社会復帰したいニート必見!ケース別に方法を紹介!【成功実例あり】

タブレット 女性

    ニートから社会復帰を目指す人向けに、ケース別にその方法を転職のプロが分かりやすく説明します!

    また、実際に社会復帰を成功させた人の実例もご紹介します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ニートが社会復帰する方法【ケース別】

ニートから社会復帰する方法は、個人個人が抱えている状況により異なります。

社会復帰するなら、自分が今どういう状況なのかを明確にし、その状況にあった方法から社会復帰を目指したほうが成功しやすいです。

ここでは4つの状況に分けて、ニートにおすすめな社会復帰の方法を紹介していきます。

以下で詳しく解説していきますね。

正社員経験のあるニートが社会復帰する方法

正社員経験があるニートの場合、以前働いていたのと同じ業界・職種が転職しやすいです。単純に新卒でもない限り、未経験者よりも業種経験者のほうが企業から評価されやすいためです。

具体的に就職先を探すときは、転職エージェントのような転職支援サービスを利用するのがおすすめです。

転職エージェントの中にはUZUZハタラクティブのように、ブランクのある人やニートの転職支援に強みを持ったところもあります。

多くのニートを正社員にしてきた豊富な実績があり、このノウハウを活かして、ニートをサポートしてくれるので非常に心強いです。

また、正社員経験がある場合はニートの就職に特化したエージェントだけでなく、リクルートエージェントdodaのような大手エージェントの利用もおすすめです。

大手エージェントは全業界・職種の求人を網羅しており、転職サイトなどには掲載されていない非公開求人も多く保有しています。

ただしニート期間が長くなると就職活動の難易度も上がってくるため、なるべく早く動くことが重要です。

業界大手の転職エージェント

フリーターからニートになった人が社会復帰する方法

正社員経験がなく、フリーターからニートになった人が社会復帰したいのであれば、フリーターの経験を活かせる業種に就職するのがおすすめです。

一般的にアルバイトの経験は職歴にならないと思われがちですが、実際はアルバイトの経験も職歴として見てくれる場合があります。

例えば、アパレルで販売のアルバイトをしていたのなら接客業、データ入力や分析の経験があるのなら事務職など、就職したい業種で活かせる経験のアルバイトなら職歴として見てくれる可能性があります。

具体的に就職先を探すときは、正社員経験があるニートと同じように、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

ただし30代の人が転職エージェントを利用する場合、正社員経験がないとサポートしてもらえない可能性があります。正社員経験がない30代の人は、ハローワークなど公的機関がおこなっているサービスを利用するのが良いです。

ニートの転職に特化したエージェント

  • UZUZ
    平均20時間にも及ぶ丁寧なサポート!入社後の定着率は94.7%
  • ハタラクティブ
    内定率80.4%!人柄を重視している企業の求人を多数取り扱い!

学校卒業後にすぐニートになった人が社会復帰する方法

学校を卒業してすぐニートになった人は、学校を卒業してどのくらいの時間が経ったのか、なぜ仕事をせずにニートになったのかなど、状況により社会復帰する手順が異なります。

仮に学校を卒業してまだ1年以内など20代前半であるなら、学生時代にしていたアルバイトの経験を活かすなど、フリーターからニートになった人と一定同じ方法で就職活動するのが良いです。

中にはアルバイトの経験もない人もいるかもしれませんが、20代前半であるなら若さとポテンシャルで採用してくれる企業もあるので、ハタラクティブUZUZなどを利用してみるのがおすすめです。

就職せずにニートになった理由が、学生時代にいじめにあっていたり、何かしらの挫折を味わい社会に溶け込むのが苦手など、そういった原因でニートになったのなら、まずはアルバイトなどから徐々に社会復帰することを目指しましょう。

過去のトラウマが原因であるなら、いきなり正社員になるのはハードルが高く、仮に採用されたとしてもストレスなどが原因で早期離職してしまうこともあるかもしれません。

短期バイト→長期バイト→派遣→正社員といったように段階を踏んで、社会復帰を目指すのも1つの方法です。

あくまでも自分のペースで「自分も社会を構成する一員」であることを実感しながら行動すると、より自分に自信が持てるようになります。また、段階を踏むことで、無理せずに働くということに慣れることができます。

何らかの障害・病気が原因でニートになった人

何らかの障害・病気が原因でニートになった人は、まずは病気の状態を改善していくことに集中してください。

無理をしながら働いて病気の症状が悪化し、それが原因で退職してしまい、さらに長い期間ニートになってしまう可能性があります。

とはいえ例えば、仕事をしていないことで社会から隔離された気分になってさらに心を病んでしまったり、療養しながら働きたい場合など、仕事をしたい明確な理由があるならまずはクラウドソーシングなどを使った在宅ワークをするのがおすすめです。

