと思います。

活動内容には就職関係のセミナーや職場体験、カウンセリング、職業相談、保護者向けセミナーも含まれているので、ハローワークや求人サイトのように、ただ職を探すだけのサービスとは少し違います。

まだ就職するのが不安な人でも、話を聞いたりするだけでも良いので、就活の背中を押してくれるサポートとしても利用できます。

ジョブカフェについても詳しい記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

サポートステーション:就職相談に特化

サポートステーションは、厚生労働省が運営しているサービスです。活動内容は就職に関する相談に特化していますが、求人の紹介はありません。

仕事に対する誰にも言えなかったことなどを相談できるサービスで、働く力を引き出し、職場に定着するまで徹底的にバックアップをしてくれます。

身近に相談できる機関といった感じで、相談窓口のような役割です。

他にも就職の相談先について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ニートにおすすめする就職サイトの活用方法

ここまでさまざまな就職サイトを紹介してきましたが、最後にニートにおすすめする就職サイトの活用方法を解説します。

就職サポートがついてるものを使う

ニートが就職活動をするなら、就職サイトを使って自分1人で就活するよりも、就職サポートのある就職エージェントを利用したほうが良いです。

理由として、ニートが就職エージェントを利用しないで就活した場合の内定獲得率は、約45%と言われていますが、就職エージェントを利用したときの内定獲得率は約80%以上と言われています。

さらに会社ごとに離職率などを調査し、ブラック企業の可能性がある会社を排除して紹介してくれます。また定着率の高い会社も紹介してくれるので、長期間働きたい会社も探しやすいです。

ちなみに、就職エージェントは基本的にお金は一切かからず、全てのサービスを無料で受けられるので安心して利用することができますよ。

ニートの就職支援に強いエージェント

  • UZUZ
    20時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20's
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント

複数のエージェントに登録して1社に絞り込む

就職エージェントに登録するときは、1社だけではなく、2〜3社など同時に複数のエージェントに登録すべきです。

なぜなら、就職エージェントは担当のサポートしてくれるキャリアアドバイザーによって、サポートの質がかなり異なるためです。複数の就職エージェントに登録しておけば、効率良く自分にあったキャリアアドバイザーを見つけやすく、どのエージェントが合っているか判断しやすくなります。

他にも、就職エージェントによって得意な業界・職種も違ってくるため、複数登録しておけば、専門的な業界・職種に強いエージェントと、様々な業界・職種を抑えているエージェントを使い分けることができますよ。

ニートの就職に役立つ関連記事

就職を目指すニートに役立つ関連記事を載せていますので、こちらも合わせて参考にしてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント