ニートから就職できない人の根本的な原因・解決策を徹底解説する

「就職できない」と悩んでいるニートが就職を成功させる方法を解説!

就職できない人の特徴・成功させるポイントを細かく紹介しますので、就職できない根本的な原因を理解し、就職を成功させましょう。

ニートから就職できない人の4つの特徴

ニートから正社員に就職できない人の特徴は4つあります。

就職できない理由を把握し、就活が成功するように1つずつ改善していきましょう。

1.就職活動の方法が間違っている

ニートの人が就職活動をする場合、年齢や就業経験の有無によって最適な方法が変わってきます。

就職活動の方法が間違っていると、なかなか採用してもらえなかったり、ブラック企業に入社してしまう可能性もあるので注意が必要です。

年齢によっても、どういう方法で就職活動をすべきかは異なるので、以下で詳しく説明していきますね。

→おすすめの就職活動方法を見る

2.面接対策がしっかりできていない

就職するためには、「この人と一緒に働きたい!」と面接官に思ってもらえるように、自分をアピールする必要があります。

しかし、ニートの人は自分に自信がない人も多く、しっかりアピールできていないケースが多いです。

面接に受けるときは、自己分析・企業分析をしっかりおこない、「志望企業に対して自分がどう貢献できるか」「入社後にどうなっていきたいか」を明確に話せるように準備しておくのが大切です。

面接対策は1人でやることも可能ですが、転職エージェントなど第三者のサポートを受けたほうが効率が良いです。

例えば、UZUZハタラクティブのようなエージェントは内定率が80%を超えており、丁寧なサポートを受けることが可能です。

3.好条件の求人ばかりに応募している

「働くならホワイト企業が良い」「残業は全く無い会社で土日は絶対休みが良い」など、仕事を選り好みしている人が非常に多いです。

ですが、条件の良い企業・求人は当然競争倍率が高くなります

少し厳しいことを言いますが、ニートの人は選考において厳しい評価を受けることが多く、仕事を選り好みできる立場にはありません。

その点をしっかり理解した上で、多少の苦労を受け入れ、辛抱して努力する必要があります。

ですが、厳しい環境は一生続くわけではありません。

入社した企業で3年程度働き、スキル・経験を身につけることで、次に転職する際はより自由に仕事を選べるようになります。

ですので、企業をあまり高望みしすぎないようにしましょう。

4.応募書類が上手く作成できない

履歴書や職務経歴書といった応募書類が上手く作成できないと、書類選考の段階で不採用になってしまいます。

ですので、「まずは会ってみよう!」と思ってもらえるような応募書類を作成する必要があります。

ニートの人に多い失敗パターンが、"職歴の欄を空欄で出してしまう"ことです。

アルバイト・派遣の経験で構いませんので、書ける経歴をしっかり記載しましょう。

空欄で提出してしまうと、何をしてきた人か判断がつかず、書類選考の段階でお見送りになる可能性が高くなります。

職歴として何か書けることはないか考えてみましょう。

ニートが就職するために必要なこと

ニートから正社員に就職するために重要なことは、"行動する小さな勇気"です。

「どうせ就職できないよ」と諦めるのではなく、行動に移すことがとにかく大切です。

行動しないことには状況は変わりませんし、行動してみると少しずつやる気が出てくるものです。

ただ、闇雲に行動するのは非効率ですので、自分に合った就職支援サービスを利用し、サポートを受けることをおすすめします。

それでは、次のトピックでニートの人におすすめの就職方法について解説していきたいと思います。

ニートにおすすめの就職方法

ニートにおすすめの就職方法は「転職エージェント」「ハローワーク」「求人・転職サイト」の3つです。

年齢や職務経験の有無など条件や環境によって利用したほうが良い手段は変わりますので、それぞれどういう人が利用したほうが良いのか詳しく説明します。

20代ニートは転職エージェントがおすすめ

20代ニートの人は、職歴の有無に関わらず、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

正社員への就職を目指すとなると、様々な悩みが付きまといます。

転職エージェントに相談すると、プロのアドバイザーが不安を解決してくれたり、内定が取れるまで選考対策をバッチリやってくれます。

また、ブラック企業を排除した上で、優良企業を紹介してくれるので、安心して相談することができます。

ニートの就職支援に特化したエージェントの中では、UZUZハタラクティブは内定率が80%以上と高く、企業も厳選して紹介してくれるのでおすすめです。

それぞれの特徴を以下で解説しますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ニートの就職支援に強いエージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない人向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

30代・40代・50代ニートはハローワークを利用しよう

30代以上の人は、ハローワークを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用して就職する場合、企業側は採用時に成果報酬を支払う必要があるため、採用基準が高くなる傾向があります。

先ほど紹介したエージェントは20代を対象にしているため、残念ながら30代以上の人はサポートしてもらえない可能性が高いです。

ハローワークの最大の特徴は、企業が求人を無料掲載できるという点です。

ただ、離職率が高い企業や激務な企業も多くありますので、求人をしっかり見極める必要があります。

ハローワークの利用の流れ、求人票の見方については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!
関連記事求人票の見方|成功のポイントやブラック求人のカラクリを大暴露!

就職サイト・転職サイト

「とりあえず求人を見てみたい」「求人を自分で比較検討したい」という人は、就職サイト・転職サイトを利用してみるのがおすすめです。

「人と話すのが怖い」「自分の事を相談するのには抵抗がある」という人は、どのような求人・仕事があるのかを調べるのに利用するのがおすすめです。

就職サイト・転職サイトは上記のような利便性もありますが、エージェントとは違い、何かサポートを受けられる訳ではありません。

「1人で就活するのが不安」と思った人は、就職サイト・転職サイトで求人を選びつつ、転職エージェントも併用するのも良いでしょう。

ニートでも採用してくれる業界・職種

ニートの人が採用されやすい業界・職種は、「常に人手不足の業界」「人気のない職種」が中心になります。

具体的には、以下の業界・職種が挙げられます。

未経験でも採用されやすい業界

  • 不動産業界
  • 飲食業界
  • IT業界
  • 介護業界
  • 配送業界
  • 警備業界
  • 未経験でも採用されやすい職種

  • 営業職
  • 介護職
  • 販売員
  • ニートの人はスキルや経験がありませんので、業界・職種の選択肢は少ない事を一定は覚悟する必要があります。

    ですので、就職先で3年以上地道に働いてスキルや経験も身につけた上で、次の転職での選択肢を広げられるようにしましょう。

    紹介させて頂いた業界・職種の中でも、"営業職"が非常におすすめです

    営業職は、ビジネスの基本マナー・スキルが身につき、未経験からでも活躍できる職種です。

    人手不足の職種でもあるため、未経験の人も積極的に採用し、教育に力を入れている会社が多いです。

    営業は実績が売上という形で目に見えやすいですし、成果も給与・賞与に還元され、やりがいも感じやすい職業です。

    また、営業の中でも、形のないサービスを扱う無形商材の営業がおすすめです。

    形のないサービスを扱う営業をやる事で"提案力"が身に付き、次の転職でも高く評価されます。

    営業職をおすすめする理由、無形商材の営業職については、以下の記事でも細かく解説しています。

    関連記事ニートは営業に就職すべき!おすすめの営業の種類・業界を紹介
    関連記事無形商材の法人営業に転職するべき2つの理由【キャリアUPに繋がる】

    正社員以外の選択肢もある

    いきなり正社員として働くことに不安がある人は、派遣やアルバイトからスタートするのも1つの方法です。

    「派遣社員から正社員を目指す方法」「アルバイトから正社員を目指す方法」がありますので、それぞれ詳しくご紹介します。

    派遣社員から正社員を目指す

    派遣社員から正社員を目指す場合は、以下の3つの方法があります。

    派遣から正社員になる3つの方法

    1. 派遣された会社で正社員を目指す
    2. 紹介予定派遣を使う
    3. 派遣会社の社員になる

    "派遣された会社で正社員を目指す"場合は、「その会社で派遣社員から正社員登用された人がいるか」を確認しましょう。

    派遣会社のコーディネーターはその実績を詳しく知っていますので、正社員になることを目指している意向を伝え、派遣先の会社の選定をしましょう。

    2つ目の"紹介予定派遣を利用する"のも1つの方法です。

    紹介予定派遣とは

    派遣先の会社で6ヶ月間派遣社員として働き、派遣先の会社と自分の意向が正社員雇用で一致した場合、6ヶ月以降は正社員として雇用されるという形態

    これは双方の合意が必要になりますので少し難易度は上がりますが、正社員登用の事例がある会社であれば可能性は十分ありますので、検討しておきましょう。

    3つ目の"派遣会社の社員になる"という方法も若干ハードルは高めです。

    派遣社員として働いていると、派遣先の会社から派遣会社へあなたの評価が定期的に報告されます。

    その際に高い評価を受けていると、派遣会社が自社で採用してくれるパターンもあります。

    真摯に仕事に向き合い、努力を重ねればこの道も開けることを知っておきましょう。

    派遣から正社員を目指すコツをもっと詳しく知りたい人は以下の記事もご覧ください。

    関連記事派遣から正社員になる!転職のプロが成功させる方法を伝授!

    アルバイトから正社員を目指す

    アルバイトを通じてスキルを身につけて、そのスキルを活かして他の会社に就職するという方法です。

    正社員として就職した後に活かせるスキルが面接では評価されるため、「どんな職種に就職したいか」「アルバイトではどんな経験を積むべきか」という2点を考えておきましょう。

    ただ、30代ニートの場合は20代よりも就業が厳しくなりますので、アルバイトに時間をかけるのはおすすめしません。

    ですので、事前にスケジュールをしっかり立てて、働くのと同時に正社員就職の準備を進めていくと良いですね。

    アルバイトから正社員を目指すコツをもっと詳しく知りたい人は以下の記事もご覧ください。

    関連記事フリーターから正社員を目指すために必要な知識・コツを徹底解説!

    ニートの就職に役立つ関連記事

    最後に、ニートから正社員就職する際に役立つ記事をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

    関連記事ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!
    関連記事ニートからいきなり正社員になれる?おすすめの就職支援サービスも紹介!
    関連記事ニートから再就職することはできる?未経験におすすめの仕事を解説!
    関連記事ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介
    関連記事ニートが面接で気をつけること|就職するためのコツを徹底解説!

    この記事とあわせて読まれている記事 Related

    おすすめ人気記事 Popular

    運営会社

    Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

    人気の転職エージェント