リクルートに転職|元社員が選考難易度や面接対策を暴露します!

  • !

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    この記事では、現役の転職エージェント視点で、転職者の疑問にぶっちゃけでお答えしていきます。

    今回は、元リクルート社員である私の経験を元に、選考難易度や面接対策、年収や求人などの採用情報を解説していきます。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

リクルートの転職難易度

結論から申し上げると、リクルートは(中途・新卒を含む)採用の難易度が高いです。

末永

というのも、リクルートは「書類選考よりも面接を重視する会社」として有名だからです。

より分かりやすくお伝えするために言葉を選ばず表現すると、面倒くさい面接をする会社です。

「なんで?なんで?」と人生の価値観レベルで深掘りをしてきたり、腹を割って本音を話せるかなど、人物像に対して求めるレベルが高く、他の会社の面接とは異なる視点で評価をしているのです。

したがって優秀な人であってもお見送りになってしまう可能性があります。書類選考を含めてですが、1度不合格になると基本的に1年以内は再応募・エントリーはできません。

そのため、リクルートへの転職を希望しているのであれば、あまり対策をせず選考を受けてしまうのは、大変リスキーだと言えるでしょう。

リクルートに転職するコツ

リクルートに転職するためには、面接対策をしっかりすることをおすすめします。

リクルートは、グループにより採用要件は異なりますが、主に以下のような観点を重視しています。

  1. 高い熱量
  2. 他責にしないスタンス
  3. 課題に向き合い力
  4. 主体性
  5. 成果を出すためのやり抜く力

それぞれの観点に対して、自己分析を通して前職までの仕事内容の棚卸しをおこない、仕事でどのように課題解決をしてきたか、仕事に対するスタンスを内省する必要があります。

上記の要素のどれかに当てはまる人や、今のスキルを活かしてより成長したい人、腕試しをしたいをしたい人は、リクルートへの転職がおすすめです。

末永

弊社のすべらないキャリアエージェントは、これまでリクルートの採用決定実績が数多くあります。

自己分析や面接対策を万全にして本気で就職したい!という方は、ぜひ1度ご相談ください。

リクルートに転職したい方へ

リクルートの会社概要

※株式会社リクルートは、組織再編により2021年4月以降、一部グループ会社を吸収合併しています。

会社名 株式会社リクルート
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
創業 1963年8月26日
設立
2012年10月1日
株式会社リクルートホールディングス設立時の分社化により設立
2018年04月1日
株式会社リクルートアドミニストレーションから株式会社リクルートに商号変更
資本金 3億5000万円
代表取締役社長 北村吉弘
従業員数 15,807人(2021年4月1日現在 / アルバイト・パート含)
事業内容 国内外の販促メディア事業、日本のHR事業及びグローバル斡旋を統合したユニット、メディア&ソリューション事業の管理/事業推進
メディア&ソリューション事業の売上収益 6,720億円(2020年4月1日~2021年3月31日)

リクルートのグループ会社

リクルートには求人系以外にもたくさんのグループ会社があり、以下でまとめてみました。それぞれの事業部グループ会社について書いた記事に飛ぶことができます。

株式会社リクルートに吸収合併されたグループ会社は「旧」と表記しております。

リクルートの採用情報

末永

リクルートではどんな人が求められるのでしょうか?採用平均年齢や求められる人物像などをご紹介していきます。

採用平均年齢は24〜32歳

リクルートの採用平均年齢は、大体24〜32歳が多いです。

もちろん上場企業ですから、募集において年齢制限はしておりませんが、書類選考が通過していたり、内定が出ている人の年齢は若いです。

なぜなら、リクルートは管理職の年齢が比較的若いためです。リクルートでは、27〜28歳で課長(ゼネラルマネージャー)になる人もおり、30代で部長や役員というのも珍しくありません。

末永

実際に、旧リクルートライフスタイルの前の社長は、38歳でした。筆者末永の友人でも、執行役員や事業部長が何名かいますが平均32歳くらいです。

とはいえ年齢が上がれば上がっただけ、リクルートの職務と関連する一定の専門的な経験・実績を求められる傾向があります。

リクルートが求める人物像

リクルートが求める人物像は、全体に共通して求められるポイントと、職種によって求められるポイントが異なります。

共通で求められることは、以下のような要素です。

  • 明るくガッツがあり、エネルギーレベルが高い人
  • 当事者意識が高い人、他責や環境依存的ではなく自責性が強い人
  • ロジカル・論理的・合理的な人、わかりやすく、論理的なコミュニケーションがとれる人
  • 自分の根源欲求を言語化できていたり、自分を正当に客観評価できる人、メタ認知力の高い人
  • 自分のありたい姿が明確な人
  • 本気度の高い人、口だけでなく自らアクションできる人
  • 素直で柔軟な人、本音で腹を割って話せる人
  • チームワークを大事にする人

上記のそれぞれの要素は、面接でも入社後でも高いレベルで求められます。

そのため、社員は上記の要素を持ち合わせており、成長環境を求めていたり、上昇志向が強い人には、合った会社といえます。

関連記事リクルートの社風ってどんな感じ?元社員が全グループ紹介します!

リクルートの選考情報

末永

次に、リクルートの選考フローや面接でよく聞かれることをご紹介していきます。

リクルートの選考フロー

リクルートへ転職する上での中途採用の選考フローは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. SPI・筆記試験
  3. 一次面接(面接官:人事もしくは現場マネージャー)
  4. 最終面接(面接官:部長もしくは役員)

基本的には面接を重視するので、書類選考の通過率は比較的高めです。学歴や職歴に自信がない人でも、落とされることはあまりない印象です。

とはいえ、将来的な伸びしろがあまり期待できない30代後半以降だと落とされることもあります。

またリクルートのサービスは、無形商材です。リクルートのサービスとの親和性の高さから、広告営業・人材営業・システム営業の無形商材の法人営業経験者は、評価されやすい傾向があります。

関連記事営業からのキャリアアップは無形商材の法人営業がおすすめ!

リクルートの面接で多い質問3選

リクルートでは経験やスキルはそこまで重視しておらず、人物面を高い目線で選考しています。

面接中に限らずですが、リクルートの人たちが好む質問が3つあります。以下のような質問をすることで、どんな人物なのかを判断しています。

  • なぜそうなの?それを主張する背景や理由、動機付けは?
  • 他にはないの?本当にそうなの?それを主張する前に、他の選択肢と比較し吟味した上での結論なのか?
  • 具体的に言うと?それに対して自己なりの解釈や定義、言語化ができているのか?

この3つの質問を繰り返すことで、その人の本気度や、本当の価値観をあぶり出そうとします。

末永

リクルートの独特な面接を突破するには、弊社のすべらないキャリアエージェントを利用することが効率的です。

これまで数多くのリクルート採用決定者を出してきた実績を元に、万全な面接対策をおこなうので、本気でリクルートに転職したい人におすすめです。

リクルートに転職したい方へ

関連記事リクルートの面接で聞かれることは?元社員が質問集を大公開!

リクルートの募集職種

末永

リクルートの職種を大きく分けると、3つの職種があります。

リクルートの採用情報を元に、以下からそれぞれ解説していきます。

ビジネス職

主な職種

  • 事業企画
  • デジタルマーケティング
  • 営業

リクルートといえば、営業が強い会社として有名です。例えば「ホットペッパー」で言えば、飲食店の店長やオーナーなどの事業者に対して広告掲載を提案することになります。

その他にも、リクルートが運営するメディアのコンテンツ企画・編集などをおこなう職種も含まれています。例えば「ゼクシィ」で言えば、クライアントの広告部分ではなく巻頭の特集記事の企画や、広告枠を開発したりといったイメージです。

テクノロジー職

主な職種

  • エンジニア
  • データ

リクルートの各プロダクトの開発・運用を担うのがこの職種です。

例えば、Webアプリケーションなら「ホットペッパーグルメ」「Hot Pepper Beauty」「じゃらん」「Airシリーズ」「スタディサプリEnglish」といったリクルートが展開するサービスのWEBアプリケーション開発がミッションとなります。

コーポレート職

主な職種

  • 経営企画
  • ファイナンス
  • 法務
  • 人事・総務
  • 広報
  • 監査

上記はどの業界・会社でも存在する管理部門です。

人事・経理・財務・総務・マーケティング・システム開発など、最近は事業自体がインターネットを中心に展開する業態となっていることから、マーケやシステム的な役割はビジネス職やテクノロジー職に入ってきています。

リクルートの雇用形態

リクルートの雇用形態は基本的に他の会社と同じですが、「キャリアビュー(CV職種)」という、リクルートならではの雇用形態もあります。

平たく言えば、3年限定の契約社員採用で契約期間満了時に100万円の退職金をお渡しするという制度です。

仕事内容は総合職とほぼ変わらず、転勤や部署異動がないので、3年間集中して1つの配属場所で1つの職種に打ち込めるメリットがあります。

ただ、旅行領域においてはCV職の採用はおこなっていないので注意が必要です。

また、2021年4月の組織再編後は「SE社員」が新たに注目されています。

SEは「Specfic Employee」の略で、リクルートでは「地域と職種を限定した正社員」と定義されています。

全国に事業所があるリクルートグループの中で、地域と職種を限定して顧客接点を担うポジションとして、既存の営業系職種が今後SE職に集約されていくことが決まっています。

関連記事リクルートCV職の知られざる魅力!契約社員だからって見落としてたら損!?

リクルートの平均年収

リクルートは給与水準(年収)が高い会社としても知られています。

実際新卒の年収が450万円程度(賞与含)と、一般的な給与相場と比べて高いです。

2〜3年目で500〜600万円程度、3〜5年目でリーダーになると750万円程度、5年目以上でマネージャー(課長)以上になる人もいますが、この段階で年収で1000万円を超えてくる人もいます。

ちなみに、20代後半くらいだと、年収が同じ年次の市場相場よりも、100〜200万程高い場合が多く、リクルートから転職する際に、現収維持での転職が難しい場合があり、年収を維持しながらの転職活動に苦労しがちです。

リクルートは転職すること前提に入社する人が多いですが、マネージャー(GM・課長)に昇格する前に転職してしまった人なら、変に給与レンジを落とさずに転職できています。

リクルートの年収についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事【元社員が暴露】リクルートホールディングスの年収を大公開!

リクルート出身者のキャリアパス

末永

リクルート転職後のキャリアパスは様々ですが、私自身が見てきたリクルート出身者のキャリアパスの傾向としては以下があります。
  • 各業界の大手事業会社の営業や人事採用担当・マネージャー
  • 中堅人材会社の役員・営業マネジメント
  • ベンチャー企業の役員やマネジメント・新規事業開発担当
  • 電通や博報堂など大手広告代理店のアカウントプランナー
  • Google・Amazon・facebookジャパンなどの外資ネット大手企業
  • DeNA、楽天、サイバーエージェント、Yahooなどのネット業界のメガベンチャー
  • プルデンシャル生命・SONY生命などの保険会社の営業
  • スポーツチームやリーグ運営会社など、特殊な組織のマネジメント
  • クックパッドやアイスタイルなどインターネットメディア企業の広告営業
  • 独立・起業

キャリアパスは主に営業系・人事採用担当・事業開発・ネット系・広告系・ベンチャー起業系に分類される感じです。

リクルートは大手企業かつベンチャー的な社風なので、どこの企業へ行っても社風に馴染みやすく、様々な事業を経験しているため活躍できる人が多いですね。

また、業界問わず人事や経営者なら誰でも知っている会社のため、転職活動で評価されやすくもあります。そのため、将来のキャリアパスに困らないと思います。

将来起業がしたい、どこの会社からも重宝される人材になりたい、市場価値を高めたい人にとっては、良い環境かと思います。

関連記事リクルート卒業後のキャリア形成とは?なぜ成功する人が多いの?
関連記事リクルート出身の有名人まとめました!卒業後のキャリアは?

リクルートへの転職なら

リクルートの選考では、考え方や価値観・スタンス・意欲の人物面を大切にしています。そのため、面接を重視する会社なので、転職難易度が高いということをお伝えしました。

正直リクルートの面接は独特なので、ノウハウがない人が面接対策をするのは難しいです。

末永

その点、弊社のすべらないキャリアエージェントは独自に作成をしたオリジナルの質問シート(*1)で選考対策をおこない、多くの転職者様をリクルートへお繋ぎしています。

また、リクルートのほかに、マイナビレバレジーズエン・ジャパンネオキャリアのような人材業界の企業やベンチャー気質な企業への転職支援が得意です。

リクルートに本気で就職・転職したいと考えている方は、ぜひ1度相談に来てくださいね。

リクルートグループへの転職支援が得意なエージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 元社員が作成した過去の面接出題傾向を対策したシートによりリクルートの内定獲得率UP!

【無料】転職サポート申し込み

*1:
この質問シートは、リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートの中途採用面接官の経験もある著者自身が、面接で質問される事が多い内容をまとめたものです。

質問シートは、弊社にご相談された転職者のみにお渡ししておりますが、一部内容をこちらの記事「転職は自己分析が決め手!」にて公開しております。

弊社の転職支援サービスに興味がありましたら、よろしければご一読ください。

※弊社経由でリクルートを応募した場合のみ、質問シートのお渡しをしております。

リクルートにまつわる関連記事

リクルートへ転職を検討している人は、以下の記事もご覧ください。リクルートへの転職を考えている人が欲しい情報をご紹介しています!

関連記事リクルートは激務でブラック企業?その真偽を元社員が解き明かす!
関連記事【元社員直伝】旧リクルートライフスタイルに転職するコツ!評判や年収は?
関連記事旧リクルート住まいカンパニーへの転職 |面接対策や年収を大公開!
関連記事旧リクルートキャリアへの転職|元社員が解説する年収や選考情報
関連記事リクルートスタッフィングへの転職|選考難易度や年収を大公開!
関連記事旧リクルートジョブズへの転職|面接難易度や選考情報を転職のプロが解説
関連記事旧リクルートマーケティングパートナーズへ転職|選考難易度や面接についてプロが解説!
関連記事リクルートメディカルキャリアへの転職|面接難易度や年収を徹底解説
関連記事旧リクルートコミュニケーションズへの転職|面接難易度や年収をプロが解説
関連記事旧リクルートテクノロジーズに転職するには?内定獲得の秘訣を徹底解説
関連記事リクルートへの転職を希望している人からよくある転職相談内容
関連記事福岡でリクルートへの転職|面接難易度や年収をプロが徹底解説

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A