ニートを脱出したい人必見!現場打破のメソッドを大公開!

男性 ガッツポーズ 嬉しい ハッピー 幸せ 成功

ニートを脱出・脱却したいけどやる気が起きない…そんな人に向けた解決方法をプロが伝授します。

働くことの怖さを払拭するコツや、実際に成功させた人の体験談も紹介しています。

ニートのままでいる場合の将来

結論からいうと、職歴のないニートの就職は年齢を重ねるごとに格段と難しくなっていきます。

以下の表はフリーター・ニートが正社員に就職できる確率を示しています。

男性 女性 全体
6ヶ月未満 72.5% 56.5% 64.0%
1〜2年 60% 42.9% 52.5%
3年以上 57.0% 38.3% 48.4%

表から分かるように、期間が3年以上と半年未満では正社員になれる割合が、約20%も変わってしまいます。 バイトもせずに無職のままでいると、当然ながらさらに就職できる確率は下がります。

今20代や30代だとして、今の生活を将来ずっと続けていくのは不可能です。まず、両親もあなたと同じように年齢を重ねていくので、そのうち定年を迎えます。そうなると、年金暮らしになり収入は減ってしまうので、家計は厳しくなります。

以下の記事でより具体的にニートのリスクについて述べていますので、合わせて参考にしてください。

関連記事ニートの将来はどうなるの?絶望する前に働くべき理由

ニートから脱出するための最初の3ステップ

ニートから脱出したくてもいきなり就職となると足がすくむという人は少なからずいると思います。

そんな人が最初にすべき3つのステップを紹介します。

無気力な状態から抜け出す

ニートを脱出するには、まず無気力な状態から抜け出すことが必要です。

『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本があるのですが、本に書いてあることによれば、以下の3点を実践すると無気力から脱出できる可能性があります。

  • 抱えている悩みを紙に書き出してみる
  • 5W1Hを使って原因を深掘りしてみる
  • 悩みが解決するまで徹底的にやってみる

実際に、ニートの人は「無気力症候群」の人が多いです。

とはいえ、無気力で何もできない人は、そうなっている原因を追求すると実は大した悩みではないと気づくことができます。

無気力になってしまう悩みを把握できれば、気持ち的にスッキリできます。

働く怖さを解決する

「仕事が怖い」と感じているニートの人は、なぜ怖いと思うのか?を明確にして対処していくことが大切です。

仕事が怖いと思うだいたいの人が、以下3つのパターンのどれかに当てはまります。

  • 対人・人間関係が怖い
  • 正社員になるのが怖い
  • ブラック企業へのトラウマがある

「周りの人と上手く会話できない」「怒られるのが怖い」「孤独になりそう」などといった精神的な不安を持っている人は多いです。

このような精神的な悩みは、やはり原因を明確にすることが解決への1番の近道です。

上記の3つの課題に対しての詳しい解決策は以下の記事で書いています。是非参考にしてください。

関連記事仕事が怖いニート必見!自信の無さやトラウマを克服する方法

自分を知り自信をつける

課題を解決できた次は自分を変えることが必要になります。

自分のダメなところを見るのではなく、興味があること・これから頑張りたいことをより具体的にしていくことで今後の自分の指針を立てましょう。

  • 積極的に行動しコミュニケーションを取る
  • やるべきことを出来るようにする
  • 過度に頑張り過ぎない

これら3つのことを意識しながら就職を目指してみましょう。

この3つは就職する前だけではなく、就職後の会社で働く時にも使える行動指針です。是非参考にして頑張ってみてください。

ニートから成功した人の成功例

実際にニート脱出に成功した人の体験談となります。

実際にどうやってニート脱出を成功させたのか、参考にしてみてください。まずは20代の女性の成功体験です。

20代・女性

前職、アパレル店でアルバイトをしていたのですが、毎日働きづめで身体を壊してしまい、アルバイトを辞めてしまいました。

体調は回復したものの、働くことへのトラウマから抜け出せず、お金が減ってくることに焦りを感じ始めました。

まずは、トラウマをなくすために前職とは違う仕事を始めようと思い、就職エージェントに相談しました。とても親身になってサポートをしてもらえて、専任の人との面談で接客業が苦痛だったこともあり接客のない事務職で働くことにしました。

人には得意・不得意があると思うので、トラウマになっている原因や前職で嫌だった・苦手だったことを振り返って、自分を働きやすい環境に置いてあげることで、仕事への意欲も湧くようになりました。

次は20代のうちに就職を決め、30代になって大手へとキャリアアップできた男性の例です。

30代・男性

大学に行けばなんとなく就職できるだろうと思っていたのですが、就活に失敗して、就職面接を受けに行くのが面倒で挫折して、5年以上ニートをしていました。

ある日家族や親戚が大勢集まったときに、「働かないなら出て行け」と激怒…。恥ずかしい気持ちになり、就職エージェントに登録し、相談しに行きました。

元々パソコン関係に詳しかったこともあり、必要な資格を取って、いくつかの企業でスキルアップし、今は大手企業のエンジニアとして働いています。

ニートの人にアドバイスするなら、1人でどうにかしようとしないことですね。就職エージェントは無料にもかかわらず、内定をもらえるまでのすべてにおいてサポートをしてくれました。

この2人の共通点は1人でやるのではなく、就職エージェントに相談して就職活動を始めたことです。

皆さんも1人でやろうとせず就職エージェントに相談に相談してみませんか?
就職エージェントならだれでも無料で就職が決まるまでサポートを受けることができます。

ニートにおすすめの就職エージェントを紹介するのですべてに登録し、最終的に自分に合った1社に絞って就活を進めましょう。

ニートにおすすめの就職エージェント

  • UZUZ
    ブラック企業を徹底排除!就職後の定着率は93%のフリーター・第二新卒・既卒に特化した就職支援サービス
  • ハタラクティブ
    正社員成功率80%以上!未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有

脱出するための3つの選択肢

ここからは実際にニートを脱出するための方法について紹介していきます。ニートを脱出する方法は、以下の3つがありますので順に解説していきます。

アルバイトとして働く

正社員になることに不安のある人は、アルバイトから始めても良いです。

やる気がないまま正社員になると、プレッシャーに押し潰されてすぐ仕事を辞めてしまい、またニートに逆戻りするというケースがあります。

あまり無理をせず、まずは週2〜3日から働くことを始めてみましょう。

正社員になることに不安を感じる人の中には、生活リズムを気にしている人がいるかと思います。

アルバイトで週2〜3日働いている間に、早寝早起きや3度の食事で生活習慣を整え、余裕ができたら出勤日数を増やしたり、アルバイトから正社員を目指すのも良いです。

ただ、年齢が上がるごとに正社員採用が不利になるので、正社員になるよう早めに行動したほうが良いです。

正社員として働く

「ニートだから」という理由で正社員として働くことを諦めている人が多いですが、ニートでも正社員として働くことは可能です。

未経験でも採用されやすい業界や職種を選び、面接対策をしっかりとすれば正社員として採用してもらえます。

ただ、年齢が高くなればなるほど内定をもらう難易度が高くなり、就職できる職種の選択肢も狭くなるので、早めに行動することをおすすめします。

ニートから正社員を目指す場合、おすすめの職種は営業職です。未経験でも求人が豊富で、始めやすい職種だからです。

営業職の中でもおすすめの業界は以下の通りです。

  • 人材業界
  • 広告・メディア業界
  • インターネット業界
  • IT業界

ここでは1番おすすめの職種について触れましたが、皆さんの特徴にあった職種はほかにもあるはずです。

ニートから正社員に就職できる職種について、もっと詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

関連記事ニートに仕事はない?正社員で働けるおすすめの職種をプロが厳選!

フリーランスで働けるスキルを身に付ける

フリーランスとして働くためのスキルを身に付けるというのも、選択肢としてはあります。

フリーランスの仕事としては、以下のようなものがあります。

  • Webライター
  • 動画編集
  • エンジニア

フリーランスは、会社に縛られない働き方ができますが、仕事やお金の管理をすべて自分ですることになります。

また、案件の取り方や報酬の交渉などが必要で、個人の力量によって収入が安定するかどうかが決まります。

自由な働き方ができる反面、スキルを身に付けてノウハウをしっかり把握していないと、安定するとは言えません。

以下の記事で3つの中でも、エンジニアに焦点を当てて詳しく説明しているので、参考にしてください。

関連記事フリーランスのエンジニアになるには?必要なスキル・経験について解説!

【年齢別】ニートにおすすめの就職支援サービス

ニートを脱出する方法としてオススメの就職支援サービスには、就職エージェント・ハローワーク・求人サイトの3つがあります。

各サービスの特徴は、以下の早見表にまとめました。

就職
サポート
求人の質 求人の量
エージェント
ハローワーク
求人サイト ×

各サービスに、利用するメリット、オススメできる年齢がありますので順に詳しく解説していきます。

就職エージェント:20代の就職したい人にオススメ!

20代のニートで就職を目指したい人は就職エージェントの利用をオススメします。

20代前半なら特にスキルよりも将来性・体力的なタフさが評価される傾向が強く、ポテンシャル採用される可能性が高い年齢です。

就職エージェントでは希望に合わせ、あらゆることをサポートしてもらえるので就職できるか不安な人には特におすすめです。

就職エージェントで実際に受けられるサポートを以下にまとめています。

  • ブラック企業を徹底排除した求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • ビジネスマナー講座などを受けられる
  • 面接などのスケジュール調整
  • 入社後のアフターフォロー

就職エージェントによって細かいところは変わりますが、基本的には上記のサポートを受けることができます。

すべてのサポートは誰でも無料で受けることができるので気軽に相談しましょう。

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント

  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイックに
相談する

ハローワーク:30代以上の就職・転職を考える人にオススメ!

上記で紹介した就職エージェントですが、20代のサポートに特化しているため、30代以上は対象外になってしまことがほとんどです。

30代以上のニートの人は、公的就職支援「ハローワーク」を使って、正社員を目指したほうが良いです。

ハローワークは相談員が就職の相談に乗ってくれたり、希望に合った求人を紹介してもらえます。ちなみに、ハローワークは求人の掲載料が無料なので、採用にコストがかけられないが優良な中小企業の求人が多いです。

ただ、相談員は就職のプロではないので、納得のいく支援を受けられない可能性があるため、面接対策などは自分でしっかりおこなう必要があります。

また、掲載される求人は選別されているわけではないので、ブラック企業の求人が混ざっていることも多く、自分で見分けなければなりません。

ハローワークの使い方やブラック企業の見分け方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!
関連記事ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

求人サイト:自分のペースで就職を目指したい人にオススメ!

アルバイトなどを続けながら就職を進めていきたい人、自分のペースで進めたい人には求人サイトの活用がおすすめです。

ほかの就職支援サービスと比べ、サポートはないものの、自分の好きな時間に求人を探すことができ、求人の数も多いです。

特にマイナビ転職エン転職は20代を対象とした求人を多く取り扱っています。

未経験の職種にチャレンジしたいという人や、就職が初めてという人にもおすすめです。

自分で求人を比較検討したいと考えている人は、ほかの就職支援サービスと併用して就職サイトを利用するのも良いでしょう。

就職サイトについて以下の記事で詳しく書いていますので、合わせて参考にしてください。

ニートにオススメの就職サイト

  • マイナビ転職
    マイナビ転職独自の求人が84 %!居住地域や就きたい職種別に詳しく求人紹介!
  • エン転職
    顧客満足度No.1!それぞれの条件に合った正社員求人多数掲載!

ニートが就職相談に使える公的機関

就職は将来的には考えたいけれど、とりあえず相談してみたいというニートの人はジョブカフェに行ってみましょう。

ジョブカフェは、都道府県が主体的に設置している若者の就職支援をワンストップでおこなう施設です。

各地域の特色を活かした就職セミナーやカウンセリング、求人紹介、職場体験まで様々なサポートを受けられます。

対象年齢は原則として15〜34歳ですが、年齢の上限は地域によって29歳、39歳、44歳など様々ですので、お住いの地域で受けられるか事前に調べておくのが大切です。

35歳以上でジョブカフェを利用できない場合は、ジョブサロンというジョブカフェと類似した公的就職支援を利用するのがオススメです。

ただし、ジョブサロンはジョブカフェと比較して数が少なく、支援サービス内容も中高年向けになっていますので、お住まいや支援して欲しい内容によって利用するか決めるのが良いでしょう。

ジョブカフェについては以下の記事でも書かれているので、是非参考にしてください。

関連記事ジョブカフェはニートでも使える?利用できる年代やサービスを解説

就職できないニートの4つの特徴

ニートから正社員に就職できない人の特徴は4つあります。
  • 就職活動の方法が間違っている
  • 面接対策がしっかりできていない
  • 好条件の求人ばかりに応募している
  • 応募書類が上手く作成できない

ニートの人が就職活動をする場合、年齢や就業経験の有無によって最適な方法が変わってきます。

また面接においても、就職するためには「この人と一緒に働きたい!」と面接官に思ってもらえるように、自分をアピールする必要があります。

それだけではなく、履歴書や職務経歴書といった応募書類が上手く作成できないと、書類選考の段階で不採用になってしまいます。

「働くならホワイト企業が良い」「残業はまったくない会社で土日は絶対休みが良い」など、仕事を選り好みせず、自分に合った企業を見つけられるように進めていきましょう。

ニートの情報に関する関連記事

ニートの情報に関する有益な関連記事を載せていますので、こちらも合わせて参考にしてください。

関連記事ニートから就職できない人の根本的な原因・解決策を徹底解説する
関連記事ニートの"働きたくない"を解決する3つの方法
関連記事ニートの将来はどうなるの?絶望する前に働くべき理由
関連記事ニートの末路はどうなる?手遅れになる前に抜け出す方法を大公開!
関連記事ニートは職業訓練校に通うべき?おすすめの資格コースなども紹介!
関連記事社会復帰したいニート必見!ケース別に方法を紹介!【成功実例あり】

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント