【流し読みはキケン!】求人票の見方のポイントを徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは。自立型人材の転職・キャリア支援を行うアクシス・代表コンサルタントの末永雄大(すえながゆうた)です。

転職活動をする際、会社が出している求人票は必ずチェックしますよね!

求人票に書かれている内容について、あなたは100%完全に把握していますか?給与や福利厚生面、労働時間、勤務体系などの待遇だけを見て、その他の項目は何となく読むか、読み飛ばしたりされていませんか?

今回は転職活動に活かせる求人票の特に重要な項目や、注意すべきポイントなどをお伝えしますので、是非参考にしてください!

求人票は転職を成功させるための情報の宝庫!

求人票には経験できる業務内容や求める人物像など、自分の転職先にふさわしいか見極めるために重要な情報がたくさん書かれています。

求人票に書かれている情報をしっかり把握しないと、契約段階や就業する段階で「こんなはずじゃなかった!」と後悔する羽目になることがありますので、注意が必要です。

求人票の中でも特に重要な項目は職種仕事内容給与の3点ですので、これらは必ず押さえてください。ですが、その3点についてお伝えする前に、少し求人票のカラクリについてご紹介したいと思います。

求人票のカラクリについて

まず、私が読者の方にお伝えしたいことは、求人票に書かれていることを真にうけてはいけませんよ、ということです。

というのも、ハローワーク、リクナビ、マイナビなど、各求人媒体によって求人票の作成方法に違いがあるのですが、共通して企業のことを表面的にしか理解できないという問題があるからです。

企業は応募が来てほしいので、自社のいいところばかりを書こうとするので、転職者は企業の内部を知ることができず、そこでミスマッチが生じてしまうのです。

例えば、「事務として応募したのに、違う仕事を依頼された」「額面には高収入と書かれていたが、実は超絶ブラックだった」なんてことがザラにあります。

しかし、転職エージェントを活用すれば、その採用のミスマッチを出来るだけ減らすことができます。

末永

ここで、現役のキャリアコンサルタントの私が転職エージェントを利用するメリットを説明します!

なぜ採用のミスマッチを減らす事ができるのか?それは、エージェントが、あなたと求人企業がマッチしているかを客観的に判断し、あなたに本当に合った求人を提案してくれるからです。

さらに、企業の内部情報に精通しているので、求人票で見るよりも、より詳細に仕事のイメージを持つ事が可能です。

必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

大手のエージェントに登録しておくメリットは、なんといっても全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点です。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

職種の呼称は企業によって異なる

それでは、これから職種仕事内容給与の3点についてお伝えしたいと思います。

まず職種についてですが、職種の呼称は企業によって異なりますので、注意が必要です。

例えば、営業職の場合、A社では「営業事務」と呼ばれますが、B社では「営業アシスタント」と呼ばれたりします。

自分の知っている名称での記載がないからといって、自分がやりたい仕事ができないと安易に考えず、仕事内容までしっかり確認しておくことが大切です。実は、名称が違うだけで自分がやりたい仕事ができる募集かもしれません。

同じ職種でも、企業によって仕事内容は様々

同じ職種であっても企業によって担当する業務範囲は様々です。

例えば、バックオフィスの職種の場合は人事が総務を兼ねていたり、法務が知財を担当したりもします。IT系の職種の場合はシステムエンジニアが企画の初期段階からプロジェクトに携わったり、システムの実装も手がけることもあります。

また、専門知識が求められる場合は必要な知識やスキルについて仕事内容の項目で詳細な説明が書かれています。

例えば、IT系の職種の場合は、求人票に開発環境や開発手法について書かれていることが多いです。グローバルな職種の場合は、語学を活用する頻度や求められる難易度について書かれています。

入社後にギャップを感じることがないよう、業務内容・範囲はきちんと見ておきましょう。

大体給与は額面から20%差し引いた金額になる

特に記載がない場合、給与の金額は「額面」で記載されているため、健康保険料等が差し引かれます。

具体的に言えば、健康保険料の他にも、住民税や社会保険料などが該当します。差し引かれる金額は、だいたい「額面」の20%ぐらいが目安です。

額面からこれらの項目を差し引いて、実際に会社から支払われる金額が「手取り」と言います。

例えば、「額面」が28万円の場合、ざっくり計算ですと「手取り」は21万前後となります。また、企業によりますが、組合費や社内預金などを差し引かれることもありますので、面接の際に、何が引かれて「手取り」がいくらぐらいになるのかしっかり確認しましょう。

給与形態の種類

給与体系は企業により様々です。各給与形態について基本的な説明を記載いたします。

・固定給

固定給とは、毎月決められた金額の給与の事です。基本的に固定給とは変動がなく一定で支払われます。この固定給の中には手当も全て含まれていますので、固定給の金額の中に家族手当、住宅手当なども含まれて支給されます。

・日給月給制

「日給月給制」は、1日単位で給料が定められ、その支払を毎月1回まとめて支払う制度で、欠勤・遅刻・早退による賃金控除が可能になります。ですので、欠勤した日を控除されますし、控除には月ぎめの手当も含まれます。

・基本給

基本給というのは給与の「ベース」となる金額の事です。この基本給については、「手当が含まれません」。例えば、家族手当、住宅手当、時間外手当、残業手当、役職手当、出張手当などになります。基本給はこれらの手当が反映されていない金額となります。そのため実際に支給される金額は、諸手当を含みますので、基本給よりも多くなる場合がほとんどです。

・年俸制
年俸制と聞いて、プロ野球選手の契約更新の会見風景を想い浮かべるかと思います。まさにそのイメージです。年俸制とは、給与の金額を1年単位で決定する給与形態のことです。ただし、支払いは月ごとになります。労働基準法では、「毎月1回以上の支払いの原則」が定められているからです。

年俸制と月給制の違いは、事前に1年間に支払われる賃金が確定しているかどうかになります。月給制の場合は、賞与の金額が会社の業績や個人の成績によって変動します。しかし、年俸制の場合は変動しません。

残業代を含んでいる場合も

給与の額面の金額には残業代を含めた額面が記載されていることもあります。

固定残業代(みなし残業)と記載されている場合は特に注意が必要です。固定残業代とは、残業代がいくらとあらかじめ固定されている賃金体系のことです。あまり聞き慣れない言葉ですが、例を挙げて説明します

例えば、契約書に、 「基本給は20万円、残業手当5。残業代は、残業手当に含まれており、手当を上回る分は支給しない」と賃金を定め、残業代を固定するケースがあります。

なお、あらかじめ、みなし残業として定められた時間に満たなかった場合でも、固定残業代として定められた金額は全額支払われます。一方で、残業時間を超過した場合、追加で残業代を支払われます。「一定の固定残業代を支払えば、いくらでも残業させても良い」という訳ではなく、みなし残業時間を超えたのであれば、別途残業代を支払われます。

記載額に幅がある場合はあくまで目安として捉えましょう

月給3060万、年収600万~と言うように記載されている場合はスキルや経験に応じて変化するケースが多いです。記載されている金額よりも著しく高くなったり、低くなったりということはありませんので、あくまで目安として考えましょう。

その他確認しておきたい項目

休日

休日については、「完全週休2日制」や「週休2日制」などがあります。

「完全週休2日制」とは、1週間のうち必ず2日は休めるということです。一般的には土曜と日曜が休みのケースが多いかと思いますが、接客業など、業種によっては平日が休みというケースもあります。

一方の、「週休2日制」ですが、こちらは一カ月のうち最低1週は2日休めますよということです。例えば、一カ月のうち週2日休めるのは1週だけで、ほかの3週は週休1日というケースも「週休2日制」に該当します。

「週休2日制」の場合は、具体的な休みについて確認が必要です。また、最近では「週休3日制」の会社も出てきています。企業の生産性の高さを表す指標にもなりますので、見てみましょう。

保険

社会保険には「雇用保険」「労災保険」「厚生年金保険」「健康保険」の4種類あります。

「社会保険完備」の記載がない場合はどの保険に加入するのか確認しましょう。

場合によっては国民年金や国民健康保険へ別途加入する必要があります。それぞれの詳細については、お近くの役所でも確認できますので、気になる方はしっかり確認しましょう。

試用期間

試用期間の長さと待遇は確認しておきましょう。試用期間と本採用後で待遇が異なることもありますので、面接時などでしっかり確認しましょう。

交通費

交通費は「月額円まで」「半径○kmまで」というように上限が決まっていることがあるので注意が必要です。

実績を確認しておきたい項目

以下の項目は実績を確認してお確認しておきましょう。

産休・育休・介護休暇

制度としては存在していても、利用されていないケースもあります。

実際に利用した人がいるのか、利用率のデータはあるのか、確認しておきましょう。

賞与

こちらは前年度の実績が書かれていることが多いです。業績によって金額が変化することが多いので、あくまで参考程度にしてください。

昇給

年齢や成績、経験など、昇給要因は企業によって様々ですので、実績を確認しましょう。評価回数も確認しておきたいところです。年に1回、年に2回など企業により異なります。

有給制度

利用されているのか、実績を確認しておきましょう。いわゆる「有給消化率」というものです。他にも次年度に持ち越せるのか?初年度の日数は?など、要チェックです。

備考・特記事項までしっかりチェック!

備考や特記事項に職場の雰囲気や求める人材像、評価する人柄が書かれていることもあります。こういった情報は内定を勝ち取るための重要な手がかりですので、備考・特記事項も読み飛ばさずに、見ておきましょう。

新たな転職をお考えの方へ

ここまで読んでくださりありがとうございます。読者の中には、「転職先を自分で決めきることができない」「求人表だけでは良い企業か分からない」と思われてる方が多いのではないでしょうか?

求人票の情報やHPの情報だけでは、行きたい企業の情報について知るのはかなり厳しいと言えるでしょう。ですが、企業に詳しい転職エージェントに相談する事で、求人票だけでは分からない情報を得る事ができます。

少しでも転職成功の確率を上げるために、ぜひ転職エージェントに相談してみましょう。
(転職エージェントへの相談は無料です。)

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

一般的な転職の流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期希望勤務地職種年収などを入力し、申し込みを完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介しています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人。いままで見つけることのできなかった求人に出会えるかもしれません。

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方や、「採用したい!」と思わせる面接テクニックのアドバイスもサポートのひとつです。

「模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行います。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポート。入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

転職エージェント に絶対相談すべき10個の理由

まとめ

転職活動において、求人票を軽く読む程度の方が多くいらっしゃいます。しかし、今回お伝えした通り、実は求人票にはとても大切なことが沢山記載されています。

しっかり読み込み、なるべく理解しようとすることで面接時にしっかり質問や確認をすることができきますし、何より転職後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

「求人票を細部まで読む」という一手間を行うだけで転職成功率がグッと上がりますので、是非求人票をしっかり読み込むようにしてください。

「志望企業の求人票に職場の雰囲気や選考のヒントとなるような情報が書かれていない…」「面接の雰囲気など、求人票に書かれていないような情報も知りたい!」という方はぜひ、転職エージェントのご利用をご検討ください!

弊社では、実際の業務内容や職場の雰囲気、選考での評価ポイントを熟知したコンサルタントがサポートいたします!下記リンクよりお問い合わせください。お待ちしております!