リクルートの面接で聞かれることは?元社員が質問集を大公開!

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    リクルートの面接で特徴的なのは、「志望動機を聞かれない」ことです。

    また、リクルートでは面接を大変重視しており、転職成功のためには面接対策が重要になってきます。

    私末永はリクルートの中途採用面接官の経験もあり、その立場から今回は解説をしていきます!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

株式会社リクルートは、組織再編により2021年4月以降、一部グループ会社を吸収合併しております。

リクルートの面接は志望動機を聞かれない!

この記事の著者である私末永は、新卒でリクルートキャリアに入社し、その後サイバーエージェントに業界チェンジで転職をしました。

そこで、色々なことを経験し、より親身なサポートがおこなえる転職エージェントとして独立したというキャリアです。

手前味噌ではありますが、リクルートへの転職の専門家と自負しています。

「リクルートの面接は、他の企業とは少し違う」というお話、ご存知でしょうか?

他の企業とリクルートで違う部分といえば、リクルートの面接では、志望動機を聞かれないというところですね。

とはいえ、変わった面接をしていることを知ったとしても、なおさら具体的な対策方法について、どうしたら良いか悩んでしまいますよね?

そこで今回は、皆さんが気になっているリクルートの面接について、余すことなく書いていこうと思います。

「リクルートの選考フロー」「リクルート面接の対策方法」などのような、リクルートに転職を希望する人が知りたい情報について、詳しく解説していきます!

[完全無料]リクルートへ転職成功実績多数あり!元リクルート社員だからできる独自のノウハウが強みです。

リクルートの面接で聞かれる質問集

リクルートの面接官は、面接を通してあなた自身の価値観を知りたいと思っています。ですので、自分の軸をしっかりと持って、質問に答えていくことが大切です。

ただ、人によって聞かれることは違うので、必ずしも以下の事項が聞かれるというわけではありませんが、参考にしてみてください。

  • 今回なぜ転職活動を開始されようと思ったのですか?
  • なぜ、新卒で就職活動された際に、1社目を選ばれたのでしょうか?
  • なぜ前職を退職され、現職に転職されたのでしょうか?
  • どういった基準で企業を選定されたのでしょうか?
  • 転職先を選ぶ上で、どういった観点・方向性で企業・仕事を探しているのですか?それはなぜですか?選定要件を3点あげるとしたら、それはなんですか?
  • 今までで1番印象に残っている出来事・頑張ったと思えることはなんですか?
  • 周りのご友人など、近しい人からどんな人と言われますか?強みや良い点、逆に課題だと指摘される点はどんなことですか?
  • 今まで取り組んできたことで、自分なりに工夫し、成果に繋げた経験があれば教えてください。
  • 結果ご縁があり、入社された場合は、どんなことをやっていきたいですか?それはなぜですか?
  • 入社して、未経験の仕事をされる中で、壁にぶちあたった際、どのように対応しますか?なぜそう考えるのですか?
  • 直近1~3年間で何を得たい、何をゴールとして考えていますか?それを実現するために、入社後、具体的にどういったことをする必要があると思いますか?
  • 仮に3年後求めていた成果が実現できたとして、次に何にチャレンジしようと考えていますか?
  • 弊社の仕事で、ご自身で活かせると考えるスキル・経験・考え方等があれば、教えてください。それは、なぜそう思うのですか?
  • 入社後、早期に成果を出したり、実力を身につけるために、どんなことが必要と考えていますか?どのように行動していこうと考えていますか?
  • なぜ弊社なのですか?なぜ弊社の○○職種の仕事を志望するのですか?

ちなみに、リクルートにはいくつかグループ会社がありますが、面接内容や質問内容はとくに変わりないです。

「なぜそういう考えになったのか」「どうしてそう思ったのか」と、自分の回答に疑問を持ち、さらに深掘りをして答えていく練習を普段からしておきましょう。

また、転職エージェントを利用することで、効果的に面接対策ができ、内定率を高めることにつながります。

とくにすべらないキャリアエージェントでは、リクルートへのご紹介を得意としております。

元リクルート出身者の末永のノウハウを活かした転職サポートをしているからです。

[完全無料]すべらないキャリアエージェントは、元リクルートだから知り得る独自のノウハウを元に、転職支援をおこないます。

リクルートの選考フローや選考難易度

リクルートの面接は人物面重視

世の中的には高いレベルを求めていますが、リクルートでは経験やスキルはそこまで重視しておらず、代わりに人物面を高い目線で選考しています。

リクルートへ転職する上での中途採用の選考フローは、主に以下になります。

  1. 書類選考
  2. SPI・筆記試験
  3. 一次面接(人事もしくは現場マネージャー)
  4. 最終面接(部長もしくは役員)

正直申し上げますと、他の会社と比べて選考基準・難易度は高い傾向にあります。

ただし他社と違う点としては、能力・スキル・実務経験以上に、考え方・スタンス・意欲などの人物面を重視して面接・選考する点です。

以下は、一次面接と二次面接を通過する人の割合になります。

面接の通過率
一次面接 約40%
二次面接 約50%

数値は感覚値になってしまいますが、リクルートでは面接を重視するので、書類選考で通過する確率は比較的高めです。

学歴や職歴に自信がない人でも、落とされることはあまりない印象です。

とはいえ、将来的な伸びしろがあまり期待できない30代後半以降だと落とされることもあります。

ちなみに、一般企業では最終面接でもそこまで落とすことがなく、顔合わせ的な会社は多いと思います。

しかしリクルートでは、最終面接で部長や役員が人生観レベルで深く突っ込む質問をおこない、お見送りになるケースも多いのが特徴的だと思います。

[完全無料]転職エージェントは企業の採用担当と繋がりがあり、優良厳選求人を多数保有しています。

リクルート面接ではSPIも大切

選考フロー2つ目にあるSPIについてですが、リクルートでは人物重視で選考しているので、その人の適性を見るSPIの結果も大切な要素の1つになっています。

「でもSPIって新卒で実施しているもので、転職には関係ないですよね?」とおっしゃる転職者の人が多いのですが、近年では転職面接でも実施している企業が増えています。SPIを開発したリクルートも、当然実施しています。

SPIのボーダーラインは、企業によって異なり、またその結果を公表することはありません。これは、リクルートも同様です。

あくまでも「適性検査」なので、学校のテストのように高得点を目指せば良いというものではありません。

受験者が、組織や職務になじめるかどうかを判断するための評価方法の1つです。

リクルートで得点にこだわるのであれば、SPIの平均的な正答率が「6~7割」なので、7割の正答を目指せば可能性は高いと言われています。

リクルート全体について詳しく書いた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事リクルートに転職|元社員が選考難易度や面接対策を暴露します!

リクルート面接の対策方法

リクルートの面接では、上記で説明したリクルートの人物像を持った人なのか否かを、深掘りしてヒアリングしていくことで判断しています。

面接中に限らずですが、リクルートの人たちが好んでよくする質問として、以下3つがあります。

  • なぜそうなの?それを主張する背景や理由、動機付けは?
  • 他にはないの?本当にそうなの?それを主張する前に、他の選択肢と比較し吟味した上での結論なのか?
  • 具体的に言うと?それに対して自己なりの解釈や定義、言語化ができているのか?

上記3つの質問を繰り返すことで、その人の本気度や、本当の価値観をあぶり出そうとしてくるのです。

これらの対策としては、自己分析をしっかりとしておくことです。

自分がなんのために仕事を頑張るのか、どういった成長をしていきたいのか、そういった点をしっかりと言語化する練習をしておきましょう。

自分の人生のテーマやコンセプト、軸をシャープに整理できている人は少ないものです。

転職活動において、価値観や過去の原体験を深掘りして、洗い出している人自体が少ないように思うので、まずは材料を洗い出すことが必要です。

[完全無料]リクルートの面接では価値観・意欲など人物面を重視しており対策が必須!元社員ならではの対策方法を伝授します!

リクルートへ転職を成功させる方法

リクルートの選考では、考え方や価値観・スタンス・意欲などの人物面を大切にしています。

そのため、面接を重視する会社なので、転職難易度が高いということをお伝えしました。

リクルートの面接法は独特なので、ノウハウがない人が面接対策をするのは難しいです。

リクルートの内定率を向上させるためには、すべらないキャリアエージェントのような転職エージェントを利用することがおすすめです!

弊社独自に作成をしたオリジナルの質問シート(*1)で選考対策をおこない、多くの転職者様をリクルートへお繋ぎしています。

また、リクルートのほかに、マイナビレバレジーズネオキャリアのような人材業界の企業やベンチャー気質な企業への転職支援が得意です。

転職をされたいなら、すべらないキャリアエージェントをご活用ください。

リクルートグループへの転職支援が得意なエージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 元社員が作成した過去の面接出題傾向を対策したシートによりリクルートの内定獲得率UP!

【無料】転職サポート申し込み

*1:
この質問シートは、リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートの中途採用面接官の経験もある著者自身が、面接で質問される事が多い内容をまとめたものです。

質問シートは、弊社にご相談された転職者のみにお渡ししておりますが、一部内容をこちらの記事「転職は自己分析が決め手!」にて公開しております。

弊社の転職支援サービスに興味がありましたら、よろしければご一読ください。

※弊社経由でリクルートを応募した場合のみ、質問シートのお渡しをしております。

リクルートについてさらに詳しく知る

リクルートへ転職を検討している人は、以下の記事もご覧ください。リクルートへの転職を考えている人が欲しい情報をご紹介しています!

関連記事リクルートに転職|元社員が選考難易度や面接対策を暴露します!
関連記事【元社員が暴露】リクルートホールディングスの年収を大公開!
関連記事リクルートは激務でブラック企業?その真偽を元社員が解き明かす!
関連記事【元社員直伝】旧リクルートライフスタイルに転職するコツ!評判や年収は?
関連記事リクルートCV職の知られざる魅力!契約社員だからって見落としてたら損!?
関連記事旧リクルート住まいカンパニーへの転職 |面接対策や年収を大公開!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A