ある程度病気の状態が良くなってきて働けるようになってきたなら、最初はアルバイトくらいから始めてみるのが良いでしょう。

ニートが社会復帰するときに感じる悩み

ニートが社会復帰するときに感じる悩みに対して、筆者なりの解答をしていきます。まずは以下によくある悩みを3つまとめてみました。

それぞれ詳しく解説していきます。

年齢に対する悩み

どのくらいニートをしていたのか、またはなぜニートをしていたのかにより状況は様々ですが、年齢だけの話をするならば20代前半のニートは比較的就職しやすい状況です。というのも、20代前半のようにまだ若い年齢の間はポテンシャルを見て採用してくれる企業があるためです。

同じ20代といっても、20代後半になってくると20代前半に比べて就職の難易度は高くなってしまいます。というのも、企業としては20代後半あたりから求職者に対して即戦力を求める傾向があるためです。とはいえ企業によっても様々なので、チャンスがないわけではありません。

30代になってしまうと、正直いきなり正社員として採用されるのは難しいです。不可能とまでは言いませんが、仕事を選り好みしている余裕はないと思いましょう。正社員経験があるなら前職と同じ業種に就職したり、正社員経験がないなら常に人材不足の介護や運送業界などを目指すのがおすすめです。

40代、50代のニートはハローワークや職業訓練センターに通って、働くのに必要な知識や経験を身につけ、未経験でも採用してくれる企業を地道に探すのが良いでしょう。

年齢におけるニートの就職について、詳しくは以下の記事で解説していますので合わせてご確認ください。

関連記事20代ニートは正社員就職できます!成功させる最適な方法を徹底解説!
関連記事30歳ニートでも就職できる?無職から正社員を目指すポイントを解説

空白期間に対する悩み

空白期間がどの程度かにもよりますが、基本的に再就職することは可能です。一般的に空白期間は3ヶ月以上あると、徐々に再就職の難易度が上がっていくので、まだ空白期間が短いという人は早めに行動するのがおすすめです。

空白期間がある人は、面接など企業の採用担当者と話す際、以下の内容を伝えるのが良いです。

  • 離職期間中の行動は正直に伝える
  • 離職期間に学んだこと・目的・動機を明らかにする
  • 学んだことを話す際は証拠も提示する
  • 入社後の活躍イメージを伝える

空白期間やニートの再就職については以下の記事にまとめていますので、ご確認ください。

関連記事空白期間(ブランク)があっても転職を成功させる方法!ケース別回答例付き!
関連記事ニートから再就職することはできる?未経験におすすめの仕事を解説!

コミュニケーション能力に対する悩み

コミュニケーション能力に対して悩みを持っている人は、まず仕事以外のところで人と関わってみるのがおすすめです。

例えば家族や友人など身近にいる人と積極的に話してみるのもトレーニングになります。身近にいる人と話すのに慣れてきたならば、友人の友人など少し距離のある人と話すのを続けてみると、初対面の人と話すのにも少しづつ慣れてきますよ。

ほかにも営業マンのように様々な知識を取り入れるのもおすすめです。ニュースやトレンドなどを定期的にチェックしているだけで、ある程度会話の幅は広げられますよね。

このようにコミュニケーション能力に悩みを感じているなら、自分で努力をしてみたり誰かと何かしらの方法で話す機会を増やしていくのが良いですよ。

ニートから社会復帰するならネガティブな感情に囚われないように!

ニートの人に多く見られるのが、世間体が悪く仕事していないことが後ろめたくなってしまい、ネガティブな感情に囚われてしまう人です。

実際に厚生労働省のニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書によると、ニートの82.8%が「仕事をしていないことが後ろめたい」と感じており、これらが精神的な負担になっているという報告があります。

しかしだからと言ってネガティブな感情に囚われる必要はなく、社会復帰しようと思った自分の気持ちを大切にしてください。まず社会復帰しようと決断したことで1歩前進です。少しづつでも前に進んでいけるので、悪い方向ばかりに考えず未来をポジティブに考えるようにしましょう。

その上で、今の自分に何ができるのか、また何ができないのか、何が難しいのかを明確にしてください。上手く考えられない場合は、紙に書き出すと良いです。

1度挫折してしまうと這い上がってくるのが難しいと考えているニートが多いのですが、自分の努力次第で今後の人生は変えられます。「どうせ自分は…」とは思わず、考え方から変えるようにしましょう。

