ニートにおすすめの仕事は?タイプ別に分けて紹介します!

  • !

男性 悩む ニート フリーター

    「ニートに仕事はない」と諦めている人必見!ニートの人におすすめの仕事をプロが厳選しました!

    その他、内定率を上げるために使うべき就職支援サービスについても紹介します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ニートにおすすめの仕事【タイプ別】

ニートの人におすすめの仕事にはどのようなものがあるのか、気になるところですよね。そこで、ニートの人におすすめの仕事をタイプ別に分けてご紹介していきたいと思います。

上記3つについて、次でそれぞれ詳しく解説していきますね。

人とあまり関わらずに働きたい人

ニートの人の中には人とあまり関わらずに働きたいと考えている人もいると思いますが、人と全く関わらない仕事はないんです。あったとしても研究員や芸術家といった仕事に限られてしまいます。

ただ、その中でも比較的あまり人と関わらない仕事もあります。その仕事を以下にまとめてみました。

  • 警備員
  • 清掃員
  • 配送業
  • 事務職

顧客と関わらないという意味では、事務職がおすすめだと言えますね。人事や経理、総務などの管理部門も顧客と関わる機会はありません。ただ、その分単調な作業になってしまう可能性はありますね。

ちなみに、エンジニアも人と関わらないイメージを抱きがちですが、他のエンジニアとの連携や顧客とのやりとりがあるので、コミュニケーション能力が求められます。

また、近年になってから町中でよく見かけるようになったUberEatsの配達員は配送業に含まれます。

人と関わらない仕事についてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

人と関わる仕事がしたい人

ニートの人で人と関わる仕事がしたいという人は、以下にまとめたような仕事がおすすめです。

  • 接客業
  • 販売職
  • 営業職
  • タクシードライバー

上記の中でもとくにおすすめなのが営業職です。なぜなら、営業職は未経験からでも正社員採用してもらえやすいからなんです。

企業が未経験でも採用している理由としては、単純に成長している企業は営業マンがいればいるだけ売り上げが伸びていくからなんです。

そこで経験者を求めすぎてしまうと企業の成長スピードが鈍ってしまうため、積極的に未経験者も採用しているというわけです。

未経験から営業職を目指したい!という人は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

知識をつけて専門的な職に就きたい人

ニートの人で知識をつけて専門的な職に就きたいと考えている人は、以下に挙げたような仕事がおすすめです。

  • エンジニア
  • プログラマー
  • 動画編集者

この中でもおすすめなのはエンジニアですね。その理由は、ある程度若い人のほうが優遇されることやエンジニアに関する資格を取得していれば、未経験からでも働くことが可能だからです。

また、エンジニアは今後も需要が伸びていく仕事なので安定して、長期的に働くことができます。

とくにインフラエンジニアは、将来的な需要や資格取得で待遇や給与が上がるので、将来が不安なニートにおすすめです。

末永

そこで、手に職をつけたいニートの人は、キャリアパークに相談してみると良いですね。

キャリアパークは知識をつけて専門的な職に就きたいという人や、その他将来的に安定するような職種に就きたいという人におすすめです。

無料で相談できるので、将来に漠然とした不安を抱える人は是非相談してみてください。

未経験から応募可能求人を保有

  • キャリアパーク
    最短1週間のスピード内定が可能!20代の就職支援に強いエージェント

ニートが仕事を探すときのポイント

ニートの人が仕事を探すときに、どんなポイントを押さえておけば良いのか事前に知っておきたいところですよね。

そこで大切なポイントを以下に2つ挙げてみました。

上記2つのポイントについて、次で詳しくお話していきたいと思います。

自分にできそうな仕事から始めてみる

1つ目のポイントは、自分にできそうな仕事から始めてみることです。

ひと言でニートといっても、個人個人で状況に違いがあるので、社会復帰する方法は変わってきますよね。例えば正社員経験のあるニートの場合、以前働いていた仕事と同じ業界・職種のほうが就職しやすいこともあります。

また、職歴がなくいきなり正社員になるのはハードルが高い人は、アルバイトから始めて、正社員登用してもらうという形で段階的に前へ進んだほうが良いケースもあります。

だからこそ、まずは自分の今の状況をしっかり確認した上で、自分にできそうな仕事から始めてみるのがおすすめだと言えますね。

以下の記事では、ニートが社会復帰する方法をケース別に分けて解説しています。こちらも合わせて読んでみてくださいね。

未経験歓迎の求人に応募する

2つ目のポイントは、未経験歓迎の求人に応募することです。

未経験歓迎の求人は、人手不足の業界や職種であるケースが多いです。例えば業界で言えば介護業界や配送業界、職種なら営業職などが挙げられますね。

実際に厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和3年2月分)」によると、全体的な有効求人倍率は1.09倍と前月に比べて0.01ポイント低下しているというデータが出ています。また、新規求人倍率も1.88倍で前月と比べて0.15ポイント低下しています。

全体的に低下しているものの、輸送・機械運転の職業に関する新規求人倍率は2.67倍、そして有効求人倍率が1.87倍と非常に高くなっています。このことから、人手不足であることがわかりますよね。

これは新型コロナウイルスによる巣ごもり需要の影響により、宅配サービスなどが増加していることが理由として考えられます。

以下は既卒向けの記事ですが、人手不足の業界・職種をさらに詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

ニートにおすすめの就職支援サービス

ニートの人が仕事を探す際にどうやって探したら良いのか、事前に知っておきたいですよね。

そこで以下の3つのパターンに分けてみました。

上記3つのパターンについて、次でさらに詳しくご紹介していきたいと思います。

20代は就職エージェントがおすすめ

ニートで20代の人なら、就職エージェントを活用するのがおすすめです。

現在ではニートの就職に強みを持つ就職エージェントがあり、求人の紹介から履歴書などの作成、面接対策までワンストップでサポートをしてくれます。

例えば、UZUZは創業者が元既卒で苦労した経験から、新卒至上主義を覆したいという想いで20代未経験向けに就職支援をおこなっています。

過去に就活で挫折したり、短期離職を経験したアドバイザーが多く在籍しているため、ニートの方と同じ目線で真摯に向き合ってくれます。インフラエンジニアなど、IT系で仕事をしてみたい人にもおすすめです。

他にも、ハタラクティブは大手人材会社レバレジーズが運営していることもあり、20代未経験向けの求人数が業界トップクラスで多いことが特徴です。

自分に合った仕事を幅広い選択肢から選びたい人、販売職などのサービス系の仕事がしてみたい人にもおすすめです。

ニートの就職支援に強いエージェント

  • UZUZ
    20時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数

30代以上はハローワークがおすすめ

ニートで30代以上の人なら、ハローワークの利用がおすすめです。

理由として、就職エージェントは20代のサポートをメインにおこなっているケースが多く、30代以上のニートの人はサポート対象外である傾向が見られるからです。

ハローワークは厚生労働省が運営する公共職業安定所で、零細企業や中小企業の求人票を数多く保有しています。全国に出張所を含めて約500ヶ所以上の事業拠点があり、都心部だけではなく地方求人も多数扱っているのが特徴ですね。

もちろん、ハローワークでも就職エージェントと同じように、履歴書や職務経歴書の作成・添削や面接対策なども無料で受けられるようになっています。

ただ、注意したいのはブラック企業の求人票を紹介されてしまうケースがあることです。ミスマッチや後悔をしないためにも、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

自分で求人を見たい人は求人サイトがおすすめ

自分で求人を探したり見たりしたいというニートの人には、リクナビNEXTなどの求人サイトの利用をおすすめします。

求人サイトと一言でいっても、どんな人を対象にしているのか、どんな分野に強みがあるのか異なってきます。20代であれば20代の就職に強みを持つ求人サイトが良いですし、30代なら30代の就職に強みがあるところを選ぶのがポイントですね。

また、同じ企業の求人でもその求人サイトによって掲載されている内容が若干異なっている場合もあるため、情報の差異もチェックすることができます。自分のタイミングやペースを守りながら就活できるのが大きなメリットだと言えます。

ただ、求人票から得られる情報が限られているため、具体的にどのような企業であるのか、コーポレートサイトを確認したり口コミや評判サイトを見たりして、情報収集する必要がありますね。

この他のおすすめの求人サイトや求人票の見方については、以下の記事を参考にしてくださいね。

ニートが仕事を探すときは就職エージェントを使おう

改めて申し上げますが、仕事を探しているニートの人は、就職エージェントの利用をおすすめします。

中にはハローワークの利用を検討している人もいるかもしれませんが、ハローワークは求人を紹介してくれるものの、企業への応募やスケジュール調整、さらには書類添削や面接対策などはすべて自分1人でおこなわなければいけません。

しかし、就職エージェントはそれらすべてをサポートしてくれるだけでなく、内定後も年収交渉を代行してくれるため、安心して就職活動をおこなうことができますよ。

筆者がおすすめする就職エージェントを2社紹介しますので、ぜひ両方とも登録して、アドバイザーを比較検討しながら進めていくのが良いでしょう。

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

既卒・第二新卒向け!
上場企業が運営する20代に特化した人材紹介サービス

※希望勤務地が関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西(大阪・京都・兵庫)、愛知、北海道、福岡の方に限られます。

ポイント

  1. 新卒支援のノウハウを活かした専門的なアドバイス
  2. 最短1週間のスピード内定が可能
  3. 未経験からエンジニアなど手に職つけてキャリアアップしたい方におすすめ

キャリアパーク就職エージェント
に相談する

ニートの就職に役立つ関連記事

ニートの人が就職する際に役立つ記事を以下にいくつかまとめておきました。こちらの記事にもぜひ目を通してみてくださいね。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント