2019.08.13

大手・中小の違い5選!!絶対に失敗しない転職の考え方

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職活動をする際に頻繁に聞く「大手と中小の違い」について、なんとなく把握していませんか?

実は私も大学時代に「大手と中小って何が違うんだろう?」「自分の働き方に合う会社の規模感ってどんなもんだろう?」と漠然と考えていました…。そんな方にぜひ見て頂きたいです。

今さら聞けないような企業を選ぶ基準を、大企業と中小企業という観点から、キャリア選択の際に必ず役立つ情報をまとめてみました!!

【無料】大手・中小への転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

大企業と中小企業の定義

そもそも、大企業と中小企業はどう違うのでしょうか?

まず、大企業には法律で定められた定義はありません。

一般的に大企業は中小企業の基準を超える企業のことを指します。

では、中小企業の基準はどういったものでしょうか?

中小企業の判断基準は、業種別に、資本金・出資の総額と常時使用する従業員数で定められています。

詳しくは下記のリンクにてご確認ください。

中小企業庁:「中小企業・小規模企業者の定義」

大手のメリット・デメリット

大手のメリットとデメリットについて、それぞれ5つずつピックアップしました。

大企業のメリット

①福利厚生が充実している

社宅や家賃補助などの住宅補助関係から年金・保険制度までの福利厚生が充実している企業がほとんどです。また、企業によっては資格支援や教育制度があるところまであります。

②ネームバリュー

大企業だとほとんどが有名企業であるため、社会的にも個人的にも信頼度が高く、転職する際にも有利になったりもします。例えば、ローンが組みやすくなるなど、社会的信用度に関連してくることが大きいです。

③安定

大企業=規模が大きい(体力がある)企業という意味合いがあり、

中小企業では直ぐに潰れてしまうような赤字(数千億円)を出したとしても会社を維持することができるため、倒産しにくいという意味で、安定しています。

※最近は必ずしも「大企業=規模が大きい(体力がある)」が成立する時代ではなくなってきているので、大企業でも経営状態が芳しくない(利益率が低い、PLシートでの負債割合が高い)場合があります。

④給与(ボーナス・昇給)

業界や企業によって異なりますが、ボーナスや各種手当も含め、一般的なサラリーマンの平均給与と比較して、高い給与がもらえる可能性が高いのが大企業のメリットの一つでもあります。また、定年時の退職金があることも多く、長期的に働く人にとっては大きな違いになってきます。

「年功序列」であるがゆえ、年齢が高いほど給料が高くなるため、長期的に給与アップが見込めます。

逆に、「年功序列」「終身雇用」が前提のため、長く勤めた人しか、これらの恩恵を受けられないということにもなります。

⑤ビジネスの規模(社会的影響力)が大きい

中小企業や個人では出来ないような大きな規模のプロジェクトに携われるチャンスがあり、そもそも自身のやりたいことが大きい規模のビジネスである場合には大きなメリットになってくるでしょう。

大企業のデメリット

①人間関係

大企業では、人事異動が多く所属する部署の中で気の合わない仲間とも共に働かなければいけないことも大企業にはあります。

また、中小企業と比較して、大企業では個人よりも組織が優先されることが多いため、上司に気に入られないと出世しづらいなど、人間関係に悩まされることも増えてきます。

②経営陣や経営との距離が遠い

大企業は組織が大きいため、経営陣との距離が遠く、経営陣の考え方が見えにくくなります。そのため、経営陣と同じ視点を持つことができないので、経営については学べません。また、裁量権とも共通しますが、一社員の意見が会社の経営に反映されることも難点となってきます。

③裁量が少なく歯車チック

大企業では新入社員の人数も多いため、誰がやってもある程度同じようなパフォーマンスを生み出せる業務フロー(=業務の細分化)が整備されています。そのため、一人一人の業務の幅が狭くなり、自分で考える余地がないという点から、歯車感を感じてしまう人もいます。

それにより、自身の裁量権がほとんどなく、上司の指示で仕事をしていくイメージになります。そういう日々の中で、企業の歯車となっている感は否めないでしょう。そういった点もデメリットと感じることが多いと思います。

④人事制度

大企業では、ライバルが多く、出世競争が激しいために一人一人の社員が中々評価されにくい点も挙げられます。

銀行など大量採用する業界は特にこの傾向が強いです。

また評価制度では、一つのプロジェクトに関わる人数が多くなるからこそ、一人一人の貢献度が見えにくく、自分の生産性が適切に評価されない(役職や給料に反映されない)という点もデメリットと捉えられます。

⑤意思決定スピードが遅い

経営陣との距離が遠いため、一つの提案に対して多数のプロセスを経て意思決定されるため、ベンチャー企業や中小企業よりもどうしても意思決定スピードが遅くなってしまいます。その影響により、従業員の成長スピードが遅くなったり、PDCAを完結できない、最先端技術に食い込めないことなどが懸念されます。

【無料】大手・中小への転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

中小のメリット・デメリット

中小企業のメリット

①経営者との距離が近い

大手企業であれば経営者、経営陣と一緒に仕事をすることは難しくなってくる一方で、中小企業であれば経営者と近距離で仕事をすることができます。そのため、会社の事業を自分ごとのように考えることができます。

仕事の不満などもすぐに伝えられる環境がほとんどです。これはやりがい・働きやすさという観点で非常にメリットになってくるでしょう。

②個人の裁量が大きい

大企業では業務が細分化されていて、自身の裁量は小さくなっていく傾向にありますが、中小企業では業務も自分のやり方が通せることが多いです。

自分の頭で考え、決定できる余地があるため、自分の意思決定・施策の結果を自分で評価できます。(PDCAを完結できる)そのため、豊富な業務経験が得られ、自身の成長に繋がりやすいと言えるでしょう。

③出世・昇級しやすい

大企業に比べ、ライバルも少なく、成長機会が多いため、成果をあげた際に出世しやすい傾向にあります。

④アットホームな人間関係

大企業と比較して社員数が少ないため、コミュニケーションが取りやすく、良くも悪くもアットホームな空気感で仕事に望めます。

こちらは自身の働きやすさに焦点を当てて、メリットと感じるかデメリットと感じるかを考えることがベストだと思います。

⑤意思決定スピードが速い

中小企業では役職がフラットな点から、大企業に比べ、意思決定スピードが速い傾向にあります。

経営陣との距離が近いため、意思決定スピードも速くなるため、従業員個人の業務効率も上がります。

中小企業のデメリット

①福利厚生が乏しい

大企業と比較すると、中小企業では手当や退職金といった福利厚生が整備されていない企業が多いです。

また、教育制度も大手には社員が資格を取得する際の補助金が出る場合がありますが、中小企業では基本的にそういった制度がないことがほどんどです。

②ビジネスの規模が小さい

大企業は大きな金額や大掛かりなプロジェクトに携わることができる機会が多くあるのに比べ、中小企業では大手の下請けだったり、一度に取引できる金額が小さいため、大きい規模の仕事に携わることができないことがほとんどです。

ただ、中には中小企業でも大きな仕事をしているケースもあるため、情報収集は必須となってくるでしょう。

③ネームバリューがない

大企業に比べ中小企業は名前が売れていないことがほとんどです。営業に行く際も何をしている会社かわかりにくいという点で、信用度が低くなり、営業先での対応が乱雑になるケースもあります。

また、大企業と比較して社会的信用の面で、ローンを組むことが困難な場合もあります。

④不安定

昨今では、大企業でさえも潰れるというケースがありますが、中小企業では、大企業に比べ、事業数や自己資産も少ないがために主力事業が倒れてしまうと倒産してしまうというリスクも高く、不景気の影響も受けやすいです。

⑤給与が低い

大企業に比べ、やはり中小企業の給与水準はボーナスも含め、低くなる傾向にあります。

しかし、転職直後は短期的に給与が下がるケースがほとんどですが、成果次第では大企業よりも給料が高くなるケースもあります。

また、個人の成果・貢献度が見えやすいため、出世のしやすさという意味で給与アップに繋がることも多いです。

中小から大手は可能性があるの?

新卒で中小企業に入社をし、大企業でも働いてみたいという方もたくさんいらっしゃいます。

結論から言うと、第二新卒など、転職する際にはもちろん現職(前職)の企業を見るなど、あなたの履歴で判断されることが多いです。しかし、中小から大手に転職できるポイントもあります。

①同業界・同職種での転職

同業界での転職において、自身の経験値をアピールし、企業とマッチすれば採用される可能性も高まります。

中でも、IT業界やエンジニアなどは即戦力になりやすく採用されるケースは多いです。

②ポテンシャルでアピール

こちらは、第二新卒が前提となりますが、人材の流動性が高い会社(業務)へ転職しても問題ない方でしたら十分に可能性があります。

激務に耐え抜き、ライバルとの競争に勝ち抜くこともその後のスキルの一つになってきます。

大手から中小のリスクと魅力

大企業から中小企業への転職を考えられている方も多くいらっしゃいますので、大手から中小へ転職する際に気をつけるべき点と中小企業の魅力についてご紹介したいと思います。

転職された方の中では、失敗したという声も聞きますが、気をつけるべき点と魅力の両方を深く理解した上で、自分のキャリアにより良い選択をすることがポイントです。

■気をつけるべき点

・給与が低くなる可能性がある

→高くなる場合もあるため、評価制度をチェックしましょう。

・福利厚生が整っていない可能性がある

・ネームバリューがなくなる

・ブラック企業(残業時間増加、パワハラ)の見極め

・仕事の規模感が小さくなる可能性がある

以上のような点が特に気をつけるべきポイントです。

事前に情報収集することで得られる情報ばかりなので、やはりリサーチが大事になってきます。

■中小企業(ベンチャー企業)の魅力

・より専門的に自身のやりたい職種に携わりやすくなる

・仕事の幅が広がる(スキルを磨くチャンスを掴める)

・経営(経営陣)に近づく(自身の起業・マネジメント職へのスキルアップ)

・裁量が大きくなる→自身のアイデアを反映出来るチャンスが広がる

以上が中小企業の魅力ですが、特に、本当にやりたい仕事がしたいということで転職するケースが多いです。

それでも迷ったらエージェントに相談しよう!

今回は大企業と中小企業の違いについて説明しました。

大手企業・中小企業で働くことはどちらもメリット・デメリットがあります。

中小から大手や大手から中小というように、会社の規模を変えるような転職は、デメリットやリスクをきちんと評価せずに転職してしまい、後悔する人も少なくありません。

自分にとってメリット・デメリットのどちらが大きくなるかを正確に判断するには、綿密な情報収集が必要です。

転職エージェントは、ネットや書籍ではわからないような情報も教えてくれます。

弊社では担当のコンサルタントが転職でお悩みの方のキャリア設計から転職先の相談までワンストップでサポートさせて頂いております!

何から始めればいいか分からないという方は是非一度、下記リンクからお問い合わせください。お待ちしております!

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

リクルートをはじめとする人材業界に特化した転職エージェント

ポイント

  1. 年間2000人を超える求職者の転職相談をうけるキャリアの寺子屋
  2. 未経験から人材業界への転職をどこよりもお手伝いしてきた弊社だからできるキャリア支援があります!
  3. リクルート、パーソル、マイナビ、JAC等の大手人材の求人を保有

すべらない転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。