ニートから社会復帰した実例紹介

ニートから社会復帰を果たした実例をいくつかご紹介します。

30代・男性

【正社員経験があるニート】

大学を卒業して不動産業界へ就職したのですが、体を壊してしまい、そのままニートになってしまいました。

親と同居していたので、生活の心配はしなくても良かったのですが、だんだんとこのままではまずい…と思うようになりました。

でも、正社員時代のトラウマがフラッシュバックして、行動に出れなくて……そんなときに友人にエージェントを使うと良いと紹介してもらいました。

最初は不安でしたが、私の話をしっかり聞いてくれた上で、希望に合う求人を紹介してもらえましたね。ブラック企業かもと不安でしたが、企業についてもしっかりと説明をしてくれて安心できました。

エージェントに頼って良かったと思っています。

20代・女性

【アルバイト経験があるニート】

働くのが何だか馬鹿らしくなって、バイトをバックれてそのままニートに……

ニートを始めた頃は毎日が充実していて楽しかったけど、次第にニート生活にも飽きるようになりました。同じ頃に、貯金も底をつき始めて……

次、どうしようかなって考えたときに、正社員として落ち着くのもありかなって考えるようになりました。いつまでもこんな生活はできないし、やっぱり将来は不安なので。

そんなときにたまたま広告で見たハタラクティブを利用してみました。ダメ元で相談してみましたが、親身に対応してくれてびっくりしました。

私に合う仕事を一緒に考えてくれて、こんな仕事が合っていたのか!と目から鱗でした!思いもよらない仕事でしたが、毎日が楽しくて就職して良かったと思っています。

20代・男性

【学校卒業後すぐにニートになったケース】

僕は高校を卒業してすぐにニートになりました。

周りは大学に進学したり、就職したりしてましたが、そういう決められた道に進むのが何だかイヤだったからです。

毎日インターネット三昧で、それはそれで楽しい生活でした。

でも、3年目のときに父が体を壊して、ニート生活ができなくなりました。

何をどうすれば良いのか分からなかったのですが、動画の広告で就職支援サービスを知りました。

就職するからには少しでも良いところに就職したいなって思っていたので、頼ってみました。

そこで担当の人に、キャリアはゲームと一緒で経験値をためないとキャリアアップやキャリアチェンジができないと教えてもらいました。現実もまたゲームと一緒だったのに驚いていたことを覚えています。

でも、この言葉で何だか気が楽になりました。上を目指すのなら、最短でどの道を通って経験値をためれば良いのか、そういう考え方ができるようになったからです。

キャリアアドバイザーからのアドバイスは、どれも非常にためになりました。社会復帰を目指している人は使ったほうが良いです。

ニートが社会復帰するときに入社しやすい業種

ニートが社会復帰するときに、比較的採用されやすい業種を以下から紹介していきます。

  • 清掃業
  • 配送業
  • 警備員
  • 事務職
  • 介護職
  • 販売職
  • 営業職
  • タクシードライバー
  • 公共交通機関運転手
  • 地方自治体職員
  • 公務員
  • インフラエンジニア

上記の職種は人材不足であったり、未経験からでも比較的挑戦しやすい職種です。一部資格が必要なものもあり、同じ職種でもどの企業も未経験者を募集しているわけではありません。募集する際は未経験者を歓迎しているかどうか、求人をしっかりとチェックしてくださいね。

あまり人と関わらない仕事がしたかったり、専門的知識を身につけられる仕事がしたいなど、すでにどういう仕事がしたいか決まっている人は、タイプごとにおすすめ業種を以下の記事で紹介しています。合わせてご確認ください。

関連記事ニートにおすすめの仕事は?タイプ別に分けて紹介します!

また、業種というよりも労働環境が整っているホワイト企業で働きたい場合は、業界で選んでみるのが良いです。一般的に長時間労働のような働き方になるにのは、飲食業界やエンタメ業界など一定決まった業界なことが多いです。

とはいえどの業界にも一定労働環境が悪い企業というのは存在します。そういったブラック企業の見分け方については以下の記事をご確認ください。

関連記事ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

ニートから社会復帰したい人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

ニートの就職に役立つ関連記事

就職を目指すニートに役立つ関連記事を載せていますので、こちらも合わせて参考にしてください。

関連記事ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介
関連記事ニートが面接で気をつけること|就職するためのコツを徹底解説!
関連記事ニートの就職におすすめの資格はない?ビジネススキルが重要です
関連記事ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!
関連記事ニートが使うべき就職支援サービス8選!おすすめをプロが紹介

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント